横浜スタジアムで食べたり飲んだりしたものです。
この日は、安善での巡礼がことのほかガッツリでした。

その後横浜のダイエー西口点にあるブックファーストさんで
「肉女のススメ」3巻 小鳩ねねこさん著 少年画報社 ヤングキングコミックス
「ぺろり!スタグル旅」1巻 能田達規さん著 小学館ヒーローズコミックス
などの買い物をすませて、
近くのドトールで、読みます。面白い気合いが入りました。

そして、横浜駅から関内駅へ。関内からこの日の宿を目指して歩くと、
すでに入場待機列が出来ています。15時前に宿にはチェックインして、
その後しばしまったりします。
シャワーを浴びて、身支度を調えてから
16時30分少し前に宿をでてすぐに球場入り。
宿から道を挟んで球場という立地、やはりステキです。
ハマスタ行くなら、この宿がベターです。
宿でユニフォームに着替えて出かけても全然問題なしです。

そして、まずは三塁側内野A指定席の自席に腰を降ろして
カープの練習をぼーっと見ながら時間がすぎます。
途中、近くの人が食べている青星寮カレーの匂いが流れてきて、
鼻腔をくすぐり、食欲も刺激されます。
カープの練習があと×分で終了。と、アナウンスが流れたところで、
そろそろ小腹が空いてきたので、食事の調達に行きます。
この日の席は三塁側でして、1Fコンコースをまずは三塁側の行けるところまで歩きます。
めぼしい新メニューとかはないもようです。

そして、ここで一気に逆側の奧まで攻めます。

相変わらず、ベイメンチや、青星寮カレーの「BLUE STAR HOTEL」には
行列が出来ています。
こちらも新作はなさそうなので、どんどん一塁側方向へ。
最初は赤い人たちが多かったのですが、どんどん青い人たちの密度が
濃くなっていきます。このアウェーならではの雰囲気を味わっていると、
一番一塁側奧にお店がありました。
本日の目的地その1、「沖縄時間」さんです。

こちらは2015年からハマスタに出店をはじめた
沖縄料理専門店です。

最近は球場で沖縄料理がたべられるところも増えてきましたねぇ。
ワタシが最初に球場で食べた沖縄料理?は
ほっともっとフィールド神戸の「金魚」さんですが。

さて、店舗前に行くと、スタッフのかたが沖縄っぽい出で立ちで
さらに雰囲気があります。

メニューはソーキそばや、サーターアンダギーなど
沖縄叙情たっぷりな品物たちばかり。
なかに、タコスそば、なんてメニューがあって、大いに惹かれたのですが
お願いしたのは、タコライスです。
そして、ここにきて頂くのは、オリオンの生です。

手早く作ってくれて、目の前に登場です。
白く丸い発泡容器ごしに料理の温かさが伝わって来ます。
こりゃぁ、美味そうです。

そして、両手が塞がったという事で、一旦席に戻りまして、
タコライスとオリオンの生を置いてから、量的にまだいけそうなので、

自席から近い崎陽軒に行きます。
ここで買ったのは、揚げカレーまんです。
こちらもホカホカです。

ということで、自席にもどって、まずはタコライスからいただきます。
透明なプラのふたをとると、芳しい香りが漂ってきます。

タップリのご飯を覆い隠すように乗っているタコスミート。
さらにこちらもたっぷりのレタスにチーズ。
レタスの淡く瑞々しい黄緑と白のグラデーションと
好一対の色彩が、真っ赤なカットトマトです。
これらがとにかくたっぷり乗っています。
このビジュアルを待っていました。

ついてきたプラのスプーンで、大胆にトマト、レタスが両方乗るように
タコスミート、ライスの層までつきさして、
ぐっと掬います。

するとついてくる、熱されたチーズの糸です。ああいいですね。

そして口に入れますと

!!

これは美味しいです。
タコスミートの、しっかりと赤身肉の味わいが生きていて
ジューシーな味わい。これを引き立てる絶妙な香辛料のスパイシーさ。
ストレートなスパイシーさや、ヘビーな激辛ではないですが、
じわじわっと効いてくる辛さが嬉しいです。
お肉だけでなく、さりげなく甘みや苦味やシャリ感じのある野菜もいいですよ。

そして、この刺激を濃いベクトルにもっていってくれるのが、
トロッとしたチーズです。辛さが和らぎながらも、
乳系の濃い味が加わるので、また味の変化も楽しめますし
複雑な味わいがいいいです。

そして、口の中の濃さを爽やかにしてくれるのが、
たっぷりのレタス。瑞々しくてシャキシャキ。たしかのせる直前とかに
バサバサと水切りしてましたし、歯を立てる時の食感と、
そのなかから溢れる汁、そしてほろ苦い味わいが
チーズののったタコスミートを引き立てます。

さらに上にのっているのが、カットトマトで
これも爽やかな酸味がベースになっている濃い味わいで、
タコスミートともチーズともベストマッチ。

ま、思えば、チーズとトマト、あわないはずがないですし、
仲介された挽肉も美味しくするのは、いろいろな料理で経験済みです。

タコスか、由宇を思い出すな。ってゴローちゃん気分ですが、
この日のタコスの具のおともはトルティーヤではなく、白いご飯です。

具のハーモニーをしっかり支えるご飯もおいしいです。
白いところを食べても、たっぷりと汁のしみたところを食べても
どっちも美味しい。この味わいを支える頼もしい存在です。

そして、ご飯にあう物は、ビールにもあうの法則。
まだ、ほんのりからかったり、酸味があったりする口中を
オリオンの生で流します。

軽い飲み口でさっぱりすっきりいける、オリオンが
スムースに料理や辛さや酸味を胃の腑におさめてくれて、
ほんのとりした後味と爽やかなフレーバーがのこるという、

それはさながら一陣の風、
あー、口の中が沖縄です。

イーヤーサーサー

と、食べ進めていくと次第に混ざってきますが、
このなし崩しに混ざってくるところも、チャンプルー文化のお国の食べ物
という感じがしていいですし、
まざると、まざったなりの美味しさが出てきます。

とうぜんオリオンも進みます。

イーヤーサーサー

そういえば、横浜スタジアムといえば、
嶺井選手の応援歌のあいのてでも「イーヤーサーサー」って入るなぁ
などと、思いながら完食いたしました。

ああ、美味しかったです。

これで、「タコス力注入だじぇ」
(祝! 「咲saki! 阿知賀編 実写ドラマ&映画化決定!!!!)
です。

ああ、美味しかった。

タコライスがここまで美味しいということは、
ソーキそばなどはもとより、
変化球のタコスそばも美味しいでしょうねぇ。

なんでもタコスそばは、

『ソーキそば』と一緒の和風ダシの汁に
タコスミートやチーズやチリソースをトッピングしたメニューだそうで、
これはいつか食べて見たいです。

と、いうことで、来年のお楽しみが増えました。


と、食べ終わったところで、まだ余裕がありますし、
オリオンも残っているので、「揚げカレーまん」をいただきます。

白地に水色で模様が入っている包装紙をはがすと、
見るからにサックリと揚がった濃いキツネ色のフォルムが見えます。
長さ20センチ弱で、丁度握りやすい太さ。脂でほのかに鈍く光っています。
こちらは、棒状の中華まんの皮の中に、カレーを入れたから
卵や小麦粉がベースになっている感じの生地をつけて揚げたものです。
パン粉はないですが、揚げパンやピロシキのようにも見えます。


まず一口かぶりつきますと、表面は結構クリスピーで、
カリッとしていますが、すぐサクッとした食感にかわります。
ほんのりと甘い生地をかみ進めると、中にはたっぷりのカレーです。
このカレー、まずはコクと旨みがしっかりありますし、
玉葱とかの野菜ベースの甘みがある土台としっかりあっています。
辛さはやや抑えめですが、しっかりと効いているスパイシーさが
こくと旨みを盛り上げます。

この、サックリとした皮と中のカレーの組み合わせ、
どこかカレーパンっぽいですが、パン粉がつかわれていないので、
見た目は穏やかなサックリさ。
さらに食べ進めていくと、皮が、中華まんの皮を使っているだけあって、
モチモチが半端ないです。ここまでモチモチしたカレーパンはないです。
このモチモチは、やはり「パン」ではなく「まん」ならではです。
さらに、カレーも全体的にトロっとしています。
カレーパンみたいな比較的水分少なめな感じではなく、
中から零れそうな感じのとろみです。

このカリサクフワモチの外側と、トロトロの中側のバランスって、
結構カレーパンを食べている私ですが、新食感です。
すごいなぁ。

さらに、皮のさりげない甘さとカレーのスパイシーさのバランスは
アメリカンドックを思い出したりもします。
すいかの塩ではないですが、いいアクセントになっていて、
さすが崎陽軒です。

そして、こちらも、もちろんビールに合わないわけがありません。

あー、美味しいなぁ。

あと、両方とも片手で食べることが出来るので、
片手で、ビールを持つのにも適しています。

そんなのもナイター前のワクワクする気分を盛り上げてくれます。

ということで、スタメン発表前にご馳走様でした。
この日はスタメン発表から、カンフーバットをカンカンすることが出来ました。


あと、この揚げカレーまんですが、崎陽軒の店舗でも販売されているそうです。
が人気メニューなので売り切れ必至なのだとか。

納得の味でした。


と、いうことで。(´・ω・)ノシ
やはり連勝とは行きませんでしたか。

今シーズン、最後のカープのゲーム
さらに、私的レギュラーシーズン最後の現地参戦でしたが、
落としてしまいました。

うう

そんなゲームの振り返りです。



この日は、7時50分頃に、一旦宿を出て、
朝食をとりに、みなとみらい線の日本大通り駅へ。

そちらの構内にあるファストフード店で、ほんの少しの懐かしさと、違和感のなか
朝食をすませ、その後宿に戻って、前日のことをブログにまとめつつ
身を浄めてから、紺のカープボクサーパンツ、赤いノースリーブのアンダーシャツ
赤いアンダーアーマーのハーフパンツ、HIROSE 26 の真っ赤なビジターユニを身にまとい
本日の出陣の準備も万端です。

ということで、定時の前に宿をチェックアウトして
そのあとも少しだけ宿のフロントにある無料パソコンで
ブログの更新をしてから、スタジアム周辺をぶらぶらしてから
11時40分頃に球場に入ります。

横浜スタジアムは、ゲーム開始の2時間前から入場できますが、
この時期? は、3時間前からの入場も可能とか…
前日も、ゲーム開始3時間前の、午後3時前に関内駅からハマスタの横を通って
宿にむかったのですが、列が出来ていました。

そんなのを思いながらスタジアム入り口へ。
すると、スタジアム内に入る事はできましたが、
コンコースを散策することは出来ても、自分の座席には2時間前からしかいけないという、
内野自由席に行く以外の、マツダスタジアム方式でした。

ということで、内野コンコースをぐるっと往復をいたします。
まだ、この時間はやっていないお店もあります。
ただ、この時間から来ている人は、多分練習目当てなので、
コアなカープファン、ベイスターズファンですね。
湘南電車色の大洋ホエールズのユニフォームを着ている人もいます。
背中にはTASHIROと書かれていまして、横浜ガチ勢です。

さらにコンコースには、大きなビジョンが設置されています。
見ると、横浜スタジアムで販売されている、グッズやグルメの
宣伝がされていますが、その合間に、何回も「野球場へ行こう」が
ながされます。
大体どの球場に行っても1度しか見る事が出来ないので、繰り返し見ます。
やはり、この映像、好きです。

ざっくりと球場が出来た順番で球場が紹介されるので、
歌詞が終わったシメは、マツダZoomZoomスタジアムですが、
ライトスタンドの後から映した映像の、目立つところには
梵選手や廣瀬選手のユニフォームを着たファンの背中がうつります。

ああ、梵ぃ…


そんな感じで時間を過ごしていると、12時になりましたので座席へ。

この日は、内野指定席Bで、前日の内野指定席Aに比べると、ずいぶん高い場所の席で
後の壁まで、そんなに距離がないですが、
プレイの様子が俯瞰で見る事が出来て、しかもこの日は日差しが強かったですが
後の壁が日陰を作ってくれるので有りがたいです。

席を確認して荷物を置いてから、コンコースにもどって
BLUE STAR HOTELさんの青星寮ハヤシライスと、
ベイカラのチリソース、そして、ハイボールを購入してから
自席に戻っていただきました。

ああ、美味しかった。ごちそうさまでした。
感想はまた後日です。

ただ、この日は前日の勝利と、そのあとの勝利の美酒に酔ったテンションの高さで、
深夜まで興奮さめやらぬまま、ブログの文章を作成したり、
深夜テレビを見ていたせいで、寝不足でした。

そこに食事がはいって、アルコールも入ったので、
このあと少し、オちてしまいました。

と、気が付くとゲームの30分前、
スタジアムDJのかたが場内を盛り上げて、ハッピースターダンスでさらにヒートアップ。
45分にスタメン発表。
カープは昨日入れ替えた1.3番を元に戻して、
1番、広輔選手、3番、丸選手です。
そして、ベイスターズのスタメンは
2、7番を入れ替えて、2番、梶谷選手、7版、柴田選手です。
それにしても、ベイスターズのスタメン発表、
ド迫力のダミ声ラップといい、キレのいい映像といい
かっこいいなぁ。

さらに、スタメン交換、始球式などを経て、ゲーム開始

本日のカープの先発は、CSでの先発の可否がかかる岡田選手。
ミニキャンプのいい成果がでているかが注目。

ベイスターズの先発は、カープ戦の防御率はそこまで良くない半面
カープ戦でやたらジエンゴしているせいで、3勝負け無しという
ウィーランド選手です。

どうなることやら

と、いうことでプレイボールです。


1回表 カープの攻撃
先頭広輔選手がライトへクリーンヒットで出塁
続く菊池選手の打席で広輔選手が、初球から走って盗塁成功
菊池選手はファーストゴロで倒れますが、広輔選手は3塁に進塁
丸選手のセカンドゴロは進塁打にはなりませんが
続く松山選手はフォアボールを選んでツーアウトながら 1,3塁
ここでチャンススーパーが響きます。「ここで決めろバーティスタっ!!」
ただ、バティスタ選手空振り三振でチェンジ
ウィーランド選手に21球投げさせたので、まぁ、良しとしますか

1回裏 ベイスターズの攻撃
先頭桑原戦手をレフトフライに討ち取りますが、
梶谷選手に7球粘らりてフォアボールで出しますと、
続くロペス選手の打球が左中間ぐんぐん伸びて、スタンドへ飛び込みます。
ああああああああああああああ
さらに筒香選手の打球はバックスクリーンに飛び込みます。
ええええええええええええええ
連続で聞く、熱き星たちよは効きます
続く宮崎選手、攻めまくれチャンテ「絶対勝つぞベイスターズ!」 が響くなか
センター前に弾き返されます。
さらに続く戸柱選手、今度はチャンス0です、「大きな声でとーばっしらっ!!」
戸柱選手はライト前ヒット。
「Fight oh!YOKOHAMA」のチャンテが響くなか
柴田選手はセンターフライで2アウト、進塁打にもなりませんでした。
チャンステーマ2 「Let`s GO!」が響く中
ウィーランド選手にレフト前へ弾き返されます。
これがタイムリーになります。
倉本選手が空振り三振でチェンジ、長い攻撃が終わりました。
ふう。岡田投手は39球投げて5安打4失点です

どうなることやら。


2回表 カープの攻撃
先頭西川選手の鋭い打球は右中間を破2塁打になります。
さらに、この日の先発、岩本選手、左中間へのタイムリーヒットで
一点返します。 宮島さんじゃぁああああああああ!!!! バンザーイバンザーイバンザーイ!!
この日、後と前はベイスターズファンの人ですが、自分の座っている席一列は
アカい人たちなので、カンフーバットでカンカンします。
翼選手がフォアボールで出塁して、ノーアウト1.2塁
続く岡田選手の送りバントは、ウィーランド選手の好フィールディングで
岩本選手が刺されて、1アウト。
飛ばすチャンスが響きます「ひーろっしまぁ!!」
ただ広輔選手サードフライで2アウト
さらにチャンススーパーにおくられた菊池選手がフォアボールを選び満塁です。
ふたたび飛ばすチャンスで丸選手。ショートへの鋭いあたりになりますが、
これを倉本選手が弾いて、サードランナーの翼選手がかえってきます。
2点目です。ふたたび宮島さんじゃぁあああああ、ワッショイワッショイ。
「いーぞーいーぞーくーらっもとぉ」などと言う人もいるなか
カンフーバットをカンカンしてから、
チャンススーパーに送られた松山選手「ここで、決めろまーつやまぁ!!」
ただ松山選手の当たりはレフトフライでチェンジです。

でも、2点かえしました。
いーわっもと! いーわっもと! いーわっもと!のコールに
帽子を取って応える岩本選手に湧くレフトスタンドです。
いーぞーいーぞーいーわっもとぉ
.


2回裏 ベイスターズの攻撃
1回、打者九人の攻撃だったので、また1番打者からですが、
先頭桑原選手ショートゴロ  梶谷選手見逃し三振
ロペス選手ライトフライで三凡です。

それだよ、それ、1回からそれが出来ればねぇ、などの声が飛びます。


3回表 カープの攻撃
先頭バティスタ選手がレフト前へ弾き返して出塁。
つづく西川選手がファーストの頭を鋭くこえて、ボールはライト線を転々としているあいだに
二塁へ進塁。ノーアウト2,3塁です。
ここで、前の打席でタイムリーを打っている岩本選手、
チャンススーパーで盛りあがりますが、空振り三振。
あああああ、と思った中、翼選手のバット一閃。
打球はライトスタンドへ飛び込む3ランホームランで、カープ逆転です!
うぉおおおおおおおおお、すげぇええええええええ
宮島さんです。バンザーイバンザーイバンザーイ!!からカンフーバットをカンカンします。
岡田選手が見逃し三振で2アウトから広輔選手が内野安打で出塁しますが、
菊池選手がショートゴロでチェンジです。

つーばっさー!つーばっさー!つーばっさー!のコールに
キャッチャーミットを揚げて応える翼選手です。
いーぞーいーぞーつーばっさぁ

スーパーバズーカ―があったのち、
3回裏 ベイスターズの攻撃
先頭筒香選手がライトへのクリーンヒットで出塁、
さらに、宮崎選手もライト前へのヒットで1,2塁
ランナーを戸柱選手がきっちり送りますが、
柴田選手のセンターへの当たりを丸選手がナイスキャッチで2アウト
ここで、バッターはピッチャーのウィーランド選手。
ただ、前の打席でタイムリーを打っていますし、
今シーズンは大瀬良選手から2本ホームランを打ってます。
ホームランホームランウィーランドぉ などと、コールが飛びます。
やめてぇえええええ と思いますが、ま、大丈夫でしょう。と思っていたら、
ウィーランド選手の打球はグングンのびてレフトスタンドに入ります。
逆転3ランホームランです。
えええええええええええええええええええ
熱き星たちよで盛りあがるスタジアムです。
続く倉本選手はファーストゴロでチェンジですが、
逆転したと思った矢先に逆転されました。
どうなるんだ、このゲーム。


4回表 カープの攻撃
先頭丸選手がセンターへのヒットで出塁しますが
松山選手のショートゴロ、そのまま二塁ベースを踏んでからファーストへボールをおくって
ダブルプレーです。ああああ。
続くバティスタ選手はセンター前へのヒットで出塁して、
戸柱選手の:パスボールでバティスタ選手は2塁に進塁しますが
西川選手はレフトフライでチェンジです。


4回裏 ベイスターズの攻撃
カープは、:岡田選手にかえて、ピッチャーを中村祐太選手に、
中村選手が7番に入ったので、西川選手にかえて:サードに小窪選手です。
先頭桑原選手レフトフライ、続く梶谷選手空振りの三振
ロペス選手 外角の真っ直ぐを打つもセカンドゴロで三凡です。
いいじゃん祐太!!

ビッグフラッグがあったのちに、

5回表 カープの攻撃
先頭岩本選手、見逃し三振、続く翼選手ファーストフライで2アウトから
小窪選手がフォアボールを選んで2アウトながらランナー1塁
そして広輔選手の2-2からバット一閃、打球はぐんぐん伸びてライトスタンドへ。
ふぉおおおおおおおお、広輔すげぇええええええええええ!!!
宮島さんじゃぁあああああ ワッショイワッショイ カンフーバットをカンカンします。
菊池選手見逃し三振でチェンジですが、
ここでカープ同点に追いつきました。

ただ、ここまで2時間を要しています。どれだけかかるんだこのゲーム。


5回裏 カープの攻撃
カープは、翼選手にかえて、磯村選手がキャッチャーに
「丸選手もかえてください」「松山選手も」などと周囲のベイスターズファン。
そんなキャッチャーのかわりばな
先頭筒香選手の大飛球は、外野は一歩も動かず、
右中間スタンドのオリオンビールの看板のすぐそばまでもってかれる
特大勝ち越しソロホームランを放り込まれます。
ええええええええ
筒香選手、本日2本目のホームランです。
続き宮崎選手レフトフライ、戸柱選手空振り三振で2アウト
打席に入る柴田選手に対して
「柴田~!! なんでもいいから出てくれ~!!」
「柴田~!! 主砲にまわせ~!!」とベイスターズファン。
次はこの日2安打、うち1本はホームランのウィーランド選手なのでさもありなん
そんな声が通じたか、柴田選手は粘りを見せて8球目に四球を選びます。
さらに、盛りあがるなかウィーランド選手はセンターへのヒットです。
ほんと、よう打つな。
さらにこの日ノーヒットの倉本選手ですが、
「我等~の~星ヨコハ~マ~♪」と、「攻めまくれ」チャンテが流れるなか
ライトへタイムリーツーベースで追加点です。
熱き星たちよから、さらに「Fight oh YOKOHAMA」チャンテが響く中
桑原選手が打席に入りますがライトフライでチェンジです。

2点いかれたのもショックですが、祐太投手が打たれたのもイタいです。

6回表 カープの攻撃
ベイスターズはウィーランド選手に代えて、砂田投手をマウンドへ。
わーい、すなだくんだ~、あそぼ~
それにしてもベイスターズ、ウィーランド選手をバッターボックスに立たせて、
ヒットを打たせてからの交替です。
ま、あの打撃なら納得です。

ここでピッチャーのかわりばなを、と思ったのですが、
先頭の丸選手、続く松山選手、連続の空振りの三振
バティスタ選手、途中セフトへの特大ファールフライがあって
「バティー、市役所にあてろ~!!」などと声も飛びますが
結局セカンドフライであっさり三凡です。カープこのゲーム初の三凡です。


6回裏 ベイスターズの攻撃
カープは中村祐太選手にに代えて佐藤選手をがマウンドへ
「ショーマー!! 古巣に恩返しじゃぁあああ!!」と声が飛びます。
が、先頭梶谷選手にライトスタンド中段に放り込まれます。
ああああああああああ
「サンキュー恩返しぃ」「さすが、もとベイ戦士」などと声がとびます
さらに、ロペス選手、筒香選手、宮崎選手と三者連続フォアボールで満塁です。
パラリラパラリラ ワッショイワッショイ と盛りあがるスタジアム。
続く戸柱選手はセカンドゴロですが、その間にロペス選手が生還して1点追加
ここでチャンテ1で盛り上がるなか、柴田選手がフォアボールを選んで
また満塁です。
ここでピッチャーの砂田選手の打席なので、田中浩康選手が代打に
カープは、佐藤選手から、藤井選手をマウンドに送ります。
「藤井~、昨日のピッチング~」と声が飛びます。
ベイスターズは代打の代打に乙坂選手。
ALL IN ONEで盛り上がりますが、サードゴロで2アウト
さらに倉本選手をサードライナーに討ち取ってチェンジです。
「藤井く~ん、今日のカープのピッチャーで一番いーぞー!!」との声が飛びます

カープ カープ カープひろっしま、ひーろしーまーカーアープー♪
とそれ行けカープを歌って、ジェット風船をピューッと飛ばしてから、
7回表 カープの攻撃を待ちますが、
ベイスターズは、砂田選手にかえて、井納選手をマウンドへ。
ここで、先発の柱井納選手を中継ぎにおくってきます。執念を感じます
ピッチャーの藤井選手の打順なので、代打に庄司選手。
庄司選手がライト前へのヒットで出塁しますが、
岩本選手センターフライ 磯村選手セカンドゴロ。
この間、庄司選手がセカンドに進んで、チャンススーパーが流れますが
小窪選手センターフライでチェンジです。

スタージェット風船がきれいにとぶのを見てから
7回裏 ベイスターズの攻撃
カープは藤井選手に代打が出たので、これまた昨日好投した
戸田選手がマウンドにあがり、9番に入ります。代打の庄司選手はそのまま
サードの守備につきます
先頭桑原選手見逃し三振、続く梶谷選手 空振りの三振
ロペス選手、ファーストへのファウルフライでチェンジ、三凡です。
「トッティーーーー!!」「いーぞー、トダタカヤー!」と声が飛びます

そして、ここでタイガースとジャイアンツのゲームの結果がビジョンにうつって、
うぉおおおおおおおお、と絶叫に包まれる横浜スタジアムです。

8回表 カープの攻撃
ベイスターズは井納選手に代えてパットン選手をマウンドにおくります。
4月に見たゲームのように、隊長!?隊長!? となってくれればいいのですが
しかも、カープは1番からの好打順。
先頭広輔選手の
2:田中 ファーストへのぼてぼてのゴロ。ベースカバーに入った
パットン選手にトスをしますが、これを審判が広輔選手の足がまさったと判断して
セーフで出塁します。
でも、これ、あとで見たら、パットン選手の足のほうがはやかったねぅ。
ただ、ここで判定の帳尻をあわせるように、
広輔選手は牽制球でアウト
内野安打 1塁
菊池選手ライトフライ  丸選手空振り三振でチェンジです。


8回裏 ベイスターズの攻撃
カープはセカンドの菊池選手にかえて、上本選手が守備につきます。
「丸選手もかえてくださ~い!」「バティスタも~!!」とベイスターズファン。
先頭の筒香選手、9球粘ってフォアボールで出塁。
続く宮座は選手 チャンテ0で盛り上がる中、センター前ヒットで出塁
戸柱選手がきっちりおくると、Fight oh YOKOHAMAが鳴り響くなか
柴田選手、レフトへのタイムリーヒットで、ベイスターズ追加点です。
ここで、カープはピッチャー戸田選手から、中田選手に交代
ベイスターズは投手のパットン選手の打順なので、代打に後藤選手。
場内に響き渡る「イノキボンバイエ」でヒートアップするスタジアムです。
後藤選手は空振り三振で2アウトから、
倉本選手にセンター前に弾き返されます。ああああああああああ13点目です。
桑原選手をセカンドゴロでチェンジですが、

戸田選手も中田選手も不安なねぇ。


9回表 カープの攻撃
周囲のベイスターズファンは、そわそわして、その時を待っています。
ライト側ファウルエリアのフェンスがあいて、リリーフカーが見えます。
そして、山﨑選手が登場。ヤ・ス・ア・キジャンプの時間です。
ここで、照明灯を明るくする演出も、敵ながらアッパレのカッコ良さ。

さらに嶺井選手が戸柱選手にかわって、キャッチャーの守備につきます。

松山選手に代打メヒア選手ですがライトフライ
続くバティスタ選手空振り三振、庄司選手サードゴロで、ゲームセットです。


ああああああ、負けました。
カープは、シーズン最終戦を勝ちでしめることができませんでしたし、
ピッチャー陣は先発の岡田選手、2番手の中村祐選手をはじめ
CSにむけて不安の残る内容でしたが、
ここは、このあと立て直して欲しいものです。
さらに、対ベイスターズの勝ち越しを決める事が出来ませせんでした。
最後まで、手こずる相手でした。

ただ、ベイスターズは2年連続のAクラスで、CSの進出決定です
おめでとうございます。

そして、あのチームはCS制度がはじまって、初のCSを逃すという
球史に残る瞬間でもありました。




次は、CSを勝ち抜いて日本シリーズ出場。
さらに日本シリーズでもパ・リーグのチームに勝って
日本一、と目指して欲しいものです。


今後も勝つぞ カープ 今後も勝つぞ カープ
今後も勝つぞ カープ


ってことで。(´・ω・)ノシ

現在横浜某所に隠棲中、
昨日の勝利に酔いながら、本日のゲームに備えています。

いやぁあ、昨日はいいゲームでした。
この勢いで本日の、カープのレギュラーシーズン最終戦に
備えてほしいものです。



と、いうことで、そんなゲームの振り返りです。


カープ最終2連戦、対するは今年的難敵横浜DeNAベイスターズ
4月にハマスタで観戦したゲームも煮え湯を飲まされましたが
今回は、連戦の初戦を、勝利でしめました


ということで、恒例でございますので、みなさん御斉唱お願いいたします。

♪宮島さ~んの神主が~ おみくじひいて申すには  
 今~日も カープが 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち ♪
♪宮島さ~んの神主が~ (ウゥ~! ワッショイ ワッショイ)  
 おみくじ引いて申すには~ (ウゥ~! ワッショイ ワッショイ)  
 今~日も カープが 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち♪
 バンザーイ! バンザーイ! バンザーイ!!!



♪カープ カープ カープ広島 広島カープ  
 空を泳げと 天もまた胸を開く  
 今日のこの時を 確かに戦い  
 遙かに高く 遙かに高く 
 栄光の旗を立てよ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ  

 勝ちに行くのが 選ばれた者のさだめ  
 一投一打が 勝負の全て   
 闘志をつくし 闘志をつくし 
 今ここで花と咲けよ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ  

 鍛え抜かれた 精鋭の技と力    
 その意気愛して 見守る我らの  
 明日へ続く 明日へ続く 
 きりのない夢であれよ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ   

 晴れのあかつき 旨酒を酌み交わそう   
 栄光手にする その日は近いぞ  
 優勝かけて 優勝かけて 
 たくましく強く踊れ  
 カープ カープ カープ広島 広島カープ ♪ 
 
バンザーイ! バンザーイ!! バンザーイ!!!



そんなゲームとか、遠征とかの振り返りです。



この日は朝7時に新千歳空港入り。
使うのは、往復エア・ドゥなので、A駐車場へ。
空港ターミナルに近い場所にとめることができて、一安心。
さすが、早朝やね、と思ってターミナルにむかうと、混雑しています。

エア・ドゥのカウンターのところには列が形成されています。
すごいです。
その他のところも、朝7時とは思えない賑わいぶり。
景気、良くなっているんですね。

搭乗手続きをすませて、Kalafinaの飲むヨーグルトをいただいてから機内へ。

この日お世話になったのは、エアドゥ12便です。
出発は定時の8時に出ましたが、向かい風が強いとかで、
羽田には5分遅れで到着。
その間は熟睡をしていたのですが…

その後9時53分発の新逗子行きのエアポート急行に乗って
京急川崎で、各駅停車にのりかえて八丁畷駅へ。
八丁畷の駅で10時35分発の南武線に乗り換えて、浜川崎にむかいます。

久しぶりの南武線から鶴見線の乗り換えを堪能してから、
浜川崎で、鶴見線の鶴見行きを待ちます。
土曜日だからというわけではないでしょうが、
生活路線として使っている人が多い感じです。

そして、10時59分発の鶴見行きに乗って、安善へ。
こちらで巡礼をすませます。ああ、いい昼飯でした。
感想は後日

安善駅にもどり11時33分の鶴見行きに乗り、鶴見へ。
そこで京浜東北にのって、横浜に行きます。

横浜駅を歩いていると、「拡張工事のために通路が狭くなってま~す」のアナウンスが。
さすが、日本のサグラダファミリアルです。
さらに、横浜駅が日本を覆う「横浜駅SF」柞刈湯葉さん著(カドカワBOOKS)
のことをも思い出したりして。

横浜で向かったのが、ダイエー西口店にあるのブックファーストさんです
こちらで、いろいろと本を物色。
目的は、この日に発売の「肉女のススメ」3巻 小鳩ねねこさん著 少年画報社 ヤングキングコミックス
でしたが、思わず表紙とタイトルにつられて魅かれたのが
「ぺろり!スタグル旅」1巻 能田達規さん著 小学館ヒーローズコミックス です。

タイトル通り、サッカーの熱烈なサポーターのお姉さん2人が、応援をしつつ、
日本全国のスタジアムグルメを味わうお話です。
球場三食のサッカー版ですかね。

作者は、最近まで、「週刊漫画」誌に「マネーフットボール」という
J2(作中世界ではN2)の地方チーム、愛媛イーカッスルが奮戦するマンガを描いていました。
そして、帯に書かれているスタグルが、ことごとくJ2チームのもの。

これは、迷わずに買いです。

そして、買い物を終了して、近くのドトールで一気読みしましたが、
面白かった~。

さらに、遠征で、うまい飯くって、好きなチームの応援をするというところが、
競技はサッカー、野球と違え、その精神に元気をもらって気合が入りました。

そして、横浜駅に戻って関内に行こう、とすると
「京浜東北線、大森、蒲田間で異音がしたので、安全確認をするため
遅延をしてます」とのこと。

前回上京した時も、遅延してなかったか?京浜東北。

ま、そこまで被害はですに、14時39分に磯子行きが着ました。
周囲は、ちなDeさんが多いです。

お、ポジってるポジってる状態ですが、
目の前に座っていた、どう見ても文化系で、オトナシク文庫本とか見ていた女子も
よく見たら、お洒落系ベイスターズグッズを身に着けていて、
やはり侮れないですYOKOHAMA

そして14時45分に関内へ
おおお、5ヶ月ぶりのハマスタです。
すでに並んでいる人が結構たくさんいます。
片やCSのかかるベイスターズ、こなた球場を赤く染めるカープファンですから納得です。

そして宿にチェックイン。
しばしまったりしてから、シャワーで身を浄めて赤いカープボクサーパンツ、
赤い七分袖のアンダーシャツ赤いアンダーアーマーのハーフパンツの上に
26HIRASEのユニフォームを羽織って出陣です。
今回もお世話になった宿は、ハマスたからほどちかくて、本当にありがたいです。

途中一部通行規制もありましたが、10分弱で球場にイン

おおおお、改めて帰ってまいりました。
5ヶ月ぶりのハマスタです。

この日はアクアクララナイターで、応援ハリセンを受けとってなかへ。
久々の球場との対面に感動しつつ、中へ進むと、
カープ選手がバッティング練習をしています。

今日もがんばってつかーさい!!

そして、5時くらいに、この日の夕飯である、沖縄時間さんのタコライスで、タコス力を注入だじぇ!!をしてから
熱き星たちよの選手バージョンとか、勇者の遺伝子を聞きながら、テンションを上げて
応援に専念です。
ちなみに、私の2人隣は外国人のカップルさんで、
男の方は25 TSUTSUGOHのユニフォームをきています。さすがYOKOHAMA

17時40分、カープのスタメン発表。
1番丸選手、3番広輔選手と、1.3番を入れ替えました。
さらに5番バティスタ選手、6番メヒア選手です。

その間、ベイスターズのマスコットBART&CHAPYとじゃれる
菊池選手や丸選手がビジョンにうつります。

そして、ベイスターズのスタメン発表
これがまた、映像も音楽もかっこいいです。

それにしても、ベイスターズ、さりげなく流れる数々の洋楽も
「ハッピースターダンス」みたいな、元気系アイドルソングも、
ド迫力のダミ声ラップもハマる、そんな地域性がうらやましいです。
うねりの様に盛り上がるファンの項も迫力です。

あ、主審は白井さんです。


君が代、メンバー表交換などを経てプレイボールです。

カープの先発は、ジョンソン選手、ベイスターズの先発は今永選手です。
たのむでぇえジョンソン!!


1回表 カープの攻撃
先頭丸選手、セカンドゴロ つづく菊池選手 空振りの三振
広輔選手ピッチャーゴロであっさり三凡 13球でおさえられます 

カープもベイスターズもすごい声援で白井さんの
「アィイイイイイイイイイッ!!」も聞こえません。すごい。

1回裏 ベイスターズの攻撃
先頭桑原選手 空振り三振  続く柴田選手ピッチャーゴロから
ロペス選手を歩かせますが、筒香選手をレフトフライでチェンジです。

ジョンソン投手、本日のキャッチャー、会澤翼選手との相性も問題ないかな?

2回表 カープの攻撃
先頭松山選手が ライトの右側を鋭く抜くツーベース 。
バティスタ選手はレフトフライに倒れますが、
メヒア選手がセンター前にはじき返して、松山選手が帰ってきて、
先制タイムリーになります。
宮島さんじゃぁああああああああ、バンザーイ!バンザーイ!バンザーイ!!
周りの人とカンフーバットをカンカンします。
続く小窪選手も、「こーくーぼーのーこー」て゜送られてセンターへはじき返します。
「ナイスっ、基本はセンター返し~っ!」と声も飛びます。
ここでチャンススーパーがながれます。「ここで、きめろ、つーばーさっ!!」
翼選手はレフトフライ。さらに、チャンススーパーが続きます。
「ここで 決めろ クーリースッ!!!」
ただ、ジョンソン選手レフトフライでチェンジです

先取点をいただいたので、ここはオッケー、

メッヒーアッ! メッヒーアッ! 
の声に応えて、帽子を取るメヒア選手に歓声がおきます。


2回裏 ベイスターズの攻撃€
先頭宮崎選手をレフトフライ、嶺井選手 梶谷選手を連続空振り三振で三凡です。
ナイピッチです。あと、嶺井選手の応援かでイーヤーサッサァしていてちょっとほっこり

イニング間の
ビッグクローブキャッチ、出てきた人がしっかり決めて、花火で盛り上がります、

3回表 カープの攻撃
先頭丸選手。二文字応援が鳴り響くなか、鋭い辺りがセンターへ、
とおもったら今永選手が好捕してアウト
続く菊池選手がセカンドフライ 2アウト
広輔選手がフォアボールで出ますが、松山選手がピッチャーゴロでチェンジ

dianaのスーパーバズーカーがあってから、
3回裏 ベイスターズの攻撃
先頭今永選手のセンターへ抜けようかというあたりを、
菊池選手が捌いて遠投してアウトにします。菊池ぃいいいいいいい
続く倉本選手は、サードの横を鋭く抜くライナーで、レフトへ。
これを松山選手が猛チャージでシングルヒットにおさえます。
ジョンソン選手、初の被安打です。
1つ先の隣の席がさらに隣の女性に今のヒットがいかにすごいか
英語でまくしたてています。ベイスターズガチ外国人です。
が、桑原選手の打席で倉本選手が盗塁しまして、送球は少し上にそれますが、
広輔選手がアウトにします、 すげぇえええええ、翼、広輔
そして桑原選手サードゴロでチェンジ

グランド整備の間に、ドカンフライキャッチ。
2人とも成功させて、拍手がおきます。


4回表 カープの攻撃
先頭バティスタ選手、8球粘ってフォアボールを選び出塁
続く、前の打席でタイムリーを打っているメヒア選手は
高めのつり球に空振り三振でアウト。
続く小窪選手の打席で、今永選手がワイルドピッチ、
ただ、この打球をバティスタ選手見てなくて、もたもたしますが、ランナー二塁に。
小窪選手見逃し三振から、翼選手は 敬遠ぎみのフォアボール
そしてジョンソン選手は見逃し三振です。

決定機にジョンソン選手が多いねぇ。


4回裏 ベイスターズの攻撃
カープは、ファーストのメヒア選手を引っ込めて、ファーストに小窪選手。
サードには西川選手です。
先頭柴田選手、ボテボテのサードゴロを西川選手が軽快に捌きます。
変わったところにボールがくるの法則ですか 。
ロペス選手ショートゴロ 筒香選手空振り三振でチェンジ、三凡です。

勇者の遺伝子が鳴り響くなかで、ビックフラッグ
そして、花火がどーんっとあがります。敵ながら、いいですね、この演出。


5回表 カープの攻撃
先頭丸選手、二文字応援で送られますが、ファーストゴロでアウト
続く菊池選手が泳ぎながらもレフト前に巧みに打球を落とします、お見事。
広輔選手は見逃し三振。ああああああああああああああ
続く松山選手の打席で菊池選手が盗塁を企てます。
三塁側スタンドから見るとタイミングがアウトで、ああああ、とため息も漏れますが、
セーフで盛り上がります。ナイスなスライディングだったのでしょう、
ただ、松山選手は空振り三振!ここでもカープは決定機を逃します

とはいえ、ここまで今永選手 89球投げています。これがジワジワと効いてほしい。

と思っていた矢先
5回裏 ベイスターズの攻撃
前の回、ロペス、筒香と厄介なバッターをうちとっての回ですが、
先頭の宮崎選手にライトスタンドへ運ばれます。
あああああああああああああ
さらに、スタジアム内には「攻めまくれ」チャンテが流れます。
「ヒーローシーマーターオーセッ!! 絶対勝つぞベイスターズ!!」がド迫力です。
これが、ホームの力ですか。

ここ数年毎年ハマスタは来てますが、どんどんこのホームの威圧力が強くなります。

チャンテが響くなか嶺井選手は ハーフスイングを取られて空振り三振ですが、
梶谷選手がセンター前にはじき返して、今永選手がきっちり送りバントを決めます。
そして、ここでライトスタンド中心にチャンステーマ0が響きます。
「ドンッドドンッドッドッドドン、大きな声でくーらっもとぉ」と倉本選手。
ただ倉本選手、サードフライでチェンジです。
ふぅううう。


6回表 カープの攻撃
先頭バティスタ選手ショートゴロ 西川選手レフトフライ
小窪選手がフォアボールで出塁すると、ベイスターズは好投していた今永選手に変えて
浜照大三上こと、三上投手をマウンドへ。
神様! 神様! って展開を望みます、
と思ったところで翼選手がサード左横への難しいゴロ
宮崎選手も好捕し、遠投しますが、翼選手の足がまさって内野安打。
ここでジョンソン選手の打順なので、岩本選手が登場。
ただ岩本選手セカンドゴロでチェンジです。
ああああああ

ここで、ベイスターズスーパーバズーカーがあって
6回裏 ベイスターズの攻撃
カープは、ジョンソン選手の代打岩本選手がそのままファーストに入って、
7番にピッチャー九里選手が入ります。

先頭、桑原選手ショートゴロ 柴田選手セカンドゴロで2アウト
ロペス選手には、レフトの横を鋭く抜くあたり。ここも松山選手が抑えて
シングルヒットでとめます。ナイス松山
そして、筒香選手がセカンドゴロでチェンジです。


カープカープカープひろっしま、ひーろしーまーカーアープー♪ と歌って
風船ピューっと飛ばしてから
7回表 カープの攻撃
ベイスターズは砂田投手をマウンドにおくります。
わーい、すなだくんだー あそぼーっ。
さらにキャッチャーは大洋戦士戸柱選手です。
先頭丸選手、初球をショートゴロ 続く菊池選手8球粘りましたがレフトフライ
広輔選手は見逃し三振でチェンジです
「九里に十勝させてやれよ~」と声が飛びます。


7回裏 ベイスターズの攻撃
ベイスターズのジェット風船は、ふくらませた時の色合いが本当にきれいです。
ここもDeNA効果なんですかね。
そして、カープはピッチャー九里選手に代えて藤井選手をマウンドへ。
さらに菊池選手にかえて庄司選手、翼選手にかえて坂倉がキャッチャーに。
藤井-坂倉のバッテリーが好調ベイスターズをどう料理するか。
この日ホームランを打っている宮崎選手をレフトフライ
戸柱選手を空振り三振 梶谷選手をセカンドゴロで三凡です。

いけるやん、藤井くん


8回表 カープの攻撃
先頭の松山選手がセカンドゴロでたおれから、
ベイスターズはパットン将軍をマウンドへ。
将軍はリリーフカーに乗らずにマウンドに来ます。気合入ってます。
そして、バティスタ選手がレフト前にはじき返して盛り上がります。
将軍!? 将軍!? という展開ですが、
西川選手のセカンドゴロが4-6-3とわたってダブルプレーです、
ああああああああ


8回裏 ベイスターズの攻撃
カープは藤井選手に代えてサウスポーの戸田選手をマウンドへ。
さらに松山選手に代えて、上本選手がレフトの守備につきます。
パットン選手に代えて田中浩選手が送られますが、ファーストのライナーでアウト
倉本選手は 空振りの三振 桑原選手はライトフライでチェンジです。

いーぞーいーーぞートダタカヤ


9回表 カープの攻撃に移るときに、あの曲が流れてきます、
そして、ハマスタを揺らすヤスアキジャンプです。すごい威圧力です。
バットン選手当番の時も思ったのですが、
リボンビジョンまで使っての演出がすごくかっこいいです。

店長!? 店長!? 店長ガガガガガって展開になってくれんかねぇ。

先頭上本選手。先週由宇で応援した選手をここで応援するのもいい感じですが、
上本選手、空振りの三振。
続く、新人坂倉選手、サードのファウルフライ、岩本選手見逃し三振でチェンジ

9回裏 熱き星たちよ が流れてからのベイスターズの攻撃
カープはここで、2軍で調整していた今村選手をマウンドへ
ベイスターズは2番からの好打順ですが、
柴田選手空振り三振  ロペス選手サードフライ 2アウト
筒香選手ライトフライでチェンジ、三凡です。
これは、CS、日シリと期待していいですね。

10回表 カープの攻撃
ベイスターズは田中健選手をマウンドにおくります。
先頭の丸選手、フォアボールで出塁。地味に今日初出塁です。
続く庄司選手がキッチリ送りバントを決めて、チャンススーパーで送られた広輔選手がフォアボールで1,2塁
ここで、今村選手の打順なので、代打に新井さんです。
盛り上がるレフトスタンドと三塁側。
応援歌からチャンススーパー。ここで、きめろ、あーらーいっ!!
そんな新井さん、1-1から、ゆるい変化球をはじき返して、ボールは左中間へ。
ここで、丸、田中選手が帰って2点タイムリーツーベースです。
うぉおおおおおおおお、新井ぃいいいいい、すげぇぇえええええええ。
宮島さんじゃあああああああああ!
バンザーイ、バンザーイ、バンザァアアアアアイ!!!!!!
ぐしゃぐしゃになりながら、またまたカンフーバットをカンカンします。
あああ、新井さぁああん、もう泣きそうです。
新井さんに代走帰巣本能の野間選手。
バティスタ選手がフォアボールで歩くと、「おーまーえーがーきーめろー」と
極チャンスでおくられた西川選手がサードへのファウルフライ。
さらに極チャンスが続き、上本選手はレフト前へのヒットで出塁 満塁
ここで、チャンススーパーになって坂倉選手ですが、
うまく低めの球をんんで、センター前に打球を落とします。
宮島さんじゃぁあああああああ、ワッショイワッショイ
これが新人坂倉クン、プロ初安打&初タイムリーヒットで、2点追加です。
周囲の人とバットカンカンです。
岩本選手は空振り三振でチェンジですが、4点追加です。


10回裏 ベイスターズの攻撃
レフト側ブルペンから走って中崎選手がマウンドへ。
うぉおおおおおお。
代走の野間選手がライトに入ります。

先頭宮崎選手に センター前にはじき返されまして、宮崎選手の代走は白崎選手
ただ続く戸柱選手4-6-3のダブルプレー。
梶谷選手フォアボールで出塁しますが
代打の乙坂選手がピッチャーゴロでゲームセットです。

うぉおおおおおお、勝ちましたぁああああああ。

前回ハマスタに来たときは、苦杯を飲まされましたので、
自分的今期対ベイスターズ戦、初勝利であります。


ここで宮島さんから、ハイパーユニオンでフゥ↑フゥ↑して盛り上がってから
ヒーローインタビューを待ちます。

「新井さん、来てくれんかねぇ」「新井さん、見たいねぇ」「新井さぁああああああん」
などと周辺は盛り上がっていますが、ヒーローインタビューは
新人でプロ初安打が初タイムリーになった坂倉選手。
「ま、坂倉クンならしょうがないねぇ」と周囲の人。

とはいえ、新人とは思えない受け答えです、

プロ初安打を放ったことに対しては「まず試合に勝ったことが、一番の喜びです」と答えで
打席を振り返って、どうでしたかの問いに対しては「結果を気にせずしっかり振っていこうと思って、
追い込まれたので何とか食らいついていこうと必死でした」
来た球種はなんでしたか?「多分カーブのボール球。よくバットが届いたなと思います」
その後も
初安打の記念球はどうしましたとの問いには「たぶん、マネージャーの方が持ってくれていると思います。
先輩方が祝福してましたし、首脳陣の方もおめでとうと言ってくれまして、改めてここからが
プロ野球選手としての始まりなんだなと思いました」
と、語りました、
この浮ついていない感じが、本当に好感をもてます。

さらに、カープのチームについてどう思いますかの問いには
「いい先輩たちばかりで支えられながらいい野球ができています」と答え、
今後、どういう選手になりたいですか?の問いには
「まずはチームが勝てるように貢献していくプレイヤーになって、勝てるキャッチャーになりたいです」
と名言しました。ここもフォアザチームの精神がいいなぁ。
さらに、締めの、新人ですが、チームを代表して一言お願いします。の問いにも
「明日、最終戦でしっかり勝って、いいCS、日本シリーズにできるようチーム一丸となって頑張っていきたいです
ありがとうございます!」
と答えて、盛り上がるレフトスタンドと三塁側スタンドです。

「坂倉クン、マエケンに似とるぇ」なとと周りのカープ女子。
言われてみれば。
「ツバサも前田さんに似とるし、そんな二人がひっぱっていけばええねぇ。」とのこと。

ですね、石原選手、ツバサ選手以外にも、坂倉くんいて、磯村選手いて、
さらに船越選手もいますから、カープはキャッチャーはしばらく安泰です。

ちなみにカープの高卒新人捕手が一軍でヒットを記録したのは、
1965年の衣笠祥雄以来2人目だそうで、やっぱり坂倉クン、スゴいねぇ。


この日の席が内野指定の後ろのほうだったので、レフト側外野席に近づくことができず、
応援団のトークは聞けませんでしたが、

この日のスタメン選手のテーマのメドレー
勝利をわれらに Let`s WIN!

絶対とるぞ日本一、絶対とるぞ日本一、絶対とるぞ日本一 パーパー♪
ひぃろっしまぁあ

ともりあがってから、

それいけカーブからの三本締め。

さらに
いいぞーいいぞー応援団 イーぞーイーぞー応援団 いーぞーいーぞー応援団。

で、全部終了です。
ひさびさに最後まで短のできました。
やっぱり野球はいいですね。



そして、宿にもどる前に、野球の神様に感謝をして
2礼2拍手1礼。



そして、宿に戻ってこの日のスポーツニュースを見ながら、
一人酒盛りをしたのでした。

ああああ、いい一日でした。




と、いうことで、このあと出陣です。
今日も目いっぱい応援します

今日も勝つぞカープっ
今日も勝つぞカーァップッ
今日も勝つぞカァーアップゥウウウウ!!!!!


では。(´・ω・)ノシ

これから、今季レギュラーシーズン最後の遠征、
カープvsベイスターズ2連戦を応援するために
横浜スタジアムに乗り込みます。

ベイスターズは、現在ジャイアンツと熾烈なCS争いをしていまして、
クリンチナンバー3が出ています。
やはり、タイガースとの5連戦を3勝1敗1分で凌いだのが大きい。
特に、タイガースのホーム横浜スタジアムで1勝できたのがきいています。
〔タイガースは対ベイスターズ戦は、甲子園よりもハマスタの勝率が高いので
揶揄するように、こんなことが言われています 為念〕

さらに、ベイスターズ70勝到達は、2007年以来〔大矢監督時代 順位は4位〕
貯金は2001年以来〔森監督時代 順位は3位〕です。

CSのことを考えると、カープとの相性的な面では
圧倒的にジャイアンツなのです〔しかも、菅野、田口、マイコラスが1stステージで登板予定で
2ndステージには来ません。〕

が、あのチームが勝つことが生理的に受け付けないので、
ベイスターズには2年連続のAクラスになってCSに来てほしいのです。


とはいえ、カープもベイスターズ戦の勝ち越しがかかっています。

と、いうことで、今日、明日と、全力のガチで
カープを応援をしたいと思います。

カープはジョンソン投手、ベイスターズは今永投手の先発です。

絶対勝つぞカープ 絶対勝つぞカーァっプぅ
絶対勝つぞカァーアップゥー!!!!!!!!!!!!!!!!



さて、ここからがタイトルの記事です。



エア・ドゥでの新千歳~広島便、自分的乗り納めで、
由宇に行きました。


自分的広島でのレギュラーシーズン最終戦のマツダスタジアム、
持っているチケットが、内野自由席だったので、待ち時間が長かった。
そこで、「TJ Hirashima」誌をペラペラと読んでいましたが、
書評のコーナーで、「うえむらちかのカープごはん」(ザメディアジョン)が
紹介されてました。

そこで、翌日、新幹線に乗る前に、廣文館 新幹線店で購入。
新幹線の中で、楽しく読む事が出来ました。
しかも、行きたいお店がまた増えると言う。
次の広島訪問の楽しみが増えるねぇ、と思ったのですが、
ぐっと惹かれたのが、由宇に行く話しでした。

そして、読んでいるうちに、
「由宇でタコス…、食べたいです」モードに。

さらに調べてみると9月下旬のお仕事オフの23日に
由宇でバファローズ戦がある。
エア・ドゥのHPを見ると、23日新千歳~広島は残席が1
しかも、広島駅前の宿にも空室があります。
24日は仕事ですが、23日のゲームが終わってから岩国~羽田
羽田~新千歳と乗り継げば大丈夫!!
しかも、こちらも、それぞれ残席があります。

というわけで、チケットや宿をポチポチポチっとして、広島に来る事になりました。


広島駅近の宿を朝出て、JRを乗り継いで由宇駅へ、
さらに由宇駅からバスに乗ると、バスはアカい人が一杯です。
4月に来た時は、カープ応援の人は7~8人くらいしか乗っていなかったのですが、
今回はほぼ満員のバスの中、地元民とカープファンは1:9くらいの割合です。
スゴいなぁ。

由宇川沿いの道をずんずんバスはすすみ、
次第に細く急な山道に入っていって、バスは左へ右へ。
そして現地に近づくにつれて増える、路上駐車の数。
ああ、近づいています。

そして到着。

セ界最後の秘境、21世紀のフィールドオブドリームス
広島東洋カープ由宇練習場です。

前回も1000人程度のお客さんが盛りあがっていましたが、
今回はその3~5倍くらいいそうです。
めいめいテントを張っていたりレジャーシートを敷いていたり、
アウトドアチェアーを組んでいたりしたので、
さながらフェスかキャンプ場かテーマパークみたいでした。
というか、早く行って、スペース確保できたら、寝ながら観戦できます。
どこでもネソベリア状態です。

ワタシも前回の反省があったので、自宅から折りたたみの椅子を持ってきました。
さらに、あいているスペースを、ブルペンのマウンド近くに発見したので、
そこに設置してから、昼食を調達に行きます。


前回行ったときと同様、カレーコロッケ、唐揚げ、カルビ丼などの
移動販売車があり、昨年までの更衣室では、ゆうとまとカレーや、ゆうすうどん
などが売られていますが、冒頭にも書いたとおり、狙いは
「まぁちゃんのTACOS焼き」さんのタコスです。
こちらは、5年前から由宇でお店を出している地元のお店で
由宇のグルメでは一番の古株です。

行くと移動販売車の前には長蛇の列がですが、ある意味この日の目的なので
オトナシク並びます。

その間、移動販売車の外で、黒いTシャツの方が
手際よくトルティーヤを並べて、ミートをのせたり、レタスをのせたり
チーズを乗せたりしている様子を観察します。
見ると、作りおきではなく、注文を受けてから焼くようです。
これは時間かかりまして、長蛇の列も納得ですが、
できたてが食べられるのでウレしいサービスです。
時折、ジュージューと大きい音を立てているのも、
ライブ感があっていいです。

横では、おそろいの黒いTシャツを着た女性の方が
カキ氷が売っていて、こちらもなかなか人気の様子です。

で、次第に近づいてくると、移動販売車の中の様子もよく見えます。
お店の中には、ソンブレロをかぶって、カープのビジターユニの
Hiroshimaのかわりに、Tacosと書かれたユニフォームを纏った店長さんが
車の外で、黒いTシャツの店員の方が並べていたトルティーヤを
車の中に備えている鉄板で焼いています。
横にはソーセージなど、トッピングの具材も焼かれていて、
いい音の原因はこれです。

そして、移動販売車の奥で微笑む女性の写真。

これが、昨年、カープが25年ぶりの優勝を決めた5日後に逝去された
店主の奥さんの遺影です。
まぁちゃんタコスも、この奥さんの名前から採られています。

そんなのに少ししんみりしながら、横に出ている看板のメニューをチェック。

まぁちゃんタコス 牛ひき肉とチーズ サルサソースorトマトソース 300
えびカツタコス ぷりぷりエビカツ 350
スペシャル まぁちゃんタコスにベーコンと卵が入ったよくばりメニュー 400
カープタコス まぁちゃんタコスにロングウィンナーが入って食べ応えあり 400
メガトンタコス ボリューム満点のビックサイズ 600

と書かれています。

ここは、カープタコスです。

と、順番が来たので、さきほどカキ氷を売っていた女性スタッフさんに
「カープタコス」とオーダーをして、400円をはらいます。

目の前で焼かれるタコス。
トルティーヤの上でとろけるチーズがいい感じですし、
そこに乗せられる、同じく鉄板で熱されたソーセージです。

さらに、赤いサルサがかけられて、
手際よく軽くまるめられて、紙に乗せられまして、登場。
手渡しされるときに

「熱いので気をつけてください」と件の女性スタッフの方に言われます。

はいはい、と思って聞いていると

!!

本当にアツい。
直前まで鉄板で熱されていたのは伊達ではありません。

ホコホコしながら、確保していた自分の席に戻ります。
目の前では、本日の先発福井投手が熱の入ったピッチングをしています。
がんばれ、エース福くん、と思いつつ
まずは由宇駅近くのセブンイレブンで購入した
ジムビームのハイボール缶をカシュっとあけてのどを潤します。
あああ、この開放感の下でのハイボールはいいですね。

そして、タコスをいただきます。

うん、これは美味しいです。

まずは表面のトルティーヤですが、もともとそこまで硬くないのですが
鉄板で熱されているので、ところどころ、サックリとしていて
いろいろな食感が楽しめるのがまずはいいです。
風味もいいですし、素朴な味わいで具材の美味しさを引き立てる
にくいやつです。

そして、具ですが、まずは、そのソーセージの存在感。
バットに見立てたロングソーセージではなく、
少し長いソーセージが2本入っていますが、このソーセージが美味しい。
腸でできている皮部分を噛み千切る快感から
すぐ溢れて来る肉滴の濃い味わい。そして、肉自体の
野趣に富みながらもしっかりとした肉そのものの味わい。
さらには、それらを包み込む燻煙香です。

ああ、いいソーセージです。

というか、なんで、ソーセージと野球ってここまであうのでしょうか。

これは、ソーセージの入ったカープタコス大正解です。

このソーセージと別のベクトルで美味しい肉が、
地元特産である高森牛のひき肉です。
高森牛は、山口県岩国市周東地域で生産される牛肉の銘柄で、
この肉もひき肉でありながらしっかりと存在感を示しています。
これはまぁちゃんタコスでも十分美味しいです。

しかも、この濃い味わいをさらに盛り上げてくれるのが
とろーりチーズです。このチーズの味わいも濃厚で
乳の味わいが素敵ですし、これらをピリッと引き締めてくれるのが
サルサです。

そこまで辛いというわけではないですが、
ピリ辛がソーセージにも、肉にも、チーズにも、
働きかけてくれますし、

この濃い濃い味わいにさわやかさをもたらしてくれるのが
シャキシャキのレタスです。
レタスの味わいもしっかりしていて、水分もたっぷり
口の中に清涼感をもたらしてくれます。

これらが時間差でくるのではなく、ほぼ同時に来るので
脳の処理能力が追いつかずに、

おーいしぃー!!

という感想になります。
ま、しょうがないです。

そして、このチョイピリ辛で、たっぷり濃厚な味わいが
ジムビームハイボールにあうのです。


ああ、食べ物は美味しいし、天気はいいし、
目の前では野球がありますし、最高です。


野球場で食べるグルメの定番はホットドック。
ホットドッグもあうんだから、当然タコスもあうよなぁ、
ということを改めて再認識。




ちなみに、こちらのルーツは二軍時代、ここで汗水垂らして練習している
丸選手を応援していたことからはじまります。
だから、こちにの方が夕方から営業してるスポーツバーの名前は
「キッチンスタジアム63。(ろくさんまる)」なのです。

だから、丸選手は当然お気に入り、

さらに、お店の方がテレビのインタビューで答えたことによると。

「ルナが何十個と頼んでくれて、小窪選手も大好きです。」
とか
「岩本選手が一番たくさん食べる
 バティスタは意外と辛いタコスがだめ メヒアも
 毎回1人で3個4個食べている」
だ、そうで、

ファンだけでなく、選手にも愛されている由宇の味です。


ちなみに、二軍優勝が決まった時
通常の倍の大きさのトルティーヤに倍の量の具材がトッピングされた
W優勝タコスを1日10個限定で出したとか、

ああ、こちらも食べたかったですねぇ。


ちなみに、こちらに来るきっかけになった「カープごはん」に出てきたのは、
キッチンスタジアム63。さん。 岩国の野球好きが集うお店だそうで、
カープ関連の音楽とか映像がながれているそうです。

こちらにも行きたいねぇ。やはり来年は岩国泊で由宇ツアーを組むかねぇ。


本当に、二軍の球場は侮れません。

やっぱり来シーズンは、鎌スタとタマスタ筑後はマスト、
他にもファームのゲームも沢山みたいです。

あ、当然由宇にも還ってきます。


では。(´・ω・)ノシ
今朝は、寒いなぁ、と思ったら、喜茂別町で氷点下を記録。

朝から午前中は雲がかかって見えなかったのですが、
午後晴れてきて、頂上が見える羊蹄山も
上のほうは雪化粧をしていました。

こうして次第に秋が深まってゆく羊蹄山麓です。


そんな時期にもうれしいのが温泉です。



ここからがタイトルの記事です。


前日まで、1泊2日の由宇遠征を終えて、
岩国~羽田と乗り継いで、その日の内に北海道に戻ってきたのは、
日曜日に午前中オシゴトがあったからです。

ということで、オシゴトを終えた後、HBCラジオ「ガンちゃんの世界一面白いプロ野球の番組」を
BGMにむかったのが、アンヌプリ温泉湯心亭さんです。

こちらは、透明なクセのないお湯がいい感じで、
しっとりとしたやさしい湯あたりが、
近くの笹濁色で硫黄香がぷんぷんただよう、ニセコグランドホテルさんとは
大きく異なりますが、双方ともに素敵な魅力があります。

さらにほんの少し先には、これまた泉質の異なる「鯉川温泉」さんもありますし、
本当にここらへんの温泉は面白いです。

和のしつらえを強く感じる、入り口にかかる大きい暖簾状の布が雰囲気あります。
重い木の扉についている、自然木の掴手を動かして中にはいると、
香が炊かれているのか、いい匂いがお出迎えです。
自販機で湯券を買って、手渡しをした後
清潔な感じの廊下を歩きお風呂へむかいます。

脱衣場にはあいた籠しかありません。ラッキーです。
直後に職場の健康診断を控えているので、体重を量ると
目標体重よりやや重い感じです。
これくらいなら、当日まで、目標体重に間に合いそうです。

中にはいると、ムッとする湯気とともに、どこか針葉樹を感じる
湯槽の香りがまざった湯の香がお出迎えしてくれて、
これだけで心がほっこりします。
この針葉樹の香りがこちらの温泉の最大の特徴です。

中はそんなに広い浴室ではないですが、
4m程度の半円形の湯槽からは、透明なお湯があふれて、
これ見るだけでいい気分です。
湯が流れた跡、浴室の床についている模様もいいです。

まずは湯槽に身を沈めるますが、小さい分だけ
湯があふれる勢いもあって音も混みでいい感じです。

そんな感じで、しばらく内湯を楽しんでから向かったのが露天風呂です。

扉をあけて、しっかりとしたつくりの屋根がつけられた廊下を歩いていくと、
スロープになっていて、次第にお湯の中に入っていくという面白いアプローチ。
この緩やかなスロープが遊び心を感じます。

そして、露天ですが、内風呂がこぢんまりとしているのに対して、
本当に広々としています。
火山地帯ならではの、でかい庭石みたいのがゴロゴロしていて、
本当におちつけるいい風情です。

男湯と女湯は、木の塀で区切られていますが、
その境目の部分からは勢いよく、お湯が流れていて、
その音が周囲に響きます。

お湯もつるっとした湯触りがよくて、しっとりとした感じになります。
軽く口に含むと、ほのかな苦味と塩分が感じられるのも、いいお湯です。

中央には、東屋みたいな大きな屋根がついていて、
そこの下に寝転がることができる大きい滑滑の石があります。
ここにごろんと寝転がって湯が湯槽に流れ込む音を聞きながら
ぼーっとすると

あー、 気持ちいい~も~しわけない。

まずは、こちらで軽くオちます。最高ですね。
目を覚まして、再び岩風呂の風情を味わいながら、
流れるお湯の音と小鳥の鳴き声に意識を飛ばします。

しばらくしてから、一旦内湯に戻って、再び半円形の湯槽に身を沈めて、
全身で湯を楽しんで、湯の香りを鼻先近くで堪能したのちに、
湯槽の縁で道南スタイルを楽しみます。

ああ、こちらも気持ちがいいです。

それにしても、観光シーズンのこの時期に
こんないい温泉を貸し切れるという幸せに感謝をしていると
またオちてしまいました。

思った以上に、由宇行きが応えているみたいですが、
ま、ゲームに勝ったので、疲労も勲章です。


と、露天、内風呂それぞれ堪能。

そして、すべてを済ませて外に出まして、外に出ると
きりっとした空気で改めてシャキッとする気分がいいです。

ラジオはとっくに「サンデーファイターズ」になってました。
そんなのを聴きながら、途中、昼夜兼用のおでんをセブンイレブンで買って
自宅へと戻ったのでした。


ちなみに今まで入った温泉については左側の欄にある温泉三昧を
クリックしてもらえれば見ることが出来ます。

よろしければ。


ということで。(´・ω・)ノシ