5月の大型連休後半野球観戦ツアーの最終日。
初日、ホークスとの二軍戦で勝利、2日目、スワローズに大勝と、
この日にカープが、ダメージ残る負け方した以外は
本当にいい連休だったのですが…


ま、ここから振り返りです。

この日は、前日が遅かったので、6時に起床。
6時30分くらいに、宿で朝食。
こちらは空港利用の人に便宜を図って、
朝6時から朝食が食べられるので、有りがたいです。
ということで、お粥にじゃこをのせた和風朝食。
夏冬の大お祭りの時にはおなじみの朝食です。
あ、5月にはもう温玉はないんですね。
そして、畏友GMクンが宇宙一と言ったクロワッサンに
スープに。グレープフルーツジュースで、朝から満腹コースでした。

そして、身を浄めて、いつものカープボクサーパンツ、
ノースリーの赤いアンダーシャツに、
真っ赤なポロシャツを身にまとって出陣。
長い1日の始まりです。

7時に宿を出て、7時10分泉岳寺行きエアポート急行に乗り、
品川で乗り換え。7時29分発の山手線で新宿へ。
新宿には7時46分着。そこから歩いて、新宿ピカデリーへ。

映画館に到着したのが7時55分。映画館の前には、50人くらい列が出来てます。
何かあるんですかね。
8時に開場。中は入ったら「ガンダムthe ORIGINE」の巨大ポップが
あー、今日舞台挨拶があるんですか。それは混むはずです。
しかも、昨日封切りですから尚更ですか。

そんなのを後目に「リズと青い鳥」のチケットを購入。
この後の土日が、仕事・仕事・野球と、完全に全部潰れるので、
この日しか見るタイミングがない。ということで、
この日の午前中に見に行きました。

映画は、本当に最高でした。
キャラクターは魅力的で、動きもキレイ。
音楽の説得力も健在ですし、何より、2人の繊細な関係性と、
不器用なすれ違いがありつつも、
若いしなやかさで、自然に修復されるさまが丁寧に描かれていて
所々で涙が溢れてくる、感動のお話しです。
時間を作って見に行って、本当に良かったです。
詳細な感想はいつか機会があったら…。

その後、近くの紀伊國屋やアニ×イトで時間をつぶしがてら買い物をして
西武新宿線で高田馬場へ。
馬場でむかったのは、ドラマ「孤独のグルメ」や、
菅野彰×立花実枝子さん著「あなたの町の生きてるか死んでるかわからない店探訪します」
(新書館/ウイングス文庫)に登場した
ミャンマー料理のノングインレイさん。そちらで、ゴローちゃんが食べた牛スープそばと
久住さんや、菅野さんなどが食べた、豚と米のソーセージをいただきました。

店員さん同士の会話がミャンマーの言葉なのがインパクトありますし、
途中入ってきたスタッフの人もミャンマーの言葉だったりと、
なかなかアウェイ感強いお店でしたが、両方とも、とても美味しかったです。
エスニックな味わいが新感覚ながらも、どこか懐かしい味わいが、ツボでした。
こちらも行って良かったです。
まだ、孤独グルメメニューも、あなたの町のメニューも残っているので、
そちらを食べに再訪することでしょう。

ただ、2品だけ頼んだのですが、腹にずっしりと溜まったので、
この後の予定に若干支障をきたしましたが…

こちらの詳しい感想もまた後日。

そして、満腹を抱えて山手線に乗り込んで代々木へ
そこで総武線に乗りかえて、信濃町へ行ってから
神宮球場にむかいます。

この日のゲームはナイターでは?と思う方も居るかも知れませんが、
まずの目当ては六大学野球です。
六大学野球の熱気とアツい応援は、何年か一度は見ておきたいところ。
と、いうことでの観戦です。

神宮球場のバックスクリーンのところから敷地に入ります。
そちらで野球の神様に昨日の御礼をしつつ
カープの健闘を祈って、二礼二拍手一礼。
今日も宜しくお願いします。

球場に入ると、前の試合を行っていた早稲田大学の応援団と
チアリーダーが反省会をしています。
そんなのを横目に内野席のチケットを買って球場に入ります。
ゲームは慶応大学vs立教大学。
この日は一塁側の慶応大学サイドに行きます。
(立教には言動に?と思う教授がいるので、避けました
ま、慶応にもいないことはないのですが…)

あー、吹奏楽とかの応援がド迫力です。
「リズと青い鳥」を見た直後に味わう生の吹奏楽の音は染みます。

ゲームは終始慶応ペースですすみます。
そして、周りはほぼOBか関係者。
大型連休最後の日というのもあるのでしょうか
家族連れで訪れているOB風もいます。
「あのこは塾高で」「じゃ、後輩じゃん」とか、
「ピッチャー両方とも志木高なんだ」とか
マウンドに大久保監督が行ったときも
「ほら、大久保ー、ガンバレー」「なんで監督応援するの?」
「いんだよ、大久保、同級なんだから、おら、大久保ー!!」なんて会話も
「俺、見に行く試合、見に行く試合、慶応負けたんだよな~」
「志村さんの時とか」「大森さんの時とかな」
ってのも、なかなかな会話です。

そんな会話も面白く、応援も終始ど迫力。
ゲームは慶応の勝利でおわりました。
やはり、東京六大学、面白いです。

16時05分にゲームセット。両校のエール交換を聞きながら
一旦内野席をあとにして、今度は外野のレフト側にむかいます。
この日は、外野指定席、レフトポールが左手に見える
ファールゾーンでの観戦です。
大型連休でこの日だけ外野指定席が取れたので、
日曜のナイターですが、迷わずチケットをとったのでした。

16時20分頃に開場したので、中へ入ります。
開場予定時間より早いので、有りがたいです。
自席を確認して、荷物を置いてから売店へ。
ビールの売り子さんがスタンバイしています。

一通り売店をチェックしてから、「麺や秀雄」さんで
ラーメンを購入。早い時間に買うと、生麺だということなので、
楽しみです。

そして、ハイボールとともに自席でいただきました。
美味しかったです。ごちそうさまでした。
感想はまた後日。

2ゲーム終わった後なので、入念にグランド整備がされています。
そんなのを見ながら深紅のHIROSE 26 のビジターユニフォームを着ます。
17時10分くらいからアップが開始されます。
そして17時10分、パトリック・ユウさんと、つば九郎登場。
さらに、この日の始球式をする「島茂子」さんが登場。
「城×メ×バー!!」などと声が飛びます。
このタイミングでT○KI○っぽい人を連れてくるとか
なかなかセメた演出です。
つば九郎とのヤリトリも場内の笑いを誘います。

そして、スタメン発表。
カープは3番バティスタ選手、4番エルドレッド選手
5番安部選手で、ライトには髙橋大選手が入ってます。

あれ?誠也選手は??

スワローズは前日死球の青木選手は出場せず、
この日もセンターは上田選手です。

そして、PASSIONのパフォーマンス、メンバー表交換
そして、T○KI○のリーダーっぽい、新人演歌歌手
「島茂子」さんの始球式を経て
ゲーム開始です。
カープの先発は九里投手、スワローズの先発は石川投手です。


1回表、カープの攻撃。
先頭、広輔選手がショートライナー、菊池選手センターフライ
バティスタ選手、空振り三振で、三凡です。

1回裏 スワローズの攻撃
先頭の山田哲ショートゴロ、上田選手センターフライ
坂口選手ファーストゴロで、こちらも三凡です。
石川、九里、両投手、なかなかの立ち上がりです。


2回表 カープの攻撃
先頭エルドレッド選手、左中間を鋭く破る二塁打です。
両チーム初のヒットで、盛り上がるレフトスタンド。
ただ、続く安部選手送りバントがキャッチャーへのファウルフライになります。
チャンススーパーが流れる中で、下水流選手はセンターフライ
高橋大選手は、空振り三振でチェンジです。
あああ。


2回裏 スワローズの攻撃
先頭バレンティン選手を見逃し三振、続く雄平選手をライトフライ
西浦選手をショートゴロでまた、三凡です。

いいですね、九里選手。
.


3回表 カープの攻撃
先頭會澤選手、フォアボールを選び出塁しますが、
九里選手のバントがピッチャーの真正面に行ってダブルプレー
広輔選手はスリーボールからストライクを三球連続で決められて
見逃し三振でチェンジです。

2回、3回とバント失敗がイたいです。
.

PASSIONのパフォーマンスと、いつものトルクーヤを見てから

3回裏 スワローズの攻撃
先頭川端選手がライト前へポテンヒットで出塁
中村選手の打席で、九里選手がワイルドピッチで、川端選手が2塁へ
結局中村選手は、フォアボールで出塁。
続く石川選手がきっちり打球を殺したいいバントを決めて1アウト2,3塁です。
山田哲選手の打席「♪テーテテテ やまーだてつと!!」が3回繰り返されます。
そんななかもショートフライで2アウト
ルパンチャンテが鳴り響くなか、
上田選手ストレートのフォアボールを選んで満塁になりますが、
坂口選手の当たりはレフトフライでチェンジ
九里選手、なんとかピンチを凌ぎます


4回表 カープの攻撃
先頭菊池選手がレフト線を抜くツーベースで出塁すると、
バティスタ選手の当たりはレフトスタンドへ飛び込みます。
やべー、ナイスバッティングで先制です。
宮島さんじゃぁあああああああ、バンザーイバンザーイバンザーイ
レフトスタンドなので、遠慮無くカンフーバットをカンカンします。
続くエルドレッド選手空振り三振
2文字応援の曲が響く中で安部選手も空振り三振
下水流選手がレフト前ヒットを打ちまして、
続く高橋大選手、センターを抜けようかという当たりですが、
上田選手が好捕してチェンジです。
ワーワー「何、また上田か!!」とはなりませんでした。

レフトの守備につくバティスタ選手に
バーティッスター、バーティッスター! と声が飛び
声援に対して、帽子をとって深々と礼をするバティスタ選手。
いーぞーいーぞーバーティッスター!!



4回裏 スワローズの攻撃。先制点をもらった九里選手のピッチングに注目ですが
先頭はのバレンティン選手にレフトスタンドに持って行かれます
あああああああああ、アーチを描かれました
ライトスタンド~1塁側は東京音頭の傘の花が咲きます。
ただ、ここで崩れずに
雄平選手ライトフライ 西浦選手 空振り三振
川端選手ファーストゴロでチェンジです。


ここで、イニング間で「スワローズイケメン総選挙」について
途中経過では、1位山田選手、2位荒木選手、3位坂口選手 だそうです。
この日インタビューを受けていた女性ファンは「上田選手」と言ってました
ワーワー「なに!また上田か!」

.
5回表 カープの攻撃
先頭の會澤選手、センター前へ弾き返して出塁
続く九里選手、今度はきっちりピッチャー前に転がして、見事送りバントを成功。
攻めろチャンテから、チャンススーパーで盛り上がるレフトスタンドですが
広輔選手ファーストゴロ。その間會澤選手は三塁に進塁しますが
菊池選手セカンドゴロでチェンジです。

PASSIOMのEZ DO DANCE と、つば九郎の「空中くるりんぱ」の失敗を見て

.
5回裏 スワローズの攻撃
中村選手センターフライ
ピッチャーの石川選手に代打で送られた廣岡選手空振りの三振
山田哲選手空振り三振で久々の三凡です。

ファン同士の対決ジャンケンがあって、

6回表 カープの攻撃
ピッチャーに代打が出たので、秋吉選手がマウンドにあがります。
この秋吉選手のボールのキレが外野から見てもわかるスゴさでした。
バティスタ選手はレフトへのヒットで出塁します。
ドドンドドンドン♪エルードレッド ドドンドドンドン♪エルードレッド
とレフトスタンドは盛り上がりますが、エルドレッド選手のショートゴロでゲッツー
安部選手はファーストゴロでチェンジです。


6回裏 スワローズの攻撃
先頭上田選手左中間に上がったフライをバティスタ選手がランニングキャッチ
坂口選手、バレンティン選手と連続で空振りの三振で三凡です。
九里選手、好調です。

それ行けカープを歌ってから、

7回表 カープの攻撃
先頭下水流選手、空振りの三振、高橋大選手レフトフライ
會澤選手 空振り三振で、三凡です。
さすが、ジャパンで抑えを経験したピッチャーです。
.
東京音頭で傘の花を見てから
7回裏 スワローズの攻撃
先頭雄平選手がライトへのヒットを放って出塁。
続く西浦選手が打球を殺したいいバントをキャッチャー前に転がし1アウト2塁
川端選手は見逃し三振で2アウトランナー2塁
ここで、中村選手の打席で、代打イケメン荒木選手。
バジリスク甲賀忍法帖チャンテが鳴り響くなか、ライト前ヒットで 1,3塁
さらにピッチャーの打席なので代打に鵜久森選手
ここで、踏ん張る九里投手、鵜久森選手を見逃し三振で斬ります。
いーぞー、クリアレン!!

そして、イニング間に「僕らのカープ」が歌われているのでしょうが、
スピーカーの近くなので、近藤選手のテーマ曲にかきけされて
よく聞こえませんでした。でも、応援リーダーのところにいるのは、やすおさんです。  
8回表 カープの攻撃
スワローズはピッチャー近藤選手、キャッチャー井野選手です。
九里選手の打順なので、代打野間選手。
野間選手はサードへの難しい当たりを快足飛ばしてヒットにします。
さらに広輔選手の打席で盗塁を決めて、ノーアウト二塁。
攻めろチャンテで盛り上がるレフトスタンドですが、空振り三振 に倒れます。
さらに菊池選手はセンターフライ
ここで、一塁が空いているので、バティスタ選手は申告敬遠。
生で申告敬遠見たの、はじめてです。
飛ばすチャンスで盛り上がるレフトスタンドですが、
エルドレッド選手の大きな当たりはセンターフライでチェンジです。

あああああ



8回裏 スワローズの攻撃
九里選手に代打が出たので、ジャクソン選手がマウンドにあがります。
さっきまで、ブルペンで今村投手が作ってましたが、ジャクソン選手なんですね。
さらにレフトのバティスタ選手がファーストに センターの下水流選手がレフトに
代打の野間選手がセンターに入ります。
打順一番からですが、なんとか堪えてくれ~
と、思った矢先、山田哲選手にセンター前に弾き返されます。
続いて、上田選手がピッチャー前にいいバントを決めて、ランナーを2塁に進めて、
夏祭りが鳴り響くなか、坂口選手はレフト前へのヒットで1アウト1.3塁。
バレンティン選手には初球ストライクから四球連続ボールで、満塁です。
ああああああああ、
ただし、こらえるジャクソン選手、
雄平選手が初球に手を出して、ショートゴロ。ダブルプレーでチェンジです。

うぉおおおおおおおお、ジャクソンッッッッッッッツ!!!
サンキュゥーーーーーーッッッッッッッ!!


9回表 カープの攻撃。
スワローズは、近藤選手に代えて、石山選手をマウンドにおくりまして、
5番に。雄平選手にかえて、ライトに田代選手です。
先頭安部選手、空振り三振、続く下水流選手、センターフライ
そして、高橋大選手。「一本出して終われ~!!」の声が飛びますが、
レフト前ヒットで出塁。代走に上本選手が出ます。
ただ、會澤選手が見逃し三振でチェンジです。

PASSIONのパフォーマンスがあって、

9回裏 スワローズの攻撃
ここでカープは満を持して、クローザーの中崎選手をマウンドへ。
レフトの下水流選手がライト 代走で出た上本選手がレフトに入ります。
「この回6番からだから、かえって前の回でランナー出して良かったですよね」
などとお隣の人と軽口を言う余裕もあったのですが、この時までは…

先頭の西浦選手、ファーストへのファウルフライで1アウト
続く川端選手センターフライで2アウト。
ここで、打順はキャッチャーの井野選手なので、代打に大引選手です。
大引選手、今季まだヒットがありません。ここをなんとか抑えてくれと思った
1ポールナッシングからの2球目を一振。
打球はグングンレフトスタンドへ。
来るなー! 来るなー! などの声も飛びますが、
レフトスタンドの前方に飛び込みます。

あああああああああああ
今季初安打が同店ホームランだなんて…

ここで東京音頭はイタすぎです。
さらに田代選手センター前ヒットで出塁。山田哲選手はフォアボールで1,2塁
一打サヨナラの場面で上田選手ですが、サードフライでチェンジです。

最悪の結果は免れましたが





あの一球がイタ過ぎです。



10回表 カープの攻撃
キャッチャーの井野選手に代打が出たので、古賀選手がキャッチャーに入りまして、
大引選手は、サードの守備に。サードの川端選手がファーストに、
ファーストの坂口選手がセンターに入ります。

先頭野間選手。サードゴロ、広輔選手ショートフライから、
菊池選手がセンターの右を抜く二塁打で出塁し、
飛ばすチャンスで盛り上がるなか、
バティスタ選手のセンター前で、菊池選手が生還して、カープ勝ち越しです。
宮島さんじゃぁあああああああ! バンザーイバンザーイバンザーイ
カープはまだ死んどらんけぇ!!
周囲の人とカンフーバットをカンカンします。
そして、ピッチャーの打順なので、代打に誠也選手です。
ここで、盛り上がりを見せますが、誠也選手ショートフライでチェンジです。

でも、1点かえしました。あとはしっかり真もっとクレー。



10回裏 スワローズの攻撃
ピッチャー中崎選手に代打が出たので、今村選手がマウンドにあがります。
が、今村選手、坂口選手、バレンティン選手と、
連続でストレートのフォアボールを与えます。
あばばばばばば
ここでカープは一岡投手にスイッチです。
さらに、バティスタ選手に代えて、ファーストに岩本選手。
スワローズに石山選手に代打でピッチャーの風張選手です。
風張選手は、スリーバントを失敗。この采配がゲームを左右する
となってほしかった。
さらに、西浦選手、空振り三振で2アウトまでとりますが、
川端選手にセンターへの同点タイムリーヒットを打たれて、再び追いつかれます。
あああ、東京音頭が耳にいたい。
ただ、続く大引選手は空振りの三振でチェンジです。

さっき、ザキがビッキーを空振り三振にとればよかったんじゃ!!
などとの声もあがりますが、ここも最悪の結果は免れました。


11回表 カープの攻撃
スワローズは、石山選手に代打が出たので中尾選手をマウンドへ。
先頭安部選手サードゴロで1アウトから
下水流選手がレフト前ヒットで出塁
上本選手はピッチャー前へ見事送りバントを成功。
さらに會澤選手は本日2度目の申告敬遠で、2アウト1,2塁
ここで、好調の野間選手。一打勝ち越しの場面ですが、セカンドライナーでチェンジです。


11回裏 スワローズの攻撃、カープは一岡投手が続投です。
先頭田代選手空振り三振 続く山田哲選手サードへのファウルフライで
2アウトをとってから、古賀選手をフォアボールで出塁させます。
「なんで、難しいバッターとの勝負を選択するかなぁ」と周囲の人
ここで好調坂口選手ですが、フルカウントから坂口選手の打球は
キレイに外野を抜くサヨナラツーベースでゲームセットです。


あああああああああああああああああああああああああああ

負けてしまいましたぁぁぁぁぁ。

スワローズはカープ以上にチャンスを逃していましたが、
カープも惜しいチャンスが多かったですし、
広輔選手、安部選手がノーヒットというところで、
繋がりにくかったカープ打線でした。

中継ぎ~クローザー陣も、一昨日の大勝、昨日の大瀬良投手の完投で
間が空いたせいもあってか、ピリッとしてませんでした。
いつも、お世話になっているところあるので、攻めるわけではないですが、
九里投手が7回1失点と好投していただけに、悔やまれます。


本当にこの日は、
映画も、孤独グル巡礼も、六大学も全部良かった
そんな1日だったのに、
最後の最後でこれですか…(泣)


あああ、敗者は立ち去るのみです。
ヒーローインタビューで盛り上がっている中、球場から駅へむかう
おびただしいアカい人の群に混じります。

そして、球場から立ち去る時に、
次こそは、カープの勝利に立ち会えますように。という気持ちこめて、
野球の神様に二礼二拍手一礼

次に神宮に来るのは9月かな?。
などと思いながら、外苑前駅を目指します。
が、こちらが大混雑。素直に国立競技場前駅に向かえば良かった。

とはいえ、外苑前駅から、青山一丁目駅へ行きそこで大江戸線に乗り換え、
大門で京急の特急三崎口最終にのりかえて、
京急蒲田で、羽田行きに乗り換えて、大鳥居へ。
宿についたら、23時をまわっていました。

朝7時に宿をでて、23時過ぎに戻るという
本当に長い1日でした。




勝利投手[ ヤクルト ] 中尾 (2勝0敗0S)
敗戦投手[ 広島 ] 一岡 (1勝3敗1S)
セーブ
本塁打[ 広島 ] バティスタ6号(4回表2ラン)
[ ヤクルト ] バレンティン10号(4回裏ソロ)、大引1号(9回裏ソロ)

観衆数 30561人  試合時間 3時間58分


次の現地参戦は、5月26日.27日、マツダスタジアムでの、対ドラゴンズ戦、
それが終わったら6月はパ・リーグとの交流戦3試合です。
どちらも、気合いぶち入れて、ばり応援しちゃるけぇ、覚悟しんさい!!



ということで。(´・ω・)ノシ

5月の大型連休後半、福岡~東京遠征のお話しの続きです。

前日4日は、若鯉の大活躍に満足をし、宿がある久留米で餃子に舌鼓をうちながら
夜を過ごしまして、翌5日のお話しです。

この日は宿の近くに台湾式粥を食べることが出来るお店があるとのことで、
そちらで、朝粥をいただきました。
たいへん美味しゅうございました。詳細はまた後日。

シャワーを浴びて、身の回りを整えて
7時50分にチェックアウト。お世話になりました。

8時8分の天神行き急行で天神へ。
天神で地下鉄に乗り換えて、博多駅へ。
そちらで、職場等のお土産を買ったり、新幹線の車内でいただく
東筑軒の「かしわ飯」を買ったりして、9時33分発、のぞみ18号に乗ります。
窓際の席は確保出来ませんでしたが、岡山まで、自分の席の窓側のお客さんが
こなかったので、ゆっくり車窓を楽しむ事が出来ましたし、
マツダスタジアムもしっかり見えました。
今月下旬に行くけぇ、待っててつかぁさい。

博多~広島間は久々に乗るので、しっかり起きていましたが、
マツダスタジアムを過ぎると、うつらうつらしてしまいます。

新神戸を過ぎた当たりで目が覚めまして、ちょうどお昼時なので、
かしわめしをいただきました。美味しかったです。
こちらも感想は後日。

その後もナゴヤ球場の横を通ると、
そちらでもウエスタンのドラゴンズとバファローズ戦が行われていて、
満員の球場を見て、テンションが上がったりもしました。
ナゴヤ球場もいつかいきたいねぇ。

さらには浜名湖のあたりでは3月の巡礼を思い出したり等、
やはり新幹線は楽しいです。(1/3くらいは寝てますがww)

14時26分、定時に品川到着。そこで、少しだけ交通費を節約するために
京浜東北線で蒲田へ。蒲田で京急バスに乗って
大鳥居へむかいます。
途中蒲田のPiOで、たくさんの若い人がいて、
何かのイベントみたいです。
大型連休はそういう催しも多いです。

15時少し回った時間に大鳥居にある宿にチェックイン。
神宮からはやや遠いですが、7日に6時台の飛行機に乗って
北海道に帰らなければならないので、
朝4時台から無料送迎のバスが出ているこちらの宿がアリガタいです。

こちらで身を浄めて、いつものカープのボクサーパンツ
赤いノースリーブスのアンダーシャツを身にまとい、
赤いカープアロハを着込んで出陣です。
16時01分の金沢文庫行きのエアポート急行で京急蒲田へ
京急蒲田で16時08分発の青砥行き特急で大門へ
16時31分発の大江戸線で、国立競技場をめざします。
大江戸線の車内は、赤い人、緑の人、それぞれですが、
緑のユニフォームで完全武装している女子が
青山一丁目で降りたので、なんとなくついていきます。
立ち居振る舞いが、「球場三食」のつばみ嬢っぽかったので、
なんかついていけば、効率的な行き方が出来るかな、という考えからでした。
(ちなみに、大松選手のユニを着ていました)
で、銀座線に乗り換えて外苑前かな?と思ったのですが、
そのまま降りていきましたので、私も従います。

青山一丁目から外に出ると、外苑のイチョウ並木などを通って
神宮球場へ行くアプローチなので、この道もいいです。
そして、半年以上ぶりの明治神宮球場です。

と、いうことで、球場に正対して、二礼二拍手一礼。
野球の神様に面白いゲームとカープの勝利をお祈りして中へ。

この日は内野一塁側の席です。三塁ベース、ピッチャーマウンド
一塁ベースで描く線の延長上の前から20列目といういい席で、
選手とかコーチが近いです。

座席を確認してから、カレーを購入に行きます。
カレーは今年から神宮にオープンしたカレー屋さんですが、
探す時に、内野バックネット裏の売店がリニューアルされていて、
雰囲気が違っているのがちょっと面白いなと思ったり、
内野のスタンドにあった「麺や秀雄」さんがなくなっています。
(外野では健在でした)
「孤独のグルメ」にも出てきたお店ということで、
「あの店のない神宮か」とゴローちゃんっぽくツブヤクのも忘れません。

そして、新しいお店でチーズのカレーと
ジャックダニエルのお店で、ジャックダニエルのソーダ割りを買って
自席にもどっていただきました。ごちそうさまでした。美味しかったぁ。

感想はまた後日。

17時34分、パトリック・ユウさんと、つば九郎のかけあいを見て、
スタメン発表。この日はこどもの日なので、
日本人選手の表記は全部ひらがなでした。
「のま」とか書かれると、ファミスタっほいなぁ、などと思ったりして
(ただし、ゲーム中は普通に表記に戻っていました。
甲子園は、ゲーム中もひらがな表記だったのになぁ)

さらにB'Zの曲に合わせて、エアギターをするつば九郎を見たり、
Passionのパフォーマンスと、キレキレのつばみのダンスを堪能たり
メンバー表交換、始球式があって、プレイボールです。
この日、カープの先発は大瀬良投手、スワローズの先発は梅野投手
どんなゲームになるのやら、

1回表 カープの攻撃
やはり選手が近いですが、廣瀬コーチもすぐそこです。

先頭広輔選手、センターへのヒットで出塁
続く菊池選手の打席で早速攻めろチャンテです。
が菊池選手は空振り三振に倒れますが、スタートを切っていた広輔選手が
が盗塁を決めます。
これが微妙なタイミングで、小川監督はリクエストをしまして
審判が協議している間、ビジョンに映像が流れますが、
これがセーフのタイミングなので盛り上がるレフト、三塁側です。
結局広輔選手はセーフで1アウトランナー2塁
3番バティスタ選手の打席では、チャンススーパーで盛り上がりますが
スリーワンのカウントからャッチャーへのファウルフライで 2アウト
チャンススーパーが流れるなか、誠也選手はファールで3球粘ったすえに、
レフト前に弾き返して、広輔選手が生還して先制です。
宮島さんじゃぁあああああああ バンザーイバンザーイバンザーイ
周囲の人とハイタッチ(カンフーバットを持ってきてはいましたが、
1塁側ということで、出していませんでした。)
続く安部選手はセンターフライでチェンジです。

でも、カープ先制しました。

すずーきせいやっ ドドンドドンドン♪ のコールに
帽子をとってぺこっと一礼する誠也せんしゅに盛り上がるレフトスタンドです。
いーぞーいーぞーせーいーやっ


1回裏 スワローズの攻撃
先頭山田哲選手、ツーストライクからハーフスイングを取られて3球三振
西浦選手、見逃し三振 で、7球で2アウトをとりますが
青木選手にぶつけてしまいます。倒れる青木選手に一塁側は蒼然とします。
「広島倒ーせ、広島倒ーせ、広島倒ーせ」のコールもおきます。
結局青木選手は退いて、代走に:上田選手が出塁します。
メンタル的に大丈夫かな?と思ったのですが、
バレンティン選手セカンドフライでチェンジ。
15球でまとめました。いい立ち上がりです。


2回表 カープの攻撃 スワローズは代走の上田選手がそのままセンターに入ります。
先頭のエルドレッド選手、2-1からバット一閃、打球は左中間の赤く染まったところに飛び込みます。
ふぉおおおおおおおおおお、すげぇえええええ。
宮島さんじゃぁあああああああ ワッショイ ワッショイ
そして周囲の人とハイタッチ。
続く野間選手、デッドボールで出塁
更に會澤選手、もフォアボールで出塁して、1,2塁
マウンドに集まる内野陣です。
大瀬良選手はスリーバント失敗で1アウト
広輔選手にも四球を与えて1アウト満塁になって、
ここで飛ばすチャンテが響いて菊池選手の打席は、ワンボールナッシングから、
ライトオーバーの走者一掃となるタイムリーツーベースで、カープはさらに3点追加です。
宮島さんじゃぁあああああああ バンザーイバンザーイバンザーイ
周囲の人とハイタッチです。
スワローズは、ここで:梅野投手にかえて、風張投手をマウンドへおくります。
風張選手は東農大オホーツク出身で、北海道に縁があります。
風張選手は、バティスタ選手、誠也選手と連続空振りの三振で締めて、チェンジです。

ただ、この回で4点追加です。
ブーラッドォ! ブーラッドォ! のコールに帽子をかかげて答えるエルドレッド選手
きーくーちぃ きーちーちぃ のコールに帽子をとってぺこっと頭を下げる菊地選手です。

いーぞーいーぞーブーラッドォ いーぞーいーぞーきーくーちぃ.


2回裏 スワローズの攻撃
先頭の雄平選手はセカンドへの難しい当たり。菊池選手よくとめたのですが、
無理な体勢でなげたので、送球がそれて内野安打になります。
続く坂口選手は センターへ弾き返してノーアウト1,2塁
ですが、廣岡選手、空振りで三球三振
中村選手ショートフライ
風張選手はいい当たりですが、ライトフライでチェンジです。
「風張ィ~、ナイスバッティング!」などと声が飛びます。
ピンチかと思いましたが拙攻で助かりました。
「あー、真中がヤメタ気持ち、わかるわ~」などと周りの緑色のユニの人。


3回表 カープの攻撃
先頭安部選手の打席で2文字応援がキマしたが、
安部選手、空振り三振で 1アウト
前の打席ホームランのエルドレッド選手センターフライで2アウト
野間選手空振り三振で三凡です。
でも、この回だけで20球近く投げさせました。
これがジワジワっと効いてくればいいのですが。

イニング間で
Passionが「千本桜」でパフォーマンスをしています。
あ、トルクーヤです。生きとったんかワレ


3回裏 スワローズの攻撃
先頭山田哲選手が センター前で出塁しまして、
西浦選手はライトフライで1アウト
上田選手の打席で山田選手が盗塁して、1アウト2塁で
上田選手はライト前のヒットがとびだします。
ここで、果敢に本塁を狙う山田選手ですが、
誠也選手の肩がまさっていて、本塁でアウトになります。
誠也-、すげぇええええええ
そして、バレンティン2-0から、レフトフライに倒れて、チェンジです。


4回表 カープの攻撃
先頭會澤選手、3-1からバット一閃。打球はセンターオーバーのホームランです。
すげぇえええええええぇ。
またまた宮島さんです。ワッショイワッショイ ハイタッチをすませて、
続く打席は大瀬良選手が見逃し三振。
広輔選手はセカンドライナー、
今日はじめての、はじまーりーのかねがーなる♪におくられた
菊池選手はライトフライでチェンジです。

が、この回も追加点をとりました。
こういうのがボディブロウのように効いて欲しいです。


4回裏 スワローズの攻撃
先頭雄平選手、空振り三振
好調坂口選手は、レフト前ヒットで出しますが、
廣岡選手、見逃し三振、中村選手サードゴロでチェンジです。

イニング間に、スワローズイケメン総選挙の告知が流れまして
ファンの女の子にオシの選手を聞いていて、その子は
「廣岡選手です」と言ってましたが、

この時ピッチャー交替と守備位置の交替で、廣岡選手、下げられました。
皮肉ですね。


5回表 カープの攻撃
スワローズは:風張選手にかえて、松岡選手をマウンドにおくります。
松岡選手が7番にはいったので、廣岡選手のショートに西浦選手が入って、
西浦選手のサードには大引選手が入ります。

先頭バティスタ選手見逃し三振から
誠也選手、左中間を深々と破るツーベースで出塁。
安部選手。ライナー性のファールボールをお客さんが素手でとって
歓声がおきます。そして、安部選手はレフト前にはじきかえして、
誠也選手が生還して、また1点追加。
宮島さん バンザーイバンザーイバンザーイ ハイタッチをおえてから
エルドレッド選手サードゴロ
野間選手の叩きつける打球はショートが処理しますが、
野間選手の足がまさって内野安打で1,3塁
さらに會澤選手の打席で、野間選手が盗塁をきめて、
會澤選手はデッドボールで満塁になりますが、
大瀬良選手セカンドゴロでチェンジです。

Passion のEZ Do Dance とつば九郎の空中くるりんぱに気を取られて
安部選手のリアクションを見逃してしまう私です。



5回裏 スワローズの攻撃
先頭大引選手ショートゴロで1アウトから
続く山田哲選手の痛烈な当たりは、レフトのバティスタ選手も見送っています。
スタンド中段に飛び込むホームランで、1点返します。
さすが、トリプルスリー男です。
東京音頭が流れる中、やはり1塁側はスワローズファンが多いことを再認識。
ただ、西浦選手ライトフライ、上田選手セカンドフライでチェンジ
最少失点におさえます。


6回表 カープの攻撃
先頭広輔選手がセンター前へ弾き返しますが、
菊池選手、ファーストのファウルフライ
バティスタ選手、誠也選手と連続して、空振り三振でチェンジです。


6回裏 スワローズの攻撃
先頭バレンティン選手 サードゴロで、安部選手がワンバン投球でアウト
続く雄平選手、セカンドゴロを菊池選手が軽快に捌いて アウト
坂口選手空振りの三振で三凡です。
守りのリズムがいいと気持ちがいいです。


それ行けカープを歌ってから、
7回表 カープの攻撃
スワローズは、ピッチャーの松岡選手にかえて、中澤選手をマウンドへ。
さらに、坂口選手に代えて、川端選手をファーストに入れます。
6番ピッチャー中澤選手 7番 ファースト川端選手です。
先頭安部選手、セカンドゴロ、続く、エルドレッド選手センターフライ
野間選手ピッチャーゴロで三凡です。



東京音頭でライトに反射する傘がキラキラしてキレイだな、などと思ったところで
7回裏 スワローズの攻撃
先頭川端選手、空振り三振 1アウト
中村選手はフォアボールで出塁しますが、
大引選手サードゴロ  山田哲選手ファーストのファウルフライでチェンジです。
.

「僕らのカープ」がレフトスタンドから流れてきます。
8回表 カープの攻撃
スワローズは中村選手に代えて古賀選手がキャッチャーの守備につきます。
先頭會澤選手の打席で笑い声がおこるレフトスタンド。
ジュンさんか、やすおさんが何か面白いこと言ったな?
會澤選手はセンターフライで 1アウトから
ピッチャーの打席で、大瀬良選手がそのまま打席に入ります。
これは、完投をさせるということ。レフトスタンドから拍手が起きますし、
「ホームランホームラン大瀬良~!」とか
「もってこーいもってこーい大瀬良~!」とか
「一発狙え、大瀬良~!」などと盛り上がります。
結局大瀬良選手は見逃し三振でバッターアウトで2アウトから
広輔選手が四球を選んで出塁。
すると、続く菊池選手、0-1からの当たり。レフトのバレンティン選手は
追わずに見送るだけで、レフトスタンドへ飛び込みます。
2ランホームランです。
うぉおおおおおおお、菊地ぃいいいいい。
宮島さんじゃぁああああああ バンザーイバンザーイバンザーイ
更に、バティスタ選手もフルカウントからバット一閃
打球はスタンド上段に飛び込む大ホームランで、カープ10点目です。
宮島さんじゃぁああああああ ワッショイワッショイ。そしてハイタッチです。
誠也選手はフォアボールで出塁して、代走に上本選手が出ます。
安部選手はライトフライでチェンジですが、
ダメ押しの3点を追加しました。

きーくっちー きーくっちー のコールに対して、帽子をとって頭を下げる
菊池選手です。
バティスタ選手は、守備交代のために、いーぞーいーぞーバーティスタ― のみです。



8回裏 スワローズの攻撃
誠也選手の代走、上本選手がレフトに、
レフトのバティスタ選手がしりぞいて、ライトに下水流選手が入ります。

先頭の西浦選手がセンターへのヒットで出塁しますが、
上田選手、レフトフライ バレンティン選手空振り三振
雄平選手レフトフライでチェンジです。

大瀬良選手、スゴいです。



9回表 カープの攻撃
スワローズは中澤選手に代えて中尾選手をマウンドにおくります。
さらに田代選手がレフトの守備につきます。

先頭エルドレッド選手レフトフライ  続く野間選手センター前ヒットで出塁
會澤選手センターフライで2アウト。
ピッチャーの打順ですが、ここも代打が出ずに、
大瀬良選手がそのまま打席に入りまして、再びレフトスタンドから拍手がわきおこります。
大瀬良選手は見逃し三振でチェンジ。

あとは9回のウラのピッチングに集中してくれ。



9回裏 スワローズの攻撃
カープはファーストに岩本を入れます。
スワローズは、ピッチャーの打席なので、鵜久森選手が代打で出ます。
が、ショートライナー
川端選手、レフトフライ 古賀選手、ショートゴロでゲームセットです。


勝ちましたぁ。


カープ、我等のほーこり~♪
と歌って、ヒーローインタビューを待ちます。


この日のヒーローインタビューは大瀬良選手。当然ですね。

勝手なお謙虚な大瀬良選手の人柄が表れた、
いいヒーロー品タビューに盛り上がるレフト側、三塁側です。

そして、選手の応援歌メドレーや、宮島さんとかを聴きながら
球場をあとにします。

敷地から出るときに、野球の神様に二礼二拍手一礼。
今日のお礼と、明日の勝利を祈ってから、球場をあとにします。

そして、ホープ軒を見ながら、大江戸線の国立競技場駅から21時55分発の大江戸線にのり、
大門駅で22時13分発 京急久里浜駅の特急に乗り
さらに京急蒲田駅で、22時35分発、エアポート急行、羽田空港行きにのって、

宿に戻ったのは、22時45分でした。


野球は勝ったし、食べたものは美味しかったしで、
いい1日でした。

願わくば翌日も勝てれば良かったのですが




そんな話しはまた後日です。



勝利投手[ 広島 ] 大瀬良 (4勝2敗0S)
敗戦投手[ ヤクルト ] 梅野 (0勝1敗0S)

本塁打[ 広島 ] エルドレッド5号(2回表ソロ)、會澤2号(4回表ソロ)、
菊池5号(8回表2ラン)、バティスタ5号(8回表ソロ) 
[ ヤクルト ] 山田哲9号(5回裏ソロ)


観衆数30597人  試合時間3時間21分
訳あって、しばらくブログの更新出来ませんでしたので、
たまっていた、ゴールデンウィーク福岡~東京遠征についてです。

前日3日に博多入りした私。
博多空港に降り立つときに「タマホーム」の看板が目に入ります。
これは歓迎されているということですか。

「博多弁の女の子はかわいいと思いませんか」
(新島秋一さん作 秋田書店 チャンピオンREDコミックス刊)に出てきた
おっしょいラーメンをいただいたり、
「Kalafina 10th Anniversary Film
~夢が紡ぐ輝きのハーモニー~」の中で、
Wakana嬢がパクついていたムツゴロウまんじゅうをいただいて、
最後は宿での「ゆるキャン△」の再放送でしめるという、
大満足な博多の夜でした。
宿に入る前にも、タマホームの看板があって、こちらもテンションが上がります。
(どんたくの日でしたが、ほぼどんたくは見ませんでしたww)

そして翌日、宿近くのコメダでモーニングをいただいてから
(博多でナゼコメダなのかの理由はまた後日)、宿に戻って
身体を浄めて、いつものカープのボクサーパンツ、
赤のノースリーのアンダーシャツを着てからカープアロハを身にまとって、
8時30分に、中州の宿をチェックアウト。一泊ですがお世話になりました。

そして8時47分の西鉄急行に乗って、途中西鉄二日市駅で乗り換えて
大宰府で観光やお祈りをすませてから、バスでJR二日市駅へ。

そこからJRを乗り継いで12時16分に筑後船小屋駅着。
駅に着く前に車窓から見える、スタジアムや、ホークスの室内練習場の堂々たる威容に
興奮します。
球場を見ると滾るのはいつものことですが、
初めての球場なので尚更です。

駅に降りると、ホークスの昨年のドラフト氏名選手の等身大写真がお出迎え。
駅の外にもあって、こちらはハイタッチとか出来そうです。

駅から徒歩でスタジアムへ。畑と住宅がある異空間がすごいなぁ。
ここらへんは「華丸・大吉のなんしようと?」で1回見たのですが、
周囲にあるのはお弁当やさんが一軒だけで、コンビニはおろか、
商店すらありません。

タマホームスタジアム筑後の敷地に入る前に、いつもの二礼二拍手一礼
野球の神様に、面白いゲームとカープの勝利をお祈りしてから中へはいりますと、
外も人が溢れていて楽しそうです。
タマスタ筑後のマスコット「ひな丸」もいます。

そんなのにイチイチ興奮していると、外にいながら、
この日のスタメン発表が聞こえてきます。
すると、カープは、センターが赤松選手、ファーストが新井さんです。
ここで盛り上がっている感じの三塁側。
さらには、ショートが西川選手、レフトが堂林選手、サードがメヒア選手。
そして、キャッチャーは中村奨成選手のところでも盛り上がりです。
奨成選手は初めて見ますし、これは、スゴいメンツです。

ちなみにホークスの4番が長谷川選手、
先発が和田投手ということで、ドヨめきがおこるタマスタ筑後です。

そして、スタジアムの中へ。
入り口で、ホークスの2軍選手のクリアファイルと、ビンゴカードをゲット。
ビンゴは外れましたが、座席へ行くと、広いですね、球場自体。
両翼100 メートル、中堅122メートルで
LEDナイター照明も完備。しかも人工芝もキレイです。
自分の席へ行くと、前から5列目ですごくいい席。
そこに荷物をおいてから、「ホークス選手サロンカレー」と「炭火焼」を購入。
両方美味でした。感想は後日。

さらに二軍球場なのに、ファンサービスが充実していて始球式とかもあります。
19.2×6.4mとデカいビジョンもキレイで、広告なども流れます。
そんなのにもいちいち感動しつつ、HIRASE 26のユニフォームに着替えて
12時59分に始球式、そして、定刻すぎてプレイボールです。

1回表 カープの攻撃

先頭の西川選手、投ゴロ、続く赤松選手が四球を選び、この日最初の盛り上がりです。
堂林選手がレフト前に弾き返して一二塁。
ただ、メヒア選手、空振り三振、新井さん見逃し三振と、
序盤、ボール先行する和田投手を攻めきれないカープ打線です。

1回ウラ ホークスの攻撃
カープの先発は加藤投手です。
今ひとつピリッとしない一軍の先発陣にカツを入れられるような
好投を期待したいところ。

先頭の牧原選手。登場曲で「♪水のように~やさしく~花のように~劇しく~♪」と
スタジアムに「甲賀忍法帖」が響きわたって、思わずニヤっとする私。
ただ、このあと翌日も翌々日もこの曲を聴かされるハメになるとは…

そんな牧原選手、ライト前ヒットで出塁しますが、
群馬出身で大学が北海道という何か縁を感じる
育成の周東選手をライトフライ
ユニークなバッティングフォームの塚田選手をセカンドフライ、
長谷川選手を空振り三振と
わずか11球でしとめます。ナイスピッチ。

この日の主審は若手の水口拓弥さんですが、20代のこの審判が
白井審判ばりのいい発声をしまして、ストライクのコールの毎に
マネをする人がいて盛り上がります。

何れ、一軍戦でも主審しないかなぁ。
したら、この日にタマスタ筑後で見た事を自慢出来るのに~

2回表 カープの攻撃
先頭の小窪選手、ショートゴロから、
続く美間選手がセンター前に弾き返します。
が中村奨選手がサードゴロで併殺打。
前の回は27球かかっていたのに、この回はわずか8球で攻撃をしめる和田投手。
立ち直らせちゃったかな?

2回ウラ ホークスの攻撃
吉村選手、サードへのファウルフライ、明石選手、セカンドゴロから
川瀬選手のライト前に抜けようかという当たりを
新井さんが横っ飛びでおさえますが出塁。
続く西田選手の打席で加藤投手のワイルドピッチでランナー二塁から
西田選手も四球で歩かせて、一二塁になります、
ワイルドピッチと四球ってイヤなパターンですが、
谷川原選手をレフトフライできって、チェンジです。
ヤレヤレ

3回表 カープの攻撃
この回から、ホークスは、和田選手に変えて、左の笠谷選手をマウンドへ。
九番の青木選手。あおーきりーくっドドンドドンドンとコールされて
盛り上がるなか四球で出てから、西川選手、ライトフライ。
ただ、赤松選手がセンター前に弾き返して一二塁。
堂林選手の鋭い当たりをショートの川瀬選手が好フィールディングでおさえて
ツーアウトながら一三塁になりますが、
メヒア選手の痛烈な当たりは笠谷選手の足を直撃。
その跳ね返ったボールがそのままファーストへと転がりアウトになります。
残念。

3回ウラ ホークスの攻撃
先頭のバジリスク牧原選手を四球で出すと、
続く周東選手がレフト前ヒット
塚田選手がピッチャー前に絶妙なバントを転がして
ワンナウト一二塁から、長谷川選手にも四球で満塁です。ああああああ
ここで、マウンドに行く美間選手。
ただ、吉村選手を三振、明石選手をセンターフライとなんとかおさえます。
長谷川、吉村、明石って並ぶ打線は、さすがホークス。おっかないですが、
なんとか凌ぎました。

4回表 カープの攻撃
先頭の新井さんがセカンドゴロ、続く小窪選手、フォアボールを選びますが、
美間選手8球粘ったすえに、セカンドゴロ、中村奨選手ピッチャーゴロでチェンジです。

4回ウラ ホークスの攻撃
ここで、カープは、センターの赤松選手にかえて、レフト天谷選手
レフトの堂林選手がセンターに入ります。
川瀬選手 ファースト横を抜くかという当たりを横っ飛びでおさえる新井さんです。
西田選手、空振り三振 谷川原選手見逃し三振で、チェンジです。
三凡ええね。

この時、キャッチャーの谷川原選手が打席にたった直後なのですが
ピッチャーのボール受けに出てきたのって飯田コーチじゃないかな?

5回表 カープの攻撃。ホークスはレフトの長谷川選手にかえて、
ファースト古沢選手
ファースト明石選手がセカンドに、セカンド牧原選手がレフトに入ります。
先頭青木選手、三振振り逃げしますがアウト。
続く西川選手、センター前に弾き返しますが、
天谷選手のショートゴロでゲッツーです。ああああ


5回ウラ ホークスの攻撃
カープは新井さんがしりぞいて、桒原選手が入りましてショートに
ショートの西川選手がサードへ、サードのメヒア選手がファーストに入ります。

先頭牧原選手、空振り三振、周東選手、粘りますが、セカンドゴロ
塚田選手、サードライナーで、この回も三凡です。
いいぞ、加藤投手!!


そして、ここで、グランド整備の時間で、「ウーハーダンス」の時間です。
グランドの中では、三塁側のカープファン、一塁側のホークスファン
それとセンターには、ビールの売り子さんだけでなく、整備員の人や
球場スタッフの人も制服で踊っていて楽しそうです。
パ・リーグの球団らしい、いい企画です。

と、いうか二軍戦なのにここまでファンサが熱心って
初めてです。(鎌スタにはまだ行ったことがないので…)

6回表 カープの攻撃
先頭堂林選手、ショートゴロ、メヒア選手キャッチャーフライ
桒原選手サードゴロで三凡です。

6回ウラ ホークスの攻撃
先頭古沢選手はセンター前で出塁しますが、
吉村選手、ショートゴロ、明石選手、セカンドゴロ
川瀬選手 ライトフライで、加藤投手も悪くないです。

ラッキーセブンの前に、「それ行けカープ」
しかも、バックスクリーンのビジョンに歌詞が出るという
いい仕様です。
そして、7回表 カープの攻撃。
先頭小窪選手、セカンドへのファールフライ
美間選手はセンター前ヒットで出塁しますが、
中村奨選手、ファーストゴロ。その間美間選手、進塁して、
チャンススーパーが歌われますが、
青木選手、三振でチェンジです。

「いざゆけ若鷹軍団」が歌われて、
7回ウラ ホークスの攻撃。
先頭西田選手にレフト前に持って行かれると
谷川原選手が三塁前に送りバントを決めて、
牧原選手にストレートのフォアボールをだしてしまいます。
この時点で加藤選手。100球を超えているところで
マウンドに、内野陣と佐々岡コーチもむかいます。
が続く周東選手にもフォアボール。マウンドに行く美間選手。
行きかけて見守るメヒア選手。
本日2度目の満塁のピンチです。
が、塚田選手がショートゴロで併殺。事なきを得ます。
ふぅううううぅ。

そして、ピンチのあとにチャンスありになるか
8回表 カープの攻撃
先頭の西川選手ショートゴロから、
天谷選手が、ピッチャーへのセーフティーバントで出塁。ナイバン。
そして、堂林選手メヒア選手と連続して四球で満塁。
この間、「お、ま、え、が、決めろ」と極チャンテを歌っています。
内野はバックホーム体制をとりますが、その間を
桒原選手の当たりは抜けて、レフト前へ。
うぉおおおおおおおお、先制点です。
宮島さんじゃぁあああああああああ。
バンザーイバンザーイバンザーイ。
まわりの人とカンフーバットをカンカン
小窪選手は三振に倒れますが、待ちに待っていた先制をいたしました。
いーぞーいーぞーくーわっはらー。の声も飛びます。

8回ウラ ホークスの攻撃
カープは、ここで加藤選手にかえて、藤井選手をマウンドにおくります。
加藤投手は5安打5四球5三振で、無失点というまずまずのピッチング。
二度の満塁を切ることが出来たのが、地味にデカイです。

藤井投手もいいピッチングをしていたのも見たけぇ
なんとかそれが続けられれば…という思い。
先頭の古沢選手を三振にきりますが、
吉村選手を四球で出します。そして代走は快足の曽根選手です。
続く明石選手の打席で盗塁を決めると、明石選手のライト前ヒットで
帰ってきます。ああああああ、同点においつかれました。
続く川瀬選手もフォアボール出だすと、
この日好調の西田選手のあたりはレフトの頭を越えるスリーベースです。
「ああああああ、何しょんならぁああああ」という声が響きます。
ここで2点追加。佐々岡コーチがマウンドに行きます。
「佐々岡~お前が投げろ~」という声が飛びます。
谷川原選手の打席で代打グラシアル選手。
当たりはセンターへのフライですが、犠牲フライには十分で、
また追加点です。
ここで、カープは三人目オスカル選手をマウンドへ。
さらに牧原選手の代打江川選手はショートへの内野安打。ここで代走は幸山選手。
周東選手の打席では
フニクリフニクラの歌詞で
「打とう打とう船小屋で、打とう打とうタマスタで
打とうよ打とうよ打とうよ打とうよー ここーで一発ホームラン♪」
と一塁側で歌われている中、フォアボールで、なおも、一二塁のピンチですが、
塚田選手をファーストゴロに斬って、ようやくチェンジです。
終盤で逆転されて、尚且つ4点ってキツいですね。

9回表 カープの攻撃
ホークスはピッチャーの笠谷選手にかえて、飯田選手をマウンドへ。
また1軍経験のある選手だよ。
さらに、グラシアル選手がライト、幸山選手がライト、
キャッチャーに張本選手が入ります。
先頭は好調美間選手、レフト前に運んで
続く、中村奨選手もレフト前ヒット。奨成選手のヒットが見れて良かった~
そして、9番青木選手の打順で、代打船越選手ですが、
センター前ヒットで、満塁です。
ここで、西川選手。頑張れ龍馬!!
そんな西川選手の打順は左中間を破るツーベースで
走者一掃で、たちまち同点です。すげぇ、
そして宮島さんじゃぁあああ、ワッショイワッショイ
周りの人とカンフーバットをカンカンです。
まだノーアウトランナー一塁なので
天谷選手がピッチャー前に堅くバントを決めると
堂林選手がストレートのフォアボールで出塁して、
メヒア選手の渾身の一発はレフトの左を鋭く抜く二塁打で、
西川選手がかえって逆転です。
ここで、ホークスは笠原選手をマウンドへ。
さらに、桒原選手の左中間をやぶるツーベースで
堂林・メヒア両選手がかえって、
小窪選手のセンターフライをはさんで、打者一巡。
美間選手も左中間を破るツーベースで桒原選手がかえります。
中村奨選手は空振り三振に倒れますが、
一挙7点で逆転です。
二塁打4本でるってのが、勢いあります。
帰るつもりだったのに、これはスゴ過ぎです。

9回ウラ ホークスの攻撃
カープは、オスカル選手にかえて、横山選手をマウンドへ。
私、新千歳の駐車場A-24番に止めて、
止めた番号の選手が活躍するジンクスがあるのですが、
止めた効果はあるのか。

さらにライト船越選手、キャッチャー白濱選手です。

先頭の古沢選手をセカンドゴロに斬りますが、
曽根選手にファーストの右を鋭く破られ、ライトファールエリアを
ボールが転々としている間に曽根選手は二塁へ。
続く明石選手を空振り三振にとりますが、
川瀬選手のセンター前ヒットの間に曽根選手が帰ってきて1点追加。
さらに、西田選手の打席で盗塁を決めた川瀬選手、
西田選手のセカンドへの内野安打の間に帰ってきて2点目。
これで8対6間で追い上げられますが、
張本選手のショートゴロでゲームセットです。
ふぃいいいいいいいい。あぶなかったぁああああああ。



まわりのアカい人たちとハイタッチ。ご苦労様です。

そして、この日GWということで、キッズインタビューがありました。
ヒーローは桒原選手
チビッ子「すきなたべものはなんですか?」
桒原選手「ラーメンです」
大人スタッフ「何ラーメンが好きですか」
桒原選手「何ラーメンとかないんですけど…
    …昨日もたべました」
チビッ子「げんきのみなもとはなんですか」
桒原選手「寝ることです」
大人スタッフ「最後にファンのみなさんに一言お願いします」
桒原選手「明日もがんばるので、応援よろしくお願いします」
大人スタッフ「ありがとうございました」

そんなほのぼのとしたヤリトリにほっこりします。


あー、いい一日でした。
後ろの赤いご夫婦に
「お騒がせしました。」とご挨拶。
「いや、楽しかったですよ。」
「僕明日、神宮なんですよ」
「あー、そうなんですか、どちらからおいでになったんですか?」
「僕、北海道からきました」
「えー、広瀬さんのユニフォーム着てるから、大分の方かと思ってました」
「いえ、こういうのも持ってます」
と、北海道限定タオルを出しますと
「えー、すごい、写真とっていいですか、インスタあげていいですか」
などと聞かれました。

私インスタ映えするみたいです。

そんな楽しい会話があって、球場をあとにします。

17時08分船小屋発の列車でJR久留米駅へ。
そして、久留米駅からは、17時27分 竹の子行きのバスで、西鉄久留米駅前へ。
さらにそこから徒歩で宿に入ったら18時近い時間でした。

その後は、美味しい餃子からはじまる楽しい夜でした。


この日のゲームは、ホークス 残塁12 併殺2に救われたとはいえ、
加藤投手は、ガマンのピッチング。いつか一軍で見たいです。
さらに、美間選手や桒原選手も上で見たいですね。

などと思った。収穫多い一日でした。



勝利投手[広島]オスカル 2勝0敗
敗戦投手[ソフトバンク]飯田 0勝2敗
観衆3113人 試合時間 3時間29分 

次の観戦は、5月26 27日のマツダスタジアムでのドラゴンズ戦い
さらには6月からは交流戦です。
そっちも気合い入れてぶち応援しちゃるけぇ、
覚悟してつかぁさい。




ということで。(´・ω・)ノシ
今年初の名古屋参戦は、まさかの連敗でした。
と、いうことで前置きはナシで、この日の振り返りです。

朝、酒津屋本店で居酒屋モーニングをしつつ、朝呑みでいい感じ。
昨日の事は忘れて、今日じゃ今日。
という気分をアゲます。

そして、宿でブログの更新をしたり、北海道に戻るために荷物整理をしたり、
身を浄めて、いつものカープのボクサーパンツ、
赤のノースリーのアンダーシャツを着てからカープアロハを身にまとって、
宿のチェックインの手続きをします。
2日間お世話になりました。

そして、この日はホークスの6月分のチケット一般売りが10時から始まるので、
近くのローソンへ行って、時間ちょうどにロッピーを操作したら、
「ただいまつながりにくくなっています」の文字が



が、2度目に操作をした時、無事つながりました。
が、外野も内野の後のほうもすでに売り切れということで、
内野の中程の席を無事入手いたしました。

これで、交流戦の最終戦も参戦できます。


そこから歩いてしばし、愛知県図書館のバス停から、
大曽根行きのバスに乗ります。
このルートは前回も使いました。

名古屋城のお堀とか、帝冠建築の庁舎などを見ることが出来るので、
地下鉄に比べると少し時間はかかりますが、
外が見えるぶんだけ名古屋に来た気分があがってお気に入り。
前回訪れた、和モーニングの白壁の花ごよみも混んでますね。

と、大曽根駅に10時35分に到着。
そこからゆとりーとラインに乗り換えです。

10時40分発のゆとりーとラインでスタジアムに向かうと、
次第にスタジアムが大きくなってくるので、こちらもテンションがあがります。
今日こそ勝つで~!!

ナゴヤドーム矢田駅に10時42分着。
そこから歩いてドームを目指しますが、まだ開場時間まで間があるので、
お隣のイオンにいって未来屋書店でナゴヤ本のチェックをしつつ
お買い物をして時間をつぶします。

そして11時30頃にスタジアムへ。球場敷地入り口のところで、
野球の神様に2礼2拍手1礼
本日こそドラゴンズに勝てますようにとお祈りをしてから中へ。

本日も入り口横ステージでは、チアドラやシャオロン、パオロン
ドアラのショーが繰り広げられていて、
チアドラのファンでしょうか、高そうなカメラを構えて後方に陣取る人たちもいて、
昨日もいましたね。これがナゴドの日常です。


11時45分くらいに列にならんで、開場とほぼ同時に中へ。
席に向かうと、レフトの守備位置のすぐよこあたり
なんと、前から2列目です。
昨日もいい席でしたけど、今日もなかなかです。


カープ選手の練習は続いていますが、まずは昼食を。
前日はCoco壱のカレーで満腹になって、ロクに見て回れなかったので、
この日はゆっくり2Fと5Fの売店をぐるっと見た結果、
どて丼と、したらばちくわセット、さらにハイボールを購入。

席に戻ると、すでにピッチャーのアップを終えた選手からサインをもらいたいファンが
フェンス際にびっちり張り付いています。
そんな様子を見ながら買ってきた物を食べ飲みしました。
美味しかったです。
感想は後日。


そしてメンバー発表。
今日、カープは4番がレフトバティスタ選手、6番ファースト、エルドレッド選手、
昨日好調の野間選手にかえて7番レフト下水流選手です
ドラゴンズは昨夜と同じオーダー。
先発はカープが大瀬良選手、ドラゴンズがガルシア選手です。

好調ガルシア選手をカープ打線がどう崩すのか。

スピードボールコンテスト、チアドラのパフォーマンス、メンバー表交換 
FCスペシャル歴代選手会長スペシャルの
チアドラ、ベースボールメイツのリーダーによるファーストピッチ
などをすませてからプレーボールです。


1回表 カープの攻撃

先頭の田中選手、球数を投げさせるも最後は見逃し三振
菊池選手も7球粘るも空振り三振丸選手も空振り三振と、三者連続三振です。
これは立ち上がりよすぎるというもんではないです。

1回裏 ドラゴンズの攻撃

先頭大島選手セカンドゴロ
続く京田選手ライトフライ 2アウトアルモンテ選手ショートゴロでこちらも三凡。
しかも打たせた分、球数は少ないです。

2回表 カープの攻撃

先頭バティスタ選手、ライトフライ 
二文字応援で盛り上がるも、安部選手 ショートゴロ
ファースト難しい送球を捕球して足がはなれかけるもアウト、
エルドレッド選手空振り三振でチェンジ。またもや三凡です。

2回裏 ドラゴンズの攻撃

先頭は絶好調の新外人モヤ選手ですが、センターへ軽々と弾き返しての 出塁
続く平田選手サードゴロでランナー入れ替わり シュウヘイ選手ファーストゴロで
ランナー平田選手の好走塁があって三塁にすすみますが2アウト
なんとか、ここできってほしいと思うのですがただ、
ここで下位の福田選手にレフトオーバーの先制タイムリーツーベース
さらに大野奨選手にもレフトへのタイムリースリーベースを打たれてしまいます。
スリーベースですが、レフトのバティスタ選手の追い方が
大分怪しい感じで、スリーベースになる当たりではないです
もう。
ガルシア選手はショートゴロに斬りますが、
序盤で、2アウトからの下位打線の連打での失点(まずい守備絡み)は
ちょっとイタいです。

3回表 カープの攻撃

先頭下水流選手セカンドフライから、
磯村選手の大きなあたりはライト右へのツーベースになります。
大瀬良選手はピッチャーゴロでランナー進めず
飛ばすチャンテが流れるなかで、広輔選手の打席でガルシア投手の暴投でランナー 3塁
さらに広輔選手も死球を与え出塁を許して追撃の絶好機で
菊池選手が見逃し三振でチェンジです。

あああああきくちぃいいい

3回裏 ドラゴンズの攻撃
先頭大島選手がレフトに弾き返して出塁。
続く京田選手の規則違反によりアウト、なんでも打ったときに打席から出たとか
「えーぞー橋本ぉ」と主審に声がとびます。
アルモンテ選手空振りの三振で2アウト
ここで打席には絶好調モヤ選手。ツーストライクからレフト前にヒットをうちますが、
なんとこの打球を本日のレフトバティスタ選手が後逸をします。
ああああああああ
なにしょんならぁあああああ
後続の平田選手をファーストのファウルフライで仕留めたものの
また失点します。
しかも、いらない失点です。ああああああ

バズーカタイムを終えて

4回表 カープの攻撃

先頭丸選手空振りの三振でたおれると、続くバティスタ選手。
「バティ、まずホームランでも打たんと大地がかわいそうじゃ!」というご近所さんの激が聞こえたか、
バット一閃打球はグングン伸びて、バックスクリーンに飛び込みます。
うおぉぉおおおおおおおお、宮島さんじゃぁああああああ、
バンザーイバンザーイバンザーイ
周囲の人とカンフーバットをカンカンします。

さらに、安部選手がセンター前ヒットで出塁すると、
エルドレッド選手の打球は右中間をやぶるタイムリーツーベースで、
追加点です。
うぉおおおおエルぅぅぅぅぅ
宮島さんです。ワッショイワッショイ
そしてカンフーバットをカンカンカン。

さらに、下水流選手の打席。「昨日の野間に負けずにガンバレー」の声がとびますが、
セカンドゴロ 2アウト、磯村選手には「いそー、さっきの~」と声がとびますが
ショートゴロで チェンジです。あああああ
でもとりあえず二点かえしました。

バーティッスター バーティッスター の声に
帽子をとって胸に当てて深深と礼するバティスタ選手
「いーぞーいーぞーばーてぃっすたー!」
ブーラッドぉ ブーラッドぉの声に
頭上で帽子をひらひら振って答えるエル選手。
「いーぞーいーぞーブーラッドぉ!」


4回裏 ドラゴンズの攻撃

先頭シュウヘイ選手、ファーストゴロ 福田選手ライトフライ 2アウト
大野選手ライトフライ。三凡です。

5回表 カープの攻撃

大瀬良選手ファーストゴロ  
広輔選手空振り三振菊池選手のセンターへ抜けようかというあたりを
京田選手が横っ飛びで捕球し、結果ショートゴロにする
ファインプレーでこちらも三凡です。

5回裏 ドラゴンズの攻撃

先頭ガルシア選手 空振りの三振 続く大島選手セカンドゴロ
2アウトから京田選手をライト前ヒットで出塁を許しますが、
アルモンテ選手セカンドゴロでチェンジです

チアドラのダンシングクイーンを見てから
6回表 カープの攻撃

先頭丸選手、続くバティスタ選手と連続で空振り三振。
安部選手もハーフスイングを取られて空振り三振で、
球数は100を超えたものの、ガルシア投手に完璧に押さえ込まれています。

6回裏 ドラゴンズの攻撃
先頭、絶好調モヤ選手がヒットで出塁。どうやったら抑えられるんスカねぇ、という感じ。
ただし、続く平田選手セカンドフライ シュウヘイ選手レフトフライ
福田選手セカンドフライでチェンジです。


それ行けカープを歌ってから攻めろチャンテで気分をあげて
7回表 カープの攻撃
先頭エルドレッド選手セカンドゴロから、下水流選手がフォアボールを選んで、
続く磯村選手がしっかり送ってピッチャー大瀬良選手の打席なので、
代打誠也選手に対して声援が飛びますが、ファーストゴロでチェンジです。

燃えよドラゴンズを聞いてから
7回裏 ドラゴンズの攻撃

ピッチャー大瀬良選手に代打が出たので、薮田投手をマウンドにおくります
今年はずっと制球、球威ともにがよくなく、しばらく中継ぎで調整すしていますが、
なんとか、ここで感覚を戻してほしいもの、というカープファンの願いをよそに、
大野選手にはワンスリーからフォアボールを許します。あれあれ??
さらに、ピッチャーガルシア選手の打席なので、代打に堂上選手。
その堂上選手に、ストレートのフォアボール。
しかも、大島選手の打席でワイルドピッチ気味のパスボールで
ランナーが進塁して2,3塁そして、大島選手にもストレートのフォアボールで満塁。

結局藪田選手、13球投げてストライクが1球しか入らないという…

「何しに来たんだじゃ~!!」などと辛辣な声が飛びます。

カープは藪田選手にかえて、アドゥワ選手をマウンドにおくります。
今シーズン、今まで、無失点ピッチングを続けている
アドゥワ選手ノーアウト満塁という試練をどう乗り越えるか。
京田選手を空振り三振で 1アウト明らかにタイミングをはずしています。
続くアルモンテ選手をセカンドゴロに仕留め4-6-3のダブルプレーでチェンジ。
うぉおおおおおおおお、アドゥワすげぇえええええええ!!


8回表 カープの攻撃
ピッチャーのガルシア選手に代打か出たので、ドラゴンズはヤマハ鈴木選手をマウンドにおくります。
さらに代打の堂上選手がそのままセカンドに入って、シュウヘイ選手が退きます。

鈴木投手はこの三連戦三連投です。1試合ぐらいは…、
という淡い期待もありますが
先頭広輔選手ファーストゴロ 続く菊池選手ショートゴロ
丸選手セカンドゴロで三凡です。ああああああ

8回裏 ドラゴンズの攻撃。カープはアドゥワ選手が回跨ぎです。
超好調のモヤ選手、つまらせてセカンドへの平凡なゴロに討ち取ります。
モヤ選手この日初めて凡退します。平田選手ライトフライ
ピッチャーの打順なので代打に亀澤選手がおくられますがライトフライでチェンジ、三凡です。

6人に対して、ノーヒットです。すげぇ、あどぅわぁ!


!9回表 カープの攻撃ドラゴンズはピッチャー鈴木博選手に代わって、閣下田島選手をマウンドへ。
さらに工藤選手がレフト 代打の亀澤選手がセカンド 
サードの福田選手がファースト セカンドの堂上選手がサードで、
両外国人選手が退きます。

おお、レフトスタンドが立った。と周りの人。
レフトスタンドが総立ちになっています。
その中央では、やすおさんが檄を飛ばしています。
そんななか、先頭バティスタ選手セカンドフライ安部選手センターフライ  
エルドレッド選手ファーストゴロで
ゲームセットです。



あああああああああ

バティスタ選手の怪しい守備もあったのですが、
それ以前にタナキクマルが全く機能しないなかで、
やはり好投手ガルシア選手は打ち崩せません。

と、いうことで完敗です。

ああ、足取りがおもいなあ、と思いつつ、

スタジアム出口で、野球の神様に
2礼、2拍手、1礼、好ゲームに感謝して
次こそはカープの勝利をと祈って
お隣さんと、ゆとりーとラインのナゴヤドーム矢田駅まで、この日の愚痴をこぼしながら歩きます。
「あああ、あした仕事行きたくねぇなぁ」
「私、有給とりました」
だそうです。いいなぁ、お隣さん。
でも、私素性をあかしていないので、まさかこれから飛行機で
北海道に戻るとは、夢にも思っていないでしょう。

そちらでお隣さんとわかれ、ゆとりーとラインで大曽根へ。
そこでJRにのりかえて金山へ
そこで名鉄のμスカイにのりかえて空港へ向かいました。

思ったよりも時間があったので、空港できしめんをいただいてから
お土産を物色したりして、飛行機の人となったわけです。


というか中部国際空港って、無料でインターネットに接続出来るパソコンがあるんですね。
これはいいサービスです。
そして、千歳にもどり車に乗ったらKOTOKOノコト。
あー、北海道に帰ってきたなぁと思ったらこの日の「新星!ソラカゼ学園」のテーマが
「あなたが“原点回帰”したいこと」で

…原点回帰って…、ドラゴンズの今年のスローガン 
うっ頭が…

と、複雑な思いなんったものでした。


勝利投手 [ 中日 ] ガルシア (3勝0敗0S)
敗戦投手 [ 広島 ] 大瀬良 (2勝2敗0S)
セーブ [ 中日 ] 田島 (0勝0敗4S)
本塁打[ 広島 ] バティスタ2号(4回表ソロ)
観衆数 35576人 試合時間 2時間38分



次の観戦は、ゴールデンウィーク後半
5月4日のウエスタンリーグ ホークス戦と
5月5日6日のスワローズ戦です。
そっちも気合い入れてぶち応援しちゃるけぇ、
覚悟してつかぁさい。




ということで。(´・ω・)ノシ




少し前のことになりますが、
衣笠祥雄さんがお亡くなりになりました。

自宅に向かう時に流れるカーステレオのラジオ、
HBCラジオはこの日、ファイターズ戦がないので、
TBSラジオの中継を流していましたが、
その時の解説が衣笠さんでした。

確かに苦しそうな語り口調でしたが、
がんで闘病中だったとは…

そこまで鉄人でなくてもいいのに

衣笠さんといえば、山本浩二さんともに、広島東洋カープの黄金期の中心人物で

連続試合出場記録の輝かしい記録など、まさに鉄人。

現役を引退しても、解説者などとして広く活躍し、
温かみのある言葉にほっこりしたものです。
さらに、ナイターオフシーズンのTBSラジオの企画で
鉄人ミュージックなどの番組もされていて、
センスのある音楽をいろいろとかけていました。

さまざまな方が追悼の言葉をおくっていましたが
中でも、鬼軍曹大下剛史さんの
「悲しいというより寂しい。 二遊間を組んでいた(三村)敏之が逝って、今度はサチ。
これで75年の初優勝メンバーの内野手は私とホプキンスだけになってしまった。」
と、いう言葉が一番シミジミしました。

衣笠さんが亡くなられる前の日、カープかたりべの会の
渡部さんもお亡くなりになられています。

渡部さんといえば「25番という選手」という
名言を残された方です。

ちなみに、TVhのモーサテの中では、衣笠さんについて自民党の岸田さんに
コメントをとりにいってたのが流石だな、と思いました。
こういう視点、さすがのテレ東です。

いっぽう、S○Vのど○ん○ワ○ド朝の中では、
話題の半分が、かつらのCMについてだったという



まったくもう

しかも、木○洋○さんにコメントを求めていて
思わず失笑をしてしまいました。

閑話休題


改めて、お二方ののご訃報に接し、
心から哀悼の意を表します。
名古屋隠遁3日目
居酒屋モーニングをいただいてから、
荷物をまとめて、北海道に帰る準備をしつつ
身を浄めて本日のカープvsドラゴンズ戦に備えているところです。

先日、負けてしまいました。
今年はじめてのナゴドでの、私が見た初の対ドラゴンズ戦の負け試合。
いいところまで行ったんですがね

切り替えて今日も一所懸命応援するけぇ、覚悟しんさい!!

ということで、あまり振り返りたくありませんが、
この日の振り返りです。


朝5時に起床。宿近くの喫茶店でモーニングで朝食をすませてから、
ブログ書いたり、身を浄めたりしながら
いつものカープボクサーパンツ、赤いアンダーシャツに身を包み
その上から赤いポロシャツを着て8時30分出陣。

この日は、開場時間まで、観光を楽しむということで、
まずは、地下鉄鶴舞線 名鉄犬山線を乗り継いで
学生時代以来の犬山城を堪能します。

犬山城こそそんなに変わってませんが、周囲の町並みが
綺麗になってました。

その後、名鉄小牧線、地下鉄上飯田線、地下鉄名城線とのりついで、
ナゴヤドーム前矢田駅へ。
名城線の中には赤い人もアオい人も結構います。

地下鉄でナゴドに来るのは久しぶりで、
通路に張られているドラゴンズ戦士の写真とか、
歴史などを見ると、改めて敵地に来た感があがってきます。

そして、地上に出ると、名城大学のキャンパスや、イオンが見えてきますし
ナゴヤドームも見えてきます。
これは、たぎります。

横ではハーレーダビットソンのイベントをやっているみたいです。
そんなのを横目に歩いていって、
到着したのが、開場10分前くらいということで、
この日の昼食Coco壱のカレーを購入して列に並びます。

列で、野球の神様にいいゲームとカープの勝利を祈って
スタジアムにむかって2礼2拍手1礼をして中へ。

席に行くと、レフトポールのすぐそばで、
前から5列目です。
しかも、外野ビジター応援席からは
2席しか離れていません。なかなかいい席です。

ということで、場所を確保してから改めてハイボールを購入して
カレーをいただきます。
ナゴドでカープ選手の練習を見ながらカレーを食べるのって
今年は今のところこの方法しか無理みたいで、
相変わらず、カレーに厳しいスタジアムです。

カレーの感想はまた後日。

その後、ボーっと練習をみて、時々ウツラウツラしていたり、
バッティング練習のボールが近くまで飛び込んできて
目を覚ましたり、なんてのを繰り返していると

13時30分にスタメン発表。
カープは、4番松山選手、5番バティスタ選手 7番野間選手というオーダー
ドラゴンズは4番に昨日鮮烈なデビューを飾ったモヤ選手です。
106ビジョンにうつる選手紹介はど迫力です。

先発は、カープはジョンソン投手、ドラゴンズはジー投手です。
頼むでぇ、クリス

その後チアドラのパフォーマンスがあって、
メンバー表交換があって、
蜂谷晏海さんの始球式を見て、

そしてプレーボールです。

1回表 カープの攻撃
先頭広輔選手は32まで粘りますが、レフトフライ
続く、菊池選手 ライトへはじき返して出塁し
さらに丸選手の打席で盗塁を決めます。
そして、丸選手の打球はショートゴロでしたが、
菊池選手がショートを牽制して、チョロチョロ動いたので
躊躇したショートがファーストに投げられず内野安打になって1,2塁
「えーぞー菊池ぃ」と声が飛びます。
丸選手、このところ不調なので、この一本で気分が変わってくれれば…
そして松山選手の打席でチャンススーパーが流れますがファーストフライ
ただし、続くバティスタ選手、レフトへのタイムリーを放ち先制です。
うぉおおおおおおお、宮島さんじゃあああああああ
周囲の人とカンフーバットをカンカンします。バンザーイバンザーイバンザーイ!!
ただ、安部選手ショートフライでチェンジです。


でも、カープ早速先制しました。

バッティースタァ バッティースタァ の声に帽子をかかげたあと
深々とお辞儀をするバティー。紳士かな?
いーぞーいーぞーバーティスタぁー!!


1回裏 ドラゴンズの攻撃
先頭大島選手をショートゴロ。
続くはカープ戦いで打つイメージの強い京田選手。
おお、久々の生35億です。
そんな京田選手、センター前ヒットで出塁
アルモンテ選手はセカンドフライで2アウトになりますが、
昨日デビューした好調モヤ選手はショートの後方へフラフラあがります。
広輔選手が必死に追いますが、レフトへポテンヒットになって1,3塁
さらに平田選手がレフトにはじきかえして、すぐさま追いつかれます。
ああああああ
ただ続くシュウヘイ選手はショートゴロでチェンジです。

失点後の攻撃が大切だよなぁ、と

2回表 カープの攻撃
先頭野間選手のあたりは右中間を深々と破るあたりで、
野間選手、快足を飛ばしてスリーベースになります。すげぇえええ
そして続く石原選手のレフトフライで野間選手が帰ってきます。
宮島さんです。ワッショイワッショイ
周囲の人とバットカンカンです。
ジョンソン選手見逃し三振から、広輔選手、レフト前ヒットで出塁。
菊池選手の打席で広輔選手盗塁を成功。
オープン戦、シーズンと、広輔選手の盗塁失敗を結構見たので、
この成功はうれしいです。
が、菊池選手、サードファウルフライでチェンジです。

でも、すぐさま追加点です。


2回裏 ドラゴンズの攻撃
先頭福田選手サードゴロ。安部選手がポロッとボールをグラブからこぼしますが、
しっかりと投げてアウト。続く、大野選手選手のあたりはボテボテのあたりそこない
これを安部選手がダッシュして軽快に裁きます。
「安部ちゃん、難しいのはよう捌くけど、イージーはあかんなぁ」
と周囲の人。
そして、ジー選手ピッチャーゴロで三凡です。


3回表 カープの攻撃
先頭丸選手 空振りの三振 松山選手サードライナー
バティスタ選手セカンドフライでカープも三凡です。
クリンナップなんですが…


3回裏 ドラゴンズの攻撃
先頭大島選手ショートゴロ  京田選手ピッチャーゴロ
アルモンテ選手空振りの三振で、上位打線を三凡です。


4回表 カープの攻撃
先頭安部選手がフォアボールを選ぶと、
野間選手がライトフェンス直撃の二塁打で、ノーアウト23塁
さらに石原選手が死球でノーアウト満塁です。
が、「攻めろ」チャンテが鳴る中、ジョンソン選手はセカンドゴロで
4-2-3のダブルプレー
自身の応援歌から飛ばすチャンテが響く中
広輔選手がレフトフライでチェンジです。

ああああぁ、
こういうところでとり切れないのが、本当に惜しいです。
そして、これがこの日のいくつかの後悔ポイントのひとつになるとは
ゲーム中のワタシは気づくよしもなかったのです。


4回裏 ドラゴンズの攻撃
先頭、好調モヤ選手をサードゴロ 平田選手をファーストライナー
シュウヘイ選手をファーストゴロでまた三凡です。
拙い攻撃があって、しかも自身のゲッツーなどもあって
崩れるかと思いきや。しっかり投げきりました。


5回表 カープの攻撃
菊池選手、キャッチャーへのファウルフライ。二打席連続でファウルフライです。
そして、丸選手セカンドゴロ 松山選手レフトフライで、こちらも三凡です。
球数が多くなった〔この段階で88球〕ジー投手をなかなか崩せません。
.

5回裏 ドラゴンズの攻撃
先頭福田選手フォアボールから、大野選手ライト前へヒットで 1,2塁
ジー選手はバント失敗で空振り三振ですが、
大島選手のライト前で、福田選手が還って、ドラゴンズに追いつかれます。
あああああ。
尚も1アウト1,2塁のピンチで、35億京田選手ですが、
ここはジョンソン投手が外角のスライダーを打たせてショートゴロ。
6-4-3のダブルプレーでチェンジです。
なんとか最小限でくいとめました。

でも、こういうチャンスを逃さず加点できるところは
さすがです。

チアドラのタンシングクイーンで盛り上がって
ピジョンには満員御礼の文字が出ますが、
周囲の人は
「5階、空席あるよね」「てか、ガラガラだよね」との声が。

「この一打~に~闘志燃や~し~♪」ともりあがってから
6回表 カープの攻撃
先頭バティスタ選手の打席
「ホームランホームランバーティッスタァ!!」と盛り上がりますが、
バティスタ選手のバット一閃。打球は盛り上がる
レフトスタンドを上を超えて4階席に飛び込む大アーチです。
うぉおおおおおおおお、すげぇええええええええええ。
宮島さんで、バットカンカンです。し
バンザーイバンザーイバンザーイ
続く安部選手がフォアボールを選んで出塁
好調野間選手がヒット 1,2塁
「次はホームランやぞ~」「ランニングホームランでえーぞー」の声がとびます
ここで、ドラゴンズはジー選手に代えて、祖父江選手をマウンドへ
ナゴヤドームに宙舟が響き、周囲からは「五等兵~!!」と声が飛びます。
が、ここで石原選手のバントが、キャッチャーのまん前でサードに送球されて
安部選手がアウト。
続いて、「クリースジョンソン ドドンドドンドン♪」と盛り上がるなか
ジョンソン選手バント失敗で空振り三振
そして、広輔選手3*2まで粘りますが空振り三振でチェンジです。

ここがとりきれないのもね~
さっきと同じ攻撃のパターンだったので、
ますます悔やまれます。何か工夫があれば…


6回裏 ドラゴンズの攻撃
先頭アルモンテ選手サードゴロ 続くモヤ選手ピッチャーライナー 2アウト
平田選手空振り三振で三凡です。
得点後、しっかりとクリンナップを三凡でしとめる
こういうところはいいです。

それ行けカープを歌って盛り上がる。
そして、この時に、ワタシ、ビジョンにうつりました。
おお、テンションあがる。
ただ、この日はNHKのカメラが入っていたので、
ひょっとして全国に醜態さらしたかな??

7回表 カープの攻撃
先頭菊池選手セカンドゴロ 丸選手空振りの三振
松山選手が四球を選んで出塁。代走に堂林選手。
ここで、バティスタ選手
「バティー!さっきの~!!」などと声が飛びますが
ピッチャーゴロでチェンジです。

燃えよドラゴンズで盛り上がってから
7回裏 ドラゴンズの攻撃 代走の堂林選手がそのままレフトに入ります。
先頭シュウヘイ選手をファーストゴロできって、
福田選手はフォアボールで出塁しますが、
大野選手の代打松井佑選手をサードゴロで2アウト。
ここで、ピッチャー祖父江選手の打席なので、代打阿部選手。
この阿部選手に左中間を破られて、三度追いつかれます。
ああああああ
ただ、大島選手は空振り三振でチェンジです。

ドアラさんの、バク宙失敗を見て、
僕らのカープを歌ってから

8回表 カープの攻撃
ドラゴンズはピッチャーキャッチャーに代打が出たので、
岩瀬選手をマウンドへ。松井雅選手がキャッチャーの守備につきます。
先頭安部選手が四球を選んで出塁すると
この日スリーベース、ツーベース、シングルの野間選手
「ホームランホームランたっかよしぃ!!」とレフトスタンドは盛り上がりますが、
ベンチのサインは送りバント。
「ええええええええええ」などと声がとびますが、
「攻めろ」チャンテで盛り上がります。
「攻めろ~ひろしま~♪」
野間選手、ツーストライクまでバント失敗し、結局は空振り三振。
ただ、この間安部選手が盗塁をきめて1アウト2塁
結局送った形になります。
が続く、石原選手ショートフライで2アウト
100球を超えたピッチャージョンソン選手に代えて誠也選手が代打です。
盛り上がるレフトスタンド。
ここで、ドラゴンズは、岩瀬選手に変えて、
ドライチの鈴木博をマウンドにおくります。
昨日、点差の開いた勝ちゲームで投げたことで、
疲労が残っていれば…などと思ったのですが、
誠也選手を空振り三振にきってとります。

あああああああ



8回裏 ドラゴンズの攻撃
カープはジョンソン選手に代打が出たので、
ジャクソン投手をマウンドにおくります。
先頭京田選手セカンドゴロ 続くアルモンテ選手空振り三振で
簡単にツーアウトをとります。150km/h越えの速球も決まっているし
いい感じかなと思ったところで、
モヤ選手にのライトスタンドへ放り込まれます。

あああああああああああ

このゲームで、はじめてドラゴンズに勝ち越されます。
平田選手はキャッチャーへのファウルフライでチェンジですが、
終盤のこの一点はキツすぎです。


9回表 カープの攻撃
ドラゴンズは、アルモンテ選手とモヤ選手を下げて、
ファーストにサードの福田選手、サードに堂上選手、レフトに工藤選手です。

レフトスタンドの応援リーダーはじゅんさんです。
ここは、盛り上げてほしい。
と得思いますが、広輔選手ショートゴロ 菊池選手サードゴロ 2アウト
丸選手ハーフスイング気味の空振り三振でゲームセットです。


ああああああああ

負けました。


と、いうことで、敗者はさっさと立ち去ります。

そして、コンパルでエビサンドをいただいてから
宿で一人反省会をしたのでした。




この日は、ノーアウト満塁で、打撃も悪くないということで、
ジョンソン選手にに打たせたベンチも、???でしたし、
その後、同じようなシチュエーションも決められませんでしたし、

石原選手の送りバント失敗も、その次の打席で、
ジョンソン投手降板なのに代打をおくれなかさったことも、
そのままマスクをかぶった直後にリードをした
ジャクソン投手がツーアウトからホームランくらったり
やらかした事がが多すぎでした。
チャンスをのがさなかった中日と逃した広島の差がでました。

とはいえ、ノーアウト満塁でジョンソン選手に
外野フライでも出ていたらまた変わったのでしょうが


やはり野球はむずかしいですね。

勝利投手[ 中日 ]鈴木博 (1勝0敗0S)
敗戦投手[ 広島 ]ジャクソン(0勝1敗0S)
本塁打[ 広島 ] バティスタ1号(6回表ソロ)
[ 中日 ] モヤ1号(8回裏ソロ)
観衆数 5818人 試合時間 2時間51分



と、いうことで、切り替えて今日です今日。


ともかく、今日も、ぶち応援するけぇ、覚悟しんちゃい!!


今日は勝つぞカープっ
今日は勝つぞカーァップッ
今日は勝つぞカァーアップゥウウウウ!!!!!


では。(´・ω・)ノシ