☆「ファームレストラン あぜ道より道」
(上富良野町東6線北16号)


ルピナスが見頃で、早咲きのラベンダーの花のつぼみが、
そろそろ開き始めているということで、

週末など、富良野を訪れる観光客の方が
増えるシーズンへとむかっています。

花を愛でる人にとって、昨年のオープン以来
早くも人気スポットとなっているのが
本家よりも広く、9万株のラベンダーが植えられている
「ファーム富田・ラベンダーイースト」です。

そんなラベンダーイーストに隣接をしている
ファームレストランが

「ファームレストラン あぜ道より道」
なのです。

こちらも一昨年オープンしたお店で
農家の主婦のかたが経営から調理から
一切合切をしきっているお店です。

シャレた感じの扉を開いて
スリッパにはきかえて
大きい明かり取りの窓と
おかれているピアノが印象的な
新築感のある中に入って
階段をのぼり、二階へ。

座った席は2人がけの
木のテーブルですが

吹き抜けで下の席がよく見えるのに加えて
おおきく開かれた窓が
ほぼ、ま横に来たので

近景の緑色の畑のたたずまい
少し遠景に見える咲き始めたラベンダー畑
そして谷筋に雪を残す十勝岳連峰が遠景に見える。

それぞれ一枚の絵画のように
景色の中におさまっています。

パッチワークのような布の手作りっぽい
メニューを見ますと

ポトフ900円 手作りベーコンと素材自慢の野菜入り
やさいカレー900円 季節の野菜が盛りだくさん
手作りベーコンカレー 1100円 分厚いベーコンが食べごたえ有り
畑のナン 800円 野菜とベーコンとチーズのサンド
ナンカレー 900円 ナンにカレーをつむて召し上がれ
畑のスパゲティー 季節の野菜のミートスパゲティー

以上はサラダ付きのメニューです
(畑のスパゲティーは「たくさんの野菜付き」と書かれてますが)

で、ポトフとやさいカレーと手作りベーコンカレーは
+200円でセットメニュー
(カレーには、コーヒーor紅茶+デザート
ポトフには、ライスorパン+コーヒーor紅茶+デザート)

その他、デザートメニューや
ドリンクメニューも充実をしております。

で、前回おじゃました時は、
「やさいのカレー」〈サラダ付き〉をいただきましたので、

今回は「手作りベーコンカレー」(サラダ付き)をオーダー

昼食時に訪れたということもあり、
見ると店内は8割方席がうまっていまして

家族連れやお子様連れなどで
なかなか賑やかでした。

BGMのJ-Popに耳を傾けつつ
外の景色を見つつ
まつことしばしで

まずはサラダが登場。

野菜がみんなぴかぴかしていて
これはウマそうだ、

前回こちらに訪れた時に
初めてその存在を知った
見た目はブロッコリーだけど
色がむらさきいろという
紫カリフラワーが
ブロッコリーと並んでいるところとかが
目に鮮やかですし

アスパラやキャベツ・レタスなどの緑色に

輪切りではなく薄くスライスされたキュウリやニンジン

そして、
プチトマトやイエローズッキーニなどが

いちいち目に鮮やですし
みずみずしいのです。

上にかかったみぞれ状の
ドレッシングもいい感じですねー。

などと感心をしながらサラダをシャクシャクと
食べすすめていくのですが、

その間も、カレーのスパイシーな匂いとか
ナンの香ばしい匂いが

期待感を盛り上げてくれますよ。


そんなこんなで、
ベーコンカレーが登場。

細長い黒いお皿が
店の雰囲気にあっていて
これまたオシャレですが

そんな皿とぴかぴかの白いご飯と
焦げ茶色のルーのなかで
存在を主張する、ズッキーニやニンジンや
分厚いベーコン。

しかも、みるからに
ルーとは別に油通しをされたり、丹念に蒸されたりと
手をかけて調理をされているという

まずはこのビジュアルがウレしいっス。

ってことで、いっただっきまーす。

と焦げ茶色のルーを一口


ぱくっと





じぃぃいん。

まず食べた直後にはアマさがくるのです。
これは、玉ねぎやしっかりと溶け込んでいる
様々な野菜の効果なのでしょう。

しかし、すばらくすると、
はっきりとしたスパイシーさが現れてきます。

アマさに油断していると
ガッツリやられる感じ。

甘さと美味さをスパイシーさが補いながら
コク、ウマ味を出している
王道の優しいルーカレーです。

さすが母さんのカレー。

カレーもウマけりゃ、
ぴかぴかなライスにもウマくて
よくあうのですよ。

と、思ったら、
黒だと思った皿の地が出てきて
よく見たらお皿は黒ではなく、
深い茄子紺の色をしていました。


でもって、ベーコンですが、
スプーンでカットするだけで
脂がしみしみでギラギラと肉滴が出てきますし

切っている時から、肉滴とともに
野性的な燻煙香がただよってくるのです。

コ レ ハ ウ マ イ ニ キ マ ッ テ イ ル。

ということで
ぱくっと。



うぉオん。

これはスゴい。

美味しいベーコンの条件ともいえる
肉の味と脂の味が
それぞれ肉滴たっぷりなジューシーさとともに
ウマさを主張してきますし、

スモーキーでワイルドな燻煙香も
いいですね。

しかも、分厚いんですよ。
5ミリ近くあるやつがぺろんぺろんと

二枚も入っています。

すごいねー。


しかも、かみ切れないよ、これ。

しかも噛めばカムで
肉滴がじゅわっと出てくるってことで


すごいですわ。



その色鮮やかなニンジンも

スプーンできろうとしたら

ん?

あら

全然力入れていないのに
すとっ、と切れた。

これはやわらかい。

そして、口の中にいれたら
そのヤワラカさもスゴいけど
アマいです、ビックリするほど。

グラッセしたりバターとからめたりして
アマくしているのではない、
にんじんそのもののアマさ。

これはビックリです。



しかも、にんじんにビックリしたのですが
それだけにとどまらなかった。

半分にカットされたじゃがいもも
ホクホクでしたし、

カボチャのニャッキも
もちもちの食感とか歯ごたえを残しつつ
ふにゃんとした感じも口の中で優しいですし、
アマアマのモチモチで

ズッキーニもかみ切れないデカさでした。

と、いうこで最後まで様々なバリエーションに
感心をしながら
一気呵成にいただいて、
ゴチソウサマ。

大満足のうちに
下に降りると、

様々なお野菜がうっておりましたし、

野菜を仕入れた先の農家さんの名前とかが
書かれていました。

これもファームレストランならでは。



お隣の
「富良野スイーツ トア ルージュ」にも
車が一杯止まっていましたので、

ちょっとこちらも、気になりますねー。




☆「ファームレストラン あぜ道より道」
(上富良野町東6線北16号)
◇営業時間◇夏10:30~18:00(LO17:30)
冬10:30~16:00(LO15:30)
フードメニューは11:30より
◇定休日◇水曜日 ◇駐車場◇ あり





あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。

当ブログによせていただいたコメントも、さしさわりがなければ
番組内で紹介させていただきます。


あと、コーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。


ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファントリー)
北海道富良野市と上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2771
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/971-1d0a02f0