☆「アジア金星堂」
(旭川市東5条11丁目2-1)

ちなみに、現在出張で釧路におります。
そして、その準備のために
先週の土日はお仕事でアリマした。

とはいうものの、
旭川に買い物に行かなくてはならない用事も
出てきます。

ま、先日の当ブログでも書いたとおり、
富良野でも、札幌でも、函館でも買うことができかったものの
なんとかラジオでオンエアしたいと思った
茅原実里さんのCDを買いに行ったのですが…
〔にしても、このときに話題の水樹奈々さんの
アルバムも買ったのですが、全プレのB全サイズのポスターを
入れてもらうのと、その他の買い物も多かったので60センチくらいある
巨大な、AMの文字が入ったアオい袋をもらったのですが、
こちらで買い物をしているときにこれほどの大きい袋をもらったのは
はじめてですね。〕

土日のお仕事は、たいてい午後5時前には片づくので

その後軽く温泉に入って、温泉から出たら
丁度Air-Gの毎週土曜のお楽しみ
「KOTOKOノコト」の時間ですし、
そのままドライブしても
お店の営業時間には、余裕でつくのですが。

と、いうことで、温泉へ行った後に
買い物をすませて、
今月二度目の旭川ってことで、

前回は奥芝にいって「今月のカレー」をいただいたので
今回の夕食はこちら。
いつものようにアジア金星堂へと
むかったのでした。

車を駐車場に止め、
いつもの「キュウキュウニョリツリョウの席」こと
窓際の2人がけの席に腰を下ろそうとすると



おや、また先客が…

高校野球風にいうと、二回連続二度目ってヤツですね。

ということで、本棚から近い丸い4人がけの席に
腰を下ろします。

先月も書きましたが、「キュウキュウニョリツリョウ」の席には、
「今日のカレエ」の紙が置かれていませんが、

この席には、ビニールのテーブルマットの下に
「今日のカレエ」がおかれているので、
ゆっくりとみることができますよ。

で、見ると、
「ビンダルウ ライト」などと書いてあって
これにしようかなーと、思いつつメニューを見たら

!!


あれ、レギュラーメニューがかわってるぞ。


今までのこちらのレギュラーメニューは、

◎は定期的においているメニュー △は不定期メニュー

サッポロタイプ…いわゆる「スープカレー」スタイル
◎サッポロスウプカレエオコイ…フツーな「スープカレー」のスタイル
△ローツェ・チキン…ココナツミルクと粗挽きスパイスの風味

インドシナタイプ…ハープの風味、ココナッツミルクのこく
◎イエローカレエ…ココナッツミルク風味のタイ風スウプカレエ
△トムヤムチキン…エビとチキンのサラサラスウプカレー
△スラバヤチキン…仮想ジャワ風辛味ココナツスウプカレエ

インドタイプ…スパイシー&ホッと
△ムルギー…チキンとジャガイモのシンプルなスパイシーカレエ
△チキンビンダルー…ゲキカラスパイシーの酸味系スウプカレエ

キーマタイプ…ひき肉を使ったカレエです
△キーマオリジナル…チキンひき肉を豆のインド風カレエ
△スラバヤキーマ…チキンひき肉のインドシナ風懐かしさ

ニッポンタイプ…カレーライス的な…
◎ジパングチキン
◎ジパングハロハロ…チキンとポーク
◎ジパングポーク

といった記述でしたが、



新しいメニューを見ると。


スウプカレエ とろみのない「カレー」です。

サッポロ型 一般的な「スープカレー」スタイル
1 サッポロスウプカレエ オコイ ③ 1000円
バジル風味の「スープカレー」
サッポロGT ③ 1100
上記オコイのトッピングが一部イカゲソから揚げになります
サッポロベーコン ③ 1050
上記オコイのトッピングにベーコンが入ります
2 トムヤムカレエ ③ 1050
えびとチキンの酸味系サラサラスウプカレエ

トマ・から型 インド風スパイス系トマトの酸味
3 チキンビンダルー ④ 1000
ゲキカラスパイシーのスウプカレエ
ビンダルーベーコン ④ 1050
上記ビンダルーのトッピングにベーコンが入ります

コク・あま型 
4 イエローカレエ ③ 1000
ココナツミルク風味のタイ風スウプカレエ
イエローGT ③ 1100
上記イエローのトッピングが一部イカゲソから揚げになります
5 グリーンカレエ ハーハ デ・ドーン
期間限定のタイ風スープカレー。ハーブが強い
6 スラバヤチキン ③ 1000
仮想ジャワ風辛味ココナツスウプにエビみそのうまみ
スラバヤGT ③ 1100
上記スラバヤのトッピングが一部イカゲソから揚げになります
7 ローツェチキン ③ 1000
ココナツミルクとあら挽きスパイスの風味
ローツェGT ③ 1100
上記ローツェのトッピングが一部イカゲソから揚げになります


カレエ① とろみのある「カレー」です。

ジパング型 コクと旨みのニッポンのルウカレエ ①
8 チキン 700
9 ハロハロ チキン&ポーク 750
10 GESO100 イカゲソから揚げのせカレエ
11 ポーク 750

カレエ②

インド型 じっくり炒めたタマネギのとろみ
12 ムルギー ②~X 1000
  チキンとジャガイモのシンプルスパイスーカレエ

キーマ型 ひき肉を使ったカレエ
13 キーマオリジナル ③ 950
  チキンひき肉と豆のインド風カレエ トマト+ヨーグルト風味
14 スラバヤキーマ ④ 950
  チキンひき肉のアジアンテイスト甘辛さは、ココナツミルク使用
15 黒キーマ  ③ 950
  チキンひき肉のパキスタン風スパイシーカレエ 汁気が少ない。


トッピング
半熟卵 50 揚げ玉プラス 50 チェダーチーズイン 50
コロッケ 2ケ 150円〔1ケ 100円〕

というラインアップ。

辛さ設定は、

0
①  家庭用中辛程度
②  家庭用辛口程度
③  家庭用辛口以上
④  劇的に辛くなる
⑤  ④の二倍のスパイス
X
という設定でした。


で、見慣れないメニューがあるぞ

黒キーマって

??

これはいくしかないだろう。


ということで、オーダーをしたら


「ごめんなさい、キーマはオリジナルしかないんです」


あらら、

でも「キーマ・オリジナル」もしばらく食べてないからなー。


これまで私がこちらで食べたローテーションは
「ビンダルウカタナ」←「サッポロスウプ」←「グリーンカレエグライダー」
←「ぎゅうスジイエロー」←「サッポロスウプ」←「ヤキブタイエロー」
←「チキンサブジ」←「ローツェ・チキン」←「キーマオリジナル」←「ムルギー」
←「サッポロスウプ」←「給食のカレー&タコライス」←「サッポロスウプ」
←「ジパングカレーのハロハロ」
ということなので、

ぜんぜん問題なし。


ってことで、オーダー。


森下えみこさんの「一人でできるもん」を読みながら

そういえば、前回キーマオリジナルを食べたときって
本日のカレエだったよなあ、

レギュラーメニューに昇格して
定着しているんだなぁ

いいぞいいぞ

なんてことを考えながら、

まつことしばしで、

いつもどおりの、アジア金星堂でしか嗅ぐことが出来ない
蠱惑的な僕を魅了してやまない香りとともに
登場しました。

と、思ったっけ




いつも以上にスパイスの香りが強い。


見ると、表面にはマサラが
散らされていました。



オレンジがかったキーマカレーのまんなかに
白身部分の透明なところの周辺が
少し半透明に白っぽくなりつつある卵と

このコントラストがいいのですが

上澄みのように赤みがかったオレンジ色した
半透明のアブラやウマ味がかたのったつゆが
染み出てくるところってのもいいのです。

タマリマセン。

アジア金星堂のカレーはこうでなくっちゃ。


ってことで、まずはルーを一口

ぱくっと



!!!!!!!!!!

うおオんっ




じぃぃぃん。



スプーンで掬って、口元に運ぶと
表面に散らされているマサラが
鼻腔をくすぐって、これもいい感じであります。

かといって、鋭角にトンガッテいる感じではなく、

穏やかで、どこかお袋のアジのような落ち着ける

といえ、凡百のカレーではなく、

どこかマニアックな、

音源を探せるものなら探してみなという
DJのリミックスにも通じるような

普遍的にも感じつつ、でもわかる人にはわかるって感じの
独特で、だからこそ僕を魅了する
このスパイス遣い。

そして、キーマの場合は他のカレーより
いささかですが、スパイス遣いがトンガってる感じしますが、

表面に大胆に散らされている
粗挽きされたスパイス効果ですね。

口の中に入れると、そんな香りも
ますますかぐわしいですよ。

口の中から鼻に抜ける気持ちよさが

たまりませんね。

陶然としてしまいます。


そんな穏やかに優しくもウマくて刺激的な
カレーをまとった

なんとも淡白でありながら
しっかりとアジと深みのでている
チキンのひき肉と

ほっこほこに炊かれた
食感が面白いひよこまめのバランスも
やはり、いいですなー。

しかも野菜が細かく刻まれていて
様々な味覚の変化や食感の変化をも
もちらしてくれますし、

でもウマイので、がっつり夢中に食べているうちに
思わず、口の中がヤケドしてしまうのも、
いつもどうり。

学習能力を本能が凌駕してしまうカレーなのです。

気がつかないで
ワシワシと食べ進めてしまいますよ。


そして、こちらでキーマカレーを食べるときに
忘れてはならない儀式が

円錐台形にもられたライスの上に

カレーの中に入っているグリーンピースを
のっけることでアリマス。


ほら、これで、「寝釈迦」時代のカレーのライスの
できあがり。



そう、アジア金星堂といえば
「寝釈迦」時代から、円錐台形に盛られたライスと、
こちらでしか食べることが出来ない
鮮やかな色合いのアチャールが特徴ですが、。


ライスの上に乗せられた
グリンピースは、「寝釈迦」時代後期から
姿を消してしまいました。

ってことで、キーマカレーのグリンピースを
ルーから掬って、ライスに乗せると

ナツカシの寝釈迦時代のライスが
復活をするのです。


ってことで、そんな儀式も楽しい感じ。

そんな、ライスと一緒にカレーを
思いっきりほおばるのでアリマすよ。


うめーっスなぁ。


ワシワシとたべすすめていくと、

汗がじわっと浸み出てきて、

温泉にいった時に軽くほてった体が

温泉をもまたまた思い出してきます。

カレー喰って温泉行ったら
血行良くなって唇とかひりひりするのが
ぶりかえすという現象の逆というか、

またまた血行が増進中で
ココチよいヒリヒリが
ずっとつきまとって来ます。

いいなー。これも、


でもって、最後には、
いつものように、残ったルーに
ライスを投入、

すっかり白身部分が白くなった卵は
まだ、黄身は半熟でした。


いいぞいいぞ。

かき混ぜると、

カレーとライスがまざった色に
鮮やかな黄色が混じってくるのですよ。

色目にもうつくしいし、

何よりもウマい。

玉子の黄身の濃さが

ウマい、ウマい、ウマい

それが刺激的なカレーをマイルドにしてくれる
そんなステキな変化によって

ウマイ。ウマイ。ウマイ。

もう、言うことなしっスー。


うふ。


水をくいっと飲んで


すぅ。

ぷっはぁぁあ


んまかったー。

大マンゾクっス。


やっぱりアジア金星堂は
僕の道北カレーショップでは
オンリーワンっス。





ということで大満足のまま店をでて
買い物をしてから
お隣の国にある大出力放送局の民謡や
勇ましいアナウンスに悩まされつつも
「アニスパ」を遠距離受信しながら、
富良野へと帰ったのでした。

この日はソフトバンク・巨人戦が、摂津・馬原のがんばりで
早くおわったということもあり、

アニスパは定時始まりでした。

ゲストのあすみん(ますみん曰くかなぼう)は、
鷲崎健さん、たけちゃんと、浅野真澄さん、ますみんの
二人にいじられていて、
小さい反撃を試みるところとか、
そんなところも、かわいかったなー。


にしても、今更な事ですが、
よりによって、文化放送と、某お隣の有名放送局の
周波数が全くおなじだなんて…

しかも文化放送よりもはるかに出力がでかく、
埼玉にいた時ですら、受信に悩まされることも
あったくらいですし

あそこの言葉って
ただでさえ、そんなにすすんで聞きたい言語ではないのに…



☆「アジア金星堂」
(北海道旭川市東5条11丁目2-1)
◇営業時間◇11:00~14:00、17:00~21:00(売り切れ次第閉店)
◇定休日◇火曜日、第1第3水曜日 ◇駐車場◇有り







あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。

当ブログによせていただいたコメントも、さしさわりがなければ
番組内で紹介させていただきます。


あと、コーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。


ヘタリアに言論と表現の自由を!
民族浄化[ここでは、ある民族のみを浄化した姿で描けという要求]反対!
自由ヘタリア救国民族解放戦線の「イトー×ani」がお届けする
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファントリー)
北海道富良野市と上富良野町・中富良野町など限定で聴く事が出来る、
コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」の
月曜午後五時からオンエアー中

番組へリクエスト・メッセージは
〒076-0026 富良野市朝日町5-17 レストランふらの広場内ラジオふらの
E-mail radio@furano.ne.jp FAX 0167-22-2771

追 夏のお祭り、参加します。
3日目 西 む-21b「東行本舗」です。
畏友GMクンも出ます
3日目 東 O-37b「北蝦夷共和會」です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/959-e8b97a56