札幌でお買い物をしましたが、その後、カラバトカリーでカレーを頂いてから、
地元へ戻る帰り道は、若干ゆったりと時間がとれそうなので、
温泉入って自宅に帰ろう。
という考えで寄ったのが定山渓温泉のホテル山水さんです。

こちらは、循環なし塩素消毒なしという温泉そのものの管理の良さに加えて、
毎日換水して清掃してという一連の作業をきちんとしているという、
大規模なホテルが多い定山渓温泉の中でも、
屈指のお湯のよさとコダワリをほこる温泉です。

さらに、ホテル近隣の他の定山渓の入浴施設ほど混雑していないのもゆっくり出来ますし、
豊平川の源流が作り出した渓谷ごしに朝日山などの山々の
景色が美しい露天風呂もまた風情があって、四季折々の景色が楽しめるのです。

中山峠に向かう国道沿いにあるので、車の音とかは結構しますし、
外観も入り口の三角屋根がおしゃれなこぢんまりとした
近代的なホテルっぽい作りです。

入り口は、絨毯のない磨かれた木のフローリングで、
きっちりと並べられたスリッパだったり
明るくピカピカなフロントスペースだったり
アタタカク迎えてくれる女性スタッフの笑顔だったり
フロントから脱衣場へとむかう絨毯をはじめとして隅々まで清掃が
行き届いている清潔感ただよう館内だったりで、気分が良くなります。
それが、温かみに感じるところがこちらのいいところ。
張り紙やポスターが最低限なところも好感もてます。


階段を下りて脱衣場に入りますとカゴは3つだけ埋まっていまして、
祝日の御昼下がりという時間帯ですが、ゆったり入れそうです。
脱衣場には、本日の湯温が書かれています。
内風呂の熱いほうが42℃ 温い方と露天が40℃だそうです。


脱衣場から浴室に入ると、軽く漂う硫黄香のおくゆかしさと
いつ行っても、落ち着ける風情があります。
浴室には2つに湯槽があって、なだらかな曲線を描いている湯槽からは、
淡く碧褐色に濁っているお湯が軽く溢れていますし、温泉成分の濃いお湯に身を沈めると、
湯の香も盛大に漂っていますし、肺の奧から空気が出ます。
肌にあたり感じも軽くヌルッとしているところが
ニマニマするポイントですし、
軽く口に入れると、薄い塩味がするところもいい温泉という感じです。
お湯が流れている湯縁に、付着する温泉成分もいいですね。

ああ、気持ちいいです。

壁際の湯槽は、少し湯温が高めで、こちらも湯触りがきもちいいです。

しばらく内湯を楽しんでから、露天へいきます。
BGMに、湯が湯槽に注ぐ音と、川のせせらぎの音が
ミックスされたいい感じの野趣に富んだ露天風呂は
黒いゴツゴツした石で女湯との間が石の壁で仕切られていますが、
その壁も温泉の雰囲気に良くあっていますし、
露天に身を沈めると、濃いお湯も近づくので、
露天でありながら湯の香が楽しめるのが、こちらの魅力です。

湯槽は6~7名入れそうですが、この日は私とあとひとかたでした。


露天の横には温泉蒸気の蒸し風呂があるのも、
外にあるので匂いが中に籠もらないのでいい工夫です。
(僕はあまりサウナははいりませんが)

で、露天に入っていると、強めな雨が落ちてきました。
温泉の水面に広がる波紋も乙なものです。
しばらくぼーっとそんなのを見ています。

そして、再び中へもどると、お客さんが少なくなっています。
これはチャンス。ということで、湯槽の縁をつかって道南スタイルです。
これは、頭もカラッポになります。

ああ、きもちいいなぁ。

さらには、浴室内にはサウナの椅子みたいな木の台があって、
ここにも横たわることが出来ます。ああ、気持ちいい。

あまり寛げるので、軽くヲちてしまいまったぐらいにしてということで、
ゆったりと2時間ばかり滞在。

気がつくと、雨はすっかり上がっていて、湯上りで雨上がりななか、
家へと戻ったのでした。




ちなみに今まで入った温泉については左側の欄にある温泉三昧を
クリックしてもらえれば見ることが出来ます。

よろしければ。


ということで。(´・ω・)ノシ

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/2283-faf3b934