さて、まだまだ休日出勤期間は続きます。
次の土日の休みは、7月末の広島へのカープ遠征までオアズケです。

ま、8月には夏の大お祭りもありますし
そこらへんの連休を楽しむためにも、
こちらとしては、シコシコシゴトに励むのみです。

そんなある日曜日も休日出勤でした。
とはいえ、お仕事は13時前に片づいたので、一ヶ月ぶりの「広州屋台」で
お昼に排骨飯を食べました。
午後13時過ぎにお店に到着したのですが、
外は10人以上待っていました。
が、この日の中華腹は胃脳リセットできなかったので、
そのままオトナシク並んでから、無事いただきまして、大満足。

そういえば、この日もカープアロハ(常昇魂aver)を着ていきました。

そんな食事を終えて向かったのが、
蘭越町昆布と、ニセコの間にある黄金温泉です。
こちらの露天は比較的湯温が低いので、 いつまでも入って、
まったりできる温泉です。
この湯温が低い温泉は、暑い時期に行くと本当に気持ちいい。
この日は、最高気温25℃と、黄金温泉日和です。

ということで、駐車場に車をとめて、湯銭500円を払います。
そのときに、こちらでいただいた 蕎麦の香りと
しっかりとソバガラの色のついた グレーのつやつやピカピカした、
打ち立てのお蕎麦を思い出します。
素朴な味わいと、アマめのカエシの味の汁と
しっかりとしこしことした食感とちゅるんとしたのどごしの
一本芯のとおった感じのお蕎麦の組み合わせが最高でした。
中で、おそばを楽しんでいる人もいます。そういう人を見ると、
あれはウマかったなぁ、と以前訪れた時の記憶もよみがえってきます。 7

そんなことを考えながら、中へ。
靴が4セットほどあります。

スタイロフォームが見え隠れする、手作り感あふれて、
内装のコルクパネルにびっしりと張られた
お客さんの感想が書かれた付箋紙とともにいい味になっている
脱衣場で服を脱いだら、まずは内風呂へ。

ゴツゴツとした岩がいい感じで配置されていていいです。
湯槽に身を沈めますと、緑がかった褐色のお湯と鉄のような香りがいいのに加えて
しゃわしゃわっと気泡のつきがいいのもかわらないですが、
前回きた時にも気がついたのですが湯温があがっています。
なんでも、新しい温泉を掘ったら湯温があがったとのことです。

軽く浸かったあと、今度は露天へ
そんなに広い湯槽ではないのですが開ける景色が、
正面に見えるニセコアンヌプリということで、
相変わらず開放的ないい露天風呂です。

まずは、大きくゴツゴツした湯槽に身を沈めますと、
開放感が気持ちいいです。
さらに、五右衛門風呂風の丸い湯槽のお湯の横にある
二人が並んで入れるサイズの四角い湯槽へいきますと
透明度が高く、軽く硫黄の香りがしますし、
さらにぼーっとしていると、腕など全身にびっしりと気泡がつきますし、
しばらくすると体につききらなかった気泡が
しゃわしゃわと体を心地よくくすぐります。

これが、黄金温泉の醍醐味です。

こちらで、軽く落ちてしまっていました。
ああ、ぬるいお湯の中で落ちるのはサイコーです。

と、いうことで、
なんだかんだで二時間ばかし気持ちよい空間に身をおいたのちに、
車に乗ろうと外へ出て、家に戻ったのでした。
ああ、最高です。黄金温泉。

また、オシゴトと大お祭りの準備が重なってテンパった時期とか、行くこと必至です。



ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば 見ることが出来ます。


よろしければ。


ではまた(´・ω・)ノシ »
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/2278-c7631247