2017.05.28 疾風の如く
カールが東日本で販売中止になるという報道がありまして、
ネットでは大騒ぎになっています。

それに対して、
「おめえらは、いつもそうだ
 なくなると わかってから さわぐんだ
 ておくれに なってから…」
と、カールおじさんが語るイラストが
ツイッターにあげられていて、
なるほどなぁ、などと思ったのです。

カールもそうですし、こち亀の「両さん」も同じ様なことを
言ってましたね。

言われてみれば、確かにそのとおりです。
うん、他人のふりみてわがふり直せです。


さて、そんなカールの販売終了よりも自分にとって衝撃だったのが

「疾風の勇人」〔大和田秀樹さん作 講談社モーニングコミックス〕の連載終了です。

「疾風の勇人」は、池田勇人を中心とした、戦後の政治史を
描いた作品です。

大蔵省次官の池田が、盟友の佐藤栄作とともに、
吉田茂を中心とした為政者集団、吉田学校に加わり政治家に転身。
第二次吉田内閣をつくり、運営するのに苦労しつつ
独立を勝ち取るためにGHQとも渡り合う。

が、独立は方取るものの、独立後の日本の地盤を強固とするため
鳩山一郎と対立、鳩山を中心とした日本民主党は、
吉田内閣をジワジワと追い詰めていく。

そして、第五次吉田内閣は、総辞職を選択して、

というところで、「次号最終回」って、そんな殺生な。


話も魅力的で面白いですし、視点も斬新です。
それでいて、話しがわかりやすい。
池田勇人を主人公に選んだのも慧眼
ドラマチックな人生を送っていて、映画や小説などで取り上げられていないという
理由での主人公の選択ですが、
逆に言うと、なぜ今まで池田勇人の物語がなかったか
と考えるくらいなので、連載が始まったときは、快哉を叫んだものです。

池田勇人といえば、放言ですが、
ほとんどが、マスコミによって、誇張されて伝えられたものです。
「貧乏人は麦を食え」だって、
実際の発言は「所得の少ない者は麦を食い、所得の多い者は米を食う」という趣旨の
発言で、「そうした経済の原則の方に持っていきたい」とまとめているのですが、
当時の新聞は一部分だけを切り取って、池田叩きをしたのです。

ああ、マスコミって、今も昔も変わらないんですね。

そんなのにいちいちキレたりする池田がいいです。

しかも、そんな池田を描くのが大和田秀樹さんという好みなストーリーテラー

ということで、毎週モーニングを読む楽しみの何分の一かは
疾風の勇人のおかげでした。
〔最近は「バンデット 偽伝太平記」(河辺真道さん作)もお気に入り〕

そんな作品の魅力はいいつくせぬほどあるのですが、
キャラクターの造詣の秀逸さもその一つです。

池田勇人はともかく吉田茂、佐藤栄作、大平正芳、田中角栄といったキャラクターが
実に魅力的に描かれていて、この作品のために、何百冊もの
評伝や回顧録を読み込んだそうで、それが作品に血肉をあたえています。

そして、そのキャラクターの外観もすばらしい。
アニメ化もされた怪作マージャンマンガ「ムダヅモ無き改革」も
実在の政治家をモデルにしてキャラクターを作ってきますが、
これが実は疾風の勇人のキャラクター作りのプロトタイプだったのでは、
と思えるレベルです。

疾風の吉田茂は、ムダヅモの麻生太郎っぽいですし、
疾風の鳩山一郎は、ムダヅモの鳩山由紀夫っぽいです。

そして、大和田さんといえば、ギャグマンガの名作もおおい
細かくはさんでくるネタもくすっときます。
本作ではなく、外伝ですが、
「大蔵大臣田中角栄」に登場する竹下登は、「ウィッシュ」なんて言っています。

ああ、こういうのがすきなんですが。

最初は、第二部完とかで、しばらく休んで、第三部かな?などと思ったのですが、

本人のツイッターで

大和田秀樹‏ @hideki6809
突然ですが「疾風の勇人」は次週でおしまいですなう。
「死闘!55年体制編」、第四章「宏池会爆誕編」の再開は未定ですなう。

と出てきたので、しばらくは見られないみたいです。
ああ、サブタイトルの「所得倍増伝説!!」も泣いてます。
前述の「外伝」も出たくらいなので、普通に続編とかをやる
伏線だと思ったのですが




と、いうことは、このあとの石橋湛山とのバトルとか、
そこからの石橋内閣での蔵相就任。
その後妖怪岸のもとでも蔵相をつとめながら岸ともバトル。

からの総理大臣就任と、盛りだくさんのイベントが待っているのに

ああ、残念です。

さらには、カープの山本浩二の前の四番バッター山本一義が法政大学時代、
プロ全球団から誘いがきているなか、鶴岡監督に請われての南海入りが決まっていたのに、
通産省に呼ばれて大臣だった池田に乞われてカープに入る話とか、

国鉄戦に負けたのに腹を据えかねて、親友のサンケイ新聞貴社水野成夫社長に
「豊田泰光の電話番号を教えろ」といって番号を聞くや
豊田宅に「池田ですが。アンタ、よう打っとるが、
カープの試合に打ったらいけんよ」と電話をかけたという。

こんなシーンを見るのも楽しみにしてたのですが


ああああ、モーニングでなくていいですから、続きを見たいです。
お願いします、なんでもしますから 
状態です。



と、いうことで。(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/2255-e3b0ed9b