Clazy Aprilの締めくくりということで、
横浜スタジアムのカープvsベイスターズ戦に行って参りました。

3月のベイスターズのチケット一般売り最初の時間におさえたチケットは
29.30日両日分で、ついでに、ハマスタから見える宿も押さえて
前日入りをしてから、2泊3日の遠征旅行にシャレこもうと思ったのです。

が、4月から変わった仕事のシフトのおかげで、29日にオシゴトが入りました。
そこで、なくなく29日の参戦は断念。28日の宿はキャンセルしましたが、
30日はなんとかなりそう



と、思ったら、そのオシゴト、29日が雨だったら、30日に延期するという。



おい、やめてくれよ。


更に、一週間前くらいから、週間天気はずっと雨マーク。



おい、やめてくれよ。


だから、なるべくリスクは減らそうと、29日の宿もキャンセルして、
人生初ですが、日帰りで参戦しようと、飛行機のチケットを獲得。
背水の陣( 何に対して?? )というか、
運を天にまかせるとはまさにこのことです。


ところが、前日の天気予報で、ようやく29日に晴れマークが出ました。
が、上空の寒気の影響で、まだよめません。
結局、29日は予報どおり晴れたお陰で、無事オシゴトは終了。
飛行機チケットと、野球のチケットが無駄にならずにすみます。

当日朝、この日横浜は25度近くまで気温が上がる予報だったので、
半袖の赤いアンダーシャツの上にカープアロハ2017を着て
空港の駐車場に7時35分入り。
羽織っていたジャケットを車に置いて、アロハとカーゴパンツ姿になって空港にむかいます。
半袖では寒い時間ですが、荷物を減らすためにはやむなしです。

そして、搭乗手続きをすましてスポーツ新聞とBoccaの飲むヨーグルトを購入。
先日のKalafinaライブの素晴らしいパフォーマンスを思い出しながら味わいつつ
カープが昨日、難敵の今永投手を攻略した新聞記事を読みつつ
搭乗時刻を待ちます。

この日にお世話になるのは、スカイマーク706便  新千歳 08時15分発 羽田 9時55分着です。

機内で爆睡するのはいつものこと。
ふと目を覚ますと、軽く曲がってよく見える窓の外には
ZOZOマリンスタジアムが。
先日雨中のなか、熱投した岸投手を思い出しながら、
「翼よあれが、チパの街だ、トゥラトゥラトゥラァ!」と心で叫んで、
さらに、東京湾アクアラインとか海ほたるを見ては、
「シン・ゴジラ」に思いをはせるという、ま、いつもの上京です。

そんな感じで、ほぼ定時に羽田に到着。
そこで若干用を足してから、11時25分発 YCAT行きの空港リムジンバスに乗ります。
往復のチケットを買うと割引なので、当然そちらを選択。

が、バスが走り出してからしばしして、
「現在、ゴールデンウィークで、湾岸線が渋滞しているので、
横羽線を経由してまいるのでお時間かかるかもしれません」とのアナウンスが。

えええ、

そうだ、ゴールデンウィークだ。

ひょっとしたら、帰りも混雑してたりして、
なら京急乗り継ぎのほうが良かったか…。

ま、時間的余裕があるからええか。と思いながら
いつもはリムジンバスではなく、ライブとか夏冬の大お祭りの時にお世話になる
××インの送迎バスで通る景色を見ながら、××インを目の前にして左折。
羽田出入り口から首都高に乗ります。

なんだ、そんな混んでないじゃん。と思っていたとたん
前の車がノロノロ運転になります。
右の車線も左の車線も車がつまっています。

ヤパい、湾岸線だけでなく、横羽線も渋滞か、
横浜につけるのは、いつだ

と思いましたが、それは大師にある料金所のせいで、
そこを抜けたら、極めて順調にスイスイバスは走っていきました。

いつもリムジンバスが走る湾岸線から見る景色が異なって面白いです。
湾岸線は、どちらかというと、新しく巨大な工場の横を
走っていくことが多いですが、こちらは、古くからの町工場とか
京浜工業地帯のど真ん中を抜けていく感じです。
途中で東海道貨物線と併走します。これもいいな。
しかも、浜川崎駅が見えます。

浜川崎駅から高速を眺めることはありましたが、逆の景色は珍しいです。
ゴローちゃんが「うぉオン」と言った焼肉屋さんに行った時見た高速もこれです。

そんな景色を見るのも楽しいですし、何よりこの日は快晴だったので、
正面に富士山が見えます。これは、いいです。

そんな景色を味わっているうちに、横浜に到着して、一般道に降りたところで、
さっそく、ベイスターズの氷結ユニを着て歩いている人を発見

お、ポジってるポジってる と思いながら
バスはYCATに到着したのが11時55分。だいたい30分ほどです。

そして、歩いてJR横浜駅にむかい、3番ホームから、磯子線にのりこみますが、
もう、この3番線のホームの時点で、青・赤、ユニフォームが入り乱れています。

やってきた12時04分発の大船行きに乗り込むと、
ほぼ半分以上がユニフォームの人で、気分がアガります。
なかでも、一家四人で、お父さんがタナケン お母さんがクワハラ
息子がカジタニ 娘が名前・背番号なしの氷結ユニなんて一家を見ると
微笑ましいです。

そんなこんなで関内駅に到着。
周りの人と一緒にゾロゾロと降ります。
お、ホームから改札に行く途中の階段の壁も青く塗られていて、
ベイスターズの選手の写真が掲げられています。
JRの中からコレって、これから野球に行く気分が
いよいよましてきます。
駅構内では「本日の当日券はありません!!」なんてアナウンスが流れています。
すごいですねね完売ですか。
日曜とはいえ、カープvsベイスターズのカードが満員になるだなんて。
一昔にタイムスリップして、カープvsベイスターズが人気カードになって
チケットがとれにくいって話しをしたら誰が信じるのでしょうかね。

さらに駅前では崎陽軒の売店や露店がいい香りをさせながら
お客さんを呼んでいます。
この、祭りならではの匂い。これが野球です。
信号を渡って横浜公園にいくと、露天もいよいよ増えていますし
もうすでに軽く寄っている人が居たり、喧噪がいいです。
横浜公園の入り口のところで、YOKOHAMA SYUDIAMの文字に正対して
「野球の神様、今日もカープの勝利とナイスゲームをお願いします。」
という気持ちで、2礼2拍手1礼
露天で盛り上がる人を横目にこの日は三塁側内野席ということで、
スロープをあがって球場内にはいります。

コンコースの売店の前にも既に長打の列が。
スゴい盛り上がりです。
そして、コンコース売店という、少しくらいところから、
再び屋外にある座席にむかいます。
この開放感、野球場に来て良かったと感じる瞬間です。
しかも、この日はどピーカン。雲一つ無い青空で、
赤茶色の土に緑の芝、そして、フェンスの水色が映えます。
ああ、気持ちがいい。

そちらではカープの選手がバッティング練習をしています。
いいですねぇ。

この日は三塁側内野席ですが、周囲はほぼ真っ赤。
青がポツリポツリです。

一旦荷物を置いてから、売店をシバきに行って、
ベイメンチと青星寮カレーとクラフトビールを購入。
練習をみながら、いただきます。

ああ、美味しかった。しあわせです。

ちなみに感想はまた後日。

で、ゲームをむかえますが







いやぁ、あと一息だったんじゃけどね~

あ、ゲームについての振り返りもまた後日、当ブログにて。


ということで、敗者はサッサと去ります。

グランド内やライト側スタンドが大いに盛り上がっているなか
両隣さんに「オツカレさまでした」「あと一歩だったんですけどね~」
なんてご挨拶をしてから、足早に球場をあとにします。
外では大型ビジョンでロペス選手や久保投手のインタビューが
流れていて、多くの青い人たちが盛り上がっています。

そんなのを横目に次は、勝つぞ、カープ。と思いながら
「野球の神様、お疲れ様でした。」という気持ちで2礼2拍手1礼
足早に駅に向かう赤い人の波に紛れます。

そして、関内から京浜東北線に乗って、横浜へ。
歩いてYCATに行くと17時35分羽田行きのバスが待っています
ということで乗り込むと、私の斜め前もアカいひとで、
「お疲れ様でした」という気持ちで会釈を交わしました。

そして、空港には18時着。予想より大分速いです。
しかも乗る予定の20時30分の729便は、使用機遅れの関係で、
25分、フライトが遅れるという



ただでさえ、地元に帰り着くのが今日と明日が出会う時っぽいのに
遅れたら、翌日帰着は必至です。

前便の座席に余裕がある。と、いうことで
振り替えのお願いにいったら、いま得割だったので差額で
いま得使うとさらに1往復できるような金額が必要だ
ということで、断念。

羽田空港で2時間以上ヒマをつぶしたというわけです。

そして、20時55分フライト。
機内は当然爆睡。そして到着は22時40分。

寝たお陰で頭はスッキリしてますし、
その後は、ANI-ON!(Air-G)→ももいろクローバーZももクロくらぶXOXO(HBC)
→水樹奈々のスマイルギャング(STV)→林原めぐみのTokyo BugieeNight(TBS)
とそれぞれのパーソナリティーの方の声に癒されながら

無事、自宅まで帰着したというわけです。

次は、5月5日.6日の甲子園でのタイガース戦です。

頑張って応援します。


ってことで。 (´・ω・)ノシ

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/2243-46a99c8f