現在、広島駅近某所に隠遁中です。
ほろ酔い気分で窓の外を見ると、
軽くライトで照らされた夜桜がきれいです。

というか、そんな悠長な話はどうでもいい。

加藤くんすげェェェェェェェェエエエエエエエ!!!!

初登板初先発で、9回1アウトまで無安打無得点とか、
スゴすぎです。震えがきました。

惜しくもバレンティン選手に左前に運ばれて、
ノーノーも、完封、完投も逃しましたが、無事プロ初勝利です。
仕事とか忙しい折でしたが、無理して来てよかったです。

ああ、広島サイコー!!

強いてつらいことを言えば、今日から始まる「孤独のグルメ」の新シリーズが
視ることができないくらいですかね。



そんな話は、また後日、当ブログで書きます。


ここからがタイトルの記事です。


カープ二軍戦を見に行ったお話しを延々書いていますが、
二軍戦の前日は、博多で、鯛茶とホークスvsマリーンズ戦を堪能しました。

朝は普通に起床してから、7時に宿で朝食をいただきます。
そして、身を浄めてからKalafinaの武道館Tシャツ〈赤〉を着てから、
持って行ったアカいリュックにカープグッズ以外のものを入れて、
野球のチケットもFJCのチケットホルダーに入れたくらいにして、
9時30分くらいに宿を出ます。

駅で、土産物を物色してから、乗るのは広島発10:00熊本行きのみずほ613号。
席は、山側だったので、海とか、徳山の工場群などは
そこまで良く見られませんでしたが、
本州や九州の景色を堪能いたします。

そして、11:05分に博多駅着。
そのまま地下におりて、11:12発、姪浜行きの地下鉄に乗って
天神を目指します。

天神に着いたのが、11時18分を少し回ったあたり、
出口を探してから、外に出て、お店に向かって歩いて行きます。

めざすは割烹「よし田」さん。

何度か当ブログで書いておりますが、
kalafinaのWakanaさんが、出身地である福岡を訪れた時のKalafinaの公式ブログで

「そしてお昼ご飯は…
 福岡に来たら恒例の!「よし田」さんの鯛茶漬け!!

 毎回来る度に来させていただいてますが、やっぱり美味しい!\(^o^)/
 いつも鯛茶漬けと天ぷらをいただくのですが、
 今回は初めてイカのお造りも頼んでみることに!ヽ(゚∀゚)ノ

 私はイカはあまり得意ではないのですが、このイカのお造りは本当に美味しかったです!
 イカってこんなに美味しいんだ~♪
 福岡で、美味しいものを再発見しました♪(*^^*)」

と言っていたお店です。

前々回のライブで訪れたときにお隣の席だったお客さんに
「鯛茶のお店に行ってるみたいですよ」と教えてもらって、
でも、その時は既に夜でしかも翌日は定休日。

次の訪れた時は、飛行機の関係でランチタイム終了時間を
博多駅で迎えたので断念

そんなことがあっての、初訪問なるか??


大きい道を少しだけあるいてから、みずほ銀行の角を左に曲がると

!!

もうすでに列が店内にむかって動いています。
開店時間の少し前ですが、店内に入れるみたいなので、
慌てて列にならんで、そのまま店内に入ります。

上品で丁寧な対応のお店の方に導かれて、
テーブル席のある1Fフロアは既に満席みたいです。
2階の座敷席も私の前の人のところで一杯になりまして、
3階まで上って椅子のある座敷席へ。
私が案内されたのは、2人がけのテーブル席です。

はー、落ち着いた雰囲気です。

サラリーマン風の人や、カップル、妙齢の女性のグループと
バラエティーに富んでます。

さて、メニューを拝見。

ランチメニューは、当店名物鯛茶 刺身定食 天ぷら定食 カツ定食の
4種類あってどれも1,050円です。

あと単品で、てんぷらとか、イカのお造りなどが頼めるみたいです。

ま、今回は巡礼なので、鯛茶と、単品の天ぷらを注文しようと
お店の人を待っていると、隣のサラリーマン風のグループと
お店の方の会話が聞こえてきました。

「えーっと、イカのお造りと…」
「すいません、イカのお造り、今日、ないんです…」
「あ、そうなの」

そうか、イカのお造りはないのか。ならKalafinaのお三方が堪能した
再現メニューは出来んねぇ。

とはいえ、あったとしても、お腹のキャパ的にムリなのですが

ということで、当初の予定通り、鯛茶と天ぷらを注文します。
無事オーダーをすませて、改めてメニューやら、周囲やらを観察。

メニューには、鯛茶の食べ方が丁寧に書かれています。
周囲の席は、私が入ったあともドンドン埋まっています。

開店のちょっと前に店に入ったのですが、
もう3階席まで埋まり出すという、人気ぶりに
改めて期待がふくらみます。


で、そこまで混んでいるにもかかわらず、
「お待たせしました~」と言って、予想より早く登場します。

四角い塗りっぽいお盆にのったご飯、胡麻ダレに漬けられた鯛の刺身、
ごまだれの茶色と、そのうえにタップリとかけられた海苔の黒
さらにセンターにワンポイントとなっている、鮮やかな色合いの山葵がいいです。
それから箸休めの漬物までが鯛茶。
そして、別皿に盛られたたっぷりの天ぷらです。
さらには、円い敷物の上には、大ぶりな磁器の急須に入った「かけ茶」と
濃い色合いの小さな丸い蓋付き陶器に入った鯛のふりかけです。
「ごはんのおかわり、申し出てください」といって、お店の方は他のお客さんのもとへ。

これは、美味しそうです。

まずは、お店の指示にあるとおり、胡麻ダレに海苔を混ぜ込みながら
山葵をしっかりと溶かします。
山葵は、醤油やタレなどに溶かさない派ですが、
この国の作法にしたがいます。
そして、しっかりとまざったところで、刺身を一切れいただきます。

まずは口の中に広がるワサビと胡麻の香り。
さらに九州のお醤油ならではの甘さがいかされている
秘伝のタレの味わいもいいですし、これを受け止める
鯛の淡白ながらも、しっかりと残る旨みがいいです。
鯛の歯ごたえも良くて、歯的にも楽しめますし、
この切られた厚さも絶妙で、甘辛く香ばしい胡麻風味のタレを
しっかりと味わう事が出来る厚さで、
噛むと鯛の旨みもしっかり出てきて、この時点でとても美味しいです。
山葵のさりげない刺激も、海苔の磯を感じる味わいもたれといまって効いています。

艶やかにたかれた白いご飯はモチモチで、旨みも甘さもいい感じで、
これと、こく味つけされた鯛の刺身がよくあいます。

それにしても、九州って、胡麻サバといい、胡麻アジといい、胡麻カンパチといい、
胡麻が効いたタレで生魚を和える料理が多くて、
新しい生魚の食べ方に目覚めたのですが、
鯛でもここまで美味いとは。
改めて関心をします。

天ぷらは、エビ4本、キス、茄子、ししとう2本、イカ、カボチャといったラインアップ。
まず4本ある海老から行きますと、

このサックリとした衣とほんのわずかな時間差で
海老のほの甘い滋味溢れる味が広がります。
そして、軽く噛むだけで溢れる海老の旨みが
これまたたまりません。

こののち、天ぷらは、鯛茶の合間にいただきましたが、

シシトウは青い味わいの鮮烈さとともに、
ピリッとくる軽い刺激がサックリとした衣にあってます。
カボチャのほっくりとした歯ごたえとともに
思わずニヤッとする甘さに癒されますし、
茄子は、瑞々しさがあふれていて、サックリとした衣の食感のすぐあとに
ふにょっとした茄子の柔らかい味わいを堪能すると
溢れる茄子滴です。あああ。これいいなぁ。

キスも淡白ながらしっかりとしたお魚の旨さが、
厚い油を通されることで、お刺身とは別の旨さを
味わうことができますし、
イカももっちりとした食感と、自然に溢れる甘み。
ああ、天ぷらでこの味ならば、お造りだったら、どれほどのものか。

これは、再訪確定です。

鯛茶の感想に戻ります。

白飯半分ほどで、で刺身を数切れいただいたら、
白飯に「鯛のふりかけ」を軽くかけて試して見ます。
これが、新鮮な鯛の旨みをそのまま凝縮したようにそぼろにした感じで、
これだけでも美味しい。うまみの塊です。
なんでも、お店で購入できる自信の一品だそうです。

続いて、残ったご飯に刺身を数切れ乗せて
胡麻ダレをかけ、鯛丼にします。
刺身で食べたあとも美味しかったのですが、
ホカホカご飯に、タレのあじがよりしみこみ
刺身にもしっかりなじみます、
海苔や山葵の風味も効いてきまして、これまた美味しい。

ここでご飯一膳目終了。

2杯目をお店の方に頼んでよそってもらい、
残りの刺身を乗せて碗に残ったタレを全部かけ、
その上から熱々の「かけ茶」をたっぷり注ぎ、
文字通りの鯛茶にします。

お茶をそそぐことで立ち上がる新たな香りに
腹は満たされつつあるのに、食欲が加速します。

いただきます。

アツアツのお茶によって、鯛に熱が通って、
軽く火が通った状態になりまして、歯ごたえとか
上品な味わいなどが、変化します。
この差が面白いし、それぞれが美味しいです。
美味しいお茶と、濃いタレの味わいが混ざり合った味わいも
計算つくされた味ですかね。これは、いいなぁ。

しかも、お茶漬けなので、重くなく、ご飯も含めてサラサラといけるのも
贅沢な楽しみです。

そして、最後に再び鯛ふりかけを茶漬けにかけて、
おお、ここでも軽く漂う鯛の香り。
味わいをかえてから、かっこみます。

残りが少なくなるのは、寂しいですが、
お茶漬けはかっこまなくては。

あー、おいしかった!! ごちそうさまでした!!



お店の方もそれぞれ、アットホームな接客姿勢ながら
キビキビと動いていたので、そんなところにも老舗を感じて、
優雅な時間を過ごさせて頂きました。


と、いうことで、こちらを辞したら時間は12時前
そのまま天神のバスセンターから、ヤフオク!ドームを目指しましたが、
よし田があまりにもウマすぎて、ここでお腹いっぱいになった影響で、
久々のヤフオク!ドームでありながら、球場ご飯は何も入りませんでしたwww



と、いうことで。(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/2232-ba728934