前日の夜は、広島のファミレスでワカコ酒巡礼をしましたが、
この日は呉で一泊。初めての呉の夜です。

呉って、ワカコ酒的に特定できるお店、少ないんだよなぁ、
などと思いながら、改めて読んでみると、
3巻 第53夜 「おでん」の店って、呉のお店じゃないか。

と、いうことで、向かいました。

この日は、「この世界の片隅に」巡礼。
二時に宿にアーリーチェックイン。
そこで、HPを回復してむかったのが、大和ミュージアム。
こちらが18時閉館なので、その時間に外へ出て
丁度来たバスにのって、向かったのが、蔵本通りです。

こちらは、電気と上下水道が整備されている呉の屋台通り。
なんでも、1987(昭和62)年、蔵本通りの整備に併せて、
それまでバラバラに出ていた屋台を1ケ所に集めて、今の姿になったそうです。
6時くらいから開店しています。なんかワクワクします。

行くと、周作さんとすずさんがデートした、小春橋もかかる
堺川沿いに、10軒程度の屋台が並んでいます。
この夜の街に浮かぶ赤提灯って、いい佇まい。
天神ほどではないですが、なかなか壮観です。

そんなお店の中で、向かったのが、八起さん。
おでんとラーメンのお店です。

防寒のビニールをめくると、中では、4人のご家族連れが
ラーメンを食べています。
店内では、置かれているテレビの音がします。

私は、カウンターの奥に腰をかけて、
メニューを吟味。

「おにぃさん、なんにする」と聞かれたので、
とりあえず、「お酒、燗で」と、燗酒をいただきます。
ワカコさんがいただいたお酒です。

お店の方は慣れた調子で、ちろりを使ってお酒をお燗しながら
「あとは、」と聞いたので、
「大根と、すじと」をお願いします。
こちらもワカコさんがオーダーしたメニューです。

するとこちらも手早く白いお皿に、三品のせてから、
端にちょん、と芥子をつけてくれます。

燗酒もカウンターに置いたコップに
ちろりからお酒をついでくれます。
おお、丁度コップ一杯分です。

では、まずお酒から、

ああ、外が風が吹いている中なので、このお酒がしみます。
この時期ならではの楽しみです。


さらに、おでんですが、二つともよく煮えています。
大根は、濃い出汁の色合いが全体をおおって、
角が溶けて丸くなっていますし、すじは串に刺さっています。
まずは大根から。

箸をさすと、すっと入っていってすごくやわらかい。
さらに口に運ぶと、大根ならではの心地よいほろ苦さを
しっかりと覆う、よく染みている出汁の味わいです。
見た目どおりの味わいで、これはよう煮えとる。

そして、すじですが、こちらは、少し固めの食感が残っていて
噛み応えがありますし、カムと、スジの独特の味わいとともに、
こちらも出汁の味わいによって、味が引き立てられています。
こちらも美味しいです。

さて、次に何を行こうかな。
「すいません、ロールキャベツと、卵と、じゃがいも」
とお願いすると、
「はいよ」
といって、食べているお皿をとって、
新しいメニューを載せてくれます。

ああ、こっちもいい色合いです。

干瓢で巻かれたロールキャベツが串にささっているのもいい感じ。
ジャガイモも、まるっと一個ですが、こちらも角が崩れかけていて
色も出汁の色にそまっています。
卵も煮卵みたいです。

まずは、串をもってロールキャベツからいきますが、
キャベツがトロトロです。このやわらかさ。
さらに、中のお肉まで、出汁がしみていて、肉滴と出汁の味で
すごく美味しくなってます。
ジャガイモも、モロモロな感じに煮込まれていて、いい感じ。
卵もやわらかいですし、出汁の味で美味しくなっています。

そういえば、食の軍師のなかで、屋台のおでんを食べた
本郷が例によって力石にまけたあと、ジャガイモのおでんに
すくわれていたなぁ。そんなのを思い出したりして。

そして、芥子でピリッと味わいを引き締めると、
これまたいいですね。

そして、これがいちいち熱燗にあいます。
この時期は熱燗でおでんです。

それにしても、屋台のおでんって、そう食べない自分ですが、
本当に美味しいし、雰囲気もいいので、それにも酔いそうです。
しかも、この防寒ビニールに覆われた独特の異空間。
外は寒いのに、中はしっかりあたたかい。
地元のかたの会話もこみで暖かい、いい空間です。


ちなみに、ワカコさんは、


通る度に気になっていた / 屋台の並び
防寒のビニールで / 覆われてて  中が見えなくて / ちょっと入りにくい
でも 今夜は
突撃 / してみよう    ワサ
     おっ  あったかい

一度入ってしまえば いらっしゃーい
わくわく空間    スミマセン  スミマセン
「つめて! / そこ / つめたって!」
  ぐつ   ぐつ     おー

「熱燗を」   「お酒だけで / いいの?」
 ええっと

好きなものいっぱい…  あれもこれも / 食べたいけど     わぁ
冷めちゃうから / とりあえず3品
「大根とすじと玉子!」
「はいよっ」   ヒョイ ヒョイ ヒョイ    は…早い
   よっ    ジャーッ

   おお… おおお…
「はい! / おまちどう 」

   ほかほかほか ほかほかほか
なんだか / 憧れだった / 光景だ

コップ酒の / 熱燗    そっ…
屋台の醍醐味ね     豪快だこと
 へぁー
 あれと~~これと~~「そんなに / 食べれんの? / おにーさん」「へーき / へーき」

 さぐ   スーッ  じわっ
分厚いのにやわらかい / なぁ

 フーッ  フーッ

 ん! よくしみてる。 大根の水分

[カラシが効きすぎると / 脳天を押さえたくなる]
 たまごを割って
 固まった黄身に / 汁をつけて / 食べるのが
 とても好き

 熱燗すすって

 こんな幸せが / あろうか~~     ほかー  ぷ~しゅ~

 次は / タコも / いいなぁ
「やっぱり / 残っちゃった / よっと   ごめんねっ」 だから / 言ったろーに
 えっ帰るの?    もったいない   てつかず
「皆さんでソレ / 食べて!ね!」

どうする? / もらおうか    じゃあ1個ずつ  「あの どうぞー」
     ふえちゃった
     ひゅるる…

 なんだこの空間       カッ  カッ
 同じ地面の上なのに / ここだけ別世界みたいだ
 ここから出たくない

もっと早く / 来れば / 良かったな  おにーさん / ここで死んだら / いやでー



ああ、わかります。その通り。

本当にくることができてよかったです。




と、いうことで、満足をしたところで、
先ほどご家族で食べていたラーメンも惹かれるのですが、
せっかくの屋台が並んでいるので、はしご酒、
近くの屋台で鉄板焼きをいただいたというわけです。


防寒ビニールのあるこの雰囲気もいいですが、
ビニールがなくて、開放的になっている夏にも来たいなぁ。
というか、また絶対来ます。



ご飯以外の巡礼の模様と、巡礼飯以外の食べたものについては、また後日。

では、また(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/2213-3dc17e88