今日で、「この世界の片隅に」公開100日目だそうですが、
このタイミングで、無事、「この世界の片隅に」巡礼を終えました。

あああ、すごくよかったです。また、見に行きたくなりました。
とはいえ、行けるとしたら、早くても来週ですかね。
たぶん、映画を見に行ったら、また呉にいきたくなるんでしょう。
何、この無限ループ。

来月、カープのオープン戦を見に広島に行きますが、
その時は、広島市内の舞台を訪問する予定。
でも、時間作って、また呉にも行きたいですね。



さて、27日、前回の冬の大お祭りの反省もあるので、
きっちり一時間有給をいただいてから、地元を出ましたが、
前日までの気温で、溶けた雪が一気に凍ったツルツル路面。
千歳についたら、また、出発時間20分前でした。
やれやれ

そこで、新千歳空港18時20発のADo116便に乗り込もうとしますが、
こちらが、30分遅れという

結局広島空港についたのが 21時15分で、予定していたバスには乗れず、
バスは21時33分に空港を出発。広島駅新幹線口についたのが、
22時25分でした。

これは、予定したバスに乗れません。

この日は広島駅前の宿に泊まりまして、
そして、この後の行程では、今回は新幹線に乗る為以外には
広島に戻ってこない。
なので、広島市内を巡礼するならこのタイミングのみです。

ということで、バスの時間とか調べていたのですが、
この時間は終バスが行ってしまった後です

ま、しゃぁないか、と気を取り直して、
ホテルのチェックインをすませると、宿から電停まで歩いて、
広電の宇品行き最終電車に乗って、南区役所前へ。

そして、そこでタクシーを拾って目的地へ。
明日も一日歩き詰めになるので、この日は少し贅沢です。
そして、到着したのが、広島市立工業高校横にある、
COCO’S東雲店です。

現在、偶像崇拝をする信仰上の理由で、
一週間に1度、C○C○'Sに行かなければなりません。
流石に、広島まで行ってC○C○`Sってのもなぁ…と思ったところで、
ふ、と思い出した。

「そういえば、ワカコ酒の中で、ワカコさん、C○C○S、行ってなかったっけ…」

見返してみたら、4巻「第98話 ハンバーグ」が、ファミレスで飲む話でして、
そのお店がC○C○'S(コミック内ではDOCO`S)

ならば、これも巡礼になるじゃん。
沙希ちゃん天才!!

とはいえ、どうせならワカコさんが行ったお店に行きたいねぇ、と
C○C○`sのホームページで、広島市内の店舗一覧と、外観の写真を見たところ、
ワカコさんが訪れた店舗の下に駐車場があるタイプのお店は、市内に一軒で、
あとは全部、店舗の横に駐車場があるタイプの模様。

しかも、「ワカコ酒」の登場店が地味に多い南区です。
ということで、ここで確定でしょう。

思わずHP見ながら同店の写真を見た時に「確保~っ!」って
叫んでしまいました。(これは「めしばな刑事タチバナ」ですが)

ということで、お店に向かいますと、
漫画に登場をしたとおりの外見です。
これですこれ。あらかじめネットで見てはいたのですが、
実物見るとうれしいです。

店内に入りますと、
カップル風の方と、女性の三人組の方と、
学生さんが談笑しています。
懐かしい、夜のファミレスの光景です。

ワカコさんは、
 22時を回り、この時間 / 余裕であいていると言えば
  [ファミレス]

  いくら? まって 多くね? どやどやどや
  ゆったり
 いつもはカウンターが / 多いから広々 / BOX席もいいなあ
 こんな時間でもけっこう人がいるなあ   子どもも
 みんな夜更かしはいかんよ     自分のことを棚に上げて


なんてつぶやいてましたね。

さて、このときワカコさんは、ビールを飲みながら
 全部写真付きで / 選ぶのって / よく考えたら / すごいな
 ふむふむ 共通グランドメニューならではな

 すごい / ハンバーグだけで / こんなに種類が…      カロリーも書いてある
 ヘルシーに / 和風おろし / ハンバ…    
  いやいや
 せっかく / ファミレスに / 来たんだから、
 こういうの…

 うわ こんなの / 普通ぜったい / ダブルで頼まない さっ  カロリーもかくす
 エビフライ / とか… / きっと冷凍もの / だし…
 ハンバーグもつくりおきの…

 …

とかい言いながら
ビーフハンバーグステーキ&エビフライを頼んでました。

巡礼者なら合わせなくてはならないですが、
こちらも信仰上の理由で、
ビーフハンバーグ 180gコンボセットか、
ビーフカレーコンボセットか、本格デミグラスソースのハンバーグコンボセット
しか注文できないのです。

ということで、ワカコさんみーも食べていたハンバーグが含まれる
ビーフハンバーグコンボセットをオーダー。

あと、ワカコさんも頼んでいたビールもオーダーです。

待つことしばしで登場をしたのが、ビールとコンボセットのサラダです。
ああ、ここでお布施のお返しである法施を無事いただきました。
西殿とミカさんでした。
やっぱりミカさんはスゴいのう。

空腹なので、こちらを美味しく頂きながら、ビールもすすみます。
そして、しばらくすると、ハンバーグが登場です。
このタイミングで、ビールが空になったので、ワインです。

こちらもワカコさんがオーダーしていたものです。

では、ハンバーグから行きましょう。
ハンバーグは長方形で、ソースは別の器に入っています。
ソースをかけて食べるのではなく、食べる直前にソースに浸して
食べるタイプです。

ワカコさんは、
 ハンバーグ  お箸でもいいけど
 フォークとナイフで / 食べてみたい
 ここより高いお店だと / 逆にお箸で良かったり / するのに不思議だ

といっていたので、ここはナイフでいきますと
ハンバーグに弾力があります。この抵抗する感じがまずはスゴい。
そして、力を入れて、ハンバーグを切ると、肉滴がジュワーッとあふれ出しました。
力を入れた段階で、ギラギラした肉滴が表面ににじみ出てきて、
そして、切ると、断面からは、うそっ、てくらいでてきます。
しかも、断面の色がレアな色です。
お肉の鮮度に自信がありという感じです。

最近のファミレスはスゴいな。

まずは、軽くソースをつけてペレットも使わずにいただきます。
あ、溢れる肉滴は伊達ではない。
口の中でも溢れてきます。
味わいも、ワイルドな赤身ならではの味わいが
牛食べてる感を満たしてくれます。
そして、旨みと脂が同時に口の中にあふれます。
味わいもスゴいです。
オーストラリア産の牛肉を100パーセント使用の
看板に偽りなしです。

では、つづいて、軽くソースに浸してから、高温のペレットに押し付けますと、
ジューッという盛大な音に、立ち上がる湯気と、
しょうゆベースのソースならではのしょうゆが焦げる香ばしい香り。
これは、さらに食欲まします。

そしてこの香ばしさが味わいに付加されて
さきほどとは違う味覚。
軽い焦げが旨みに昇華しています。

素材の持っている味をしっかり生かしています。
味付けの濃いものが多いのですが、
こちらは、肉そのものの味を堪能できます。

ソースもかなり上品な味付けで、
濃厚な肉のウマミとさりげなく甘い、上品なソースがからみあい、
ファミレスを超えた味わいです。

ワカコさんも

 むむ / ジューシー

 全年齢向けの / ちょっと甘めの / 味つけもヨシ
 体に悪い事して / わざわざ / 自分をいじめてる / なあ

などといってます。
つけあわせのポテトや玉ねぎもいい感じ。

ワカコさんが

 心を落ち着ける / 呪文  今だけ / 今日だけね
     つけあわせの野菜 / 最後の良心

といっていたものです。

風味、歯ごたえ、満足感、それぞれこの価格では申し分なし。
そして、この野趣あふれる牛って味わいに、
軽やかなグラスワインが気分を上げてくれます。

ワカコさんは、

 次はワインにしよー♪
 え!? / デキャンタが / ¥350円!?      えっー
 値段設定 / おかしくない? ポンビーン
  
  わ、グラス / かるい
 ん 
 ちょっと薄めだけど悪くない
 美味しいね  最近の / 安いもの
 こんなに安くて手軽に / 楽しい思いをしちゃって
 いいのかなぁ    こまっちゃうなー   ぷしゅすー   わたし/節約りみ上手/なんじゃ/なーい

 みんなが集まるはずだ。
 しかし この / ワインの値段
 どうなっているん / だろう…
 私が普段 / 飲んでるものは…    なぞだ…、ぶつぶつぶつぶつ・・。
  ぶつぶつぶつ
  ポンピーン   はーい

なんて言いながら完食してました。


ああ、美味しいなぁ、夜中の食事ですが、これは大満足です。
と、いうことで、ご馳走様でした。

大満足のうちに、こちらを後にしまして、
タクシーで宿へもどったのでした。



あと一軒、巡礼をしたのですが、

詳細につきましては、後日当ブログで報告させて頂きますが、

ご飯以外の巡礼の模様についても、また後日。

では、また(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/2212-bef97e6a