現在、呉某所に隠棲中です。

「この世界の片隅に」の呉、駅北側を一通り見て回りまって、
そんな光景のもろもろを思い出しながら、
「しみじみニヤニヤしとるんじゃ」状態です。

ああ、よかった。映画の世界が蘇ります。

そんな模様は、また、後日、当ブログで報告させていただきます。



ここからは、タイトルの記事です。


 
「この世界の片隅に」を見て、「じぇんとる麺」でカレーラーメンを食べて
大満足で、室蘭をあとにします。
この日の宿は、苫小牧。ということで、宿にいく途中に温泉も入りたい
と、向かったのが、虎杖浜温泉のアヨロ温泉です。

こちらは、数年前に改装をしまして、改装前は、宿泊もやってましたが
現在は、完全に日帰りの温泉になってます。

駐車場に車を入れて、おりると
磯の香りと、波の音がお出迎えです。

この日は、そこまで風や波が強くなかったので、穏やかな音ですが、
いつ来ても雰囲気を感じます。いいですね。

玄関の横には、お米が積まれています。地元の新米かな。こんなのも和みます。
券売機に湯銭を払い、真新しいカウンターに、チケットを渡します。
カウンターの上にも、トバとかコンブとかスルメがならんでいます。
この、売店と渾然一体となった作りはすきです。

大きな成分分析表も、温泉の品質に自信がある証拠。

そして、複雑なパイプで作られた源泉井の施設とか、
湯を守る神様の木像などをみながら、脱衣場へ。
中に入ると、脱衣かごは6割方埋まっています。
相変わらずの人気です。

そして、浴室へ。むっとする湯気と共に、漂う湯の香がいつもながらいいです。
こちら、大きめの中温湯と、小さめの高温湯と低温湯の湯槽があって、
その他、普通のジャグジーと、寝ながら入れるジャグジーもあります。

まずは、寝ながら入れるジャグジーへ。

寝湯は、建て替える前は、ただたんに寝るタイプで、大好きだったのですが、
今は、噴出される泡が足の裏を刺激するフツーのタイプになりました。

とはいえ、泡をあてると、ゆったり出来ないので、泡を当てないようにして
湯槽によこたわります。

ああ、これが気持ちいいです。
軽くヌルつくとろんとした感じの淡褐色のお湯がちかくなると、
湯の香がより一層鼻腔をくすぐります。
かるく塩っ気があるところとコミで入って気持ちいいですし、
温泉に入っている気分を満たしてくれます。

しばらく、こちらで横になったところで、
露天へむかいます。

露天のスペースで立つと、高い竹の塀ごしに
太平洋が見えます。
しかも、ここでも波の音がします。

扇形がベースらにった感じの岩で出来た湯槽は
龍がお湯を吐いていますが、このお湯の音と波の音の組み合わせになごみます。

湯槽を満たすお湯も内湯同様に、最高ですし、

のちなみに内風呂にはカランのかわりに、お湯をすくう湯だめも、
かつてと同じ風情で残っているのがいいです。


と、いうことで、濃い時間ばかり、お湯を堪能して
お仕事へ向かいました。

現在は、朝6時から入れるのもありがたいです。

あと、かつてのアヨロ温泉といえば、
野菜や海産物やお惣菜を売っていたのは、改装前からでして、

今回も、トバとか、米とか売られてました。

天ぷらまであと少しかな。






ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/2211-72c0bedb