仙台でみるジョジョは最高ですね。
でも、北海道は土曜深夜にやっている「ハイキュー」は
仙台では土曜深夜じゃないんですね。
こっちも仙台なのに…

と、いうことで、本日のライブと巡礼にそなえて、
仙台某所で潜伏中のイトー×です。
思えば先週の今頃も、映画みて、ライブいって、
巡礼してでしたが、あとひとつ行事が急遽はいりました。


オペラシティでのKalafinaライブの日は
2日連続で、立川で映画を見るので、宿も立川でした。
そして、本来は土曜日も「この世界の片隅に」を見る予定でしたが、
残念ながら満員でした。
そこで急遽「君の名は。」を見ることにしまして、
極上音質の「君の名は。」は最高でした。
が、宿のチェックインの時間よりも早い時間に映画は終了。
宿の近くの「四つ角飯店」でご飯を食べてもまだ余裕がありそう。

と、いうことで映画館近くのオリオン書店で時間を使います。
映画館に近いということで、映画関連の書籍が充実していて、
ガルパンはずーっと推しているのですが、
「君の名は。」も、「この世界の片隅に」もコーナーがあります。
お、「ユリイカ」が「こうの史代」さんの特集組んでいます。

そういうのを見るのが楽しいです。
さらに高山で買おうと思っていた「古典部シリーズ」の新刊もあります。
そんなのを見ながら店内を一周していると


!!

あら分厚い本が面チンされています。

いつもは二週目の土曜日に売っていることが多かったので
ノーチェックでしたが、これは、即購入です。
あとで調べたら、この日から販売開始だったようでする

今までは地元で買うことが多かったのですが、

前回の夏の大お祭りの時は、函館で、
冬の大お祭りの時は、福岡でkalafinaライブのときに買ってました。

それにしても、ここに入らなかったら、気がつかなかったんだなあ。
ありがとうオリオン書店。

そして、美味しいチャーハンと餃子をいただいたあと、
この日お世話になっている宿でビニールを破いて、あらためてご対面。

鈍器とも呼ばれる分厚い本について「ずしっとした分厚さが頼もしい」
と名言を残したDrモローさんのマンガは、いつもどおり相変わらずの安定のキレ。

今回は東78ホール増設で史上最大のサークル参加ですが、
それに伴うさまざまな変化をネタにしているのが多いです。
ビックサイト自体がヘンな形とか、
ビックサイトロボvsモリドナシロボとか

あと、オリンピックに歩きスマホ
そんなのをニヤッと笑いながら楽しむこともできます

表紙イラストは「刑法60条」の「主犯」さん。
線の太い絵を見て、高橋葉介さんを思い出す絵柄で
ポップな感じがいいです。
サークルカットを見ると、オルフェンズのオル×ミカだそうで、
やっぱりミカはすごいのぅ って感じですか。

背表紙キャラは銀さん 前回はリボーンでしたし、
時の流れの早さを実感します。とはいえ、これ見るとテンションあがりますし
知人のサークルが受かっているのを確認するのも楽しいものです。
それにしても、今回も歴史のスペースが激減。
単独ではなく歴史・創作(文芸・小説)という記述で、
一まとめにされてスペース地図に書かれていました。
これが時間の流れというやつですか。

それにしても、東7ホールにサークルが配置されていて
さらに西1ホールも使われている。これでページの使い方も違ったりして
これも変化です。このあと定着していくのかな。

そして、やはり自分のサークルカットを見るのはいいです。
今回も「情報」で参加する私も一人ジャンルでした。
あああ、気持ちがアがってきます。

ということで、大お祭りに向けで準備のテンションをあげてまいります。

参加日は3日目、12月31日(土) サークル名は「東行本舗」
スペースは、東2ホール T-5aです。
このブログであれこれ書いた、野球場でのカレー以外の
食べ物のことをまとめて
自費出版物にしたものを持ってゆく予定です。

あと、畏友p氏や畏友GMクンのサークルでも
自分の原稿を載せてもらった自費出版物を頒布し、
お手伝いもさせてもらいます。

p氏のサークルは、1日目、12月29日(木)  サークル名は「V.O.L.」
スペースは、東5ホール ヒ-47aです。
KalafinaやFictionJunctionのライブレポート本で、
こちらも、このブログで書いたライブレポートなどを載せてもらう予定です。

GMクンのサークルは、2日目、12月30日(金) サークル名は「北蝦夷協和会」
スペースは、東6ホール ニ-24bです。
孤独のグルメをはじめとした、久住昌之作品に登場したお店の食べ歩きレポです。
このブログで書いた食べ歩きの記録を載せてもらう予定です。


興味がありましたたら、足を運んでいただければありがたいです。


大お祭りについての最新情報は逐次こちらで報告していきたいと思いますので
今後もよろしくお願いします。

では、よろしければ、あの伝説の刺さるのこぎりの下で
お会いしましょう。


ってことで。(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/2176-ee14134b