明日のライブにそなえて、孤独のグルメ巡礼をすませて
なおかつ、「この世界の片隅に」を見て感動しつつ
宿でまったりとしているイトー×aniです。

明日のライブは上手の端の方の席とはいえ、
またまた前から1桁の席ということで、超楽しみです。

そんな話はまた後日。


先週の富山ライブ、東京ライブもいいライブでしたが、
ライブ以外にも飛騨~富山~立川でいろいろ美味しいものもいただきました。
そんな食べたものについてです。


名古屋にはいったのが23時30分を過ぎているということで、
名古屋ではなにも食べず。
あ、とまった宿の朝食のお味噌汁は、こちらも赤だしでした。
名古屋だなぁ。

続いて、飛騨古川では、司と奥寺先輩が食べた五平餅をいただきます。
食べた場所は、味処古川さんですが、こちらは「君の名は。」の
公開が始まってから、メニュー化されたということで、
こちらの近くで、五平餅で有名なのが、岡田屋さん。

と、いうことで、こちらにむかいます。

古い家々や白壁の土蔵が続く観光地としての雰囲気はもちろん、
地元の人々の暮らしに馴染むような、ホッとする温かさや懐かしさが
いい感じの町並みに馴染むような飛騨古川まつり会館の広場の
横にお店があります。

そして、おみやげ物やさんの一角に焼き台があります。
岡田屋さんは、この場所で25年間お団子屋さんを続けており、
それ以前は駄菓子屋さんだったそうです。

お店の前にいくと漂う醤油の香ばしい香りが、何ともたまりません
一本お願いしますと、5分ほどお待ちいただけますかとのこと。
ぜんぜん問題ありません。

ほかにもみたらし団子とか、飛騨牛の串焼きもあります。
串焼きとお酒のセットもそそりますが、ここは巡礼なので五平餅。

ということでまってる間、お土産やさんの中を物色します。
ひだくろちゃんに、組紐がついているマスコットが売られています。
これも、ほしいけど…さっき似たようなの買ったしなぁ。

店内で2000円以上買い物をして、君の名は。の映画の半券を見せると、
みたらし団子一本サービスと書かれています。
お財布には、帯広太陽で見た時の半券が入っていましたが、
五平餅を食べるのでこちらもパス。

などと考えているうちに香ばしいいい匂いが強くなってきて、焼きあがりました。
ああ、醤油ベースのたれが焦げる香りがたまりません。

ということで、まずはいただきますと。
うん、美味しいです。

外はこんがりと焼かれていますが、
中はもちもちと柔らかい食感。
このご飯をつぶしたって、粒が軽く残っているのもいいですし、
お米のお焦げっぽい風味のするクリスピーさも好みです。

たれには胡桃と山椒が入っていて、
それぞれ良いアクセントになっています。
これは美味しい。奥寺先輩のあの笑顔も納得です。

訪れたのが平日だったということで、比較的ゆっくり味わえたのも
よかったです。


でも、飛騨古川は、君の名は。ぬきでも、時間をとって
もういちどゆっくりまわりたいです



そして、富山へ。

富山では、物販をすませてからそのまま富山駅に向かいまして、
訪れたのが白えび亭さんです。

こちらは、「創太郎の出張ぼっち飯」や「忘却のサチコ」にも登場したお店ということで、
Kalafinaとは関係ないですが、惹かれていたお店です。

富山駅にくと、店舗を探しますが、すぐみつかりました。
「トヤマルシェ きときと市場」の中にあります。

お店の前にあるショーケースには、数多くのメニュー見本があります。
白えび以外にも、各種、海の幸がズラリですね。

創太郎くんは、白えび天丼お刺身つきを
サチコさんは、白えび刺身丼のスペシャルを食べていましたが、
ここは、創太郎君のメニューをいただきましょう。

白えび亭さんは券売機になっていて、券売機で発券後、
お店の奥に入りお店の人に渡します。


半分セルフ式のお店になっていますので、
お水やお茶はご自分で入れます。

周囲は新幹線で改築された富山駅に合わせて作られた店舗ならではの
新しさがいい感じです。
向かいには「白えび亭」の姉妹店のおみやげ物やさんがあるようです。

注文して10分くらいで出てきました。
持ってきた女性の方が
「えび自体がアマいので、お刺身のお醤油は少なめにしてください」
とのこと。

どんぶりの上にたっぷりと20匹程度ののえびのてんぷら
えび以外にも、赤いのとか、緑のとかテンプラが乗っています。

白えびってもう少し小さいのかと思っていたのですが、
揚げたての天丼は、さくさくで中のエビがぷりぷりで美味しいです。
そして、アマいです。
表面が香ばくあげられていて、その身が甘い。というのが、たまりません。
かかっているたれも濃厚でえびの美味しさを引き立てています。

えびのすり身とか、山菜のてんぷらもいい感じ


口の中が油っぽくなっているので、
箸休めでお刺身を頂きますが、これがまた美味しい。
濃厚なえびの味わいとともに甘さが抜群です。

白えび亭の白エビはみんな手でむいたそうです

1つ1つ丁寧に向かれたエビは、リッチな気分にさせてくれます。
なんでもしろえびの殻が固いので、機会剝きではうまいことできないとのこと。
そんな贅沢も味わうしあわせです。

上にはチョコンと生姜が乗っていますし
醤油はこいくち、あまくちがあるので、
えびの甘さを楽しみながら、醤油で味を変えられるところもいいです。

ああ、美味しかった。
ごちそうさまでした。


ということで、宿に戻って体を清めてライブへいったのでした。



そして、その翌日。朝は宿でいただいて、
昼は、映画館近くの「四つ角飯店」でチャーハンと餃子をいただいたのでした。


ごちそうさまでした。



と、いうことで。(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/2175-830485d9