☆「定食屋 きらく亭」(苫小牧市旭町4-8-11GEエジソンビル1F)

仕事で苫小牧に行った時、よく、お店の前は通るのですが、
入ったことのないお店が結構あります。

そんな一軒がこちら。

国道36号線沿いの、「かつてん」の真横にあるビルの1階で、
入り口前にいろいろなメニューが書かれているボードが出ていて、
オイデオイデをしているのです。

しかも、ボクが前を歩いている時に限って、
「ちそうさ~ん」 的なサラリーマンの2~3人連れが出てきたりとか
入っていく姿を見ているので、
機会があれば… などと思っていたのです。

この日は、お世話になる宿のチェックイン時間までやや余裕があるときに
このお店の前。
ってことで、念願叶っての来店です。


ウラの駐車場に車を置いて、ビルの裏口から入って
ドアを開けると、ショーケースの中にビッチリと食品サンプルがあって、
ビルの外装ともあいまって、これは、昭和のデパートのレストランです。
さまざまなボードなどのディスプレイも気分があがります。


入り口の引き戸を開けると、外観よりも広めな店内に、
午後2時過ぎという時間帯ですが、3~4人ほどお客さんがおりました。

店内はカウンター、テーブル席多数、小上がりもあります。
カウンター席にはお店の方が座っていたのと、お客が少ないということで、
4人掛けのテーブル席に腰を下ろしまして、とりあえずメニューを吟味


890円 特選メニュー
エビ天丼セット 890円
イクラ定食 890円
和定食 890円
おろしとんかつ定食 890円
開化定食 890円

ミニシリーズメニュー
ミニ天丼(ソーメン付) 480円
ミニカツ丼(ソーメン付) 480円
ミニエビ丼(ソーメン付) 480円
ミニ親子丼(ソーメン付) 480円

◎150円プラスで…みそ汁をうどん、そば、ソーメンに替えられます!
◎365円プラスで…みそ汁をラーメンに替えられます!
◎100円プラスで…ライス大盛り!

550円サービスメニュー
マグロ丼セット(ソーメン付) 550円
肉丼セット(そば付) 550円
ヘルシー定食 550円
しょうが焼き定食 550円
チキンカツ定食 550円
天ぷら定食 550円
とんかつ定食 550円
エビフライ定食 550円
ザンギ定食 550円
ミニイクラ丼セット 550円
天丼 550円
エビ丼 550円
カツ丼 550円

カレーメニュー
カレーライス 550円
カツカレー 680円
エビフライカレー 680円
チキンカツカレー 630円
カツカレーセット(そば付) 680円

セットメニュー
きらく丼(そば付) 680円
カツ丼セット(そば付) 680円
ミニ天丼セット(そば付) 680円
カツカレーセット(そば付) 680円
デザートカツ丼(パフェ付) 770円
デザートカレー(パフェ付) 730円
デザートそば(パフェ付) 730円
冷やしさぬき(パフェ付) 680円
生ビールセット(大)2品付 1000円
生ビールセット(中)2品付 700円
焼酎セット 2品付 570円

うどん・そば
天ぷらそば(うどん) 710円
かしわそば(うどん)610円
カレーそば(うどん)650円
五目あんかけそば(うどん)680円
天ぷらソーメン 600円
ざるそば(うどん)500円

ラーメン
みそラーメン ¥630
正油ラーメン ¥630
塩ラーメン  ¥630
カレーラーメン(味の大王伝授)¥630
チャーシューメン ¥840
カツラーメン(みそ・しょうゆ) ¥840
五目あんかけ風ラーメン ¥820

特選サービスセット
890円
・カツ丼とラーメン ・肉丼とラーメン
・エビ丼とラーメン ・天丼とラーメン
・カレーライスとラーメン
790円
・ミニカツ丼とラーメン ・ミニ肉丼とラーメン
・ミニ親子丼とラーメン ・ミニ天丼とラーメン

・ラーメン大盛り100円プラス
・ライス150円 小ライス80円


あと、日替わりメニューが色々あります。


そば、ラーメン、カレー、定食が軸で、
その他色々と組み合わせることが出来るみたいです。

このバラエティーに富んだ順列組み合わせ
しかも、それぞれのメニューが安い。
この、コストパフォーマンスの良さもいいです。


この広めの店内とメニューの豊富さ、
市役所など官公署やオフィスも近いという立地を考えると
昼飯時は、そんなところの食堂的役割を果たしているんだろうな。

なんてことを考えながら、そこまで空腹でもなかったということで、
カレーライスをオーダーします。


そして、待っている間、店内をぐるっと見回します。

と、壁のカウンター上には、メニューが貼られていますが、
その右側の壁には、一面に甲子園出場時の駒大苫小牧高校の写真が貼ってあります。
メンバーの顔写真だったり、あの1番ポーズをするところだったり、
優勝旗を手渡されるところだったり、プレイをしているところだったり。

なんか、苫小牧のお店って感じです。

以前、駅前のegaoのなかでカレーラーメン食べた時も
駒苫メンバーの写真が貼られていたなー、なんてことも思い出したりして。

当然マーくんの高校時代のお姿を見ることが出来ます。
あれからもう10年たっているんですね。

ちなみに、こちらも、元はegaoにあった店で、
なんでもegaoがダイエーだった時代からビルの中で営業をしていたそうです。
でも今はしっかりとこの空間に馴染んでいます。


と、待つことしばしで、
塗りのような色合いの四角いお盆にのった
陸上トラックのような楕円のお皿
このお皿は周囲を緑色に縁取りされていまして、
そこに乗るご飯と、漆茶色のカレーです。

添えられた小皿には、福神漬けものってます。

いい匂いです。


ではまず一口いただきますと、濃い味わいがたまりません。
しっかりと煮込まれた感じの濃さで、ベースになっている動物系の味わいとか
しっかり煮込まれた野菜などがしっかりとコクと深みを与えています。
この複雑さと旨みってのは、しっかりとカレー気分をあげてくれます。

さらにそんな土台の上に、カレー粉系の辛味スパイスの刺激がのって
オイシイ攻撃をしかけてきます。

この辛さ、嬉しいです。 いいです。刺激


しかも、とろとろなのは、食堂カレーによく見られる
小麦とかでとろみを付けているからなのか、
この味わいにホッとするのは、昔から一番食べているお家カレーが、
小麦でとろみをつけている系のカレーだからでしょう。


具には、柔らかく煮込まれた、豚肉がメインかな。
赤身の味わいも、脂身の旨さも両方としっかり堪能出来るシロモノでして、
噛むと肉滴がジワッと出てくるところがいいですし、
ジャガイモもほこほこ、玉葱もアマアマ。

そして、両方ともトロトロになるまで煮込まれていて、
カレーと一体化しているのです。

定食もご自慢のお店なので、お米もしっかり美味しいですし、
赤い福神漬けもこのようなカレーを盛り上げてくれます。

いいですね。


と、完食しました。ごちそうさまでした。

全体的に、水の入ったコップにスプーンが入れられて出てくる感じの
お店にお似合いのカレーで、食べるだけでほっこりしました。

次は、お店の名前がついた「きらく丼」あたりも
行ってみたいです。

自分自身、苫小牧は、リピーターになるお店が多いですが
さんな一軒になりそうだなと思いながら
お店をあとにしたというわけでした。


☆「定食屋 きらく亭」(苫小牧市旭町4-8-11GEエジソンビル1F)
◇営業時間◇ 10:0019:00(L.O.18:30) ◇定休日◇ 年中無休(8月8日8月29日休み)
◇駐車場◇ 有り ◇電話◇0144-36-0280




かつてラジオ内にあったコーナー 「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」をクリックしてくれれば、見ることができます。


よろしければ。


ということで。(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/2163-96d5118b