Kalafinaライブの千秋楽のライブレポート追加を完成させました
よろしければ、見ていただければうれしいです。



ここからがタイトルの記事です。

脂っこいおシゴトで面倒ごとが続くなかで
そんな時ありがたいのは、仕事後も寄ることが出来る
近場の温泉です。

ということで、休日出勤のある日、仕事が17時頃に終わったので、
むかったのが、倶知安温泉のホテルようていさんです。

こちらは、倶知安市街から5分足らずで行けるのにもかかわらず、
ちょっと丘をのぼっただけで、緑が深い山の中のホテルという風情で
気分も盛り上がります。

フロント横の自販機に湯銭を払って中へ。
脱衣場に行く途中の下足ロッカーにも、結構沢山の靴がはいっています。
そして、脱衣場もにぎやかな感じで、愛されていますが
浴室に入った瞬間にむっと湯の香りが漂ってくるのが、
ファンも多いのが納得するところ。
四角い湯槽から淡い碧褐色のお湯が、湯槽のへりから流れていて、
浴室の床に淡い模様を作っています。

何人かのお客さんがいたということで遠慮したのですが、
これは道南スタイルで楽しみたいです。

そして、露天風呂に行くと、真っ正面に見える羊蹄山です。
この風呂絵いらずのシチュエーションがタマラナクいいです。
こちらに行く時は、雨天とか曇天の緋が多いのですが、
今日もいい天気なので、全貌が見えます。
湯槽に身を沈めると、頂上しか見えませんが、
それでも低い板塀越しに見る羊蹄山もなかなか乙なものです。
黒いピカピカの石張りで囲われた湯槽もよければ、
湯の注ぎ口の下のところが温泉の成分で変質しているのも
いいお湯を証明しているかんじで気持ちいいです。

そして、ここ数週間温泉によれずに全身的にダルさがあるので、
ジャグジーも楽しみます。

比較的、賑わっていますが、
ジャグジーは誰も入っていないので、手足をのばして楽しみます。
ああ、これはいいです。泡でコリがほぐされる気分です。

さらに、健康診断も近いということで、珍しくサウナで汗を流したりして
と、いうことで小一時間ばかり滞在して、大満足な温泉でした。



後日、仕事から家に戻ると、自宅の風呂釜の調子が悪いのに気がつきました。
でも業者の人を呼んでいたら朝風呂に入れない
と、いうことで向かったのが、アンヌプリ温泉湯心亭さんです。

なんたって、こちらは、朝の6時から
日帰り入浴を受け付けてくれています。

朝5時30分に自宅を出まして、車を走らせます
6時をしばらく回った時間に到着。さすがの土曜日、
駐車場は車が何台もとまっています。観光にはいい時期です。
行く道行く道の中の途中でも、散歩をしている方も何人も見かけました。

入り口にかかる大きい暖簾状の布がお出迎え。
重い木の扉についている、自然木風の掴手を動かして中にはいると、
香が炊かれているのか、いい匂いがします。

自販機で湯券を買って、手渡した後
清潔な感じの廊下を歩きお風呂へ。

脱衣場には何人かの浴衣が籠の中に入れられています。
中にはいると、そんなに広い浴室ではないですが、
4m程度の半円形の湯槽からは、透明なお湯があふれていて、
これ見るだけでいい気分です。
しかも湯が流れた跡につく模様もいいです。
湯槽に身を沈めると、小さい分だけ湯があふれる勢いもあって
いい感じです。

しばらく内湯を楽しんでから向かったのが露天風呂です。
扉をあけて、しっかりとしたつくりの屋根がつけられた
廊下を歩いていくと、スロープになっていて、
次第にお湯の中に入っていくという面白いアプローチ。

そして、露天ですが、内風呂がこぢんまりとしているのに対して、
広々としています、
そして、火山地帯だからか でかい庭石みたいのがゴロゴロしていて、いい風情です。
男湯と女湯は、木の塀で区切られていますが、その境目の部分からは
勢いよく、お湯が流れていて、その音が周囲に響きます。
お湯もつるっとした湯触りがよくて、しっとりとした感じになります。
軽く口に含むと、ほのかな苦味と塩分が感じられるのも、いいお湯です。

この日は普段より少し湯温が高いような気がします。
中央には、東屋みたいな大きな屋根がついているのですが、
そこの下に寝転がることができる大きい滑滑の石があります。
湯が湯槽に流れ込む音を聞きながらぼーっとしていると、
鶯がないています。
ここにごろんと寝転がって

あー、 気持ちいい~
も~しわけない。

と先日無事最終回をむかえた「昼のセント酒」のシゲちゃんみたいな感想をもちながら
露天、内風呂それぞれ堪能。

この日はお仕事なので、しっかりと体や髪を洗いますが
シャワーにカランは整備されており,ハーブ入りのシャンプーにリンス
そしてボディーソープもあって,使い勝手がいいです。

そして、すべてを済ませて外に出まして、直帰とかNRにはなりません。

外に出ると朝霧で景色がけぶるなか、いい風情に
背中を押されて、お仕事に向かったのでした。






ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。

ではまた(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/2139-8610bd17