初日のライブと軽い打ち上げをすませて、
無事宿に帰ってきたイトー×aniです。

ああああああ、ライブ全部よかったぁぁぁ。
毎回過去最高と、ボジョレーヌーボーの感想みたいなことを書いていますが
本当にそうだから仕方ない
 
今回も期待以上に、すごく楽しかったし、いっぱい感動しました。
梶浦さんやKalafinaのライブにはずれなしです。



この日は、有給を頂いてオシゴトを早くあげてから新千歳へ。
そこから飛行機に乗って、羽田にむかい、地下鉄浅草線直通の京急に乗って
浅草橋へ。そこでいったん宿にチェックインをしてから、
神保町で本日の同行者である畏友p氏と畏友sさんと
スヰートポーヅで、合流。なんでも、南海でカツカレーを食べたあと
一杯ひっかけて、そして3軒目がこちらとのことで、
神保町ゴキゲンコースを堪能している模様です。
sさんとは札幌のKalafinaアコースティック以来だったので、やあやあどうもどうも
などと旧交を温めたり餃子食べたりしますが、
そこで、sさんが、「カープのビールかけTシャツ、買いませんか」
との、有難すぎるご提案。喜んで買わせて頂きました。
しかも、巨大カープカツの詰め合わせとか、八天堂の激ウマクリームパンとか
をいただいたくらいにして、ああああ、ありがたやです。

そんなことがあったのちに、お店を出てから九段下まで歩きます。
この道は風情があっていいです。
靖国の巨大鳥居が見えると、昭和館に千鳥ヶ淵です。
昭和館の「ララ物資写真展」のポスターを見ながら
「なんだよ、脱脂粉乳とかの写真か??」などと軽口が出るのも
ウカれている証拠。そんなこんなで、白壁越しのタマネギを見てから
田安門をくぐって武道館へ。
あー、Kalafinaの武道館2Days以来の光る玉ねぎです。

その後、物販でツアーTシャツ(黒)やパンフを購入し、
外でしばらくだべります
神戸も参戦したsさんいわく
「自分の想像をはるかに上回った、アリーナなのに、ライブハウスみたいなアツイライブです」
とのこと。これは、期待が高まります。

そんな感じでアリーナ席のsさんとわかれて1階席の行列に並び
そして、開場時間から少しして入場。

1階席ですが、前回の武道館2daysよりは全然良席。
「ローソン川下北店有能」などといいながら、
この日のライブ前BGMの梶浦曲は、アップテンポの曲が多い感じです。
早速買ったTシャツに着替えたりして
しばらくするとライブがはじまります。

ライブそのもののセットリストなどについては、
「続きを読む」の下に書くとしまして


ライブ終了後も、興奮さめやらぬ感じで、飯田橋駅まで歩いて
そこから総武線で浅草橋へ。
この日の宿のすぐ近くにあるT 中で串カツとお酒で中夜祭をして、
大満足しながら宿に戻って、更にお酒を飲んだり、
カープの勝利を見るためにスポーツニュースを梯子したり、
ブログの更新などをしていたら、
余裕で翌日になっていたというわけでした。

あああ、アドレナリンが出っぱなしの興奮しすぎで眠くなくて、
このあとヤバいですが。
ライブやイベントのあとはいつもこうです


と、いうことで

歌姫s FBM、スタッフの方々本当にいいライブをありがとうございました。
参戦されて一緒にライブを盛り上げた方々、ごくろうさまでした。
お互いお疲れ様でした。

ってことで。 (´・ω・)ノシ




というわけで、ここからがライブのセトリなどなどです。


 ↓ こちらから入ってください。


ここからは、ネタバレになりますので、
そのようなのが嫌いな方は引き返してください。


ということで、ここからが、ライブのセトリや感想です。

2016年9月16日(金) Kalafina 「Arena LIVE 2016」
@日本武道館
Open 17:45 Start 18:45

vocal ・Kalafina (Keiko ・Wakana ・Hikaru)
Gur:是永巧一
Dr:佐藤強一
Bs:高橋“Jr.”知治
piano 櫻田泰啓
Strings 今野Strings
1st Vi 今野均
2nd Vi 藤堂昌彦
Viola 長石篤志
Cello 西方正輝
Perc 中島オバヲ
Fl 赤木りえ
Manpr:大平佳男

【Set List】
1. アレルヤ
2. believe
MC
3. storia
4. 闇の謡
5. neverending
6. 胸の行方
7. ring your bell
MC
8. 夏の朝
9. 追憶
10. red moon
11. Magia
12. to the beginning
MC
13. blaze
14. destination unknown
15. identify
16. signal
17. 音楽
MC
18. into the world

~~EC~~
19. in your eyes
20. One Light
MC
21. 光の旋律
22. シンフォニア



中に入ると、1階南席には、音響機材がびっちり入っていますし、
アリーナ後方の音響スタッフ席の直前には大きいカメラとレールが、
ステージ横にはカメラとクレーンが入っています。
これは、映像化を期待していいんですかね。

そして、そのスタッフ席にスタイルが良くて背が高く、
エスニックなワンピースをカッコ良く着こなす女性を発見
あれって、このところ、Kalafinaの振り付けを担当している
南流石さんかな?
(あとで畏友p氏が確認したか、やはりそうだったようです)

前を見ると、ステージのサイドには、スクリーンがあって、
その前にもステージがあります。
ああ、今からここで弾ける3人の姿が今から見えます。

場内アナウンスがながれてしばしたつと、
非常口の灯りや、時計の電光は消えて
警備の黒スーツの人も増えるのですが、
会場の灯りはおちませんね。

普段なら、会場が暗転してから3人が登場して、という演出ですが、
白い光で満ちたステージの奧から、Keikoが歩いて登場。
後は白いステージ幕で、FBMの姿は見えません。
赤を基調としたきらびやかな和装が麗しいです。
そして、アカペラでしっとりとはじまります。

01. アレルヤ
未来は君に~♪の歌い出しに会場の空気が一変、
ブレスの音からつややかなビブラートの効いたフレーズ終わりまで
とっぱじめからグッと引き込まれて、一瞬たりとてききのがせない感じになります。
そして、ワンフレーズ歌われると、ステージが暗転し、
次にスポットがあたった時には、センターに3人がそろっていて、
この演出もドキドキする感じでいいですし、
三人でのアカペラのハーモニーもキレイに響きます。
和装も、Wakanaの赤と青がいい感じでまざった色合いや
Hikaruのクールな魚を基調とした装いも麗しいです。
ライブ冒頭って比較的音程のとりかたが難しいのですが、
完璧です、この響き。アレ~ルヤ~のKeiko Hikaru そしてKeiko Wakanaの
ハーモニーもいい感じですし、Wakana Hikaruの歌声でますます映える、
前向きなメッセージが伝わるKeikoの力強いボーカルです。
そして、ピアノが加わってのKeikoの歌声とのアンサンブルも
当たり前の良い出来で、Wakanaの高音もキレイに響いていますし、
Hikaruのふりしぼって~のところの熱を感じるボーカルも
いい感じです。ブルーを基調としたライトもキレイです。
今までKalafinaライブを結構見ましたが、この演出にツカまれます。


02. believe
ああ、二曲目からわらわらと立ち出す周辺につられて
たつ私です。見るとアリーナもほぼたっています。
ライトが明滅すると、白いスクリーンはなくなり、後方に見えた高いステージには
FBMの皆さんがそろっています。おお、今野ストリングスもいます。
そして、FBMのうしろには巨大なスクリーンがあって、
3人の表情がはっきりと見えます。さらに一番終わりのところで
花火がバーンと盛大な音をたてて、会場もヒートアップします。この演出もはじめてでは
流石のアリーナライブです。そして、当然手をぶん振るわれらです。
2番の3人のコーラスもいい感じですし 間奏部分の3人もいい感じですし
WakanaのコエからのWakana Keikoのハーモニー
そしてHikaruのソロへの流れはCDで聞いても好きな部分ですが
本当にライブ映えするところです。


MC
ピアノの音がポロンと流れて、アツい空気が一瞬で変わります
次の曲か? 思ってからのKeikoのトークてず。
K「ようこそ、Kalafinaワールドへ」といって深々とお辞儀する3人
K「今夜のKalafinaワールドは、皆さんの心の旅を意味します。
 様々な曲をおとどけして、心の中に語りかけたり、問いかけたりする
 瞬間があります。そんな特別な夜になりますように
 続いては、いにしえの世界へ Storia」

と、しっとりと語りかけるように穏やかな口調で話すKeiko
このMCも今までのライブとは違います。ずっとこの調子でいくのかな?

03. storia
3人の歌声がきれいに響きますし、それぞれの個性やクセがハーモニーになる、
瞬間のウツクサを味わうことが出来ます。
そのコーラスの妙を味わってのHikaruのイノセントなソロの歌声で
「ひなぎくが~」の所って、好きですね。
赤木さんのフルートも吐息多めで爽やかだけど、どこか肉感的な響き
この音を聞くのも久しぶりですし、KalafinaやYKライブの楽しみです。
キラキラと光る和装の3人が、キモのの裾を広げて
シンクロしながら左右に揺れたり、
くるくるまわったりと、シンクロする舞も素敵です。
「何かここにある~♪」のところで、天を指さす3人とか、
「君と歌いたい~♪」のところでむきあうWakana Keikoとかも好きな演出。
映像もステージ全体に囲むような感じで、家紋のような幾何学模様がまわったり
花びらが舞ったり、花火がたくさん爆ぜたりといったプロジェクションマッピングが
効果的に使われています。KalafinaはFOTWツアーでも使っていましたが、
先日、ニュースでパフュームがニューヨークのライブで使って
喝采を浴びていたなんてニュースを目にしたのが印象的。
こうやって、アーティスト同士高めあっていってるのです。
そんな日本のある意味ポップカルチャーの最前線ともいえるライブなのだなぁ
などと、改めて思ったりして。


04. 星の謡
後に星が煌めく中での赤木さんのフルートです。
息多めで、和っぽいフレーズをアドリブのように吹きこなすところで
その音色と、旋律からどこか尺八のようにも響いて
和装の3人によくあいます。
そして、激しいビートで舞う3人です。
曲調の和風テイストと、激しいビートもミスマッチのようで
すごくマッチしていますし、激しいビートにのった
3人の凛々しく張った歌声です。
フルートとの相乗効果で映えるHikaruの荒ぶって吐くように紡ぐメッセージが
Keiko Wakanaのハーモニーに乗っかって
この3人のハーモニーで曲が盛り上がり、ファイナルへとつっぱしるところが
カッコ良すぎです。
映像も、モノクロの3人のアップに、ピシャッと跳ねた水滴がつくようなのも
カッコヨイですし、前からだけでなく、真上からのアングルとかもあって、
3人がクルクル回るところとかもスゴい。
間奏部分でめまぐるしく変わる映像の中でのキメのところで
Hikaruが指さすところがアップになりますが、それを見てゾクッとしますし、
本当にファンで良かった、とこの段階で涙腺が緩みかけたりして
歌も、舞も、ライトも、映像も全てがカッコイイ。
ああ、これがKalafinaワールドです。

と、ここで和装を解く3人です。
白いさっぱりとした感じのドレスになる3人が爽やかな感じです。


05. neverending
オバヲさんのパーカッションと今野ストリングスの音色にのっかる
Hikaruの少年ヴォイスからのHikaru Keikoのハーモニー。
Wakanaの爽やかな主旋とささえるHikaru Keikoのコーラスもいい感じ。
Wakana Hikaruのハーモニーでのサビもしっとりと響きます。
LaLaLaのスキャットもしっとっりと響いてますし、
伴奏の音が小さくなるにつれて、3人のハーモニーが映えてきて、
軽やかなビートを刻むパーカッションの音と共に優しくなける感じです。
チェロの音も染みますね。
オレンジ色のライトに木陰の様なエフェクトが
白い3人のドレスに映えます。


06. 胸の行方
ここで、FBMがいるステージの高いところと、歌姫'sのいる
下のステージの間に、大小様々な白く四角い箱のような階段が
たくさん出てきます。
そして、最初にボーカルをとるKeikoのメッセージが
凜と響いて空気を裂きます。歌にあわせて振り付けをするWakana Hikaruがいいですし、
出来たばかりのセットの白い箱にHikaruも自然体でいいです。
階段を昇ったり下りたりするメンバーがサビの所で
再びステージのセンターに集まってのハーモニー
2番のHikaruのソロボーカルからの、サビのハーモニー。
そしてWakanaの「夜明けはいつも~♪」からの高音が
すごく映えますし、気持ちよく歌声に癒されます。
ハンドクラップをする3人にあわせて会場も盛り上がって
是永さんのギターソロです。
3人が箱階段のステージを上がったり下がったりして
くろくろまわったりしながらハンドクラップをするところも
カワイラシイです。

07. ring your bell
最初はピアノだけの音色がポロンと響いての
Keiko Hikaruのハーモニーで、しかもテンポが落とし目だったので、
一瞬 ? って感じでしたが、
すぐ、アコースティックで聴いたアレだ、と思いました。
Keiko Hikaruのハーモニーからの向き合う3人が紡ぐ三声が大好きです。
そして、途中からバンドも参戦して強めのビートが響いて
負けずに力強い歌声で乗る3人。ああ、この一粒で二度美味しい攻撃。
指さすKeikoも凛々しいですし、流石マッチョ先輩の異名は伊達ではないです。
ずっと響く三声はゾクゾクする気持ち良さですし、
Wakanaの高音もゾクゾクきます
コーラスとバンドによる疾走感に、ここで再びアリーナは総立ちです

MC.2
3人「(せーの)ありがとうございます!!」
W「改めまして、Wakanaでーす!、よろしく~!」(拍手)
K「みなさん、こんばんは、Keikoです!」(拍手)
H「……Hikaruです。よろしく」(盛り上がり)

MCが今までのライブと同じテンションに戻りました。
Wakana Keikoのテンションがいつものライブと同じ感じなところを
トリで、あえて声とテンションを低くして挨拶するHikaruに
盛り上がる会場内です。

K「さてさて、なんか会場、暑くない? もう少し涼しくしてもいい?」
(盛り上がり)
K「さて、ここまでシングル、アルバム、色々な曲をお届けしましたが、
 曲には、それぞれエピソードがあって、たとえば、今演奏した
 ring your bell ですけど、最初はアコースティックサウンドで聴いてもらいました。
 オリジナルは、バンドサウンドなのですけど、ここ数年アコースティックライブをやってまして、
 そもそもRing your bellは、奮い立たせる曲で、パワーボーカルな曲ですが
 アコースティックライブで、バージョンをかえて歌うことで、
 言葉の意味を繊細にアプローチが出来るようになって、
 今回は両方聴いて欲しいということで、こういうアレンジになりました。
 パワーボーカルといえば、Wakanaちゅんはすごいパワーですが」
W「みなさんがヒクぐらいのパワーを出して、はじめから全力で
 最後まで行くと、またパワーがみなぎってくる」
K「リハーサルスタジオの熱気とかも、スゴいです」
W「きますね」
K「くるね」
H「もう、パワービーム出まくりです」
W「3声でもアツイです」
K「Wakanaちゃんのポイントは」
W「常に仁王立ちで、この曲はF♯まで音があって、
 キャーーーーーーッ!!って感じのとんでもない高さの音で
 思わずF♯グッズを作っちゃいたいくらい」(笑)
 ま、それくらい熱の入る曲なんです」
K「Hikaruちゃんのポイント」
H「入りのところとかが好きで、熱が入りがち。
 でも冷静になって歌うところがポイント。あと、英語のパート
 存在を叫べって感じで、パワーが必要」
K「三声のところは3人の声から熱をもらってる感じでやってまして、
 皆さんからも熱をもらっています。熱量、とどいた?」
(拍手 盛り上がり)
K「まだまだ届けます。今夜ははじまったばかり!!
 続いては、ファンタジックな世界や、色々な景色にお連れします。
 夏の朝」

このトーク。いつものKalafinaライブです。いいなぁ。

08. 夏の朝
ハチロクのビートをスティックで刻む強様。
3人の穏やかなハーモニーが、しっとりとひびきます。
転調のコード進行ももいい感じで
Wakanaのしっとりボーカルもいい感じですし、
Hikarのソロも、そのトーンにあわせて
落ち着いた響きを魅せてくれます。
フルートのソロでは、フルートを見ている3人もいい感じならば、
フルートの音色とか、フルートとチェロのアンサンブルも
しっとりです。
夏の朝というタイトルなのに、どこかセツナゲなのもKalafinaワールド。
背景の映像も、最初は、不定形な生物のようにも、万華鏡の中の洋にも見えた
背景が木漏れ日とか、海の中から見上げた太陽みたいに
変幻自在にうつりかわる様も曲を穏やかな盛り上げて
感情をゆさぶってくれます。


09. 追憶
しっとりとした伴奏にのせる三声のボーカルが映えます。
ギターのカッティングと、パーカッションの音のハーモニーも
いい感じですし、2番のHikaruのボーカルから
Hikaru Keikoのハーモニーもいい感じです。
間奏前とかの振りが、
ネコ科の動物のようでもあり、暗黒舞踏のようでもあって、
すごくセクシーです。
そして、是永さんのSoloがかっこいい。
梶浦語にのっかる3ショットが
背景のスクリーンにアップになって
絵画みたいなカッコ良さ。
水滴なような映像エフェクトが宝石に見えます。

10. red moon
弦楽四重奏の音で、階段のステージをあがる3人。
手をーのぱーして♪の部分のWakanaのソロは切なく、
しっとりひびきますし、Wakana Keikoのハーモニーは鉄板
そしてHikaruの男前ボーカルでのソロです。
この朗々とした歌いっぷりに、熱量を感じます。
ここで、さきほどのMCがより実感できます。
2番のHikaruのボーカルは少しイノセンスな少年ボイス
からのWakana Keikoのコーラスです。
オルゴールのような音とピチカートの弦のハーモニーに
ひっそりと歌うところからの
トレモロを混ぜたスネアドラムワークが細かい
ドラムの音にらせたWakana Keikoのコーラス。
そして、次第にクレッシェンドするうちにKeiko Hikaruが
競うように張りのある声をぶつけあって、
曲が盛り上がっています。
バックにうつる模様はアーチ&エンタシスで
畏友p氏は「エンタシス&アーチ【定期】」などと言ってます。
ワカルワカル。
しかもねこの映像が曲が盛り上がるに従って、
赤くなっていくところも
頽廃的でいいですね。気持ちいいです。
これは心をもっていかれます。
この演出で「ラクリモサ」を見てみたいなと思ったりして

11. Magia
赤い光の明滅と、エマージェンシーコールのように
ギターの低い音が大きくなってきて
客を煽るように響いてくる。
強様の強烈なドラムビートが激しくなっていくと
イントロの主題の音が次第にはっきりと聞こえるようになって
曲に入ります。キマシタ!!
Wakana Keikoが、ここで、左右のスクリーン前のステージにあがります。
下手側にKeiko 上手側にWakana そして、センターにHikaruですが
バックのスクリーンにはHikaruの表情がアップでうつしだされます。
ここで、女優Hikaru爆誕です。
不安げな表情で歌うパートと、
一転して表情をかえて力強く歌うパートのギャップがスゴすぎです。
表情と唄方が、一転でコロコロとかわるところ
本当にスゴいです。
間奏部分で、Keikoに捕らえられるHikaruとか、タマリマセン。
そして、Keiko Hikaruの男前ハーモニーからの
Wakanaのファルセット。あああああ、気持ち良すぎて
ヘンな声が出そうです。
間奏開けの歌詞の文字がスクリーンに舞う演出もいいですし、
強様の強烈なビートにあわせて、
シンクロさせるダンスもいいです。
スクリーンがデカいと表情もよく分かって、
このようなライブならでは。
従来の踊りまくるバージョンも大好物ですが、この演出も好きです。

12. to the beginning
そして、このイントロですよ。あああああ、アリーナは完全に
1F席もボクの周辺はほぼたっています。
ですよね。あおる3人にのせられてオイオイいいますね。
KeikoはHikaruと肩組んで、
さらにWakanaの腰に手を回すという
いつものジゴロぶりを発揮します。
歌声もアツイ、熱すぎです。すごいね。
間奏部分の師匠のエロバイオリンも流麗に響きますし、
コーラスアレンジをかえてきたところも、オッ! と思わせます。


MC
K「ありがとうございました。
 ここまで一緒に音楽を届けてきたメンバーを紹介します」
H「今野ストリングス
 1st Vi 今野均
 2nd Vi 藤堂昌彦
 Viola 長石篤志
 Cello 西方正輝
 On piano 櫻田泰啓
 On Perc 中島オバヲ」
W「on Dr:佐藤強一 on Gur:是永巧一 onBs:高橋“Jr.”知治
onManpr:大平佳男」

と、ここでまた盛り上がるよしおコール!!です。
これが翌日のアノ発言を引き出します。

K「さてこのメンバーで新曲をおとどけします。武道館、準備はいい?(歓声)
1Fっ!(歓声) 2Fっ(歓声) アリーナ!!(歓声) 曲は、Blaze!!」

13. blaze
最初からキャッチーなサビをきれいに響かせる三声と
激しいビートです。ああ、のっけからアゲてきています。
Hikaru Keikoのハーモニー。しっかりと下支えされている
主旋律のHikaruの歌声は当然、Keikoの低音にも魅せられます。
Keiko Wakanaのハーモニーも麗しい
そして、三声でのBメロもきれいな
サビのアツさは三人の熱がここでも伝わってきます。
間奏明けのWakana keikoのハーモニーもさわやかに響けば
リズム抑え目にしての、Hikaruの振り絞るようなメッセージ
で歌われるサビのメロディーからの三声というこの王道感、
曲タイトルが意味する「炎」のとおりアツい一曲。
ライブでの定番曲になりそうです。

14. destination unknown
そして是永さんのザリッとしたギター音色で、
さらに空気が熱くなります。
そして激しいビートにのせてHikaruやKeikoが
軽くドスを聞かせた感じで歌い上げるところが
アツい展開です。
Wakanaの伸ばしもアツければ、HikaruとKekoのハーモニーも
アツ過ぎです。
ウラで対旋律をかなでる是永さんギターも渋いですし、
激しい3人のボーカルのうしろでもっとアツいFBM
Jrさんの細かいベースラインしかり、強さまのンッタンンッタンの
激しくパンキッシュなビートしかり、
しかも同じフレーズをタム回し多目、スネアのビート利かせないバージョンと
パンキッシュなバージョンでたたき分ける芸の細かさ。
この時はじまったことでないのですが、感動です。
そして熱をかんじる櫻田さんのキーボードに荒ぶる師匠のバイオリンしかり。
この激しいビートにシンクロして明滅するライトも気持ちいいですし。手もぶん振ります。
セットに座るKeikoはまたまたカワイラシイ猫科の動物のようなしなやかなたたずまい
そして、ステージセンターで背中あわせで歌ったりして、
あーたまないです!!
Hikaruもぴょんぴょんしています。あ゛~!!
最後の梶浦語のスキャットも思わず口ずさんでしまうほど。
造語と裏歌詞のパートももう泣きそうになるほどいいです。

15.identify
そして、この曲。ステージセンターで背中合わせの三人
Keiko Wakanaのイチャイチャぶりが、いいぞもっとやれ
サイドのステージに三人が上がって目を合わせないのところで
虚空を見るHikaruがいいです。
上手ステージでは是永さんのギターがいい感じで響き
Hikaruがピョンピョンしてあおります。
とはいえ、ここではFOTWツアーで魅せた是さん大回転はなし。
でもいい感じのギターサウンドです。
強様のドラムがスネアのアレンジいじってきてるのも
面白いです。
そして、鍛えられたKalafinaeの統制力を見せるとき
アイデン体操の時間だー。と会場がヒートアップしたところで

16. signal
この曲のイントロが流れて、会場の熱はさらにまします。
Keiko HikaruのAメロのハーモニーからの、Wakanaのファルセットは
その上で響かせるファルセットが体の芯にきて
ライブならでは気持ちよさがたまりません。
H Kのコーラスが荒ぶった感じにひびいたあとに
それをやさしくくるむようなWakanaの上ハモも好みです。
Keikoの空の青もいいです。
桜田さんのアツいキーボードソロもいい感じです。
間奏開けのWakanaのファルセットも、KHのハーモニーも
気持ち良く響いてますし、16分で細かく刻むギター、ドラムもいいなぁ。
三人が客席をあおるのもいいなぁ。
右手をまわしまわして指して、指して、指してで
ウエーブのような会場です。
そして、明日この曲を演奏するんだったら、
さらなるお楽しみがあるんですよね。


17. 音楽
イントロのビートで湧き起こるハンドクラップ
3人がただでさえ盛り上がっている客席を
もっともっとと、挑発的に盛り上げます。
けこさまが「武道館!! 準備はい~い~!!」の声であおるのもたまりませんが、
HikaruもWakanaもステージ上縦横無尽に動ききまわって、
熱い空気を直さらアツくします。
是永さんとWakanaの背中越しでもりあげていったりとか
Hikaruと是永さんとあおったりとあああ、かっこいいです。
一条ポーズもキメまくり。
ノリノリの三人とバンドメンバーにあおられるオーディエンスも
ひとつになって盛り上がりますし、
さらに、Keikoの「武道館!!みんなで一緒に歌おーっ!!」の言葉で
バックスクリーンに歌詞がでます。ここは振り絞って歌います。
「魂か果てるまで、一条の、光を信じて~♪」
1階~!! 二階~!! アリーナ!! などとあおりますし、
師匠も弓であおります。われらも魂が果てるまで歌うイキオイです。
そして、盛り上がったまま曲はすすみます。
ギターソロを盛り上げる是さんとKeikoの絡みも素敵ですし、
師匠のエロバイオリンも絶好調。
間奏明けのオバヲさんのパーカッションソロもキレキレですし
Jrさんのベースソロもタイトに響きます。
Wakanaが響かせるファルセットも天上の響きにして、
「武道館っいいー」という煽りにリミッターが切れます
3人で腰に手を回しながら曲が締められるまで
目が離せないステージです。

うん。identify ~signal ~音楽 の流れって、
FOTWツアーの後半と同じで、鉄板のもりあがりです。

MC
K「武道館、すごいね」
W「近い、最初よりお客さんが近い、近づいてくる」
K「初めてKalafinaのライブにきてくれた人~」結構手があがる
K「初めてきてくれたのに、一緒に歌っててくれて
 本当にありがとう。
Kalafinaと一緒に、色々音の旅をしてくれて、ありがとうございます
アリーナライブで関西圏でははじめてやったんですが、武道館は2度目で
すごく懐かしい感じです。Kalafnaと一緒この空間で音を曲を届ける旅を
続けてきましたが、最初もお話したとおり、さっきみたいに一緒に作る曲もあれば、
景色を見る音楽、自分の心と会話をするような心の旅をする音楽もあります。
今日のアリーナは大きいので、Wakanaはいつもより近いライブをしたいと言いましたし
Hikaruはしゃべるのが苦手なので会話をするように歌いたいといってくれました。
私は、音にこだわった音楽を届けたいと思いました。
Kalafiinaは、三人が一つずつで、それぞれの個性がありますが、三人で一つでもあります。
今日のライブで、皆さんにお会いして、Kalafinaの曲も完成したなと
お客さんがいるから、いろいろなこと考えたりしました。
今日だけじゃありません。
これからも続く音楽の旅におつきあいいただけたあがたいです。」(拍手)
K「ありがとうございます。今回のテーマである心の旅は、
最後の曲のinto the waterからヒントを受けたものです。
この曲で三人も自分と向き合うことができたので、
皆さんも何もかも忘れて、立っても、座っても、自分のスタイルで
心地いい音楽の聞き方で、楽しんでください。」

18.into the world  
Hikaruのサワヤカなうたごえから
Hikaru Kekoのアンサンブルにり、三声になるところに引き込まれます。
ストリングスの音色にのるストレートな三人の歌声と
つむぎ出すメッセージがしみます。
弦の響きと三人の声がしみますね。
映像もエンディングっぽい感じで、気持ちを湧き立たせてくれます。
あ、音楽の旅をしめくくるにはふさわしい音と画です。

そして、スタンディングオベーションをするわれらに
深々とお辞儀をする三人


Enc
ステージの歌姫がいた場所には、是永さんとJrさんが入ってきて
そして、客席をあおります。
そして強様と、オバヲさんのビートバトル。
二人の激しいビートの応酬は、ジャズのセッションみたいで
気分があがります。こういうアンコールも初めてかな
ああ、かっこいいです。是さんもぴょんぴょんしています。
あ゛~ 是さんがぴょんぴょんするんじゃ~
そして、いつの間にかアリーナセンターにおかれた小さいステージに
登場する歌姫sです。
さらにカラフルなメタリックテープがバーンとアリーナに向かって
一斉に飛ばされてきれいです。
そして、ハイタッチをしながらステージに行く3人。いいなぁ。
19.in your eyes
突き抜けた感じの歌い方から、やさしいハーモニーの
サビになっていくところが、この曲の最大のキモ
そして、サビのところでは手も大きく左右に振りますし、アリーナの人も
大きく揺らめいていて、いいですね。
間奏のパーカッションソロからの三人のステップもいいなぁ
KeikoとJrさん、Wakanaと是さんの絡みもいい感じですし、
歌詞に合わせてカワイラシイりをするKeikoからもめがはなせません。
特に、キスでキスは終わらない♪ のところで何をカマすのかは
毎回のお楽しみ。今回はHIkaruと「あら~」な感じでした。

20. One Light
でもって、ステージ上が赤くなり、イントロが流れたところで
歓声が沸きあがる。
「武道館 行くよ~!!」のKeikoの煽りもいい感じで
私もここも我を忘れて手をぶん振ってオイオイいいます。
激しいビートに乗せてのHikaru無双
Keikoのテンションも高めですし、このテンションの高さが
WakanaのBメロの癒しのような部分に映えます。
間奏部分で三人が重ねた手をあげるところから、
Hikaruのヘドバンも、三人煽りも盛り上がりますし
Hikaruのズキューンポーズのところで歓声が飛ぶのも
気持ちいいところ。当然私も絶叫します。
そう、アンコールは三人ともデニム地のような色合いの衣装でしたが
Keikoがミニスカ、Wakanaがロングスカートなのに対して、
パンツスタイルのHikaruがボーイッシュでこの曲にもあってます。
今まで何度も生で見たOne Lightですが、その記憶も呼び覚まされる演奏です。

MC
K「アンコールありがとうございまーす」(盛り上がり)
H「さて、ここでHikaruのトークタイムです。(拍手)何を話すかというと
 ツアーのグッズについてです」(拍手)
H「今回も色々なグッズを作ったわけですが、紹介するのは、
 個人プロデュースグッズです」(拍手)
H「ほかのグッズはKalafina三人で相談して、アンケートに書いてある
 みなの希望とか見ながら、考えてるんだけど、個人プロデュースグッズは
 ほんっと、自由! それぞれほしいものを好きなように作っています」
H「まず、Wakanaさんは、サメ型のネックピロー。大事なところ繰り返します
 サメ型、サメ型。(笑い) Wakanaさんはサメ好きなんです」
W「サメ好きなんで、サメ好きのためのサメグッズを作り続けていきたい」
H「Hikru的には、ネックピローってとこが好き。それは、寝るためのグッズだから(笑)
 Wakanaさんが飛行機に乗る時とか、かばんにネックピローつけていて
 あー、あれがグッズになったんだって。金具とか紐がついていいるんで、
 いつでもカバンにつけられる。サメだけど(笑い)顔もついていて
 さっきから顔芸してる(笑い)」
W「裏向けると、顔がしっかりあって、瞳がかわいい!!愛でたい」
H「出来たとき、ヤダー! カワイイ!! みんな見て~!! を連発してた」
横で興奮するWakanaをKeikoが抑えて、あー、マジ夫婦。
H「Keikoさんはお菓子セット。お菓子セット? ここに来てお菓子セット」(笑)
お客さん「買った~!!」(笑)
H「かったんだ~! お菓子セットには、チョコマシマロ、グミ、キャンディーと
 Keikoさん手書きのお品書きが入ってて
 かわいい女の子がお品書き(声を作って)チョコマシマロ2コ グミ2コ
 キャンディー2コ って言ってるよ。
 箱のデザインが地図なは、Kalafinaが旅をするイメージです」
H「そしてHikaruが作らせてもらったのは、収納バックチェーン付
 長い名前だけど、収納バッククラッチ風、開くと壁にもかけられる
 チェーン付。です。短く言うと、クラッチバックですが、それでは
 伝えられないんです。まずは収納力がすごい
 まずは開くとこうなってて、上はファスナーがついてて、
 真ん中はゴムで、こう(両手の4本ずつの指を織物のように交差させて
 それをアップにして、後ろのモニターに写すカメラ)
 ありがとう、カメラさん」(笑)
そして、下はこうなったここ(袋の下を指すジェスチャー)で
メッシュの袋になっていて、なんとメッシュポーチ取り外せます。
だから、バックを壁にかけても、ポーチだけはずして
風呂場に持っていける。あと、電子機器入れられて、
必要なときだけ持っていける。」
グッズ紹介で、ゴムの格子をてで表現したり、
クラッチバックをジェスチャーで表現しているHikaruのしぐさをまねる
Keiko Wakanaがかわええです。
H「でも、こだわりまくって作ったので、2人より値段が…、
 でも、そんなこだわりがあるので収納好きな人も、片づけしない人にも
 使ってもらいたいです。
 そんな三人の個性があふれているグッズで、他にも色々あるので、
 グッズは外で売ってるんですけど、気になったら、ちらっとだけでも
 見てほしい。グッズの前を通って、こういう感じ(気になって見ながら
 とおりすぎようとして、また戻るみたいな演技が絶妙)で
 行ってくれるとうれしいです。以上です」(拍手)

そして、いつもお辞儀合戦を終えてから、敬礼です。

K「Wakanaクン 一言」
W「Hikaru、どこかの社長みたい。「えー、この度わが社が開発した」みたいな。
 スゴい」
K「やりたい」
W「けど、これ(指で格子をするの)できないから無理、Hikaruみたいにできない」
K「Hikaruが話してくましたが、今回のグッズも、音楽の旅です
 はじめのMCでもいいましたが、今回『ring your bell』は
 アコースティックアレンジからの流れ出お届けしたんですが
 そんなきっかけになった、いつもは年に1回行っているクリスマスライブが
 今年は全国9都市11公演でやらせていただきます。
 梶浦さんがパンフレットに書いているメッセージにもあるように
 大きいハコ 小さいハコ それぞれの会場ごとの楽しみ方、見せ方、聴かせ方が
 あるので、皆さんにいろいろな音楽の楽しみを知ってほしいと思って、
 いろいろなトライしていきたいと思っています。
 今回のグッズやMCでお話したライブのテーマからつなげていくライブが
 できたらと思っています。11月16日にはアコースティックアルバムも出ますので
 これからもがんばって音楽を届けていきます」(拍手)
K「で、最後は何で締めようかとおもったのですが、光の旋律とシンフォニアです
 自分たちにとって、アニメの音楽とヒストリアの音楽って、自分たちの軸を
 作ってくれた存在ですし、私たちの音楽にヒストリアやアニメから入ってくれた
 人もいます。そんな皆さんの近くで、これからも歌っていきたいです」

21.光の旋律
素朴なビートや旋律が響いて、
少年っぽい感じに歌うAメロHikaru から、少し大人の香りがただよう
BメロのWakank Keikoのハモからの、三声でのサビへいく流れが
何度聞いてもいいですね
三人でくるっと舞う姿もあでやかですし、
フルートの音色もどこか切なげですし、
パーカッションの素朴な音がほっこりします。
ハードな曲から、フォークロアな曲まで、パーカッションはいると
曲の厚みがましていいですね。
これはオバヲさんが、赤木さん、佐藤さん(加藤さん)とともに
準FBMになってくれてありがとうです。あとは中原さんですね。

22. シンフォニア
ピアノの音色がポロンと響いてから、Keikoのメッセージが響きます。
ここにやさしげに被さるWakanaの音に、Hikaruのうたごえがのっての
三声でのサビです。
サビ部分は二分音符が貴重なシンプルなリズムと音形ですが
だからこそしっかりと伝わるメッセージです。
紫のライトがいい感じ。
間奏での今野ストリングスと是永さんのアンサンブルに
赤木さんのフルートが重なるところもいい感じですし
リズムオフで歌われるサビの歌声がきれいに響くところから
リズムが入ってきて、ああ。たまりません。
愛で満たされます。


曲が終わってスタンディングオベーション
3人かペコッとセンターで頭を下げます。
そして、メンバー紹介をしたあと、
一列になって、カーテンコールのように手をつないで
「ありがとうございましたーこのメンバーに大きな拍手を」
(拍手)
そして、FBMとハイタッチをする歌姫s
Ring your bellにあわせて退場するFBM
k「さてさて、今日はどんなメッセージを書いてるんでしょうか」
K「今日はHikaruがメッセージを書きますちょっまっててね」
そして、後ろの白い箱状の階段にメッセージを書くHikaru

それが終わるとまたまた三人並んでお辞儀をしたあと、
「武道館、ありがとー!!」
そして、袖に下がるとき
Keikoは一礼して下がり
Hikaruは「本当に暖かいみなさんでした」
Wakanaは「武道館でまたあいましょう」と言って投げキッス。

三人がいなくなったステージの中央と左右のスクリーンに
Hikaruのメッセージ「真っ直ぐ あなたへ」かうつされて
すべて終了です。


ああああ、よかった。
p氏は「控えめに言って、最高かよ」などと興奮気味
私も、毎回毎回過去最高って、すげーーなどと思って、
興奮を冷ましながら、飯田橋の駅に向かいます。

そいうえば、ライブ前に、Sさんが言っていた、アリーナだけど、ライブハウスって感じは、
これなんだ。などと認識した次第です。
Keikoのアカペラでの「アレルヤ」から始まるのは、
今までではない始まりでしたし、
「ring your bell」もピアノのバックでのアコースティックアレンジで
はじまりました。
最初のKeikoのMCもしっとりバージョンでしたし、
だから、今回はアリーナならではの、オトナしめなライブかなと
思ったところからどんどん煽ってきて、
最終的にはめちゃくちゃアッパーなライブになりました。
ライブハウス武道館にようこそ。って感じです。

あー、この一期一会の瞬間。最高です。


ああ、すごいKalafina
いい音楽をありがとう。

そして、翌日もまたまた、最高のライブを楽しんだのですがね

それはまた、後日蚊書きます。


こんな感じのライブでした。Kalafinaのお三方、
FBMのみなさん、スタッフの皆さん、関係者の皆さん
本当にありがとうございました。

参戦された方々、お互いお疲れ様でした。


ということで、ライブレポートはこれで終わりです。

そして、この駄文を最後まで読んでいただいてありがとうございました。


次の訪れるのが確定しているライブは、12月の富山です
その間、なんかどこかであるイベントとかでしのぎたいなぁ。


ま、そんな時は、またこちらでご報告させていただきます。


ってことで (´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/2131-91a326d2