現在も東京某所に潜伏中。
これから千葉で巡礼をキメてから、神宮に乗り込みます。
今日は一塁側なので、おおっぴらにはしゃげませんが、
せめて心で一所懸命応援して、
カープのマジック減らしに貢献したいと思います。



と、いうことで、ここからがタイトルの記事です。



ナゴドに野球観戦行ったときというと、
今までは、ゲーム前に大幸横丁でカレーうどんとか、カツカレーとかを食べたり、
ゲーム後におつまみナインを食べたりしましたが、
今回はドラゴンズやナゴヤドームの
ホームページを見て、気になった品物を二品チェック。
一つは、毎週講読している「週刊モーニング」(講談社刊)誌に連載中の
「グラゼニ」(森高夕次さん/アダチケイジさん著)で、主人公凡田投手が
独身時代から通い詰めて、看板娘のユキちゃんをゲットしたお店で、
凡田投手のお気に入りメニュー、唐揚げチャーハンが
グラゼニとのコラボメニューとして売られているとのこと。これは気になります。

そして、2016選手プロデュースメニューの中では、
第四弾の福谷浩司投手プロデュースの福谷カレーを発見。これも気になります。

唐揚げチャーハンは2Fコンコース「でらポテでらチキ」さんで、
福谷カレーは5Fの「PRESENCE」さんで売られているとのこと。
今回の席は、初日は内野指定席、2日目は内野パノラマ席。
ということで、初日に唐揚げチャーハン、2日目に福谷カレーという采配です。

まずは初日。

日間賀島に行ってから球場入りをしたので、到着したのが14時20分過ぎ。
席は通路から離れた真ん中の席で、すでに両サイドともお客さんで埋まっています。
自席で写真をとったりするのは無理みたいです。
そこで、スタメン発表を終えてから、自分の席に荷物を置いてから、
売店に行き、横の立ち食いのスペースで写真をとったり食べたりすることにいます。

「でらポテでらチキ」さんは、から揚げとポテトの専門店。
お店には行列ができています。
お店の前に行くと、大きいPopが飾られています。
NagoyaDomeと書かれたユニフォームをまとう盆田投手がインパクトあり
主人公“盆田夏之介の大好物”唐揚げチャーハン
でらポテでらチキver.登場!!
グラゼニ唐揚げチャーハン ¥900
唐揚げスイートチリソース&チャーハン&ザーサイ

なんて書かれています。

では、注文しましょう。
グラゼニで出てきた唐揚げチャーハンは
白く楕円形のお皿に乗っていましたが、
こちらは、黒くてレコードみたいな溝の入った丸い容器に
タップリのチャーハンが乗っていて、
その横には、薄くたれをまとっか唐揚げがのっていますし、
ちゃんと、ザーサイまでのっているところが芸細です。
(から揚げとチャーハンの境目のサニーレタスはありませんでしたし、
中華スープもついてきませんでしたが…
凡田投手は、炒飯、唐揚げの組み合わせの良さに加えて、
箸休めのザーサイとともに中華スープを味わうのが
サイコーなどと、うぐうぐと食いながら、マンガの中で言ってました。)

では、お店の見えるところでいただきます。

最初に炒飯から。
しっとりした系のチャーハンは、比較的濃い目の味つけです。
このしっかりとした味付けが、このあと、応援したり汗をかいたりする
準備としては頼もしい感じです。
パラパラな感じはないですが、これはこれでありな味わいです。
具は全部細かく刻まれていますが、人参のオレンジとか、ピーマンの緑に
卵の黄色がいい感じで美しいですし、
それだけでなくしっかりと味わいとしても機能しています。
お米の味と卵の味の組み合わせってホッとします。
盆田投手ではありませんが、うん…この味…
などといいながら食べすすみます。

そして、唐揚げです。
こちら、見るからに揚げたてです。
サクッとした衣の食感を味わってから
口の中に広がる肉滴の組み合わせがいいです。
そんなジューシーな味わいに加えて、
それが和のテイストな甘さとピリ辛が同居している
濃い色合いのたれをまとっていまして、
唐揚げの鶏肉や衣にも、ガーリックとかジンジャー的な
味がついているうえでの、この濃い味わいですから、いいですね。
しかも、4つくらいゴロゴロ乗っているのがいい。
二つ目食べてもサクサクジューシーは変わらず。
盆田投手のように、「うんま… この味 この味…」
などといいながら食べます。

そして、ここでチャーハンをいただきますと、
比較的濃い味わいのチャーハンと、しっかりと味のついた唐揚げが
口の中でまざりあって、



これは幸せになれるメニューです。

そして、ザーサイも濃くなってきた口の中に清涼をもたらしてくれて、
いい効果です。あー、中華スープがあれば…

このメニューは、4月23.24日に行われた「春の竜陣祭」の一環で
グラゼニとのコラボが発表されたり、作者の森高さんが始球式をしたりとの
一連のイベントで発表されたメニューで、
イベントは終わったのですが、今年限定で食べることができる、
と、いうことでこのタイミングで食べることができて良かったですし、
ボクが食べている横でも
「あー、グラゼニの唐揚げ炒飯だって~」
「うそ~、買ってこ~!!」などと言っているおはDの女性もいたりして、
人気ですね、グラゼニ。

あと、この容器って、藤井選手のプロデュースメニューの唐揚げにも
使われてましたね。

ではカープ戦に挑みましょう。

ただ、このゲームでは、福谷投手が登板。
かれにはそこそこ抑えられたので、この日にカレーを食えばと思ったのですが。
ま、しょうがないですね。




そして2日目。この日は、朝7時に朝飯を食べたので、
球場に入って席に行く12時くらいはいい感じでお腹が減ってます。
ということで、12時になってエスカレーターに乗って5階へ。
途中で「PRESENCE」さんで、福谷カレーのPopを確認してから自席へ向かいます。

この日の席は、内野パノラマA席。
俯瞰の視点でホームベースの周辺が良く見えます。
当然周囲にあまりまだ人がいません。

と、いうことで席を確保すると、下でカープの選手が打撃練習をしています
そんなのを見ながらこの日はまずは昼食の調達。
向かったのは「PRESENCE」さんです。こちらでカレーを購入。

教授こと、福谷選手といえば、ツイッターで
「焼肉も好きですが、やっぱりカレーの方が好き」
と呟いてしまうほどの人です。

オニオンリングフライ  ブロッコリー
赤いパプリカ  サツマイモ 牛スジ
みんなに食べてわしいとの
思いが詰まった優しいカレー

お子さんでも食べられる
野菜の甘さが美味しいカレーです。

福谷カレー¥900
大のカレー好きの福谷選手、具材が溶け込んだ甘さのあるカレーが特に好きで
自分でもさつまいも入りのカレーを作るほど。今回のメニュー開発に関しても、
自身こだわりを念入りに打ち合わせして、納得の逸品を完成させました。

といった説明文もいい感じです。
〔横にある、谷繁丼のところに終売しました と書かれた紙が
張られていたのは少しせつなかったりして〕

ドアラがプリントされた円柱形の容器に入っていて
Koboスタ宮城ののりもとんカレーを思い出しますが、
のりもとんカレーみたいに、パッケージに教授の顔がプリントされた
パッケージがあったりはしてませんでしたが〔残念〕、
透明なふたから中の様子がよく見えます。

ハイボールとともに購入して、自席に戻って
続いているカープの打撃練習を見ながらいただきます。
下では広輔選手が打撃練習をしています。

では、教授のカレーをいただきましょう。
敵地でいただくカレーの味わいにおける心理的変化についての実験開始です。
ふたを取ると、スパイスのいい香りとともに、
濃い焦茶色のカレーがご飯の2/3をおおって、
さらにその上に赤いパプリカ、緑のグラデーションが鮮やかなブロッコリー、
オニオンリングの衣の色合いに、サツマイモの黄色と
カラフルな盛り付けが目をひきます。

ではいただきます。
うん、美味しいです。

カレーの味わいは、しっかりとした欧風で、
玉ねぎやその他の野菜などから出てきた自然でさわやか甘みが
ベースになっていて、そんな土台の上に展開している
バランスの良いコクと旨みがいいです。
そして、この甘さを生かした感じのスパイス使い
ホッとできる味わいです。

そして、カレーの中でも存在感を示している
とろとろ牛すじですが、牛すじ独特の複雑な旨みがぎゅっと
濃縮された味わいもいいですし、この牛すじから出てきた
肉滴がカレーの味わいをさらに複雑にしてくれてうれしいです。

上のオニオンリングもさっくりとした食感の中から
甘いオニオンです。これがカレーに溶け込んでいるのです。
フライは、サックリと食べてよし、カレーに漬けて衣をとろっとさせてよし。
変幻自在の味わいがうれしいです。

パプリカは肉厚で、ほの甘さがあるものの独特のアオい味わい、
ブロッコリーもさわやかな苦味がいいですね。
そして、極めつけはサツマイモ。
このほっこりとした甘さが、カレーと相性が良くって、美味しい。

ジャガイモが入る料理はサツマイモでも合います。

そして、このいちいちがハイボールとあって最高です。
カープの練習を見ながら食べるカレーは最高です。

いままでナゴヤドームの客席でカレーを食べるとなると
球場に併設されているCoco壱で買うしかなかったので、
これはありがたいです。ありがとう教授

と、いうことで、
教授! 教授! という展開もなく、
結局何かがもれることもなく、焦げ臭くなることもなく、
爆発炎上することもなく、美味しくカレーをいただきまして
無事実験終了。
「イトー君は今日のことをレポートにまとめてください」と言われた気がしたので〔バカ〕
この一文を書いたのですが、

このあとカープはヘーゲンズ選手と藪田選手が爆発してしまいました。

そんなオチはいらないのですが…



と、いうことで。(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/2124-841e41ac