☆「超人的珈喱湯専科 エスパー・イトウ」
(札幌市西区八軒5条西1-2-32パレスチャギヒラ1F)

この日は午後からおシゴト。午前中は、オシゴト上必要な本があったので、
購入をしてから仕事にむかったわけですが、いった本屋が手稲の新川通だったので
近いカレー屋さんということで選んだのが、下手稲通りのこらのお店です。

店名がきわめて個性的ですし、しっかりと美味しかったので、
同じく個性的な店名の「ひげ男爵」同様に印象深く残っています。

学園都市線の八軒駅近く、下手稲通り沿いのドラッグストアの向かいに
濃い顔をしたねじれたスプーンのキャラクター 「スプーンマン」が描かれた
でかい看板があるので一発でわかります。
開店時間とほぼ同時に行ったのですが、すでに車が停まっています。

ドアを開けて、中に入りますと、えんじ色のテーブルと
合皮の白いイスのコントラストが、印象的な清潔な店内であります。

カウンター席に案内されたので、腰を下ろして
まずはメニューを吟味です。

エスパーパリチキ 980円 人気№1
下味をしてオーブンで焼いてパリッと揚げた、旨味たっぷりの骨なしチキン
エスパー煮込みレッグ・エスパー揚げレッグ…1000円
スープカレーの定番!!シンプルな味つけの揚げレッグ
エスパーの畑…1000円
18品目野菜カレー ※季節 仕入れにより内容変更する場合があります。
エスパーバーグ…1100円
チーズがかかった肉厚なジューシーハンバーグ(ライスON or スープIN)
エスパーベー温…1130円
厚切りベーコンと温泉玉子のカレー
エスパーポーク…1050円 店長オススメ
当店オリジナルでブレンドした
スパイはで味付けた厚切りの豚バラ生肉
エスパー角煮…1200円
手間暇掛けてじっくり煮込み一晩寝かせた角煮は肉も脂も絶品
エスパーのトンテキ…1200円
新鮮豚バラを使ったスパイシートンテキ
エスパーラムちゃん…1150円
噛んだ瞬間にたっぷりの肉汁が!生ラム肉のペッパーサイコロステーキ
エスパー牛ステーキ…1150円
脂肪分の少ない柔らかいサガリ肉 ペッパーサイコロステーキ
エスパーの海…1400円
海老・イカ・帆立・牡蠣・ムール貝・バーナ貝が入った海鮮カレー
エスパーホワイト…1280円
白いスープが特徴のカレー チーズの雪が降ってくる。
エスパースペシャル…1780円
チキンレッグ・ハンバーグ・半ベーコン・角煮1個が
入ったカレー スープ&ライスが大盛り
普通の量では足りない方はコレ!!
エスパーキッズ…680円
エビフライ・から揚げ・フライドポテト・ライス・デザート・スープカレー

基本野菜 ニンジン・ジャガイモ・ナス・ピーマン・ブロッコリー・レンコン・キャベツ
(変更する場合があります)


SYEP.1スープを選んで
エスパーオリジナル
豚骨、鶏ガラ、香味野菜で煮込んだあっさりサラコクスープ
エスパートマトスープ
玉ねぎ、トマトをおしげなくも使用。旨味系スープ
エスパー海老スープ +50円
3種類の海老と道産昆布を使用の和風テイストなエビスープ
エスパーホワイト +50円
オリジナルスープにココナッツミルクと荒削りパウダーをブレンド
エスパートマトクリーム +100円
☆スープ&キャベツ大盛り +150円

STEP,2辛さを選んで
エスパー0 辛無  エスパー1 エスパー2 小辛
エスパー3 エスパー4 中辛 エスパー5 エスパー6 辛口 
エスパー7 エスパー8 激辛 エスパー9 エスパー10 超辛
11~20番 +50円
21~30番 +100円
31~40番 +150円
41~50番 +200円

STEP.3ライスを選んで
無し -50円
白米 道産 ななつぼし
小(120g) -50円  普通(200g)無料
大(300g)+50円 特盛(400g)+100円
五種類の雑穀米  
小(120g) 無料 普通(200g) +50円  大(300g) +150円
特盛り(400g)+250円
☆ライスおかわり ななつぼし 100円 雑穀米150円

TOPPING
キャベツ じゃがいも ニンジン ナス レンコン、
ブロッコリー、ピーマン、カボチャ、パプリカ、さつまいも
ヤングコーン、ズッキーニ、ごぼう、豆、オクラ、しめじ、舞茸、水菜
ひきわり納豆、温泉玉子、岩のり 揚げのり ゆでたまご  +100円

オクラ納豆 とろけるチーズ フィッシュフライ、カマンベールいももち
串ベーコン +150円

海老フライ トンテキ とろとろ卵(ライスOM) からあげ
ベジタブルセット(コボ茶 レンコン、ブロッコリー、オクラ、パプリカ、ズッキーニ)
+200円

パリチキ チキンレッグ 厚切りベーコン キノコセット +250円
ハンバーグ(チーズ無し) ポーク 豚角煮 ラムステーキ 牛ステーキ
+300


といったところからのセレクトになります。

あと、7月のマンスリーカレーが 『エスパーの夏野菜カリー』1150円

前々回はエスパー角煮。辛さは3番 白米普通盛り、とろとろ玉子をスープトッピングしましたが、
前回はラムちゃんで、スープはトマト、辛さは4番。温玉をトッピングでオーダー。

最初は温玉ベーコンにしようと思ったのですが、惹かれたメニューがありました。
それは、トンテキです。
トンテキの入ったスープカレーは初めてなので、これをお願いします。
辛さは6番、トッピングは温玉、ライスはななつぼしの普通盛りです。

大きめな音量のワイルドな洋楽のBGMが耳に入るなか
オシャレな内装やなぁと思いながら、待つことしばし。
音楽と、素材に油通ししている盛大な調理音が混ざったり、
カウンター席なので、見るともなしに厨房を見ると、
盛大に火柱が揚がったりしています。これはすごい。
入ってきた時から、脂と香辛料のかおりがいい感じでしたが、
調理が始まるとよりその香りも盛大になります。

お洒落でスッキリしている店内にマッチするような感じの
おそろいのユニフォームが清潔な感じのウェイターさんが運んできたものは、
これまたオシャレな食器ですし、これは、ウマそーです。

軽く非透明系、明るいオレンジのスープにはたっぷりと焦がしバジルなどが浮いています。

ニンジン・ジャガイモ・ナス・ピーマン・ブロッコリー・レンコン・キャベツ、温泉卵にゆで卵といった
具材も色鮮やかならば、たっぷり入っている じっくりと火どおしされている、トンテキも
インパクトあります。

と、いったことでまずはスープから一口。

ほのかま甘みとともに、トマトとか香味野菜系のさわやかな酸味が来て、
さらに動物系のコクとさまざまな具材から出てきた旨みがやってきます。

しっかりとした旨みと軽やかなコクがありながら、
飲み口のさわやかさ同様、スッ引く感じの味わいのバランスがよくて
計算、工夫されているのが伝わっています。

こんな土台に支えられたのが、きれのイイストレートような
スパイスの刺激です。これが、ビシッときます。
そんなスープです。

そして具ですが、まずは看板のトンテキです。
見るからに香ばしく、しっかりと熱通しされていて
ところどころ、焦げているのがいいですね。

口に入れると、香ばしさの中にトンテキの脂って感じの味わいと
ほんのりと甘い赤身のあじわいが広がって、
噛み心地はしっかりとしていますが、軽くかむだけで、
獣食っている感が満たされる肉滴があふれますし、そう、この少し焦げた感じも
トンテキ感があります。

そして、そんなコクとウマ味のカタマリが、極上スープとあいまって、
とんでもないことになっているのです。
これは、すごいです。

人参も、ホコホコに煮込まれてアマいですし、キャベツからも自然な甘みが出て
それぞれスパイシーなスープに穏やかさを与えてくれますし、
軽く皮がクリスピーになっているジャガイモは、外はカリッと中はホッコリ。
しかも、秋口のジャガイモならではの滋養とやさしい甘さです。
なすはなすの水分と脂、カレーがあいまっての美味しさ、
レンコンの優しげなあじわいとシャクッとした食感。
ピーマンも肉厚でしっかりと緑の味わいがいいですし、
ブロッコリーの細かいところまで油が入って軽く焦げもついている
素揚げは、いつ食べても感動ものです。

そして、ゆで卵の黄身も半熟気味でこれもいいなぁ、

これらを受け止めるライスも道産米のウマさが確認できますし、
スープカレーとの親和性も言うことなし。

そして、シメは、ライスを投入して
次第に軽く混ざるのにまかせて、味の変化を楽しみながら
一気呵成にいただきます。

しかも、ここで、お楽しみの温玉如月食いつきです。
あー、キレの良いカレーが卵の黄身で濃厚になるのがたまりません。


でもって、
完食したあとは、水をくいっと飲んで、
コップをとんっとおいて、

あー、美味しかった。ご馳走様でした。

帰り際にお金を払うと、高梨沙羅さんのサインを発見。
どういうつながりなのかな???


ちなみに、店名の由来は、某特殊芸能人とは関係なく、
「エスニックパワー」の略に店主の名字をあわせたもの だそうです。

あと、前述の「ひげ男爵」は、ひげ割りがありましたが、
こちらは名字がイトウさんだと、行ったグルーブ全員が100円引きになる
イトウ割引が以前行った時はありましたが(要身分証明)
今もあるのかな??
ちなみに、ワタクシ、ここでは「イト-×ani」を名乗っていますが、
本名は違うので、確認をしませんでした。(アタリマエ)



☆「超人的珈喱湯専科 エスパー・イトウ」
(札幌市西区八軒5条西1-2-32パレスチャギヒラ1F)
◇営業時間◇[平日]11:30-15:00 17:00-22:00(L.O.21:30)
[土・日・祝] 11:30-22:00(L.O.21:30)
◇定休日◇月曜日  ◇駐車場◇有り
◇電話◇011-215-5577



かつてラジオ内にあったコーナー 「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については 
左の欄のカテゴリー「印度化計画」をクリックしてくれれば、見ることができます。


では、また(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/2106-9d10a25e