脂っこいおシゴトがひとつけりがつきました。
まだまだ別の脂っこいおシゴトはあるのですが、まずは一息。
そんなときに郊外を車で走っていると、麦の穂が綺麗に金色に色づいているのに気がつきました。
別の畑では、じゃが芋が紫や白の花をつけています。
すっかり夏にむかっている羊蹄山麓です。

その前までも同じような景色があったのでしょうが
認識できていませんでした。あらためてゆとりって大切です。

7月も残すところあと10日ばかし、夏の大お祭りまであと一月きりました。
夏ならではの脂っこいおシゴトも続くのですが、その間隙をぬったり
深夜テレビにお世話になりながら パソコンに向かうのでしょう。

そんな気分をアげてくれるあのイベントがあります。
夏の大お祭りの必須品。分厚い本の発売日です。

今年はこのタイミングに用事で函館にいましたので、
函館で分厚い本購入の儀です。

ということで、アニ×イトの函館店へ向かいます。
こちらは、以前駅前のWAKOの中にあったのですが、
WAKOの閉館解体とともに、産業通り沿いの美原地区に移転しています。
車を走らせて発見します。
両側をドンキホーテとイトーヨーカドーに挟まれている
雑居ビルの三階に見慣れた青い看板があります。
ヨーカドーの駐車場に車を駐めて、ヨーカドーで買い物をしたのちに向かいます。

階段をすすんでいくと、次第に濃くなっていく空気がイカニモです。
店内はWAKO時代よりも狭くなっているかな。
さらにリニューアル中とかで、やや雑然とした感じ。
店内をグルっと一周しますが、なかなか見つからないなぁ、
と思ったところで、一冊だけ平積みされているのを発見。
無事購入をすませますが、これが函館最後の一冊だったりして…

そして、この日お世話になっている宿で
ビニールを破いて、あらためてご対面。

鈍器とも呼ばれるカタログについて「ずしっとした分厚さが頼もしい」
と名言を残したDrモローさんのマンガは、いつもどおり相変わらずの安定のキレ。

東78ホール増設と、それに伴うさまざまな変化を
ネタにしているのが多いです。
そんなのをニヤッと笑いながら楽しむこともできます

表紙イラストは「蔦」さん。シブいオジサマの絵が
大お祭りのカタログっぽくなくてなかなか面白いです。

背表紙キャラはリボーン 前回はルルーシュでしたし、
時の流れって残酷だなぁ。とはいえ、これ見るとテンションあがりますし
知人のサークルが受かっているのを確認するのも楽しいものです。
それにしても、今回も歴史のスペースが激減。
単独ではなく歴史・創作(文芸・小説)という記述で、
一まとめにされてスペース地図に書かれていました。
これが時間の流れというやつですか。

それにしても、西3.4ホールにサークルが配置されているってのも
はじめてですし、3日目なんて、西1.2.3.4全ホールにサークルが配置されてます。
これもめったに見られるものではありません。

そして、やはり自分のサークルカットを見るのはいいです。
今回も「情報」で参加する私も一人ジャンルでした。
あああ、気持ちがアがってきます。

ということで、大お祭りに向けで準備のテンションをあげてまいります。

参加日は3日目、8月14日(日) サークル名は「東行本舗」
スペースは、東5ホール フ-52bです。
このブログであれこれ書いた、野球場でのカレーのことをまとめて
自費出版物にしたものを持ってゆく予定です。

あと、畏友p氏や畏友GMクンのサークルでも
自分の原稿を載せてもらった自費出版物を頒布し、
お手伝いもさせてもらいます。

GMクンのサークルは、1日目、8月12日(金) サークル名は「北蝦夷協和会」
スペースは、東2ホール W-22bです。
孤独のグルメをはじめとした、久住昌之作品に登場したお店の食べ歩きレポです。
このブログで書いた食べ歩きの記録を載せてもらう予定です。


p氏のサークルは、2日目、8月13日(土)  サークル名は「V.O.L.」
スペースは、東5ホール ヒ-54bです。
KalafinaやFictionJunctionのライブレポート本で、
こちらも、このブログで書いたライブレポートなどを載せてもらう予定です。

興味がありましたたら、足を運んでいただければありがたいです。


大お祭りについての最新情報は逐次こちらで報告していきたいと思いますので
今後もよろしくお願いします。

では、よろしければ、あの伝説の刺さるのこぎりの下で
お会いしましょう。


ってことで。(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/2101-2de187f4