引き続きお仕事毎日期間中、土日返上で働いています。
とはいえ、休日だったり、休日出勤の代休日の出勤とかは
午前中で仕事が終わることもあります。
ま、労働で疲れた時には温泉です。

ということで、向かったのが、まっかり温泉さんでした。
自宅からは30分弱ほど車を走らせて、真狩の市街地を抜けて、
松の巨木でできたログハウスっぽい外装を見ると、
久々にかえってきた気分です。

券売機に湯銭を払い、券をフロントで渡して中へ。
清潔なつくりの建物がいい感じです。
平日の午後の訪問でしたが、脱衣場の籠はいくつか埋まっています。
中へ入ると、タイル張りの清潔な湯槽を満たしているお湯自体も、
赤茶色していかにもキキそうなのがいいです。
そのお湯が、床に描く湯の花の模様は成分総計3900㎎のタマモノ。
まずは、湯に身を沈めると、湯の香が近くで漂ってたまりません。

そして、さらにスゴいのは、広々として陽光がさしこむ
大きなガラス越しに見える、新緑の羊蹄山の威容です。
きれいな稜線がしっかり見えますし、この日はいい天気なのば
バックはブルーで雲の白もいいアクセント。
銭湯の絵にある富士山ばりにきれいです。
これは、風呂絵いらずの贅沢な温泉です。

そして、しばし内風呂を味わったのちに、露天へ。

露天からも、内風呂からも羊蹄の絶景が独り占め出来ます。
ガラスがない分、独り占め感が強いです。
よくぞこの角度で建物を建ててくれたって感じです。

露天自体も巨石をいい感じに配置をしていて
ワイルドな感じですし、内湯よりも湯温が低いので
ゆったりとつかることができます。

いい温泉です。


こちらは人気の施設ですが、日曜にいっても、
ぎゅうぎゅうのイモ洗いということもなく、
適度に人が入っている程度で適正規模で営業している感があって
そこらへんにも好感が持てます。
公共温泉の中には、とにかく利益重視で人さえ入れればいい的な営業を
しているところも少なくないですから。

この温泉を、数人の人と楽しむことができるのも贅沢です。

ということで、小一時間ばかり楽しんで、こちらをあとにしたというわけです。



ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。

ではまた(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/2098-5e73a6df