絶賛土日お仕事期間中です。
ということで、なかなか遠出が出来なくなりましたが、
そんなときに有難いのが近場の温泉に行きましょう。

この日のお仕事か2時くらいに終わったので
その後車を走らせたのが鯉川温泉です。

夏にむかいつつあるこの時期、観光客の方も増えていますが、
道路を一本奥に進むと、静かな空間です。
こちらは、昔の学校のようなアジのある建物と、
使い込まれた感じが伝統という言葉をも感じる湯治場のような浴室と
滝を見ながらはいる露天風呂と
それぞれをみたす、濃碧色のお湯がいいです。

湯銭を受付で手渡しをして、木の廊下に雨滴が描いた模様と
こぢんまりとしながらしっかりと木が組まれた
廊下などを見ながら脱衣場へ。

そして、中へいきますと、湯槽からたっぷりのお湯があふれているところが
酸化して色がかわったり、湯槽の縁が湯の花で丸くなっています。
上にも温泉成分たっぷりの湯気が年月かけてつくった模様が
歴史を感じさせてくれますし、窓から差し込む陽光が
天使のはしごみたいに差し込んでいます。

肩まで身を沈めると、本当に気持ちいい、腹の底から声が出ます。
湯面が近いので、湯の香が鼻をくすぐるのもいいです。

露天は露天で、フィトンチッドの香りと、
滝から流れる気持ちのいい音に涼しい風が
お湯で火照ったからだをなぜてくれます。

しかも、こちらは道道から一本入っただけなのですが、
ほとんど車の音もしないで、滝の音と鳥の声くらいしかしない。
そんなところもいいですね。

そして、内風呂に戻るとお客さんがいなかったので、
ふつうにいいお湯を堪能しながら
道南スタイルでも楽しませていただきました。

ということで、鯉川温泉を堪能。
カープ カープ カープ 鯉川 鯉川 おんせ~ん♪
などとでたらめな歌も口をつきます。

あー、いいお湯でした。

そして、こちらはある平日の夜。
お仕事を終えて8時過ぎに自宅にもどったら、ボイラーの調子が悪い。
これから修理は呼べないですし、ということは夜も朝もシャワーすら浴びられない。

と、いうことで翌朝仕事前に急遽向かったのが、
アンヌプリ温泉湯心亭さんです。

なんたって、こちらは、朝の6時から
日帰り入浴を受け付けてくれています。

仕事に行く格好をして、朝5時40分に自宅を出まして、車を走らせます
6時をやや回った時間に到着。駐車場には平日ですが
車が何台もとまっています。観光にはいい時期です。
ここらへんを散歩している方も何人も見かけました。

重い木の扉についている、自然木風の掴手を動かして中にはいると、
全体的に和とか、デザインを意識した内装がほっとします。
でかいのれんがかかっているところとかも和を意識した感じで、亭の名は伊達ではない。

自販機で湯券を買って、手渡した後
清潔な感じの廊下を歩きお風呂へ。

脱衣場から中にはいると、半円状の湯槽からは、透明なお湯が
ざんざんとあふれていて、これ見るだけでいい気分です。
しかも湯が流れた跡につく模様もいいです。



が、こちらのキモも露天風呂。

扉をあけて、しっかりとしたつくりの屋根がつけられた
廊下を歩いていくと、次第に廊下に傾斜がついていって、
気が付くとお湯の中に入っていくという面白いアプローチ。
小学校とかのプール授業などでプールに入る前に入る
腰洗槽みたいです。

そして、火山地帯だからか でかい庭石みたいのがゴロゴロしていて、いい風情です。
しかも東屋みたいな大きな屋根がついているのですが、
そこの下に寝転がることができる大きい滑滑の石があります。

お湯も温まる感じですしほんのりと漂う湯の香もいい感じ。
ここにごろんと寝転がって

あー、 気持ちいい~
も~しわけない。

と先日無事最終回をむかえた「昼のセント酒」のシゲちゃんみたいな感想をもちながら
露天、内風呂それぞれ堪能したあとに
外に出まして、直帰とかNRにはならずに
お仕事にむかったというわけでした。


ちなみな湯心亭と鯉川温泉は本当に近くですが、
ここと間にあるニセコグランドホテルも含めて
それぞれ泉質が異なっているのは、やはり温泉マジックです。




ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。

ではまた(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/2093-20498843