野球で遠征するか、さもなければお仕事か、という日々が続いているので、
なかなか温泉で遠征する時間がとれません。
そんな時ありがたいのは、仕事後も寄ることが出来る
近場の温泉です。

ということで、休日出勤のある日、仕事が17時頃に終わったので、
むかったのが、倶知安温泉のホテルようていさんです。

こちらは、倶知安市街から5分足らずで行けるのにもかかわらず、
ちょっと丘をのぼっただけで、緑が深い山の中のホテルという風情で
気分も盛り上がります。

駐車場には車がいっぱい。日曜日なので宿泊の人ではないでしょう。
同好の士にあいされています。
フロント横の自販機に湯銭を払って中へ。
脱衣場に行く途中の下足ロッカーにも、結構沢山の靴がはいっています。
そして、脱衣場もにぎやかな感じで、愛されていますが
浴室に入った瞬間にむっと湯の香りが漂ってくるのが、
ファンも多いのが納得するところ。
四角い湯槽から淡い碧褐色のお湯が、湯槽のへりから流れていて、
浴室の床に淡い模様を作っています。

何人かのお客さんがいたということで遠慮したのですが、
これは道南スタイルで楽しみたいです。

そして、露天風呂に行くと、真っ正面に見える羊蹄山です。
この風呂絵いらずのシチュエーションがタマラナクいいです。
こちらに行く時は、雨天とか曇天の緋が多いのですが、
今日はいい天気なので、全貌が見えます。
湯槽に身を沈めると、頂上しか見えませんが、
それでも低い板塀越しに見る羊蹄山もなかなか乙なものです。
黒いピカピカの石張りで囲われた湯槽もよければ、
湯の注ぎ口の下のところが温泉の成分で変質しているのも
いいお湯を証明しているかんじで気持ちいいです。

そして、ここ数週間温泉によれずに全身的にダルさがあるので、
ジャグジーも楽しみます。

比較的、賑わっていますが、
ジャグジーは誰も入っていないので、手足をのばして楽しみます。
ああ、これはいいです。
泡でコリがほぐされる気分です。

と、いうことで小一時間ばかり滞在して、大満足。
その間もずっとお客さんは絶えませんでした。
近いのに、風情があって、お湯もイイというのが人気の理由でしょう。

先日読んだ某エッセイでは、そのことで批判をされていましたが、
1回入ったくらいでガタガタ言うねぇ、
ま、こまけぇことはいいんだよ。って感じです。

あと、こちらに関しては、昨年度末にあるウワサがあったのですが、
それが単なるウワサに過ぎず、払拭されて心から良かった、と思ったのでした。



ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ

では。(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/2090-6b5435ee