Koboスタ宮城での連敗が無かったような最近のカープです。

連敗以外は、いい遠征だった仙台遠征です。
Koboスタ宮城は、球場内の座席のバリエーションといい、
球場周辺の祝祭空間の雰囲気といい、
座席間がやや狭いのを除くと、本当にいい球場でした。
パ・リーグの球場でボールパーク的な盛り上がりをしている
一番の球場というのは伊達ではありません。

そんな良さを確認したのですが、張り替えたグランドの天然芝の色合いと、
観覧車先輩とともに行く前から楽しみにしていたのが、
のりもとんカレーです。

それは、当ブログで「夏を赦す」「最弱球団:高橋ユニオンズ青春記」「極貧球団:波瀾の福岡ライオンズ」
「プロ野球12球団ファンクラブ全部に10年間入会してみた!:涙と笑いの球界興亡クロニクル」
など、何冊かの著作を紹介されていただいています長谷川晶一さんの近著、
「このパ・リーグ球団の「野球以外」がすごい!」(集英社)で、
「選手プロデュース弁当の最高峰」と書かれていたからです。

「このパ・リーグ球団の「野球以外」がすごい」は、
パ・リーグの球団の球場だったり、ショップだったり、
チアだったり、グルメだったり、ファンクラブサービスだったり
といった、いろいろなことを通じて、スポーツビジネスについての
現状と課題を考察している一冊です。

このようなファンサービス向上を標榜しているチーム5つと競るなかで、
ファイターズにとって、札幌ドームってのはやはり足かせになっているな
などと再認識したりしました。
機会があったら、この本もこちらで紹介したいのですが、

ともかく、そこまで書かれていたら、ぜひ食べずにはいられません。

ということで、球場へ向かいます。

球場の入り口のところではカープうどんが売られています。
4月に食いただいたのですが、これは食いたいです。
明日はこれかな、などと考えながら中へ。
6週間ぶりの生カープの選手です。
打撃練習をしばし見てから、内野コンコースの売店のあるゾーンへ向かいます。
Koboスタは、内外野の行き来が出来ずに、
前回行ったときは、2日とも外野席だったので、ここに来るのははじめてです。

ぐるっとあれこれお店を見てから、目的であった2階コンコース「メトロ倶楽部」さんへ。

メニューを見ると、
のりりもとんカレー 甘口 
則本選手絶賛 やわらかい豚肉とたまねぎをじっくり煮込みました
¥950

などと書かれています。おー、これは美味しそうです。

ほかにも
青山ビーフカレー 中辛 
ごろっと大きい柔らかビーフが入ってボリュームたっぷり ¥980

厚切り伊達さくらベーコン
哲朗のザ・ホテルカレー 中辛 ¥950

も気になります。

選手プロデュース以外にも
カツカレー¥900 三元豚を使用したカレーの王道 カツカレー! 中辛
シーフードカレー ¥900
エビ・ホタテ・イカが入った魚介のうまみがたっぷりカレー 中辛
辛!チキンカレー ¥850 スパイシーな大人カレー 本格化にお勧めカレーです。
もありまして、いずれも美味しそうですが、
初志貫徹で、のりもとんカレーを購入しました。

パッケージで満面の笑みで微笑む則本選手。
ひいきチーム以外の選手プロデュースメニューは初めてです。

その後別のところで買ったビールとともに、
カープの打撃練習を見ながらいただきます。

まん丸の容器を持って、則本投手の写真が乗っているふたをとると、
まずは、ぷぅんと漂う鮮烈なカレーの香りです。
おおお、これはすごいです。
盛り付けも、容器を半分に区切るように、きれいにライスが盛られています。
半円柱みたいな形です。そんなライスの上に
素揚げされたジャガイモ、グラッセされた人参、
茹でたブロッコリー、あめ色の福神漬けなどが上陸しています。
それぞれの色合いが鮮やかです。

そして、逆の半分側には、たっぷりの
ややオレンジがかっているものの濃い褐色のカレーです。
表面に脂が浮いているのもいいです。
しかも、カレーごしに大ぶりなお肉も見えます。
これは期待大です。

では、カレーからいただきます。

あ、これは美味しい。
甘い食べ口から、すぐに、ぶっとくて深いコクとか、
肉のエキスとかがベースになってるうまみが訪れてきてくれます。
そして、食べ終わるとほんのりと残る軽い酸味もよくて、
これは玉ねぎとかトマトとかが味わいのベースになっていて、
タイプ的にはヨーロピアンタイプでしょうか。
とにかく、うまいです。この極太のうまみって確かに球場カレーでは珍しいです。

そして、この太いコクに支えられたスパイスの香りに味わい。
この複雑なスパイス使いも凝っている感じです。
甘口なので、そこまで奔放に暴れる感じではありませんが、
ジワジワっと体内に蓄積されます。
スパイスがローストさけているのか、ほのかな香ばしさも感じますし、
それが、カレーを食べ終わった後にも残り、口の中から無くなったら、
すぐまたカレーを食べたくなってきます。

これは、スゴいです。

しかも、カレーごしに見える大きい豚。これがご自慢の伊達さくらポークですか。
たっぷりありそうなので、まずはひとつにかぶりつくと、
ああ、これも美味しいです。
肉自体がほんのりと甘くて、しかも肉滴がたっぷり出てきています。
そして、口の中での存在感。塊のお肉にかぶりつくという
野生の本能を満たす味わいで、戦いの前に食べるのにはふさわしいです。
そして、しっかりと煮込まれているせいか、すごくやわらかいです。
やわらかいということは、そこからたっぷりの肉滴が出てくるということ。
ただでさえ、表面に浮いている脂ですが、さらにカレーの味わいが複雑になります。

こんなのが、申し訳程度に1かけとか2かけしか入っていないのではなく、
一つ一つが大きいのに、たくさん入っています。うれしいです。

ご飯とあわせても当然しっかりとカレーを受け止めて美味しいです。
ご飯も宮城県産米だそうで、こだわってます。

素揚げされたジャガイモも軽く甘くホコホコ、
バターの香りがするグラッセされた人参は、やわらかくも甘い。
ゆでたブロッコリーのほんのりと塩味が効いたアオい味わいもいいかんじで
それぞれ単品で口直し的に食べてよし、カレーの中に入れて食べてよしです。
福神漬けもあめ色のタイプで、赤い福神漬けもいいですが、
この上質なカレーにはこっちがあっています。
などと思いながらなた豆をポリポリ。

そして、ご飯にもあうということは、ビールにもあうということ。
空は青空、目の前では緑が広がり、野球が行われていて、
開放的な空間や、6月、入梅前のさわやか宮城の空気ともども
最高のご馳走です。
と、ビールで流し込んで、ご馳走様でした。

気がつくと、最後は軽く汗をかいていました。
こんなスパイスのいたずらもうれしいです。

さすが、イーグルスのエース様の味わいです。

これで、則本選手を食ったど~! と大満足
でも、この連戦で則本選手の当番はありません。
と、考えると、青山投手を食ったほうがよかったのか、
そうすれば、ランナーを出しながらカープ打線を0に抑えた
青山投手を攻略できたのか。

などと、いらんことを考えるのも負けたからや~!!
でもカレーは本当にうまかったです。
則本選手 ありがとう!

ちなみに、こちら「メトロ倶楽部」さんは、
仙台駅前のホテルメトロポリタンが運営しているそうです。
まさに、ホテルのカレーです。

となると、やはり、青山、西田、両選手の残る2品も食べたいですね。
これはリベンジのポイントです。



そして、翌日

開場時間直後の11時過ぎに球場に入ります。
この日は外野指定席のセンターより、前から3列目。
遠くでカープの選手が打撃練習をしていますし、
目の前ではピッチャー陣がアップしています。

アップメニューをこなしている間も、ピッチャー同士で
笑顔でなにやら話していて、なんか雰囲気がいいです。

そんな様子を見たり写真をとったりしているうちに、アップは終了。
選手はベンチにもどっていったので、私もいったん練習を診るのをやめて
一旦球場の外に出ます。
球場周辺には、お祭りみたいな感じで露天がたくさん出ていまして、
うらやましいのは、この日は、広島からもお店が来ていて、
コウネ丼とか、お好み焼きとか、揚げもみじ饅頭とか
気になるメニューもいっぱい。
新井さんや、ジョンソン選手のプロデュースメニューもあります。

で、ここで買うのは昨日から狙っていたカープうどんです。
さすがの人気メニュー。お隣のお好み焼きのお店とともに
「カープうどん SINCE1957」と書かれている店舗前には長蛇の列ができています。
が、この列が早く裁けます。
手早く麺を茹でて、具をのせて、汁をかけて、といった
一連の作業を ナイスなチームワークでこなしています。
そして、注文してすぐに厨房内から出てきます。

黒い地に、赤い筆記体で、Carpと書かれた発泡スチロールの丼に
淡い褐色半透明の澄んだ汁。そしておだやかそうな麺と、
天ぷらが入っています。Cとピンク色で書かれたかまぼこもいいですし、
丼の中を緑色に彩る小口切りの葱もいいです。
これを慎重に外野席まで運びます。
そして、自分の席にもどっていただきます。
今年の4月はカープうどんのぶっかけをいただいたので、
暖かい汁の入ったカープうどんは14ヶ月ぶりです。

では、麺からすすりますと、細めの穏やかな麺は、
球場を半周したので、やややわらかくなっています。
とはいえ、軽く歯ごたえもあるので、しっかりと麺の味わいを楽しめます。
ま、やわらかいうどんはやわらかいうどんの良さもありますし、
この淡い汁の色とあいまって、博多うどんみたいです。
小麦のあじもしっかりしていて、まずはほっとします。

汁も、見た目通りの淡白さがありながらも、いりことかの出汁の味が
さりげなく効いていて、醤油の味わいを盛り当てて、しみじみと美味しい。
麺を引き立ててくれる味です。
しかも、麺がこの汁を軽くすっていて、いい味がましてます。

天ぷらは作り置きながらも、普段なら汁についていないところは、
軽くサックリとしていますが、この日は移動距離が長かったので、
全体的にトロトロになっています。
このトロッととけているのがいい感じですし、中に入っている干しエビも
いいアクセントです。

そんな天ぷらが淡白ながらもしっかりとした味わいの汁にとけこんで
味が美味しくなるのもいいです。

Cのマークが入ったカマボコとか、上に散らされたネギも
いいアクセントだなと思いつつ、舌ヅツミを打ちながら完食。

というか、仙台でカープうどんってシュールですが、そこがいいです。
つい、観覧車先輩とカープうどんのツーショット写真を
とってしまったくらいにして。


そして、朝飯を押さえ目にしたということで、また入りそう。
ということでR7入り口の利休で牛タン焼きを購入。
ライト外野席入り口ということは、ビジターファンが通る場所。
そこでいい香りの煙をもうもうさせながら待ち構えている
まさにビジターホイホイです。

+200円でご飯のついている弁当もありますが、今日は牛タンだけの
牛タン焼きとビールを購入。
自席に戻って器を開けますと、
細長く四角い端正な折のような容器に行儀よく入った牛たん
さらに小袋に入ったおみ漬けと南蛮味噌もついています。
この小袋から漬物をとりだして、お肉の横に出して
いただきます。

うん、美味しいです。すごく柔らかくて、肉滴もたっぷりと
口の中にあふれそうです。
味付けは塩コショウですがそれでいい、いや、それがいい、という感じです。
上質な牛タンを食べるときの
脂と細かく口の中でホロホロとなる
肉繊維の絶妙なバランスを楽しむことが出来ます。

そんなに力を入れずに噛んだだけで
口の中でホロホロとなるのですが、
噛めば噛むほど、旨みがじゅうっと浸み出てくる感じです。

そんな歯ごたえは繊細なのですが、味わいはワイルド
ほんの少しだけ血っぽい野趣に富んだタンならではの味わいで、
動物の肉を食べている気持ちを満足させてくれます。
うまいですね。
焼き加減も絶妙ですし、この味を青空の下で食べられるのがサイコーです。
ビールも進みますよ。

ということで、ごちそうさまでした。ちょうどゲームがはじまるところです。
これは、コスパこそ、やや?ですが、この味ならば納得ですか。


さらに、途中のグランド整備の前にビールがなくなり、
小腹もすいたので、再び利休さんへ。

そこで購入したのが牛タンベーコン串です。

牛タンツクネ串と迷ったのですが、牛タンのツクネは食べたことありますが
牛タンのベーコンは食べたことありません。ということで、こちらを購入。
手渡されるとずっしりとするる重さです。
全長30センチ超の串に威風堂々としたベーコンの肉塊が5片ついてます。
これは楽しめそうです。

では、いただきます。
燻煙香がワイルドだな、と思いながらかぶりつくと、
すごくしっかりとした歯ごたえですし、噛み切ろうと力を入れると
たっぷりの肉滴です。
この歯ごたえが燻煙香や野外の風とともにワイルドな気分を盛り上げてくれます。
これは、すごい。
味わいもタンの良さを生かしながら、脂と煙によって引き立てられていますし、
塩分もしっかりと効いていて、これはいいです。
最初は、牛タンの燻製かな、と思ったのですが、
それよりも、ベーコン寄りです。

そして、溢れてくる肉滴にもたっぷり燻煙香がうつっていて、
肉、脂、香りすべてで美味しさを盛り上げます。

そして、この濃い目の味付けがまた、ビールとあうんだ。

しかも、串ものってのが、また気分をあげてくれますし、
野球観戦にピッタリです。
片手で串、反対側の手にビール、という黄金コンボが楽しめます。
Koboスタみたいなドリンクホルダーのある席が少ない球場ならば
なおさらです。

ということで、最後の1片までくしから引き抜く。
このかぶりついて引き抜くって作業もワイルドです。
ごちそうさまでした。

ま、ゲームは連敗してまったのですが、それ以外はいい遠征でした。


次にKoboスタ宮城にきた時は、メトロ倶楽部のカレーとともに、
「このパ・リーグ球団の「野球以外」がすごい!」の中で、
球場BグルNo.1といわれていたひょうたん揚げを食べたいなぁ。

でも、現行のルールで、カープがKoboスタに来るのは再来年。
これは、オープン戦とかできた時にでも行くしかないですかね。


ってことで (´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/2088-2c165858