本日より4月。新年度です。

ということで、年度末~年度初めの仕事で忙しいなかではありますが、
今年度最初の野球観戦のため、現在、広島市内某所に潜伏中です。
宿の窓から 猿猴川の夜桜とか、広島駅が見えます。

明日は幸い天気も持ちそうということなので、 魂を入れて、頑張って応援をしたいと思います。
先発は男気黒田様です。よろしくお願いします。


と、いうわけで、ここからがタイトルの記事です。


☆「カリーハウス コロンボ」(札幌市中央区北4条西4丁目札幌国際ビルB1F)

このところ、札幌に行くとなったら、たいていガルパンかはまなす絡みだったのですが、
久々にどちらでもない単なる買い物のためにJRで札幌へ
とはいえ、野球観戦に備えての諸々が買えるうえに、咲-saki-の購入特典が
札幌の本屋でしか貰えないからという理由でしたが…。

そんな買い物を無事終えて、札駅にもどって、久々に豚丼チャーハンでも食べながら
ビールを煽ろう、と、国際ビルに向かったのです



あれ、へんですわ

営業してませんね

外の張り紙を見たら17時まで と書かれていました。

豚丼チャーハンはまた別の機会として、空腹とお酒飲みたい欲はMAXです。

ということで、転進!!

店の前では思いきりカレーのいい匂いが流れていますので、宗旨替えしてカレーです。
おとなりのスープカレー屋さんと迷った挙げ句、選択したのが、コロンボさんです。

ということで、カウンター、入り口近くの席に腰をおろして、メニューを吟味。

CURRY〔カレー〕
たまごカレー ¥600
やさいカレー ¥780
フルーツカレー ¥700
ポークカレー ¥800
チキンカレー ¥800
エビカレー ¥830
ビーフカレー ¥800
カツカレー ¥850
スタミナカツカレー ¥950
日替わりカレー ¥880

TOPPING〔トッピング〕
たまご ¥60
チーズ ¥80
野菜 ¥120

MIX CURRY〔玉子&野菜入り〕
チキンミックス ¥950
ポークミックス ¥950
ビーフミックス ¥950
エビミックス ¥980
カツミックス ¥1000

RICE
Aライス(小ライス250g) ¥-30
ビック(550g) ¥100
スーパー(900g) ¥250
ジャンボ(お替り自由) ¥300

といったところ。

お店の壁には「日替わりカレー オムレツカレー 880円」と張られています。
これですね。
そして、飲みたい欲もあったということで、ビールも注文
一番絞りが¥300 ハートランドが¥400 エビス黒が¥450
300円で瓶ビールって安いですね。

相変わらず、周りは黙々とカレーに向き合う人のみで
カチャカチャという食器が奏でる音が響くハードボイルドな感じ。
とはいえ、味わいは家庭的なホッとするやさしさがあって、
札幌市民に愛されているはずです。
手際よく揚げ物をしている様を見ながら待つことしばしで登場
白いお皿に盛られた、明るい茶色のカレーに、白身の色が出ている紡錘形のオムレツ
ライスの島に上陸をしていて、その全貌をさらしています。

そのオムレツが長いところで20㎝弱ある威風堂々としたものです。
これはインパクトがあります。
まずは、カレーからいただきましょう。
この明るい茶色のカレーは、比較的サラサラな感じで
明るい茶色のなかには、濃い茶色だったり黒だったりの
粗く挽かれたスパイスが見えます。
胡椒の刺激がいい感じですし、
ライスやオムレツとのコントラストも いいです。

と、いうことでまずは一口いただきますと、いつ食べても変わらない、
懐かしさを感じます。
派手さやけれん味はないですが、実直な味わいです。
たっぷりの有機栽培の玉ねぎがじっくりと煮込まれた、
そんな仕上げが生きている穏やかなアマさと旨みがベースになりながら。
肉由来のコクとか旨みがきつつ、しっかりとスパイシーで、
トータルでこくのあるところが好みです。さらさらなカレーでありながら、
コクがしっかりしているのもいいですし、
甘みとスパイスとコクと旨味の絶妙なバランスってのがこちらのカレーのキモです。

さらっとしたカレーということで、ライスに自然に染みこんでくるところもいいです。
そんなしっかりとしたオイしくコクスパイシーカレーがすっと染みこんだ
ライスってのが、道産米で、これまたしっかりと受け止めていて、
相乗効果がいいですね。

そして、初対面のオムレツですが、これが、軽く割ると
中からたっぷりの細く刻まれたベーコンと、さっと切られた玉葱が登場

おおお。

オムレツカレーという名前のカレーだと、たいていプレーンオムレツが
乗っている場合が多いのですが、こちらは違います。
ひょっとしたらこのタイプのオムレツカレーは初めてかもです。
卵も穏やかな味わいで、ほのかに甘いです。
さすがユートピア牧場の自然卵です。
さらに、薄焼きにされた卵でできた皮の中にたっぷりつまったベーコンは
程よい塩味と燻香と脂に肉の旨味の塊。
これがシミジミと旨いのです。
さらにベーコンよりは控えめですが、タップリ入っている
粗みじんされた玉葱も甘いです。
カレーの中に入っているのとはまた趣がちがいますが
こういう甘さも歓迎です。

そして、このオムレツにもさらさらのカレーが溶け込み
次第に味わいが混ざってくるのです。
あー、この変化もうれしいですし、
オムレツを軽くカレーに付けて食べたりと、たっぷりカレーの海に沈めたり、
いろいろなバリエーションで楽しむことができるなー。

これらが、「きらら」「ほしのゆめ」の減農薬米ともベストマッチ。
ごはんも、ノーマルで350gあるので、これも頼もしいです。

そして、カレーライスもオムレツもうまければ、ビールと良く合うのです。
さっぱりとしたビールに、次第に刺激が蓄積してくるカレーの組み合わせは最高です。

と、食べ進めていくと、ルーが少なくなってきますが、そこで
「ルー、追加しますか?」とお店の方から、涙が出るようなありがたいアシスト。
こんな気配りも素敵なお店です。

と、一気呵成に食い尽くしてさらにお冷やも飲んで、ごちそうさまでした。
というわけで、お冷やのコップをトンっと置いたら、アイスクリームが出てまいります。

このウエハースとかがあいそうな濃いバニラアイスが
カレーでホテったカラダを沈静させてくれるのです。

と、いうことで、ごちそうさまでした。
頭からしたたる汗を拭き取って、この日の宿へとむかったのでした。



☆「カリーハウス コロンボ」(札幌市中央区北4条西4丁目札幌国際ビルB1F)
◇営業時間◇ 平日 11:00~20:30 土日祝日11:00~19:00◇定休日◇ 不定休 
◇駐車場◇ ?◇電話◇011-221-2028



ラジオにあったコーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」をクリックしてくれれば、
見ることができます。 よろしければ。

ってことで(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/2047-507cfe5b