先月、青森に行った時の話しです。

当ブログには書かなかったのですが、持って行ったデジカメを紛失しました。
気が付いたのが、浅虫温泉からもどってきて、青森駅でお土産やら、大館駅の鶏飯やらを購入して
10時33分発のスーパー白鳥に乗る20分前くらい。

まだ若干。時間があります。

浅虫温泉の駅とか、青い森鉄道の車両を撮ったまでは記憶にある。
と、いうことは、青い森鉄道の中に置いてきたのか…??
そこで青い森鉄道の窓口に行ってきたのですが、それらしいものは届いていないとのこと。
JRの青森駅に聴いてもダメでした。

ということで、その後の予定もあるので、
少ししょんぼりしながらも、白鳥に乗って、北海道へと戻ったのでした。
ま、誰かが持って行ったのかもしれませんしね。

◆◇◆

その後、Kalafinaライブとか巡礼もあるし、これから野球のシーズンも始まるので、
苫小牧のK,sデンキで、ガルパンを見に行きがてら、新しいカメラを購入したのです。
ガルバンが応援している「水戸ホーリーホック」は、K,sデンキが胸サポをしているので、
どこか因縁めいた物を感じたりして。

そして、新しいカメラも好調だったのです。

ただ。なくしてだいたい1ヶ月後の先週、青森駅を再訪した時、浅虫温泉から青森駅に戻って
喫茶マロンに行く時に時間的余裕があるので、ダメモトでもう一度、カメラについて聞きに行きました。


私「すいません、一ヶ月くらい前に、赤いカメラケースに入った白いデジカメを、
 青い森鉄道の車内に忘れたかもしれないんですけど」

青い森鉄道の方「一ヶ月前って、いつぐらいですか?」

私「(しまった、旅行にいった日、ど忘れした…、あの日に印象的なことなにかあったっけ)

  …

  !!

 …えー、あの、SMAPが解散するってニュースが流れた日なんですけど」

青「(苦笑い)、あー、調べてみますね~」

でも、青い森鉄道の人はそんなアイマイな情報でもしっかりと調べてくれました。

そして、

青「ひょっとしたら、該当するかもしれない品が届けらましたが、
 駅には2週間しか保管しなくて、あとは青森警察署に届けるんですよ。
 青森警察署なら、駅を出てあっちのほうです」

ああ、そうですか、ありがとうございます。
と、一礼をしてから、警察へ向かいます。

警察に行く途中に、この日の最後の目的地、喫茶マロンの横も通るので、下見も兼ねていいですね。

そして、15分ほど歩いてから青森警察署へ。

私「すいません、1月13日の9時台の青い森鉄道の車内 (←ここは、学習をしました) に、
 赤いケースに入ったニコンの白いデジカメを置き忘れて、
 青い森鉄道の方に聞いたら、こちらに届けたかもと言われたのですが…」

警察の方「あー、それなら調べてみますね」

その後二、三のやりとりがあって、待つことしばし。
ビニールの透明な袋に入った私のカメラが登場。
おおおおお一ヶ月ぶりくらいの対面です!!

警「これが、該当する品物かもしれませんけど、名前とかも書いてないので、
  確認のために、どんな写真が入っているか教えてもらえますか」



カメラのメモリーには、ウスい頒布物を作る時の資料にするためにとった
野球場の写真とか、球場などで食べたものの写真とか、列車や駅の写真とかばかり入っています。

私「えーと…、
  …野球場の写真とか、
  …駅の写真とか、
  …料理の写真とか(小声)」

警(確認をしながら、出てくるHIROSE選手のユニフォームとか、
 マツダスタジアムとか、ハマスタなどの球場や、上白滝などの秘境駅や、
 南千住の「きぬ川」さんなど、孤独のグルメの巡礼写真を見つつ、苦笑いしながら)
 「あー、これで間違いなさそうですね。」

私「…ありがとうございます(テレながら)」

その後、一旦紛失をしたという体裁をとならければならないので
遺失届を書いてから、受け取りの書類を書きまして、
漸く、戻ってまいりました。

やりました。

ありがとうございました、青い森鉄道
ありがとうございました、青森県警
ありがとう、青森
サンキューブルーフォレスト

と、余計なことを考える自分。

「逆に受け取りに行くキッカケになるかも」
「私はそう思ってるよ」
「よし! 」
「そうとしか思えない」
「ありがとう青森!」
「返却されるだけ!」
「ありがとう青森!」
「感謝しよう!」
「うん!」
「それに盗難じゃありません!」
「うん!」
「紛失でもありません!」
「うん!」
「ブルー フォレスト!」


バカですが、カメラが無事帰ってきて、これだけウカれているということで。

でも、一説によると日本は、落とし物の6割近くが戻ってくるそうで、
この民度の高さは少しウレしいですし、
そんな恩恵にあずかれるのがありがたいです。

ということで、見知らぬ人達に助けられているぶん、
困ってる人はなるべく手助けしたり、
落し物は必ず拾って届けたりするようにしようと、
改めて、強く思ったというわけでした。


では、また。(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/2032-8310bca9