2016.02.14 隙あらば鯉
遅くなってしまいましたが、帝京大学ラグビー部の今季が終了しました。

やはり社会人の壁は分厚いです。
中ではオッと思わせるプレイもありましたが、やはり地力にまさる印象が強い。
しかも今年のTLのチームは実力も拮抗しているので、
この中にはいると、やはり見劣りしてしまう。
連覇を伸ばすのもそうですが、
社会人のチームとプレイをして、いかに戦えるかが、
来期の課題でしょう。

ひょっとしたら、また来年から日本選手権の方法がかわるのか??
などという報道もありますし、こちらも気になりますが、
今後を見守ることにしましょう。

とまれ、4年生のみなさんはご苦労さまでした。
1~3年生の皆さんや、新入生の皆さんには、
来シーズンも楽しませてほしいと思います。
頑張れ帝京大学!!



さて、同じアカいチームつながれといえば、現在キャンプ真っ盛りの
広島東洋カープです。(強引)

2月も中旬になると、キャンプの状態が気になりますし、
増えてくる情報に一喜一憂する時期でもあります。

今シーズンの日程に加えて、時間、球場が発表になると、
隙あらばカープ の精神で、どうやって、仕事と折り合いを付けて
遠征をするかをあれこれと妄想するのも楽しいところです。
2月下旬から3月上旬にかけて、前売り券の発売も始まりますし、
先日、畏友GMクンとも、「どのゲームのために遠征しようかねぇ」
などと相談をしたぐらいにして。

また、カープ以外のゲームも遠征したい。

昨年、無事12球団の本拠地全球場を制覇したので、
今年も新しい球場にいってみたいなぁ。特にイロイロと評判がよくて、
前々から行きたいと思っていたアノ球場に遠征するぞ~、
とか画策をしております。

そんな気分を盛り上げてくれたのが、先日発売になった
「赤ファンのつぶやき」(野村宗弘 さん 著 日本文芸社/ニチブンコミックス)です。

マンガ家なのに、マンガを描いたり、マンガやアニメを見る時間よりも
カープについやす時間のほうが多い、と豪語する野村さんは、
代表作「とろける鉄工所」(イブニングコミックス/講談社)でも、
主人公が、ぺー さん。さらにぺーさんが勤務するのろ鉄工所の同僚が
西田さんとか、小島さんとか、今井さんとか、池谷さん、
県立工業の生徒に、大竹兄弟に、川口さん。って、
ニヤっとするネーミングのキャラクター。
そういえば、のろ鉄工所を速攻で辞めた「丸手(マルテ)」クンなんてのもおりました。
さらに、小島さんをはじめ、多くの人が応援しているチームが、かわざかナープ
ということで、ここもニヤッとしながら読んでいましたが、

現在連載している、「秋月あきひろのポジション」(イブニングコミック/講談社)は、
以前も当ブログで取り上げさせていただきましたが、
常勝ドリコノーズという、どうみてもカープなチームを舞台にした
育成選手のお話しです。

一昨年、カープファンのマンガ家がコラボした画像が
新聞紙上やカープのバックスクリーンを飾りましたが、
そこでは、外野フライを必死に追う岩本選手をかいてましたね。

そんな野村さんの最新単行本でして、
「かっつりプロ野球(漫画ゴラク別冊)」や「漫画ゴラクスペシャル」 いずれも日本文芸社
に掲載された。広島の夫婦が昔の広島にあったことを漫才テイストで話す
「そういやのカナ」のキャラクターが、カープについての思い出を
延々語ったり、なぜか、カープ関係者のそっくりさんが訪れるお好み焼きや
「トリオ・サ・しんじ」に行って、カープの話しをするという
ユルいマンガですが、このユルさが、たまりません。

ああ、いいなぁ、早くカープを応援したいなぁ、と思わせてくれます。

公式のホームページには
「三度の飯よりカープ好き!優勝しようがしまいが一生カープファンな貴兄もカープ女子も必見!! カープファンの、カープファンによる、カープファンのための、広島カープ・バイブル的ファンコミック誕生!!
広島出身、生まれてからずっとカープ一筋の作者が描くのは、一冊丸々カープネタのみ!!
2012年から2015年のカープを総括しつつ、ファンだったら当然知っている、カープあるあるネタから、マニアックな知られざるカープネタまで、全てを網羅!! ファン垂涎、ファンでなくても楽しめる、野球への愛が溢れて止まらない一冊が発売!! シーズンオフの必需品、試合観戦のお供に是非!!」

と書かれています。

で、単行本を見ると、あとがきで、野村さんは
「そりゃカープマンガを描くのはうれしいけど、カープに怒られるのは嫌~
と、マンガ家として思っちゃいけない事を思いまして
(怒られるよりも、面白いを追求したいもんなのに…マンガ家なんで…)
カーブさんにチェックしてもらうことにしました。
怒られたら、そのネタは消そうと…。そこでビックリする事が起きました。
カープさん太っ腹すぎて、どうかなーってネタでも通してくださる。
こっちが心配になるくらいです。」と書かれていました。

球場ラヴァースの時もそうですし、本当に太っ腹だな、カープの広報。


ちなみに、先日の「漫画ゴラクスペシャル」連載分は、カープの流行語という話題でしたが、

「隙あ×ば×間」も「結×論」も触れられていなかったので、ナゼ ? と思ったのですが、
ま、そういうことなのでしょう。
うーむ。太っ腹のカープ広報的にも、これはアウトってことですか。
なるほど。


でも、カープのゲームを見たくなること必至。よろしければ、オススメいたします。


あと、こんな記事が、まとめブログに載っていました。

広島カープ発祥のもので打線組んだwwwwww

遊 ベースボールアカデミー
右 ジェット風船
中 トランペット応援
三 選手別応援歌
一 王シフト
左 イチローコールなどの○○コール
捕 グラウンドでのビール掛け
投 メガホン
マスコット ベースボールドッグ
なお今回の打線は他のチームが後に続いたもののみでカープしかやってないのは除外しとるで

これに対するレスで、

代打:ベース投げ
記念Tシャツも入れよう
女性ファンブーム(適当)
彡(゚)(゚)
ブラウンシフト選手が入らないとか層厚杉内
樽募金
代走 地元主婦がエースの奥様に嫉妬
専任打撃投手 スカウトのスピードガン が無いな
ファン感に徹夜で行列
助っ人のお母さんがホームランガールも初めてやな
4(投)有望な選手宅前で座り込み
発祥であって初めてやないからな
初めてってことなら沖縄初のプロ野球選手ってのがあるし
熟女ホームランガール
台車に球団のロゴ入れて売りさばく(即完売)
ユーティリティープレーヤー(木下)
選手の兄(住職)が球団のイベントの司会、なお、その住職はロッテファン
監督賞
これもカープ発祥やで
初代監督石本さんが考え出した
球団には金がないから当然石本監督の自腹だったらしい
宿舎で算盤はじく姿が目撃されていて
広商出身で戦前は経済新聞の記者やってたこともあるから
株式取引をやっていたと推測されている

なんてのを見ると、
改めてカープっていいなぁ、などと思うのです。

さて、まずは4月上旬は、マツダズムスタのチケット争奪戦に、
甲子園のチケット争奪戦。
5月GWの東京ドームのチケット争奪戦です。

ああ、楽しみです。



ってことで(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/2025-5ca7acef