Kalafina 8th Anniversary LIVE 2016 @O-EAST 
ぶじ終了いたしました。

今年初のライブでしたが、サイコーでした。
詳しくは明日の当ブログで紹介したいと思います。


量たまたまた苫小牧でガルパンの劇場版を見て、そのまま宿泊しましたが、
その後、自宅に帰りがてら、今年初のスープカレーを、
札幌にあるお気に入りのお店で食べてから、温泉入って自宅に帰ろう。

という考えで寄ったのが定山渓温泉のホテル山水さんです。

こちらは、循環塩素なしという管理が良い温泉のうえに、
毎日換水清掃をしているという、定山渓の中でも、屈指のお湯のよさをほこる温泉であります。
しかも、豊平川の源流が作り出した渓谷ごしに朝日山などの山々の
景色が美しい露天風呂もまた風情があって、四季折々の景色が楽しめるのです。

フロントでアタタカク迎えてくれる女性スタッフの笑顔だったり
フロントから脱衣場へとむかう絨毯をはじめとして隅々まで清掃が
行き届いている清潔感ただよう館内にまずはいい気分になります。

人気の施設ですし、日曜日の昼下がりということで、
脱衣場のカゴは4割くらい埋まっています。
とはいえ、芋洗い状態ではないのが落ち着けます。
脱衣場から浴室に入ると、軽くふわっと漂う硫黄香のおくゆかしさと
いつ行っても、落ち着ける風情があります。

なだらかな曲線を描いている湯槽からは、お湯が軽く溢れていますし、
温泉成分の濃いお湯に身を沈めると、肺の奧から空気が出ます。

ああ、気持ちいいです。

しばらく内湯を楽しんでから、露天へいきます。
BGMに、川のせせらぎの音がいい感じの野趣に富んだ露天風呂は
黒いゴツゴツした石も雰囲気にあっていますし、
露天に身を沈めると、濃いお湯も近づくので、
露天でありながら湯の香が楽しめるのが、こちらの魅力です。

しかも、ちらちらと雪が舞う中、肩口に積もる雪が消える様も風情ありです。
冬の時期というせいもあってか、露天の湯温はやや温目。
だから、こちらもじっくりと、額から汗がでるまで浸かることが出来て、
気持ちいいです。

露天の横にサウナがあるのも、匂いが中に籠もらないのでいい工夫です。
(僕はあまりサウナははいりませんが)

そして、再び中へもどると、お客さんが少なくなっています。
これはチャンス。ということで、湯槽の縁をつかって道南スタイルです。
これは、頭もカラッポになります。

ああ、きもちいいなぁ。

あまり寛げるあまり、軽くヲちてしまいまったぐらいにしてということで、
ゆったりと小一時間ばかり滞在して家へと戻ったのでした。


ちなみに今まで入った温泉については左側の欄にある温泉三昧を
クリックしてもらえれば見ることが出来ます。

よろしければ。


ということで。(´・ω・)ノシ

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/2014-3c158b3c