隙あらばガルパン期間中。映画のために苫小牧へ。
ただしこの時は、支笏湖以南が、ほぼ路面が綺麗に出ている状態で、
予定よりも30分以上早くついてしまいました。

そこで、チケットを購入したのちに、聖地巡礼としゃれこみましょう。
と向かったのが、苫小牧のフェリーターミナル。
大洗女子と大学選抜との試合会場は北海道。
大洗からさんふらわぁに乗って試合会場に向かっていますので、
ついた港はこちらでしょう。

ワンカットしか出てきませんが、フェリーからターミナルに行く
ブリッジの形からしても、間違いありません。

と、いうことで、勝手に聖地認定して向かいがました。
何せ、映画館から車で5分程度ですのですぐです。
行ったとしても、プレートやたて看板があるわけでもないですが、
ここに大洗のメンバーが来たんだなぁ、と妄想するのも楽しいですし、
デカい船を見るのは心がワクワクします。
丁度、行った時間では「きたかみ」さんが、着岸の準備をしていました。


そして、その後、昼飯には「縄文」のラーメンを食べてから映画鑑賞。

あー、聖地に近い映画館で見るシーンは格別です。
と大満足して、そのまま苫小牧に止宿。

翌日は、室蘭で映画を見てから、自宅に戻る行程。
ただ、映画は13時50分から。ということで、午前中は温泉にお世話になりましょう。
と向かったのがアヨロ温泉さんです。

駐車場に降り立つと波の音が響いています。
この日は穏やかな天気だったので、そこまで怒濤の音ではありませんが、
静かに響く波音も良いものです。
さらには、漂う潮の香りもいい感じ。まずは、これがこちらの魅力です。

入り口の中に入ると、さまざまな物産が売られていて、それを横目に見ながら
券売機に湯銭を払い、新しいカウンターにいるスタッフの方にチケットを渡して
脱衣場にむかうと、脱衣かごは6割方埋まっています。
相変わらずの人気です。

さて中に入って、四角い湯槽に入ります。
軽くヌルつくとろんとした感じの淡褐色のお湯が
ざんざんと湯槽からあふれているところは、
変わりありませんし 寝湯は、今までのただたんに寝るタイプではなく、
噴出される泡が足の裏を刺激するタイプなので、
ふつうのお湯を味わったあとにジャグジーにも軽く入った後に露天へむかいます。

露天へ行ってたつと、高い竹の塀ごしに太平洋が見えます。
余り覗くと駐車場からまる見えなので、不審者っぽいので避けますが、
お湯の音と波の音の組み合わせになごみます。
お湯も変わらず上質で気持ちが良いですし、気泡の付きもいい感じ。

堪能して再び内風呂に行って、寝湯でもまったりといたしましたが、
昔のこちらの温泉にあったように、ただ寝転がることができるタイプの寝湯があれば、
いうことなしなのですが

古いアヨロ温泉といえば、カランもありますが、
古いアヨロ温泉時代の時にあたりまえのようにあった、お湯をすくう湯だめも、
かつてと同じ風情で残っているのがいいです。


と、いうことで、お湯を堪能してお昼にカレーラーメンを食べてから
映画に行くために、東室蘭へと向かいました。


あと、かつてのアヨロ温泉といえば、 野菜や海産物や
お惣菜を売っていたのもウリでしたが 前回行った時は、
玄関の横やカウンターとか入り口では農作物が 売られていたのですが、
今回は新鮮なイクラ〔「アヨロ温泉特製いくら」と書いてました〕を発見。

天ぷらこそは売っていませんが、おにぎりとかも売られているのを発見
天ぷらまであと少しかな。



ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。
よろしければ。



と、いうことで。(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/2011-d0567b03