☆「カリーハウス コロンボ」(札幌市中央区北4条西4丁目札幌国際ビルB1F)

はまなすに乗るためにJRで札幌へ。
JRが札幌駅に到着したのが20時13分
この段階で、夕食がまだということで、目指したのが、駅近のコロンボです。
ただこちら、20時30分閉店です。果たして間に合うか、と早足で向かいましたが。
大丈夫です。開いてました。

ということで、入り口近くの席に腰をおろして、メニューを吟味。
タマゴカレー 580円
やさいカレー 750円
フルーツカレー 700円
ポークカレー 750円
チキンカレー 750円
エビカレー 750円
ビーフカレー 750円
おやこカレー 800円
カツカレー 800円
スタミナカツカレー 900円
日替わりカレー 850円

トッピング
たまご 60円
やさい 120円
ミックス(たまご・やさい) 150円
ビック(大盛り) +100円
スーパー(大盛りの大盛り) +250円
ジャンボ(おかわ自由) +300円
Aライス(小ライス) 30円引き

といったところ。

お店の壁には「日替わりカレー チキンカツカレー」と張られています。
これですね。

周りは黙々とカレーに向き合う人のみで
カチャカチャという食器が奏でる音が響く
ハードボイルドな感じ。
とはいえ、味わいは家庭的なホッとするやさしさがあって、
札幌市民に愛されているはずです。
手際よく揚げ物をしている様を見ながら待つことしばしで登場
白いお皿に盛られた、明るい茶色のカレーに、淡い狐色のカツです。
カツは完全にライスの島に上陸をしていて、その衣を全部さらしています。

しかも、こちらの親子カレーのように
明るい色のカレーに輪切りされたゆで卵が
卵一個分乗っています。

そう、こちらのレギュラーメニュー親子カレーは
チキンカレーのルー部分にゆで卵の輪切りが乗っているものです。

このチキンカツだけでおごっつぉうなのに、卵のサービスまでとは
ありがたいです。まずは、カレーからいただきましょう。
この明るい茶色のカレーは、比較的サラサラな感じで
明るい茶色のなかには、濃い茶色だったり黒だったりの挽かれたスパイスが見えます。
ライスやカツとのコントラストも いいです。

と、いうことでまずは一口いただきますと、いつ食べても変わらない、懐かしさを感じます。
派手さやけれん味はないですが、実直な味わいです。
たっぷりの有機栽培の玉ねぎがじっくりと煮込まれた、
そんな仕上げが生きている穏やかなアマさと旨みがベースになりながら。
肉由来のコクとか旨みがきつつ、しっかりとスパイシーで、
トータルでこくのあるところが好みです。さらさらなカレーでありながら、
コクがしっかりしているのもいいですし、
甘みとスパイスとコクと旨味の絶妙なバランスってのがこちらのカレーのキモです。

さらっとしたカレーということで、ライスに自然に染みこんでくるところもいいです。
そんなしっかりとしたオイしくコクスパイシーカレーがすっと染みこんだ
ライスってのが、道産米で、これまたしっかりと受け止めていて、
相乗効果がいいですね。

カツも揚げたてでサクサクよりもさらに固めな
カリッとした食感も混ざって、そんなのを味わっていると、
すぐにしっかりとじわっとウマ味の肉滴がしみでてくるシミジミと旨いのです。

しかも衣も肉滴もあちあちです。この衣のクリスピーさというか、堅さが頼もしいですし、
肉もジューシーなのも、タマリマセン。
豚に比べると淡白ですが、鳥ならではの肉滴や旨みがぎゅっと出てきまして、いいですね。

そして、このしっかりと揚げられたチキンカツにも
さらさらのカレーが溶け込み
次第に衣がテロテロになってきます。
あー、この変化もうれしいですし、もとが堅めですから
それがやわらかくなるギャップもいいです。

しかも、カレーに浮かぶ輪切りのゆで卵も
目に鮮やかなだけでなく、しっかりと美味しい。
いろいろなバリエーションで楽しむことができるなー

と、一気呵成に食い尽くしてさらにお冷やも飲んで、ごちそうさまでした。
というわけで、お冷やのコップをトンっと置いたら、アイスクリームが出てまいります。

このウエハースとかがあいそうな濃いバニラアイスが
カレーでホテったカラダを沈静させてくれるのです。

と、いうことで、栄養補強を終えたということで、
はまなすにはまだ早いので、時間をつぶすために
近場のネットカフェへ移動しましょう。

と、ふと頭にふれたら、頭にしっかりと汗をかいておりました。
そんな体で汗腺で感じるカレーに大満足して
これからのるはまなすに思いをはせたというわけでした。




☆「カリーハウス コロンボ」(札幌市中央区北4条西4丁目札幌国際ビルB1F)
◇営業時間◇ 平日 11:00~20:30 土日祝日11:00~19:00◇定休日◇ 不定休 
◇駐車場◇ ?◇電話◇011-221-2028



ラジオにあったコーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」をクリックしてくれれば、
見ることができます。 よろしければ。

ってことで(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1987-d08efe1e