☆たんぽぽ (虻田郡倶知安町字高砂101-9)

引き続き釧路滞在中ですが、今日は地元に帰りながら、
今年度で廃止になってしまう駅をまわりたいと思います。

そんな話はまた後日。


ここからがタイトルの記事です。

昨日は、11月から冬の休みに入る温泉の話でしたが、
職場の帰り道にあるのでよく寄るご飯やさんが、11日から冬休みに入るということを
知人に教えてもらいしまた。

ならば10月中にいって、カレーを食べようと向かったのが、
国道5号線沿いの、倶知安の市街をニセコに向かってしばらく走ると
左側に見えてくる「たんぽぽ」さんです。
ここらへんは、ホーマックのスーパーデポができたりして
にぎやかになりそうな感じです。

国道沿いの店の前ではためくのぼりには 「オムライス」「石焼ビビンバ」などとともに
「カレーライス」の文字もあります。
洒落た木造の民家風の建物に凝った字体で書かれたというか
木でつくられた「たんぽぽ」の文字。

いい雰囲気を醸し出すドアを開けて中に入ると。
店内には、「11月からお休みします」との張り紙が。
なるほど、本当だ。

ウッディーな外見からして、食堂というよりはおしゃれなカフェ風でしたが
中に入るとそんな気持ちがいよいよ強くなります。
こちらは、先ほどにもも書きましたが、仕事の帰りに、
オムライスとか、みぞれカツ定食とかを食べて大満足になるのですが、
まずは、この雰囲気がいいです。

4人掛けの立派な木のテーブルの前に腰をおろして、メニューを拝見。

ミニアルバムのようなメニューもお店の方の手によるものでしょうか、
踊るような筆文字がインパクトあります。

石焼カルビービビンバ ¥980
ピリ辛挽肉セット ¥800
オムライス ¥880
さばみそ盆 ¥880
チキンみぞれ盆 ¥880
豚しょうが焼きセット ¥980
オムレツカレー ¥700
カツオムレツカレー ¥880〔チキンカツもあります〕
ハンバーグオムレツカレー ¥780
カレードリア ¥750
梅・じゃこ・高菜のチャーハン ¥780
ベーコン&レタスチャーハン ¥780
エビグラターノ ¥780
ドリアも有マス。 ¥880
ちびっこランチ ¥680
ラーメンとピリ辛丼 ¥880
ラーメンとカレー丼 ¥880
ラーメンとぢどり丼 ¥880
ラーメンとカルビー丼 ¥980
カルビー丼 ¥800
ぢどり丼 ¥700
カツ丼 ¥880
鉄板ナポリタン ¥800
手造りピザパイ えびピザ ¥880
ベーコンピザ ¥880
ポテトピザ ¥880
ミックスピザ ¥980

和・洋・中・韓・印 なんでも来いという感じですね。
このほかにも、以前には、きまぐれメニューがあって

それには、ココナッツミルクたっぷりタイ風 イエローカレーなんてのもありました。
美味しかったなぁ。

この日は久々のチキンカツオムレツカレーをオーダー
金沢のご当地メニューのハントンライスの白身魚がチキンカツにかわって、
タルタルソースの替わりにカレーがかかっている感じですかね。
ハントンライスは、バターライスとかの上に薄焼き卵と白身魚のフライ
そしてタルタルソースですから、似てますね。

ジブリ映画の音楽をアレンジしたBGMに耳を傾けながら待っていますと、
時折厨房から流れてくる調理音が食欲をそそります。
私の前に座ったお客さんは石焼ビビンバを注文したみたいで
盛大なジュージューした音やいい香りとともに、登場しました。
「しっかりと混ぜて食べてくださいね」と、お店の方。
これは、美味しそうです。
次きた時には行きたいなぁ。

そんなことを考えていると登場します。

これはこれは

四角い塗っぽい黒のお盆に乗っかった横に細長いおさらには
鮮やかな黄色いオムライス、 焦茶色したカレーがのっかっていて、
そこにコロンコロンとチキンカツが二つにカットされて8きれくらい乗ってます。

さらに、別の丸い小皿には、丸くかたどられたポテトサラダがメインとなった
おしゃれなサラダがのり、カップにはいったゴマの散らされた味噌汁。

いいぞいいぞ。

気分も盛り上がってきたところで まずはカレーを一口

うまい。ぱくっと口に入れるだけで
すぐにわかる穏やでほっと出来る加減がいいです。

具としてもたっぷり入っているのですが、カレーにたっぷり溶け込んだ
玉ねぎの甘さがいい感じですし、
オレンジがかって見える色あいは伊達ではない、
トマト由来でしょうか、ほのかな酸味と濃いうま味が
まずは口の中に幸せをもたらしてくれますし、
後からジワジワと来るスパイシーさを引き立ててくれます。

このにコクとウマ味と辛さのバランスが絶妙です。
カレーの中のトマト分や玉ねぎ分の多さは、デミグラスソースとかにも
通じるような気がして、カツもあいそうです。

とはいうものの、そんなにエバった感じではない
あくまでも穏やかでホッとできるルーの味なのです。

でもって続いてチキンカツをいただきます。

エッジが軽くたって主張している感じのカツはさくさくですし、
中の鶏肉も淡白ながらも滋味あふれています。
このたっぷりと出てくる肉滴がびっくりするくらい多くて
ウレしいです。これが8個も乗っていて食べるたびに
しっかりとした肉の味と肉滴が出てるのはウレしいです。

しかも、カレーとチキンカツだけでもうご馳走なのに、
さらにふわふわとろとろの半熟玉子をまとったライスがあるわけですからね。

卵にスプーンをさすと、トロっと黄身が流れるところもいいですし、
味わいがほんのりと甘いのもカレーの濃くも軽くスパイシーな味わいを引き立てます。
ライスも、しっかりとオイしくて、卵の濃厚な味をしっかりと受け止めています。

だから、カレーよし、カツよし、オムよし、ライスよし
ってな感じで、これらが相乗効果で、ウマいワンプレートを作り上げているのです。
だから、いっぺんにいただくと。「うまい、富良野を思い出すな」
という感じです。

中にカリッとしたのが入れられている凝ったドレッシングのサラダも
ゴマと生姜が効いている味噌汁もいいですよ。
それぞれうまいうまいいいながら、一気呵成に食べまして、

ごちそうさまでした。

ということで、満腹をかかえて、お家にもどったのでした。
また四月にくるのが楽しみです。





☆「たんぽぽ」(虻田郡倶知安町字高砂101-9)
◇営業時間◇11:00~20:00(売り切れ次第閉店)
◇定休日◇不定休 ◇駐車場◇有り
◇電話◇ 0136-22-4395



ラジオにあったコーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」をクリックしてくれれば、
見ることができます。 よろしければ。

ってことで(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1976-89474d2e