スワローズの山田選手、スゴすぎです。

日本シリーズの大舞台で三打席連続ホームランって。
真中監督ではありませんが、鳥肌がたちますし、
野球の歴史的現場に立ち会った気分です。
現場で見てた人は、さぞや盛り上がっただろうなぁ、
また、神宮のスワローズファンって、スゴい楽しそうですもの。

最初はホークスの勢いばかりが目立っていましたが、
これで、日本一のゆくえもわからなくなってきました。
そんな楽しみもあるポストシーズンです。


また、日シリ以外でも、今年は、セリーグの三チームで監督が交代。
全員が40代になりました。
ま、この2年で全チームが監督交代になりましたので、
若返りも当然ですが、それにしても、ここまで進むとは。
もし山本昌投手が引退していなければ、自分が所属しているリーグの
すべての監督が自分より年下という状況だったのに。
返す返す引退が惜しまれます。

そんな来シーズンが楽しみになるニュースがあるかと思えば、
今年は、野球賭博の問題もあり、野球賭博よりもさらに問題である
不倫妊娠のすえ、そのことを反社会的勢力に1億円を提供して、
なかったことにしようとした事件の張本人が監督を辞めることで、
なんか幕引きをはかろうとしているような気もします。

つくづく現職のキレモノのコミッショナーが、1億円事件のときのコミッショナーだったら
どういう展開になったのか。
今回の野球賭博の問題も、紳士球団は選手に聞き取り調査をした結果、
一人以外は全員シロと発表したのに、それをNPBの調査が覆したのは、
氏が検察畑を歩いてきて、あまたの難事件に関与したのとは無関係ではないでしょう。

少なくとも「今は、野球に集中してがんばってほしい」などと的外れなコメントは
出さなかったと思われます。

うーむ、紳士球団、罪深いです。
新監督も、入団時の経緯がありますしね。


そんな今後が流動的なニュースこそあれ、
チームも来年への準備が始まっています。

ドラフトで、カーフは1位で岡田明丈投手 大商大 を
2位で横山 弘樹投手 NTT東日本 を指名しました。
二人とも即戦力としてバリバリやってくれそうな気がします。

今のピッチングスタッフに刺激を与える存在となってほしいものです。


ファイターズはドラフト1位の籤を二回はずした結果、
明大の上原投手を指名しました。
二度目の籤で、小笠原投手を獲得できていれば、上原投手は
2順目まで残って、カープが指名できたかもしれないのに…
思わず仕事の手をとめて、小笠原投手が獲得できるように
念をおくりましたがだめでしたね~

なんか、吉川、有原、上原と広陵高校出身の好投手って
ことごとくファイターズに流れているような気が…

でも、投手横山 って、いかにも名前からしてカープ的だし、
4位指名は、カープお得意の謎三文字仲尾次投手。
こんなところもカープ的。

指名したピッチャーも右2人左2人とバランスいいし、
地味にいいドラフトかもしれません。
一日も早くカープになじんでがんばってほしいと思います。

ただ、来る人あれば、去る人あり。
すでに、戦力外・自由契約と発表しているのが、
引退をする東出選手と、
栗原、中村憲、河内、池ノ内、岩見、篠田、鈴木将、武内各選手の計九名
さらに、育成の森下、デヘスス両選手も戦力外です。

栗原選手はどこかでもう一度活躍する姿を見たいですし、
河内、篠田、鈴木将といったドラ1組も戦力外です。

寂しいけど、これがプロの世界です。
カープのホームページを見ると、これらの選手の
ユニフォームの販売について書かれています。

退団選手商品 受付終了のお知らせ更新日:2015.10.26

いつもご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら新たに下記の通り、退団選手商品の受付を終了とさせていただきます。
《対象選手》 篠田 純平、鈴木 将光、武内 久士、D. デ ヘスス
《受付終了日時》2015年10月31日(土)16時
《対象商品》
レプリカユニフォーム(ホーム・ビジター)
ハイクオリティユニフォーム(ホーム・ビジター)
サインボール(プリント)
※「タオルマフラー(背番号)」と「プロモデル商品」につきましては、
既に受付を終了いたしましたのでご了承ください。

※既に販売・受付を終了させて頂いている選手・コーチは下記の通りです。
 東出 輝裕、河内 貴哉、岩見 優輝、池ノ内 亮介、中村 憲、森下 宗 、
 栗原 健太、新井 宏昌
皆様のご理解とご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

などと書いてあって、さみしさも一入です。

いままでご苦労さまでした。


そんな時期に発売されたのが、講談社の「イブニング」に連載中の、
野村宗弘さんの「秋月あきひろのポジション」〔KCイブニングコミック〕です。
 
怪力の秋月あきひろ(28)はプロ野球球団「瀬戸内常勝ドリコノーズ」の
育成選手の1年目。遅咲きのルーキー。
妻1人、幼子1人のパパでもあります。
育成選手はアマ以上プロ以下という微妙なポジション。
3年以内に70名の支配下登録枠に入れないと自由契約(クビ)に…
あきひろの当面の目標は、育成選手から抜け出し、プロ契約を結ぶこと。
ライバルはたくさん。家族も養う。
野球ができる喜びと、厳しい現実のはざまで今日もあきひろは練習場へ。

というお話です。

野村さんは「とろける鉄工所」「そう言やのカナ」などの作者で
独特の絵柄と、面白い視点や、素材と作中の広島弁が、
ペーソスと面白みにがあって、ほっとさせてくれる作品をたくさん書いています。

本作も、育成選手を主人公にしているので、
主に舞台になるのは、二軍球場や寮になりますが
主人公、あきひろのキャラクターの面白さ。
守備は草野球以下で鈍足ながらも、差し込まれてもスタンドに運んでしまう
右のパワーヒッター。
とにかく打つのが大好きで、バッティングでも
気持ちいい、気持ちよくないだけが、基準となっていて、
ファールでも気持ちよければ満足で、
ホームランでも気持ちよくないと不満そう。
そして、すぐに、バッティング禁断症状が出て
うずうずしてしまうのです。

こんな秋月のライバルたちとの物語ですが、
改めて野球にはいろいろなスタッフがかかわっているんだなぁ
と思いますし、二軍を舞台にしているのに加えて、
それらのスタッフのことまでも
細かく書かれているのが、今までの野球マンガとの違いですかね。
今後は他球団のライバルも出てくるのでますます楽しみです。

あと、あきひろが所属している、瀬戸内常勝ドリコノーズ、
どう見ても、瀬戸内の赤いチームがモデルですが、
寮の名札を見ると、どこか中村が多いのも、赤いチームっぽいな。

あと、あきひろが所属していた草野球チーム「カワザカナープ」って
「とろける鉄工所」で小島さんとかが応援していた
プロ野球のチームだな、などと思ったり。

これからも展開が気になるマンガです

さらに、来月は、野村さんの「赤ファンのつぶやき」の単行本も出ます。
こちらは、まずいお好み焼きでおなじみの「トリオザしんじ」のばあさんと
常連さんとカープOB似のお客さんが織り成す
カープトリビアマンガです。

こちらも楽しみですね。

ってことで。(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1974-a9ec09fd