☆「お食事Bar きむら」(虻田郡倶知安町北1条東1丁目4)

来月、地元にY岡屋が進出するらしいです。
Y岡屋は、同時に余市店もオープンするそうですし、
立地する場所が大心の正面で、味の時計台 さんぱちからもほど近く。
なかなか攻めの出店をしますね。

ほかにも、いちたか とか なかま とか地場のラーメン屋さんもありますし、
やたらラーメン屋さんの選択肢が多い、地元であります。

仕事帰りとか、夕食を食べようと思うと比較的選択肢が増えるのは
ありがたいことです。

今までも、いろいろなところで夕食を食べていますが、
結構な頻度で訪れているのが、こちらお食事Barきむら さんです。
こちらは、後志総合振興局と、倶知安町役場と、消防・警察・郵便局などが
まとまってあるあたりにあって、それらの人たちの、おなかを満たすお店です。

駐車場に車をえいて中へ行くと、この日も三組ぐらいのグループが
盛り上がっていました。
Barのネーミング通り、お酒で盛り上がっている人もいまして、
営業時間が遅いのもありがたいですね。

さて、メニューを吟味します。

御飯もの  ■天丼830円 ■カツ丼830円 ■肉丼830円 ■親子丼720円 
■玉子丼720円 ■中華丼830円 ■うな重1,200円 ■チャーハン680円
■カレーチャハン680円 ■カレーライス680円 ■カツカレー830円
■コロッケカレー770円 ■イカリングカレー770円 ■チキンライス680円
■オムライス780円 ■おにぎり(うめ・かつお)160円 ■小ライス160円
■ライス210円
めん類  ■ラーメン(塩・醤油) 600円 ■みそラーメン700円
■野菜ラーメン(塩・醤油・みそ)700円 ■チャーシューメン750円
■ソース焼きそば700円 ■特製火ー火ーラーメン780円
■カレーラーメン680円 ■カツカレーラーメン850円 ■ざるラーメン600円
■冷やしラーメン(夏期のみ)750円
そば  ■かけそば 520円 ■たぬきそば620円 ■冷やしたぬきそば620円
■かしわそば680円 ■玉子とじそば780円 ■天ぷらそば800円
■肉そば680円 ■月見そば680円 ■もりそば520円 ■大もりそば680円
■天ざる1,000円 ■ザルそば650円 ■なべやき780円 ■カレーそば680円
定 食 ■カツ定食1,200円 ■天ぷら定食1,200円 ■生姜焼き定食850円
■ハンバーグ定食850円 ■野菜炒め定食850円
■日替わり夜定食(平日のみ)1,200円
サービスメニュー(コーヒー付)  ■日替わり昼定食(平日のみ)800円
■そばセットうな丼980円 ■牛丼830円 ■エビカレー830円 
■ハンバーグカレー830円 ■そば飯オムライス830円
■チャーハンオムライス780円 ■辛味噌ラーメン780円
■サラダラーメン700円 ■さば味噌定食650円
■カツ丼ハーフ&ハーフ830円 ■酸っ辛あんかけラーメン730円
ラーメンセット  ■A(ラーメン+チャーハン)950円
■B(ラーメン+カレーライス)950円 ■C(ラーメン+中華丼)950円
そばセット  ■A(かけそば+親子丼or玉子丼)850円
■B(かけそば+カツ丼or天丼)950円 ■C(かけそば+牛丼)950円
■冷麺セット(おにぎり付)830円 ■冷麺730円

この豊富なメニューが頼もしいです。

以前は、こちらではじめてみた、みそかつと、卵とじかつが
どんぶりの上に乗っかっているカツ丼 ハーフ&ハーフとか
ユニークなメニュに舌鼓を打ちました。
お得なメニューだったし、カツも揚げたてのあちあちな感じでよかったです。

その後も、何度かよって、そば飯オムライスとか、日替わり定食とか
いろいろいただきました。

うん。この日はカレーの気分です。
しかも、ここの揚げ物って好みなんです。
前回、こちらで食べたカレー関連のメニューはカツカレーラーメン。

ちょっと見はジャンクでチープながらも、よくよく味わうとしっかりとした味わいで、
飽きずにいつまでも食べることが出来るスープと麺
これに硬めにあげられているカツがよくあっていました。

あー、あれは美味しかったなぁ。
でも今回は王道でいきます。
ということで、カツカレーをオーダーしました。

スポーツ新聞とかビックコミックを読みながら、
待つことしばしで登場しました。

実直そうな白い陶製の皿にふんだんに盛られたライス、そんなライスに乗るカツに濃い焦げ茶色のしっかりとしたルーがカツを1/3くらい見せる感じで、たっぷりとかけられています。うん、このフォルム、いいですね。お隣の生野菜も、サウザンアイランドドレッシングのオレンジ色ととともに
いい感じですよ。
と、いうことで、まずは、カレーからいただきますまず口の中に広がる濃い味わいがいい感じです。
野菜のうまみとか、トマトなどの酸味とか、しっかり炒めた玉ねぎとかの甘みが
ベースになって、そこに乗っかるフォンとかを思わせ根動物系のしっかりとした味わい
さらには、溶け込んでいる乳製品系の味わいも加えて、
ほのかに、香味野菜と呼ぶのがふさわしい爽やかな苦みも隠し味になっていて、
焦げの軽い苦みがアクセントとして利いています。
全体的にヨーロピアンタイプのカレーです。
とはいえ、襟を正す感じではなく素朴な味わいがするのがうまさです。

具も、小さめにカットされていますが、
うまみがしっかりでているほっこりとしたジャガイモや
ニンジンなども柔らかく素材の自然な味わいがでていて
これだけでも本当に美味しいのです。

ここに加えて、濃厚なカレーに、細かいパン粉がみっしりとつけられて、
全体的に固めに揚げられているので、衣が主張する感じではないですが
しっかりといい感じの濃い狐色のカツがマッチしています。

さくっと衣をかむと、しっかりとした味わいと、甘めの肉滴が
なかから出てくるお肉の味わいがいいです。
ふつうにカレーにもマッチをして、美味しく食べさせてくれますし、
固めにあげられているので、いつまでもサクサクとした食感が残りますし、
カレーがかかっているのは半面なので、サックリとした味わいと、
カレーとミックスされた味わいが同時に入ってきます。
固めの衣ながらも、次第にカレーを吸って、しんなりとしてくるところも、
カツカレーを食べるときの楽しみの一つ。

当然序盤で、カレーがかかっていないところを
カレールーの中に沈めて、最後は
「寝かす!」食いをするわけですが。


ということで完食をして、 「ごちそうさまでした。」

いつもどおり、気がついたら口の中は当たり前だのやけどができていましたが、
これも勲章です。



☆「お食事Bar きむら」(虻田郡倶知安町北1条東1丁目4)
◇営業時間◇ 平日 11:00~15:00 17:00~21:00  土曜日 11:00~14:00
◇定休日◇ 日曜日  ◇駐車場◇ あり ◇電話◇ 0136



ラジオにあったコーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」をクリックしてくれれば、
見ることができます。 よろしければ。

ってことで(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1973-8efe6680