先日、仕事の会議が小樽でありました。
会議の始まりが10時30分だったのと、この翌月の同じ日が金曜日。
さらには、土曜からシゴトもウスイ時期の三連休。
ということで、来年3月に廃止の発表がされた急行「はまなす」に乗って青森に行って、
そこから新幹線で関東に出て久住巡礼をしよう。
とおもって、まずは「はまなす」のチケットをとりに、
会議が行われる場所の近くである南小樽駅に行きました。

が、最初ねらっていた「カーペット車」は、発売開始時間に行ってもとれませんでした。
「女性専用車両しか残ってなくて」と、駅員さん。
残念です。

ただ、とりあえず寝台を確保したのですが、一ヶ月前の販売開始時間に行っても
とれない、はまなすのカーペット車。
なかなか高難易度です。 おそるべし

なら、今度は、シゴトがオフになりそうな平日を狙ってみるとします。


そして、会議が無事終了。
温泉に入って体を癒してから自宅に戻ろうと 寄ったのが
赤井川カルデラ温泉でした。

小樽からしだいに形がはっきりとしてきている、
札樽自動車道〔調べたら、北海道横断自動車道 黒松内釧路線になるみたいです〕
の建設中の余市~小樽間の高架とかを見ながら、フルーツ街道を走ります。
こちらは開通が平成30年とのこと。もうじきです。

余市郊外から赤井川方面に向かって、新しいトンネルを抜けると
赤井川村です。そして、市街地にある看板にそって温泉へ。

駐車場に車を駐めると、何台か車もとまっています。
駐車場から、建物にむかう人生の諸先輩方。
いつきてもいい光景です。

入り口には赤井川村構造改善センターと書かれていて
少し前に、リニューアル工事をしていたおかげで、
入り口が明るい緑色に塗られています。

中に入って、券売機に湯銭を払い、券をカウンターに渡すと、
入り口のところでは村の産物が売られています。
さすがの収穫の秋、さまざまなものが売られています。

カボチャ 千両梨、姫神(りんご) ほうれん草 たまねぎ
にんじん さつまいも じゃがいも(キタアカリ) 白菜
お米(ゆきぴりか)など

お米の銘柄を確認していると、フロントの方が
「新米ですよ」などと声をかけてくれます。
こういうのもうれしいです。

さて、脱衣場へ行きますと、平日ということもあって3割方のこみ具合というところ。
これはゆっくりはいれそうだな、と思いながら浴室へ入ると、男女のしきりにある
黒いゴツゴツとした天然巨岩に目がいきます

湯槽にたまった淡い褐色の湯がざんざんと縁から溢れ、
床に湯の花で模様を描いています。

いいねいいね

露天へ行っても岩風呂の風情は変わらず
しかも湯槽の縁からお湯が溢れているところも
変わりありません。

さらに内風呂の奥に、別の湯槽やカランのある狭めのスペースを発見。
メインの湯槽は、 ゴツゴツとした黒い岩があしらわれていますが、
こちらはつるつるの石がしかれたスタイリッシュな
長方形の湯槽です。

そして、こちらにはほとんど人がいなかった。

と、いうことで、道南スタイルで背中にお湯を味わいながら
うつらうつらします。

あー、いい温泉って眠くなりますね。
いいなぁ。

と、気がつくと私一人だった狭い空間には
何人もの人が体を洗ったりしています。

大きい湯室に戻っても、明らかに人が増えています。
一仕事終えてから、お湯を楽しみにきた人たちでしょう。

と、いうことで、私はたっぷりとお湯を堪能したということで、
外へ出ました。

そういえば、外のたくさんの物産ですが、先日赤井川な道の駅がオープンしまして、
そこの営業がたいそう好調で、横を通ったらたいてい込んでいます。
除いてみたら、さまざまな赤井川の物産が売られていたということもあり、
そこの影響もあるのかな

などと考えながら、自宅へと戻ったのでした。


ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1972-5bee2963