ようやく脂っこ~いオシゴトが無事成功に終わって、
ホッとしているイトー×aniです。

来週も、やや面倒なおシゴトこそあれ、それさえ終われば
週末はハマスタのカープ戦観戦と箱根などで巡礼です。イエ~イ。

もう、これだけで多少面倒なオシゴトでも耐えることが出来ます。

ただ、今年は、本職のほうでの脂っこい仕事が、
夏の大お祭りと重なったので、尚更大変でした。

今年の大お祭りは、初日18万人で、昨年より一万人増
ライブがあったので参加できなかった2日目が一万人減の16万人の参加者がいたそうで。
そしてオシゴトの関係で僕が参加が出来なかった3日目は、過去最高タイの
21万人が参加して、
3日間で55万人の参加があったそうです。

そんな夏の大お祭りの全日程が、水曜で無事終了いたしました。

と、書くと、このブログ初見の方は、何ねぼけたことを言っておるのか、
もう一週間前のことではないですか。とツッこまれそうですが、

このブログを読まれている方ならばご存知のとおり、
冬の大お祭りの申し込みが、無事終了したのです。

夏のお祭りの申し込みまでが冬祭りならば冬のお祭りの申し込みまでが夏祭りです。

今回の大お祭りは、今までの29・30・31の3日間開催

いつもながらの、何度も同じ内容の事を写経のように書きうつす、
申込用紙や短冊や封筒などとの格闘を終わらせた後、
火曜日に、コンビニで申し込み用紙の控えのコピーなどをすませて、お金を払って。
水曜日には封筒の中とかに、入れ忘れはないかなど丹念に確認してから、
地元の郵便局で封筒を局員さんに手渡しして「お願いします」と言った後に
外に出て周囲の視線を少々気にしながら、郵便局に向かって2拝 2拍手 1拝をします。

これは、気がつくとお祭り申し込みの時の儀式になっています。

お祭り自体が巨大な信仰心で出来上がっている気もしますし、
年に二回、五十万超の偶像を崇拝する人が全国から吸い寄せられるように
1カ所に集うというのも巡礼めいています。

と、いうことでの神頼み。

そんな大お祭りに参加ができますように。という祈りをこめて頭下げて
郵便局をあとにしたのであります。


畏友GMクンも、畏友p氏も申し込みを終わらせたそうです。

それにしても、二月に申し込みが終わる夏のお祭りと、
八月に申し込みが終わる冬のお祭りと毎年同じ時期にルーティンのように
同じ作業が回ってくるので、季節がめぐっていることを、再認識しますし、

冬の大お祭りの申し込みが終わると、北海道の短い夏も終わりだなぁ。
などと少しせつなくなったりして。


冬の大お祭りの申し込みが終わるまでが夏の大お祭りという名言を体感、
再認識しながら作業を無事終えたのでした。

果たして結果はどうなることやら。
ぜひ、当選してほしいものでありますが、発表は二ヶ月半後の十一月上旬。
その日までワクワクドキドキしながら待ちたいと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1942-49ffab16