☆「ラーメン店 なかま」(倶知安町北1条西1丁目) 

倶知安で人気のあるラーメン屋さんの一軒が「なかま」さんですが、
丁度1年前に、倶知安の飲み屋街である「都通」から
駅前通り「倶知安停車場線」沿いに移転しました。

移転後も何度か行って、移転前と変わらぬ
ほっとさせるオイしさのラーメンやご自慢の餃子、オフクロ系の焼き飯などに舌鼓をうっています。
さて、そんな中華の隠れメニュー的な存在に
個性的なカレーのメニューがあるのも、見逃せません。

黄色い地に黒で店名が大書されたのれんを押して、
新しくなった入り口をあけて中へ。

中は、カウンター席とテーブル席とテーブル席がありますが、
僕はいつものオヒトリサマだったのでカウンター席へ座り、
厨房の上にずらっと張られたメニューに目をやります。


塩ラーメン・正油ラーメン・味噌ラーメン 750円
チャーシューメン (塩・醤油・味噌) 950円
Wチャーシューメン (塩・醤油・味噌) 1350円
のり玉ラーメン (塩・醤油・味噌) 850円
のり玉チャーシューメン (塩・醤油・味噌) 1050円
梅塩ラーメン850円
梅塩チャーシューメン1050円
ネギピリ辛みそラーメン (醤油・味噌)900円
ネギピリ辛チャーシューメン(醤油・味噌) 1100円
ネギ激辛ラーメン(醤油・味噌) 1000円
ネギ激辛チャーシューメン (醤油・味噌) 1200円
岩のり塩(醤油)ラーメン 1050円
岩のり塩(醤油)チャーシューメン 1350円
ざるラーメン 650円
大盛り 100円増し
小盛り150円引き
※小盛はできない品もあります。

トッピング コーン バター のり(2枚)100円
 味玉(1個)150円 岩のり(2枚) 300円

小ライス 100円
中ライス 150円
大ライス 200円
ちょっとカレーライス 400円
カレーライス 750円
チャーシューカレーライス 1150円

なかま特製チャーハン 800円
半チャーハン 600円

なかま特製手作り餃子 400円
スタミナ餃子(限定商品) 500円
うめ餃子(限定商品) 500円
キムチ餃子(限定商品) 500円

もやし炒め 650円 
チャーシュー盛り合わせ 1600円



といったようなメニューがズラッと並んでいるのです。

さて、今まではこちらでは、ラーメン・ギョーザ・チャーハンなどを
それぞれおいしくいただいたのですが、
このブログに書いているくらいですから、この日はカレーです。

ただラーメンもいきたかったので、味噌ラーメンの小盛りと
ちょこっとカレーをオーダーしました。

新聞を読みながら待つことしばし。
今まではラーメンのスープのにおいが満ちていた店内に
次第にスパイシーな香りが漂いだしますしお皿と食器が
カチャりとする音がしてしばしで登場しました。

小ぶりのお皿に盛られたカレーは、いからもニッポンのカレー風
濃い焦げ茶色の色合いもキレイですし、小脇に添えられた
赤い福神漬けもいい色合いです。

ということで、いただきます、
口に入れると期待を裏切らない濃厚な味です。

まずは濃い色のカレーがしみじみとオイしいです。
倶知安町は農産物の一大生産地ですが、
そんな野菜がルーにしっかりとけていて
大きな塊がなくてもさまざまな野菜の味わいがしっかりとわかり、
うまみとかコクなどを出しているカレーです。

そして、少々のコゲっぽい感じをうまみに昇華しているところと
しっかりと、スパイシーさとともに、野菜などの甘みも感じる
重奏的なカレーにして、そんなにシャチホコバッタ感じがしない、
ニッポンの定食屋さんのカレーならではです。

ウマさと辛さの調和こそがカレー食いの至福の瞬間です。

ミニカレーながらも、ブタとかジャガイモなどが入っているところもいいです。

食べ進めていくと、味噌ラーメンも登場。
こちらも実直そうなフォルムです。
カレーを一旦於いて、ラーメンにいきましょう。

黄色い中太麺は札幌風のなつかしい味わいで、カン水、小麦の味がします
スープも、甘めな味噌がベースの濃い味わいですが、
生姜が効いていて、スッキリした後味です。

そして、何といってもコチラの肉厚でベローンと入っているチャーシューです。
自然にホロリと崩れる柔らさに加えて、肉の旨味がしっかりのこっている。
口の中にいれると脂が溶けるかんじです。

そうやってウマイウマイ言って
カレーとラーメンを交互に食べ勧めていくと
口の中はあくまでも穏やかな感じですが、濃い感じになってきます。
でも、ラーメンがそこまでしょっぱく感じないのは
生姜効果のスッキリとしたラーメンならではです。

そんな感じで夢中に食べているうちに完食いたしました。

ふー、うまかった。

ラーメンスープが最後まで熱かったということで、
首筋とかからも大量の汗がワイシャツを濡らしました。
うん。大満足です。

そして、しめのお水をくいっとあおって
ここまでがカレーです。

ごちそうさまでした。 やはり、なかまにはハズレなしです。

ただ、焼きカレーがなくなっちゃったのは、残念です。

ちなみに、こちらは、チャーシューカレーこそあれ、
カツカレーはありませんので、
ガッツリお肉とカレーを食べたければ、こちらの
チャーシューカレーがおすすめです。


あと、こちら数年前に発行された、ミシュランガイド北海道に
ビブグルマンの店として掲載されました。
店内にも何冊かさりげなく置かれていますが、納得です。




☆「ラーメン店 なかま 」(倶知安町北1条西1丁目)
◇営業時間◇ 〔月~土〕11:00~15:00 17:00~24:00
〔日・祝〕11:00~24:00
◇定休日◇ 水曜日 ◇駐車場◇有
◇電話◇ 0136-22-0660






☆「鬼はそと福はうち」(札幌市中央区伏見1-3-11)

円山球場にいった前の週ですが、別の用事で円山に昼にいたので、そこで何かたべようと思いました。
その時にむかったのが、某有名カレー屋さんですが、
そちら、開店の15分前にもかかわらず、駐車場が満杯で
入ることが出来ません。

と、いうことで断念しぞこかここらでカレーを食べるお店がないものか
と車を走らせている時にひらめいて、
むかったのが、伏見の「鬼はそと、福はうち」さんであります。

店舗は、札幌の高級住宅地、藻岩山の山麓を走る
藻岩山麓通りにあります。前に稲荷神社があります。
お店の前には、幟がたっています。

こちら、ランチタイムは「鬼はそと」という名前で、カレーうどんがメイン。
ディナータイムは「福はうち」という名前で、しゃぶしゃぶやすきやきがメインの
二毛作スタイルのお店です。

外観は、黒い塀に囲まれていて、雰囲気があります。
駐車場に車を駐めて。のれんをくぐり、引き戸を開けますと、小さな坪庭があって
さらにドアを開けますと店内です。中央には箱庭風の空間があって
花が生けられていて、水が流れています。
ワタシは山側のテーブル席に通されましたが、
札幌市が一望できる席もあったりして、いい感じです。

と、いうことで、メニューを吟味します。


ヘルシーな野菜たっぷり入った優しい風味
「マイルド 知床鶏スープ カレーうどん(甘口)」950円
手羽先入り カレーうどん 950円
揚げ餅入り カレーうどん 950円
えび天(1本) カレーうどん 1150円
えび天&揚げ餅 カレーうどん 1210円
えび天(2本) カレーうどん 1410円


鰹と昆布だしのきいたちょっと和風なカレーうどん
「カプチーノ風 黒豚スープ (中辛)」950円
鰹と昆布の和風だしと、黒豚の旨味を引き出したスープを合わせ、ホッとする風味に
仕上げています。卵白と生クリームで作る五香粉クリームがカプチーノ風に添えられ
中華風の薫りが不思議とマッチする、オリジナリティー溢れる逸品です。
角煮入り カレーうどん 950円
揚げ餅入り カレーうどん 950円
えび天(1本) カレーうどん 1150円
えび天&揚げ餅 カレーうどん 1210円
えび天(2本) カレーうどん 1460円


“オススメの逸品”〈女性人気No.1〉
「黒豚ミルクスープ(マイルド中辛)」950円
鰹と昆布の和風だしに黒豚の旨味を引き出したスープにミルクを加える事で
スパイスがまろやかに変化し、よりひった移管のあるスープになっています。
女性に人気のオススメカレーうどんです。
角煮入り カレーうどん 950円
揚げ餅入り カレーうどん 950円
えび天(1本) カレーうどん 1150円
えび天&揚げ餅 カレーうどん 1210円
えび天(2本) カレーうどん 1460円


刺激的なスパイスと赤ワインの酸味がくせになる
「スパイシー 牛ほほスープ (辛口)」950円
きりりとしたスパイシーさが特徴。赤ワインのコクとほのかな酸味が後を引きます。
牛ほほ任からとれるコラーゲンがたっぷりとスープにしみ出てて、美容にも◎!
揚げ餅いり かれーうどん 950円
えび天(1本) カレーうどん 1150円
えび天&揚げ餅 カレーうどん 1210
えび天(2本) カレーうどん 1460円
※上記プラス110円で辛口から激辛に変更できます!辛党必食!!

“オススメの逸品”
三種類のカレーうどんを贅沢に食べ比べ
「“名物” 鬼はそと 三種」 1,350円

鬼はそとのカレーうどんの原点。すべてはここから始まりました。
他店では毛察して味わえない、追求し続けた三種類のカレーうどん。
それを1度に堪能できる自慢の逸品です。

夏季限定「冷やし黒胡麻カレーうどん」6月1日~8月末まで 1,080円
ひんやりスパイシーなカレーにマイルドで風味豊かな黒胡麻ソースがアクセント。夏の大人気メニューです。
この機会に是非ご賞味くださいませ。

「1日20食限定 極厚角煮・えび天・温玉入り カレーうどん」1,450円
1番人気の鰹だしの利いた「黒豚スープ」に、トロトロになるまで煮込んだ大きな角煮と、
ぷりぷりの大きなえび天とぷるぷるの温玉をトッピングしたボリューム満点のカレーうどん!
数量限定ですのでお早めにどうぞ!!

あっさり「京風うどん」750円
鰹出汁のきいた上品なうどんです。
三つ葉、ゆず、はりしょうが等がさらに美味しさをひきたてます。
揚げ餅入り 京風うどん 860円
えび天&揚げ餅 京風うどん 1120円
えび天(2本) 京風うどん 1370円


「冷たいせいろうどん」750円
北海道産小麦「きたほなみ」を使用した自慢の自家製麺。小麦の味をしっかりと味わえます。
「海老天せいろ」1,550円
舞茸、鱚(きす)、大葉に、大きな海老天が2本ついたボリューム満点の天ぷら盛りがついたせいろうどん。

たわらおむすび +210円
大盛り +210円
食後のデザート&コーヒーセット +420円

オススメトッピングメニュー
えび天 300円
バナナ天 100円
なす天 100円
そぼろ 100円
温度たまご 100円
モッツァレラチーズ 100円
オリジナルスパイス 100円
揚げ餅 50円



といったところ。
これは、三種の食べ比べをいきましょう。

ハーブの香りが気持ちがいいオシボリで、顔とかふきながら(失礼)待つことしばしで、
まずは紙エプロンが登場。
そして、紙エプロンをつけていると、
黒く四角い塗りっぽいお盆の上に、黒く鈍い色、灰色っぽい色、白に模様の入った三種類の
異なる三種類小ぶりな丼に入ってのカレーうどんです。
スープも、丼の色と対比するかのようで、
それぞれグラデーションではないですが、異なる色合いが美しいです。
目で見ても楽しいです。

さて、まずは甘口の知床鳥スープからいただきましょう。
カレーうどんをやけどしないように、そして紙エプロンこそ装着したものの
ハネないように注意しながら、「カレーうどんは、確実にハネるのよ」と、
「あずまんが大王」の中で滝野智〔バカカワイイ〕が、水原暦〔メガネカワイイ〕に
言っているせりふをも反芻しつつずずっといくと、

カレーが見た目通り、非常にクリーミーです。
店内で待っている時にさりげなく漂ってきた香りが
口腔内に広がります。
たまねぎなどの野菜がベースになって、甘味を感じることができますし、
鳥などから出てくる旨味にくわえて、乳製品などのこくも感じられます。
そして、じわっとスパイスが効いてきます。

道北の地鶏、知床鶏の手羽を煮込み、野菜・果物がたっぷり溶けこんだ自慢のカレー、
秘伝のスパイス、豆乳を加えて、コクのあるまろやかなスープに仕上げました。
と、Hpで書かれているのは伊達ではありません。

そんなカレーをまとった麺は、しっかりとした歯ごたえと、腰があり、シコシコです。
しかも単調な固さではなく、かみ始めと中の噛み心地の差が絶妙で、
讃岐に近い感じで口の中全体で官能を味わう事が出来ます。

鶏手羽先も、ぷりっとした食感に肉の味わいの良さとやわらかさが良くて
そして中からあふれる肉滴で、これは美味しい。
骨をとりわける小皿も気が効いています。


つづいて、中辛の黒豚スープカプチーノ風。
さきほどのマイルドのを食べているせいか、スパイスの刺激を
しっかり感じる事が出来ますが、それ以上にインパクトが強いのが、
しっかりとただよう鰹出汁の香りとともに、
軽く中華っぽい香りがついているところが面白いです。
スパイシーなんだけど、まんなかの白いクリームのおかげで
マイルドになるところもうれしいです。

角煮もしっかりと煮込まれていますし、角煮からも漂う中華香
そうか、角煮がはいっているから故のこの香りなんですね。
でも、カレーのスパイスと、中華のスパイスをけんかさせずに
しっかりとまとめる、昆布鰹だしと、醤油の力のスゴさを
改めて認識します。


そして、辛口の牛ほほスープは、より辛さがダイレクトになります。
そして、辛さを突出させない、ぶっとく、しっかりとした旨味とコクボディー。
このカレーの色合いにも影響を与えているのでしょうか、赤ワインとかが
きいているのは、ビーフシチューとかの手法です。
ほほにくをしっかりと煮込んでコクや旨味を出していくのも洋食っぽいアプローチ。
この味わいの上でのスパイスですから、しっかりと旨味として機能しますし
食べ進めていくと、さらに辛さがじわーと堆積します。ここもいいなぁ。

ほほ肉もしっかりと煮込まれたゆえでしょうか、柔らかくて、
軽く歯ではさむだけで、ほろっと崩れるところがたまりません。

こんな感じで一通り食べたらあとは食べ比べです。
それぞれの味わいの違いが面白いです。


あー、ごちそうさまでした。
他の人のカレーうどんをみると、エビ天が美味しそうでした。
次回また訪問し、エビ天入りのカレーうどんを食べたいと思いましたし、
残ったカレーの中にライスをいれてもいませんし、
さらに、 キサラギ食いも出来ませんでした。

ということで、リベンジポイントが数多く残ったので
近いうちに再訪することでしょう。

ちなみに、夜はすき焼きやしゃぶしゃぶを食べる事が出来て
そちらも魅力なんですよね~



☆「鬼はそと福はうち」(札幌市中央区伏見1-3-11)
◇営業時間◇《昼の章 鬼はそと》11:30~16:00(L.O.15:30)
《夜の章 福はうち》17:30~22:00(L.O.21:30)
◇定休日◇無し ◇駐車場◇有り
◇電話◇050-5869-1474 (予約専用番号) 011-520-1414 (お問い合わせ専用番号)

 


あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。


ラジオにあったコーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」をクリックしてくれれば、
見ることができます。

かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1933-a2aeb552