2015.07.18 夏の分厚い本
渋谷のBunkamuraオーチャードホールで行われた
Yuki Kajiura LIVE vol.#12 “オーチャード Special” が
無事終了いたしました
いえ~い、

いやー、最高でした。

そんな感想については、後日書くとして
今日はライブだけでなく、孤独のグルメ巡礼も楽しんだのですが、今日はあの日でもあります

夏の大お祭りの必須品。分厚い本の発売日です。

ということで、巡礼とライブのあいだに分厚い本購入の儀です。

北海道にいると、この時期は、台風による交通障害など余計なことを心配します。
冬とかも、鉄道の運行に支障をきたすような天気の荒れがありまして、
かつて、台風や豪雪などによるJRの遅れのせいで、分厚い本の北海道への入荷が遅れ、
歯噛みしたことが何度もありました。

駅の火事が原因でJRが不通になって入荷しなかったなんてこともありました。

でも、今回は渋谷で購入です。
なんの問題もありません。

昨年冬の大お祭りの分厚い本を買いに行って、「当店、遠隔地なため、入荷は明日になります」
と、日本最北のアニ×イトで言われてショックを受けることもありません。

ということで、まんだらえかアニ×イトかで買おうと思ったものの
行った時間はまんだらけがまだ開店前だったので、アニ×イトで無事購入、
その後近場のサンマルクで、いつものように本をペラペラしました。

鈍器とも呼ばれるカタログについて「ずしっとした分厚さが頼もしい」
と名言を残したDrモローさんのマンガは、いつもどおり相変わらずの安定のキレ。

ドローンネタとか安定の面白さ。
そんなのをニヤッと笑いながら楽しむこともできます

そして、今回の最大の掴みは
表紙イラストが新谷かおるセンセイってこと。
平積みされている段階でオーラがあります。
しかも、タイトルっぽく「コミケ88」って書かれていて、この狙いすぎ。大好きです。

背表紙キャラは涼宮ハルヒ。ついにここまできたかって感じで
これ見るだけでテンションあがりますし 、知人のサークルが受かっているのを確認するのも
楽しいものです。
それにしても、今回も歴史のスペースが激減。
これが時間の流れというやつですか。

そして、やはり自分のサークルカットを見るのはいいです。
「なんだか、面白そうな本を作ってるサークルがあるぞー」などというと
同行者で横で見ている畏友p氏に
「てめーのサークルじゃんか」などとツッこまれるのもお約束。

ちなみに今回も「情報」で参加する私も一人ジャンルでした。
ということで、大お祭りに向けでテンションをあげてまいります。


参加日は一日目、8月14日(金) サークル名は「東行本舗」
スペースは、東5ホール ノ-41bです。
このブログであれこれ書いた、野球場でのカレーなどの話をまとめて
自費出版物にしたものを持ってゆく予定です。
よろしければ。


お祭りについての最新情報は逐次こちらで報告していきたいと思いますので
今後もよろしくお願いします。




かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1925-af49708a