遠征の前日、遠足前日の如くワクワクしながら準備をしていて、
飛行機のチケットよし、カンカンよし、
風船よし、ラジオよし、
ユニフォームよし、アンダーシャツよし、
チケットよし、チケットホルダーよし、

なんて確認をしている時にふと思いました。

レフトスタンドの席とったけど、カープ側ってレフトスタンドでよかったっけ



パの球場って、札ドも、Kスタも、プリンスドームも
レフト側がホームだった気が…

でも、QVCマリンはライト側に黒い集団がいたなぁ、
京セラドームはどっち。

あ、ビジターはレフト側でした
よかった。

もし、レフト側がホームだったら、もっていったカープのユニを封印して、

♪チャーラチャッチャッチャーラチャッチャ
チャーララララー T !  
チャーラララチャラララ HOMERUN KING !
とか、T岡田選手の応援歌を歌いながら
タオルダンスをしなければならないのか…

などと妄想をしてしまいました。


かように初めて行く球場は緊張するものですが
ワクワクも大きいです。

そんな感じで乗り込んだ京セラドーム大阪

まだ、少し串かつが残っていますが、カレーなら入ります。
ということでお店をぐるっとまわります。

最初は。ホームページで見た
グローブボールさんで売られている選手プロデュースメニューに、
小谷野選手プロデュースの「栄ちゃんのカレー焼きそば」があるので
これかな、と思って店舗をのぞくと、この日はなかったみたいです。

ブランコカリー、カリビアン風はあったのですが、
シーフードというところで、見送りました。
小谷野選手なら思い入れもありますが、ブランコ選手じゃね

ということでグルッと一周しようとしたのですが、
途中で「ここから先は内野チケットがないと入れません」の表示が。

こちらも西武プリンスドームと同じ形式ですか。
残念。

ということで折り返してさらにゆっくり探すと、

STADIUM BAR by LEOC.さんのメニューにカレーを発見。
これです。

メニューを見ると
カレーは
・こくトロ極みカレー ¥650
・ヒレカツカレー ¥900
・ハムカツカレー ¥900
他に、
・炭火焼き鳥丼 ¥700
・豚スタミナ丼 ¥700
・極うま牛丼 ¥700
・チキンスティック 400円
・揚げたこやき ¥500
昔ながらのナポリタン ¥500
焼きそば ¥500

といったところです。
他にもBarだけに、焼酎水割り ¥500をはじめとして
お酒も各種そろっています。

ここは、軽く串揚げが残っている身としてはシンプルな
コクとろ極みカレーとビールをオーダー。
白い楕円形のブラの容器に入ったルーの色は
見るからに黒にちかい褐色で味わいがあります。

自分の席にもどって、バファローズの選手がアップをはじめているのを見ながら
いただきます。

うん、食べ口の甘さがいい感じですし、白いプラの容器について
うすくなっているところは濃いオレンジ色です。
さりげなくさわやかな酸味と旨みも感じることができます。
ここらへんは、玉葱の甘みとトマトの旨みが混じったベースと
なんともいえない香ばしさがいい感じ。
玉葱をしっかりいためた香ばしさに加えて、スパイスとか小麦とかも
しっかりいためた香ばしさです。
この香ばしさからくるビターさが大人な味わいです。
野菜や果物由来のコクに加えて、お肉から出てきたエキスも
カレーを濃くしてくれます。さらに炒めた感じのスパイス遣いが
三位一体で味覚にうったえてくれます。
このさまざまな要素をやさしさでくるんだような
ホッとさせてくれる味わいがいいです。

これがたっぷりとかかっていますよ。

さすが、コクとろ極みカレーです。

しかも、具ですが、やわらかいお肉が多いです
軽くかむだけでエキスと滴があふれてきます。これはいい
さらに玉葱もトロトロな奴がたっぷりと入っています。

具としても美味しいですし、これがカレーの旨味のもとになっています。
カレーにも溶け込んでいるのが塊であるのですから
これはうれしいです。
お米も美味しければ、
この濃さに端休めの福神漬けもありがたいですし、ビールにもベストマッチ。
ああ、いいですね、球場カレー。
複雑で味わい深さがいい感じで、侮れません。

食べ終わるころは、軽く汗かくのもいいです。

ということで、ご馳走様でした。


満腹を抱えてゲームを観戦して、無事勝利を見届けたわけでした。




そして、翌日。

この日も10時30分開店の店にいっていったん大阪グルメを堪能
さらにこの日はメニューにお米もあった。

しかも、この日のゲームは13時開始。
ということで、ついに練習のときは満腹のままでゲーム開始。
ただ、せっかく京セラドーム大阪まで来て、アレを食わないわけにはいかないです。
ということで、普段よりも一所懸命スクワットをして腹を減らす作戦です。

ただ4回にT岡田選手の一発が出て、
バファローズの西投手は崩れる気配がない。
そしておなかはもやっとしてきます。

でも、以前ハマスタで飯を買いに行ったとき、
梶谷選手、モーガン選手に一発あびたんだよなぁ、
でも、そうならないように5回裏、バファローズが
6番からの打順のときにむかったのが、まるぜんさんです。

そう、ここで食うべきメニューは、京セラドーム大阪名物
いてまえドッグです。

お店の前に行って、メニューを見ます。

※いてまえドッグ 700円
・キリン一番搾りフローズン 750円
・ハードシードル 550円
・たこ焼 550円
・チョイス唐揚げ(ネギ塩/ヤンニョム/タルタル/ゆずぽんジュレ) 450円
・ソフトクリーム 400円
・フロート 450円

といったところ。ここは問題なく「いてまえドッグ」です。
「いてまえドッグ」の特色はなんと言ってもそのデカさ!!
通常のホットドック2本分のビッグサイズで
30センチ超級です。

具はソーセージとコロッケから選ぶことができて、
ソーセージまたはコロッケを2本か、
ソーセージとコロッケのハーフアンドハーフから選択できます。

が、はじめての「いてまえドッグ」ですから、ここはプレーン。ソーセージ2本です。

さらに、出てきたら、カウンターの上においてある
ソースを好きにかけていいというシステム。

「ケチャップ」、「粗挽きマスタード」、「ソース」、「マヨネーズ」の定番以外に
「完熟トマトソース」、「チャンキーサルサ」、「チーズ」、「ハニーマスタード」
「バーべキューソース」「デミグラスソース」の計10種類から
好みのを出てきたドッグに好きにかけていいシステムです。

隣の人も豪快に各種ソースをかけています。
私は、「ケチャップ」「粒マスタード」、「チャンキーサルサ」に
「チャルキーサルサ」「完熟トマト」「チーズ」を
それぞれが混ざったり混ざらないような感じでかけました。

うん。見るからに美味しそうです。

本来ならば座席に戻って食べたいところですが、
この日の席が奥のほうだったので、断念。
横ではちびっこが丸めた紙で野球をしていますが
そこの横でいただきます。

パンは固めのバゲットタイプのフランスパンで、
しっかりとした噛み心地と、中のふわっとしたバランス。
そして小麦の味が美味しいパンです。

そして、ソーセージがプリプリものです。
皮を噛み切る快感と中から溢れてくる肉滴。
これがホットドッグです。

そして、ソースはベーシックなケチャップやマスタードもいいですが、
まずは、完熟トマト。ケチャップのさわやかな酸味を補って
ソース自体がフレッシュになる感じですし、
チャルキーサルサもビールがすすむピリッとくるスパイシーさ。

そして、チーズは初めて食べましたが、チーズの美味しいところを
ぎゅっと濃縮した感じの濃厚な味で、これが他のソースともよくあいます。

でも、これだけかけても、まだ半分しかかけてないんですね。

と思いながらも、なんとか完食。
うん、おなかいっぱいです。昼とか、これだけでもオッケーなボリュームです。
おかげで、この日の夕食はビールだけで食べなかったくらいにして、
それくらい満腹になるしろものです。

話のネタにもなりますので、バファローズ戦観戦の際にははずせません。

次、いつ来るかわかりませんが、次はコロッケとか他のソースとかに
チャレンジしたいと思います。



なお、内野席にいる場合は席に戻る際にチケットチェックがありますので、席を離れる際にはチケットをお忘れなく!


あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。


ラジオにあったコーナー「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については
左の欄のカテゴリー「印度化計画」をクリックしてくれれば、
見ることができます。

かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1907-4583c34d