苫小牧や登別に用事が会った帰りですが、
立ち寄ったのが、洞爺湖温泉のかわなみさんです。

洞爺湖畔を走る国道の、山側に建物がありまして、車が何台かとまっています。

雰囲気のあるフロントがいい感じです。
湯銭をはらって、中へいきます。
清潔な感じが好感もてます。
脱衣場にいくと、籠がほとんどあいています。中へ入ると、
四角い湯槽の縁が木で、いい香りがします。
桶がケロリンなところも、さりげないこだわりを感じます。

こちらは比較的すいているのか、落ち着いて、透明で肌に優しいお湯を
存分に楽しむことが出来ます。

内風呂の湯槽は、内湯3総て掛け流し。
普通の湯温の大浴槽、ぬる湯の小浴槽、冷泉の小浴槽と、
微妙に湯が異なるのがいいです。

そらに、こちらは、東屋風の屋根と木の塀に、
岩がごつごつした湯槽の風情のある露天風呂もいい感じです。
こちらでゆったりとお湯をたのしんだあとにむかったのが、

僕的には、内風呂に三十度代の源泉風呂があるのがいいですね~
内風呂に三十度代の源泉風呂があって、かつ、四十度代の湯温の露天もあるところって
北海道内では少ないですよね。

フラヌイ温泉には露天はないし、オソウシ温泉や黄金温泉は
露天も源泉のしゃっこい温泉ですしね。

そういう意味ではこちらも希少価値の高い温泉ってことで、
ヌルくてアサい温泉ヲタのわたくしとしては、お気に入りに登録ですね。
露天から洞爺湖とか見えれば言うことなしなのですが、
お湯の良さだけで、オッケーな温泉です。




さて、別のある休日。午前中はお仕事があったので、
終えた後に向かったのが、地元のニセコグランド温泉です。

内風呂も碧茶色したお湯が湯槽からあふれているところが
たまらない感じです。
高い場所にある湯槽から階段状にたっぷりのお湯が流れていて、
露天への出口のあしもとにもふんだんに流れております。

こりゃあいいね。

お湯も、やさしげな塩分だったり、鉄さびっぽい味がしたりと、
鉄鋼泉とかナトリウム泉ならではのもの。

そして、お楽しみは露天風呂です。

実に大きく、庭園の池のような作りで、
たっぷりのお湯が注がれてはあふれていますし、
しかも、この奥にも丸い大きな露天風呂があるのです。
大きい露天からあふれたお湯が、小さい露天へと、小川のような感じで
ながれこんでいるのです。

冬季は小さいお風呂が閉鎖されていますが、この日は大丈夫です。
そして、そこは人が余裕で寝転がることが出来る。

と、いうことですることは一つ。
道南スタイルであす。

背中からしっかりと暖められるのと、じゃぶじゃぶと耳元で
お湯の流れる音がするのが、本当に気持ち良いのです。
タマらないですな。

ふと、流れに枕すとはこんなことではと思ってしまったりして…

ちなみに流れに枕すとは、

漱石枕流 そうせきちんりゅうのことです。

故事によると、孫楚は若い頃、隠遁しようとして
「枕石漱流」【俗世を 離れて自然に親しむという意味】というところ
「漱石枕流」【石に漱ぎ(くちすすぎ) 流れに枕す】と
言い間違えてしまい、
親友の王済に言い間違い指摘されたところ
孫楚は「流れに枕するのは耳を洗うためであり、
石に漱ぐのは歯を磨くためである」
と強情にこじつけて反論したことから

「漱石枕流」というのは「へそまがり」「負けず嫌い」という意味の
ことわざに用いられるようになりました。

が、

流れに枕するのってこんなに気持ちが良いのですね。

あと、こちらの向かいには甘露水がわいております。

昭和天皇がこちらにとまられた時に
「この水は甘露である」と言ったことから
そう命名されまして、

畏友GMクンや畏友P氏らとニセコに来た時は
こちらに寄って、 「この水は甘露である」と帝ゴッコをするのが
定番というか、お約束なのですが。
しかも、ロビーではその水が飲めたってことで、

温泉からあがったところで
「この水は甘露である」 と帝ゴッコをしながら

自宅にもどったのでした。



ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。


かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1902-e68eed42