さて、現在広島某所で、フロントで配っている中国新聞をニヤニニヤしながら読みつつ
後は帰るだけということで、北海道へ帰る準備をしているイトー×aniです。

ただ、広島から北海道に向かうのに、なぜか、博多行きの新幹線に乗って、
福岡空港を目指すという謎の行程。

広島が「避難準備情報」を出すレベルの雨降りなので、
予約していた、広島-新千歳が飛ばないのに加えて、
前日予約の神戸\新千歳便とかはアホほど高いので、この選択です。

ま、6月に行くカープvsホークス交流戦の予習だと思えばいいんですかね。


ということで、昨日のブログの続きを書きましょう。


昨日の朝は、ホテルでたっぷりと英気をやしなったあと、
赤いアンダーシャツの上に昨日買ったアロハを着て、10時前に宿を出て、
マツダスタジアムへ。

この日は、雨時々曇りの予報。
もし万が一雨で中止になったら、呉観光に切り替えるためです。
さりげなく、カープ選手が柄になっているところがいいです。

この日は内野自由席なので、早く行けば行くほどいい席になります。
ならば、なんとしても、屋根のあるところを確保しないと。
ということで、10時20分くらいにスタジアム到着。
いつもと違って、正面ゲート前で待つことしばし。

11時に開門したので、内野自由席を目指します。
開門と同時にダッシュをする人にむかって
「雨でぬれていて、大変キケンなので走らないでくださ~い」
とスタッフの声が響きます。そんなのを聞きながら、歩いていると、

ツルっ!

走ってもしないのに滑る、痛恨のミス!!

てへ

内野自由席にむかうと、正面がベンチとバックネットの間あたりで、
一番後ろから三列目の席を無事確保できました。
ここなら、屋根の下なので、少しくらいの雨なら平気です。
しかも、高い場所なので、球場全体がよく見えます。
いい景色です。

とはいえ、土の部分には、大きなブルーシートが引かれていて
シートを避けるようにドラゴンズの選手がキャッチボールをしたり
ダッシュをしたりしています。

今のところ雨はやんでるのですが、どうなることやら。

この日も余裕を持って球場入りをしたので、球場内をぐるっと一周。
というか、そんなに慌てていたわけでもないのに、
ゲーム内容を書き留めるメモを忘れる痛恨のミス

そこで、ショップでカープメモとカープボールペンを買った後に、
「球場ラヴァース」で基町ねーさんが「いったる~」と言った
カープうどん全部のせに舌鼓をうちます。

ああ、久々ですが、美味しいです。
Hi-STANDARD「STAY GOLD」を聞きながらうどんをすする私。
でもこの曲聴くと、北海道を思い出すね。ま、1×8の曲だからということですが。

そして、再び座席に戻って、昨日買った真っ赤な「TANAKA 63」のビジユニを着て、
昨日のパフォーマンスシートでは見にくかった、バックスクリーンの映像を見ます。

あ、「それ行けカープ」だ。

去年のコンセプトをついで、、赤い色をバックに
カープファンの有名人がかわるがわる歌っています。

メンバーは、
奥田民生 小林克也 東ちづる
くるり岸田繁 徳井義実 杉原杏璃
竹原慎二 堂珍嘉邦 島谷ひとみ
風見しんご 水田わさび 宇治原史規
アンガールズ山根 田中宏 長州力
アンガールズ田中 ギース尾関 佐伯三貴
といったところ。

閣下out 奥田民生・島谷ひとみ 1nといったところですか。

さらには、一昨年のオープニングは、カープ選手をファンの漫画家が描いた映像でしたが、
今回も感想のところに、田中宏さんのマンガで
「大きなこえで、ひぃろっしまぁ」というカットが出て来て、
そんなのも思い出させてくれます。

あと、スライリーは今日もいい味です。

ブルーシートが撤去されて、カープの選手も視界の真下、ベンチ前でアップしています。
ああ、中止にならなくてよかった。

本日の先発はカープは、ジョンソン投手、ドラゴンズはドミンゴ投手です。

そして、スタメン発表で、「3番 ライト シアーホルツ」のコールがされると
盛り上がる1塁側内野自由。
いきなりデビュー戦です。
続く「4番 ファースト 新井」のコールにも盛り上がります。
そんなのを聞きながら、気分が高揚してきます。

あ、三塁審判は、白井さんだ。
そんなのも楽しいです。

デカレンジャーのレッド役
さいねい龍二さんの始球式。見事なボールに沸く一塁側スタンドです。
そしてプレイボール

一回表は、先頭大島選手をセンター前ヒットで出しますが、
続く荒木選手のセカンド左への打球、菊池選手の体を投げ出してとった後、
さらに素早く田中選手に送球という破天荒守備が最初から炸裂で併殺です。
バックスクリーンには堂珍さんが大写しになってダブルプレーを称えます。
ホームならではの演出です。
去年はホームランでた時には炎を背負った長州だったなあ。
なんてことを思い出したりして。
そして、エルナンデス選手を空振りの三振にきってとって、無難な立ち上がり。

裏の回、カープは
先頭丸選手、続く菊池選手と連続三振。
そして日本デビューのシアーホルツ選手はセカンドゴロと三者凡退

二回表、ドラゴンズ
先頭の福田選手をフォアボールでだしますが、昨日のヒーロー平田選手をサードゴロで、ここもゲッツー。
そして、続く松井佑選手にセンター前に運ばれますが、高橋選手をレフトフライでスリーアウト。

裏の回のカープ
先頭新井さんが、ストレートのフォアボールで出て、
ロサリオ選手ライトフライのあと、梵選手がレフト前にはこんで13塁
ここで、田中選手がセーフティースクイズを決めます。

おおおお、先取点です。

ここで早くも宮島さんです。
バンザーイ、バンザーイ、バンザーイッ!!

まわりの人ともカンフーバットでカンカンします。
あああ、本当にうれしい。

続く石原選手は見逃し三振で倒れてチェンジ。


3回表のドラゴンズは、
松井雅選手、ショートゴロ、バルデス選手、セカンドゴロから
大島選手のショートの深いところへのゴロ、田中選手がよく裁いて遠投するのですが、
大島選手の足がまさった内野安打。
ただし、続く荒木選手が梵選手真正面のサードライナー。

裏の回のカープ
先頭ジョンソン選手こそサードゴロですが、続く丸選手がセンター前。
久々の丸選手のヒットです。
続く菊池選手がフォアボールで出ると、一死1.2塁。
ここで登場するのが、シアーホルツ選手
「オイオイオイ、タイムリータイムリーシアーホルツ、ひぃろっしまぁ♪」
と、チャンテも出てきて、応援も絶好調
でも、シアーホルツ のコールをどうするかわからないので
やや戸惑う一塁側スタンド。

ただ、シアーホルツ選手はレフトフライ。
そのままチャンテが鳴り響くなかで打席にたつのが新井さんですが、
こちらもセカンドフライでホームが遠いです。

4回表のドラゴンズ
先頭エルナンデス選手がショートゴロ、
続く福田選手のピッチャーがえし、菊池選手が破天荒守備でよく追いついて、
振り向きざまにファーストに投げますが、そこで、新井選手がポロリ。
ただ、打球が難しかったので、内野安打
しかし、続く平田選手がファーストフライ、松井佑選手がセンターフライで攻撃終了。

ジョンソン投手は、必ず一人ランナー出しますが、
ここまで、危なげないピッチングが続きます。

裏の回のカープ
ロサリオ選手、梵選手と連続空振り三振、
外角のボールを同じように空振りするロサリオ選手に対しては、
「同じところくるくるかーい!!」などと声が飛びます。
そして、田中選手がショートゴロ

5回表のドラゴンズは
高橋選手センターフライ、松井雅選手ショートゴロ
バルデス選手レフトフライ。イージーなフライですが
「落とすなよー」などと声が飛びます。
おさむちゃんに厳しい1塁側スタンドです。

裏の回のカープは、石原選手三進、ジョンソン選手ファーストゴロ
丸選手ショートゴロと こちらもあっさり終了。

そしてccダンスを楽しんだあと
6回の表のドラゴンズ
大島選手、荒木選手と連続してピッチャーゴロ、
エルナンデス選手にセンター前に運ばれますが、福田選手ショートゴロ。

6回の裏カープの攻撃
菊池選手がセカンドへの難しいあたり快足を飛ばして、内野安打に
さすが、韋駄天菊池や。
続くシアーホルツ選手がライト前。来日初安打です。
シアーホルツ選手に代走野間選手。これが、後でのドラマの伏線になるとは。
そして、チャンテで、オイオイものあがるなか、続く新井選手のファーストゴロを
福田選手がキャッチャーにおくって菊池選手が挟まれますが、
いろいろあって、謎にセカンドベースに戻ろうとした野間選手がアウトになっています。
あららら

直前から雨足が強くなってきて、しきりにマウンドを気にするバルデス投手。
ここでたたみかけたれやぁぁぁ、と思うところで、
ロサリオ選手に代打小窪選手です。

ここでもチャンテでオイオイ盛り上がります。

さらに、バルデス投手がマウンドを気にしている様子。
あ、ショートのエルナンデス選手がマウンドに行って、足で慣らしています。
審判も、砂を持ってこさせたりしていろいろしていますし、
4審判が集まって、なにやら協議中です。

と、赤いシートが登場してきます。
「ごらんのような天候ですので、ゲームを中断します」とのアナウンス。

CARPのロゴが入った真っ赤なシートで覆われた土の部分。
ま、しょうがないですか。
「あのシートは、ブルーシートより高いやつじゃね」なんて会話も耳に入ってきます。
それにしても、早い時間に行って、屋根のあるところが確保できて良かった~

その間ライト側パフォーマンスシートでは、
緒方監督の選手時代の応援曲や前田神の応援曲を演奏したり、
東出・広瀬・栗原・エルドレッドといったあたりの曲でもりあがってます。
こういうのもいいです。

走れー東出~ 広島でん~せつ~ そうわれらの栗原~ 無限のパワー♪

ただ、雨足がやや強くなってきたので、持ってきたラジオでRCCを聞きます。
すると、同じ日に広島でやっている織田記念陸上の話になっていて、
桐生選手が記録を出せなかったなんている話の流れで、
アナ「解説の山崎さんは、どれくらいで走れるですか」
山崎さん「50メートル5秒7くらいですかね」
アナ「なら11秒台前半というところですか、運動会では敵なしでしょう」
なんて話が展開されていて、なんか、ほっこりします。

ひょっとして、このまま降雨コールドか??

と30分やや過ぎた時間、中断しましたが、雨足が弱まり、シートがはずされて、
ドラゴンズの選手がキャッチボールをはじめます。

「バルデス選手、ここで緊張を切れなければいいんですが」などと
RCCのアナウンサーが言ってます。
そして、ライト側から流れてくる「こーくーぼーのこ~」
ここは当然歌いますよ。
「華麗に流し打ち~基本はセンター返し~、それが~こくぼ~てつや~♪」

と歌った直後、セカンドの頭を超えるヒットです。
おおおお、ここでまた宮島さんです。ワッショイワッショイ!!
まわりのひとと、カンフーバットでカンカンカン

さらに1アウト1.2塁で、このまま足元を気にするバルデス投手につけこんでくれ。
と思ったのですが、バルデス投手ふんばって、
梵選手と田中選手を連続三振にきってとります。

ただ、雨のせいで、マウンドが不安定な条件はカープも同じ。
「燃えよドラゴンズ」が流れる7回表、 
先頭の平田選手をフォアボールでだして、続く松井佑選手もレフト前にはこばれ、
高橋選手が送りバントで1アウト23塁です。
ここで松井雅選手の打席ですが、代打小笠原選手。

ああ、やなバッター来たなぁ。

と思ったところ、ここで踏ん張るジョンソン投手。
小笠原選手を投手ゴロに打ち取り、キャッチャーに投げる
石原捕手がかっちりとブロックをしてランナーアウト!!

谷繁監督がサード側ベンチから出てきて抗議しますが、くつがえりませんでした。
このプレーも大きいなぁ。
スタンドからは「谷繁~、無駄やぞ~」「そんなんやから県工入れんのじゃ~」などの
声がとびます。
谷繁監督がベンチに下がってゲーム再開。
バルデス選手に代打で出た藤井選手がショートゴロで、このピンチをかわします。

7回裏、それ行けカープを歌ってジェット風船。
バックスクリーンに映る映像は、1番だけのバージョンもあるんですね。

そして、ドラゴンズはピッチャー、金子投手、キャッチャー谷繁監督に交代。
先頭石原選手がセンターフライ、ピッチャーの打順ですが、そのままジョンソン選手。
このあとも続投です。ジョンソン選手空振り三振、そして丸選手がレフトフライ。

8回表、ドラゴンズ
大島選手、ショートゴロ、荒木選手、サードゴロ、エルナンデス選手ピッチャーゴロ
と、久々の三者凡退。

8回裏、先頭菊池選手がセカンドフライに倒れたあとに、
ドラゴンズは金子投手から浜田投手にスイッチ。
ピッチング練習の間、野間選手の登場曲 恋のマイアヒが長めにながれて
1塁側スタンドも「ノマノマイェイ ノマノマイェイ ノマノイェーイ♪」にあわせて
カンフーバットをカンカンさせます。

そして、バッターボックスの野間選手カウント1-1から、バット一閃
ボールがライトスタンドに吸い込まれていきます。

やったぁぁぁぁぁぁぁあ、すげええええええええ!!!

これって、シアーホルツ選手の代走がなければ、なかったんです。

思わぬ一発に、宮島さんですワッショイワッショイ。
周囲の人とバットをカンカンさせます。

興奮さめやらぬなか、新井選手がレフトの左に二塁打
そして、続く誠也選手が左中間に放り込みます。

おおおおおおおおおおお、まじかぁぁぁぁぁぁああ!!!

しかも、ここでとまらない。梵選手のレフト前、田中選手のライト右のツーベースで
1アウト2.3塁です。

が、ここで、石原選手が三振、
ピッチャージョンソン選手におくられた代打堂林選手。

たのむぞプリンス

が、ここで見逃し三振でした。
あああああ

でも、8回に追加点3点ってのはデカいです。

9回表、カープのピッチャーは今村投手。久々見ます。

先頭福田選手を見逃し三振。
続く平田選手こそ、フォアボールで出しますが、
続く、野本、高橋と連続三振にとって、ゲームセット。

カープの勝利であります。

私、今期カープ戦の観戦4戦目ですが、初勝利です。やったぁぁぁ。


ということで、
みなさん御斉唱お願いいたします。

♪宮島さ~んの神主が~
 おみくじひいて申すには
 今~日も カープが
 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち ♪
♪比治山さ~んの神主が~ (大きな声で、ワッショイ ワッショイ)

 おみくじ引いて申すには~ (大きな声で ワッショイ ワッショイ)
 今~日も カープが
 勝~ち勝~ち 勝っち勝ち♪



♪カープ カープ カープ広島 広島カープ

 空を泳げと 天もまた胸を開く
 今日のこの時を 確かに戦い
 遙かに高く 遙かに高く  栄光の旗を立てよ
 カープ カープ カープ広島 広島カープ

 勝ちに行くのが 選ばれた者のさだめ 
 一投一打が 勝負の全て 
 闘志をつくし 闘志をつくし 今ここで花と咲けよ
 カープ カープ カープ広島 広島カープ

 鍛え抜かれた 精鋭の技と力  
 その意気愛して 見守る我らの
 明日へ続く 明日へ続く きりのない夢であれよ
 カープ カープ カープ広島 広島カープ

 晴れのあかつき 旨酒を酌み交わそう 
 栄光手にする その日は近いぞ
 優勝かけて 優勝かけて たくましく強く踊れ
 カープ カープ カープ広島 広島カープ ♪

 バンザーイ バンザーイ バンザーイ。


ハイパーユニオンで、フウ↑フウ↑したり、
選手の応援かめどローで盛り上がっているところで、ヒーローインタビュー
ジョンソン投手の
「世界中のどこにいってもこんなに雨の中に残って応援してくれるファンはいない」
をはじめとした、もろもろの言葉に盛り上がります。

いやぁ、勝つっていいなぁ。

この日の席は、一塁ベンチよりもバックネット寄りだったので、
とりあえずパフォーマンスシートの近くまで移動。

野球の神様~ 俺たちやったよ
うぉーーーーーーーー
うぉーーーーーーーー
うぉーーーーーーーー
をしたあと、

3本締めをして、

いーぞいーぞ応援団。パーパー♪ひぃろっしまぁ、

のコールで本日の野球観戦はすべて終了。

先制・中押し・ダメ押しと理想的に加点をするカープ打線。
久々の気持ちいい勝ちゲームでした。

若手2人のホームランは、中国新聞のスポーツ面で見出しになっていましたし、
緒方監督ではないですが、これで一皮むけてほしいところ、

投手陣の先発ジョンソン投手は言うこと無し。
中継ぎも昨日の中崎・一岡・永川三投手に続いて、今村投手も目処がたったというのが、
大きいです。


この日は、18度程度とそこまで気温が高くなかったこともあり、
飲んだビールは最後の最後での勝鯉ビール一杯でしたが、
やはり、いい野球観戦でした。

一塁側の内野自由席は、メガホンとかはポコポコと鳴らし、
盛り上がりますが、90パーセント以上の人が座ってみているので、
まったりと応援をするのには向いていますし、
雨じゃなければ、もう少し近いところに行きたかったです。

というか、行く度に座りたい席が増えるという、
罪作りな球場です、マツダスタジアム。

と、考えながら、マツダを後にして、ホルモン天ぷらを食べに
市電の人となったのでした。

このあとの予定としては5月2.3日の神宮での対スワローズ戦に畏友GMクンと行き、
下旬には京セラドーム大阪での対バファローズ戦を応援に参戦する予定です。

ってことで。

野球の神様、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。





かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1886-fd4f66b9