明日のkalafina武道館ライブに備えて、
札幌某所で前泊をしているイトー×aniです

今、某HKを見ているのですが、暴風雪大雪情報が流れています。

ま。情報の中心は道東ですし、低気圧は以外に早く北海道から離れるので、
大丈夫だとは思うのですが、
今は、何とか明日の飛行機が飛ぶことを願うのみです。



ここからが、先週の温泉です。




先日北空知に用事があったので行ってきましたが、
用事のついでに久々のもせうし温泉へ。
相変わらず混んでいる脱衣場から中へ入ると、
公共温泉風の整った清潔そうな施設でたくさんの人がくつろいでいます。

まずは、かけ湯をして、淡い碧褐色で、湯槽から溢れているお湯に身を沈めますと
気持ちいいです。浴室に入るだけで、木の饐えた感じの芳しい香りが漂っていますが、
肩までつかると、尚更その香りが強くなって、これだけで気分がよくなります。

しかも、このヌルっとするお湯ざわり。
肌にかるくぬるしくのが、なんとも気持ちよいのです。
ああ、久々でもいい温泉だなぁ。

また、露天風呂もいいです。
ゴツゴツの黒い岩を見ながら入ると、内湯より湯温が低いせいか、
ぬるつく感じもさらに増してきますし、この手の温泉に多く見られる
気泡の付きもいい感じです。

軽く雪が舞っていますが、ほてった躰にはいいです。

壁の外には、米とかを貯蔵する巨大な倉庫が視界一杯に広がるのも
こちららしい味わいのある眺めです。

人気の温泉にありがちな喧騒さが
そんなに感じられないところにあるのかもしれません。

今回も気持ちよくお湯を楽しめました。


で、この翌日は、
江部乙にある「えべおつ温泉」にむかいました。

入り口から、脱衣場そして、浴室に入るアプローチが、
まんま昭和の温泉旅館なのがいいです。

浴室も、カランが蛇口ではなく
ヒネるタイプなのも、伝統を感じます。

また、低温の湯をそのまま入れる温泉もあって
そんなに広くもないこともありますが
地元の人で混んでいることも多いです。

が、この日は低温の浴槽には人がいなかったので、
そちらでくつろぎます。
30℃の浴槽って、フロンティアフラヌイ温泉的です。
身体への気泡の付きも微妙ですがいいです

さらに、温かい湯槽は、二段作りになっていまして
高いところにある湯槽にお湯が注がれて
そこから溢れたお湯が下の湯槽に注ぎ込まれ
そして、そのままかけ流しされる、そんな温泉です。

特に高温の湯と、低温の湯をはしごするのは気持ちいいです。

と、いうことでまったりとすることも出来るので、
しばし寛いで、さて江部乙まで来たんで、絶品のスープスレ―でも食べよう
と思って、車を走らせたのですが、

国道から一本入ったところで、スサマジイ地吹雪。
さらには防雪策や民家などが切れたとこには
吹きだまりが出来ています。

この先こんな道を進んでいくのも難儀ですし、
あのお店の周辺とかは除雪とかがなかなか入らなそう。
折角の車を雪に埋めたくないということで、
断念して、「いとしの大衆食堂」に登場した、
滝川駅前の一福さんで、そばと親子丼セットを食べたのでした。


ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。

よろしければ。


かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした(´・ω・)ノシ

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1860-a56d1602