2014.12.31 最終日でした
さて、冬の大お祭り三日目のことです。

今日の参加者は21万人。3日間トータルして56万人だったです。

過去最大と報じられている記事もありましたっけ。
確かに、人がごったがえした3日目でした。

前日の夜は、蒲田で美味しいカツをいただいたあと、
翌日の頒布物もすでに搬入をすましているので、そっち関係の準備はなし。
宿で今まで着ていた服の洗濯をしたり、帰る荷物の準備をしたり、ブログの更新を終えて、
高専ロボコンを見ながらおちてしまいました。

ということで、大お祭り最終日の朝です。

この日は5時前に起床。遠征中、目覚まし前におきたのは初めてです。

シャワーを浴びて、ヒートテックの上に、
この日も戦闘服にした、洗ったばかりの赤いアンダーウォーマーを着て、
その上にデニムシャツを着ます。

この日は宿をチェックアウトするので、後片付けをして
空港においておく荷物と会場に持っていく荷物をわけたりした後に、
6時前に朝食会場に並び朝食をとります。
今までは。粥とか、温玉ばかり食べていましたが
今回は、畏友GMクンが宇宙一美味しいと絶賛するクロワッサンをいただいて、
6時15分発の空港行き送迎バスへ乗り込みます。

空港行きのバスは早朝なのに満員です。
半分以上国際線ターミナルでおりますが、早朝の国際線の便に乗るために
こちらで前泊をしている人が多いみたいです。
なるほど。そんな使い方もあるのですね。

着替えなど、会場に持っていかない荷物をコインロッカーに預けて、
6時43分発のモノレールに乗って、天王洲アイルへ。
同じ駅にするには若干無理があるかなという、
途中で信号を渡ったりする乗り継ぎを味わってから、りんかい線の駅へ。
そこから、7時14分発のりんかい線の9号車に乗り込みます。

これは、初日に乗ったのと同じ時間の電車ですが、初日よりも込んでいるような気がします。
とかんがえながら、国際展示場前駅に到着。

天王洲に宿をとる選択肢は悪くないなぁ。でもここって、
朝飯7時からなんだよなぁ。夕食を食べに行く選択肢も宿そばだと限定されるし
迷うところです。
とはいえ、大井町も蒲田東口も7時ですが。

そんなことを考えながら
サークル参加者の道を歩いて、「俺ツイ」「甘ブリ」「ろこどる」「RW」
「河合荘」「僕の青春ラブコメは」といった
BS-TBSなどでおなじみのアニメの看板などを見ながら
そんな番組の曲を口ずさみながらメインプロムナードへ。

階段をのぼると、昨日もお世話になりました、ビッグサイトの威容です。

そして鳥居状オブジェの下で、今日も一日よろしくお願いしますという気持ちをこめて、二礼・二拍手・一礼

路面はまだ濡れていますが、雨が上がってよかったなぁ。

昨日同様チケットを掲げて、スタッフの人に挨拶をしてから中に入ると、
7時35分にスペースに入って荷物を確認したり準備をしたりします。

この日はシャッターからやや離れた場所です。ありがたい。
ここで、お客さんをむかえる準備をしたりしているうちにおとなりなりさんも登場。
今日も一日よろしくお願いしまーす、などと挨拶をしていて
さらに準備をすすめます。

ちなみに、お隣さんが「小樽の旅行記~」なんて話をしているので、
「僕、ニセコの方から来たんですよ…」などと言うと、
「ええ、本当ですか、地元の人にお見せするのは恥ずかしいんですが」
などといって、御本をいただきましたので、自分の頒布物も提供します。
こんなコミュニケーションもいいです。

一とおり準備を終えて、昨日や前回や「スキマフェスティバル」の時も着用した、
広島東洋カープ、広瀬純選手のホームユニフォームに着がえて準備を続けます。

僕らのシマにある横がシャッターにつながる大きいとおりということで、
サークル入場をした人が外周に並ぶための列を作っています。
9時くらいに突然列が走り出して、
スタッフが大きい声を出して制止したりと一瞬騒然とした雰囲気になります。
レミング死の行進だなぁ、などとぼーっと見ていると列は再び整然とします。

ややしばらくすると、スタッフの人があれこれ説明して
「今日も一日よろしくお願いします。がんばってください」なんて話のしめに
拍手がおきます。

一斉点検放送の音楽の「いないないばぁ」の「わぁお」風の電波ソング。

「♪ みんなの、へいわを、みんなで守る
  一斉点検の じっかんですぅ ♪ 」
なんて音楽にのせて、注意を喚起するスタッフさんが登場。

「一斉点検です。見慣れない荷物、ダンボール、私以外の不審者はいませんか~」
などと、言ってます。これも面白いですね。

なんて時間をすごしていると、午前十時になりましたので

パチパチパチ

今日も、オープニングの音楽に合わせて手拍子をうちます。
スタンディングオベーションのごとく、丁寧に拍手をしてお客さんに備えます。

1分くらいのタイムラグで、外周へ向かう、お客さんの地鳴りが
目の前を通過していまます。
しかもこの波がとぎれません。5分以上は続いてます。
そんな津波をスマホを掲げて撮影するサークルの人。
この光景も面白いです。

だいたい列は10人で構成されてましたから1秒で2.5列過ぎたとして、
10秒で250人、1分で1500人、5分で6000人が外へ出た計算になります。

すごいなこれも。


さて、この日は、野球場で食べたカレーについて、このブログで書いたものを
加筆修正して、一冊にまとめた「球場カレーラヴァーズ」で勝負をかける日です。

あと、前日少々残った「孤独のグルメストーカー」と、
夏にコンビニでで作った
「孤独のグルメの巡礼本、そんなのもあるのか」とゴローちゃんが言っているポップも、
飾りまして、しばしボーっとしていると、

紺のカープのトートバックを持ったお客さんが登場して、
お客さん「黒田、よかったですね」
ワタシ「いやー、本当ありがとうって感じですよ」
お客さん「7年寝かして帰ってきましたね」
ワタシ「新井さんもですね」

なんて会話をしたあと、「一冊お願いします」といわれました。
頒布成功です。

正直初めてのジャンルですし、ニッチな本なので、
どれくらい頒布できるか、まったく読めなかったのですが
会場10分で動くと、意外とやるのか??などと思います。

しかも、直後また、「一冊お願いします」とお客さん登場
おやおや、今までの頒布物よりも調子いいぞ。

さらに、ぜかましコスをしている男子が登場して、
ぜかましさん「カープファンの方っスか」
ワタシ「はい、こんなカッコしてるんで」
ぜ 「自分、ベイファンなんスけど、黒田よかったですね~
   あんな男気ある選手に好かれていてうらやましいっス」とのこと。
そして、本を手にとってぺらぺら見て
ぜ 「一冊お願いします」
ワタシ「ありがとうございます。井納投手の勝ちゲームも載ってるんで
 楽しんでください」
ぜ 「ありがとうございました」

なんて会話を楽しんだりして、気づいたら40分たたずに頒布数が2桁に。

当然ですけど、野球好きな人ばかりくるのでそんな人との会話が楽しいです。
スワローズユニの人とは
ワタシ「本にはロマン投手の勝ちゲームも少しだけ載っています。
  あと、自分北海道なんっスけど、大引啓次をよろしくお願いします。」
スワローさん「いや、大引は神宮で活躍していたから、大卒の時点で
  採る予定だったんですけど、一巡先にオリに指名されちゃったんですよね~
  あと、補償が金銭でよかったですよ。ほっとしました」
ワタシ「また今浪が帰ってきてもよかったんですがww」

そんな会話もしますし、

「私、ロッテですけど、(本に載ってる)このゲーム見てました」とか
「私、楽天ですけど」、といった他ファンの方も次々登場。

ワタシ「本の中にAJがサヨナラホームラン打ったゲーム、載せたんスけど」
楽さん「そのボール、僕の見ている10メートル前くらいに飛び込んできたんですよ」
ワタシ「ええ、マジっスか!!」

という会話もあったりして。
あああ、野球が好きっていいなぁ。

でも、やはり多いのは、カープのグッズを持っている人です。
トートなどを持っていたりシャツ着ているる人が
寄ってくれてありがたいかぎり。

ま、格好が格好というのもありますし
なんたってサークルカットに「球場カレーラヴァーズ」と書きましたから

「サークルカット見て、気になっていたんですよ~」などといわれるのも
ありがたいです。
本のタイトルを書いただけのシンプルなものでしたが
インパクトがあったのですかね。

しかも、この日は外気温が11度、昨日よりはぜんぜん暖かいので、
上を羽織らずにずっと広瀬ユニでいます。

すると来る人来る人、本を引き取っていただいたあと
「黒田おめでとうございます。」と口々に言われるので、
自分が何かしたわけでもないのですが「ありがとうございます」
なんて会話を何回したことでしょう。1日目の「So what???」さん状態です。
「黒田おめでとうございます。ロッテファンですが感動しました」
なんて言葉もたくさんいただきました。
僕も、「カープファンです」というお客さんには「黒田おめでとうございます」って話をして、
今日一日で何回、「黒田おめでとう」って言って言われたんでしょうか。

さらには、「広瀬のユニが気になったんで来ました」
なんてお客さんも現れたりして。
冬の濃い黒・茶系の服装が多い中で、まっ白のカープのホームユニは目立ちます。

お客「そのおヒゲと、もみ上げは、菊池意識ですか、永川j意識ですか」
ワタシ「いや、広瀬なんですけど」
お客「あ、そうですよねww」

なんて会話もありました。広瀬選手のあだな「チャーリ-」の原因である
チャリ(もみ上げ)にあやかって、のばしていてよっかった~。


と、いうことで、会話も楽しかったんですが、
2冊お買い上げいただいた方もいたりしてで、
なんと午前中に持っていったすべてが完全にハケてしまいました。

【朗報】初の新作完売

です。

刷ったのはそんなに少ない部数ではなかったのに。

完売も初めてならば、午前中というのもビックリです。

その後、「球場カレーラヴァーズは完売しました。すいませんm(_ _)m」
という追加したポップを見たお客さんが
「すいません、再版の予定はありますか」なんて聞いてきたりして
あああああ、すご過ぎです。
「あの、夏、当選したら、それまでに、ヤフドと京セラ行く予定なので
そっちをメインにした2も作ろうと思ってます」
「そうですか、楽しみにしています。」
なんて会話もしちゃいました。ほかにも
「本、ないんですか、11時50分ごろ、完売しちゃったんですよ」
「えー、20分まえですか(落胆)」
とか
「××部持ってきたんですけど」
「それは少ないですね」
「次回は気をつけます」
なんて会話までさせていただきました。ああああ、うれしいなあ


そして、つられるようにこちらも頒布が好調な
前日北蝦夷で頒布した「孤独の軍師ストーカー6」

この日も、前日同様に、テレ東で深夜に一挙放送をしてましたので、
「全部見ちゃいますよね~眠いです~」
なんていう人もいたりして。わかります。

あああ、楽しいなぁ。

ここで、少しだけお客さんがウスくなったところで、
昼食と、みやげ物を買いにくるっとまわります。

情報のスペースはヤハり楽しいです。
畏友GMクンのために買った、UFOの本と、トンデモ本や
自分の気になった本を買って、外へ。

昨日は中も寒ければ、外はなお寒かったですが、
昨日と違って、中以上に外は暖かいです。
そちらで、牛タン丼にコーンポタージュを購入して。
〔変な組み合わせですが、暖かい飲み物で甘くないのがコーンポタージュしかなかった〕
自スペースに戻ります。

そして、ご飯をたべながらもくるお客さん。
「球場カレーの本って、夏に出ますか」
「はい、当選したら作りますので、またよろしくお願いします」
なんて会話から、必ず野球関連の会話になるのがいいですね。

しかも、菊池涼介バッグを持ったお客さんとは会話がハズんだ。
そこに、僕の広瀬ユニを見てきた、新たなカープファン。
僕もそうですが、そのお二人も日ごろはカープトークができない様子で、
濃い鯉話をする楽しさにヤられます。
そこに混ざって来る来る他ファンのかたとの濃い話の数々。
トラさん 「自分トラやけど、ガチでウラヤマシ~わ」
わしら 「鳥谷、残るといいですね」
ト 「せやな。ところで新井の人的補償で赤松くれや」
わ「赤松は無理ですが、上本弟なら、兄弟枠で」
 wwwwww
そんな会話で盛り上がったあと、「ほな楽しかったで」とかえるところを
六甲~おろ~しに~ 颯~爽と~♪と歌でお見送り

さらに
「黒田のユニ、絶対買いますよ。ってか、Tシャツはまだッスかね~」
「僕の安仁屋算では、勝ち数がゲーム数超えるんですけどwwww」
「それ、池ノ上あたりにも勝ち星ついてますよね」
「春篠田と夏福井が一年フルでお願いしたいですね」
「でも、ガチで中崎、覚醒してくんないっすかね~」

などなど、とてもここでは書ききれません

あああ、本当に楽しいなぁ。

そちらの方は、「夏も絶対来るんでがんばってください」
ワタシ「一応、チケットとれたらGWの神宮に行くつもりです」
「ああ、なら、そちらでお会いするかもしれませんね」
「あえなくても、一緒にハイパーユニオンで盛り上がりましょう」
などといって
「絶対勝つぞカープ 絶対勝つぞカープ ♪パーパー ひィろっしまぁ!!」
とわかれました

と、楽しい時間をすごしましたが、楽しい時間はあっという間に過ぎるもの。

気づいたら、「孤独の~」も、もっていった分が全部なくなりました。

午後三時前ぐらいから、周囲のサークルは次第に撤収をしだしましたが
ボクは3時30分ぐらいから荷造りをして、50分に荷物を発送すまして、

最後は自分の席に戻って、閉会の音楽を聴いてパチパチパチ。

そのあとの三三七拍子、万歳三唱までを堪能して、会場をあとにします。

外に出るとでっかい夕日が落ちるところで、本当にきれいな景色です。
周囲の人がスマホをかざすのもわかります。

そして会場に2礼2拍手1礼。楽しい日々をありがとうございました。

空港行きのバスにのります。

ああ、本当にいいイベントでした。
振り返って見えるビッグサイトも夕陽を浴びていい感じ。
さらに、バスの中から見る夕陽に染まるお台場の南欧風のたてものと
海との組み合わせは、前々日見たARIAのネオベネチアみたいに見えたりして、
脳内にテーマのあの曲が流れてきました。

あああ、いいイベントでした。

そして、この後、飛行機にのって北海道へもどったというわけでした。



今回も命の洗濯もできましたし、いろいろな出会いもありまして、
楽しいイベントでございました。

お祭りに参加されたかたがたにおかれましては、ご苦労さまでした。

僕自身大変楽しい日々をすごさせてもらいました。

この楽しい日々だったのは、
お祭りでお会いした方々、あなたがたからかけていただいた一言一言のおかげですし、
その、もったいないような、一言一言は脳裏に強烈に刻みついております。
有りがたくかみしめております。

みなさんにいただいたお言葉や、見せていただいた行動すべてが、
今後の僕を動かすパワーとなりました。

心よりお礼を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。



と、いうことで、心の充電も終わりましたし、
次は夏の大お祭りにむけて、ネタ拾いであるライブと巡礼などに頑張りたいと思います。



かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
のパーソナリティーをつとめていた
イトー×aniでした。(´・ω・)ノシ




追伸 


今日で、今年のブログ更新もおしまいであります。

今年一年、大変お世話になりました。

世間的にも、僕自身もいろいろありましたが、
皆さんのおかげで、たいへんよい一年でした。
心から感謝しております。


と、いうことで、皆様もよいお年をお迎えください。


イトー×ani 拝
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1834-91e3e607