巡礼のために上京をいたしました。
金曜日のお仕事終了後、千歳に車を走らせました。
空港のロイヤルで生ビールとともにスパかつを食べて気合いれ。21時の便で羽田へ向かいます。
この日は23時過ぎに空港近くの宿に着いたので、このままおちて翌日に備えます。

昨日は朝9時くらいに宿を出発。京急線で品川に乗って、山手線に乗り換え
渋谷に着いたのが10時30分。まだ少し余裕があります。
この日の目的その一は、マンガ「孤独のグルメ」の最新作である
「渋谷区松涛のブリ照り焼き定食」に出てくる定食やサン「魚力」さん〔マンガでは魚九〕
へ行くことです。

三連休初日の渋谷、なかなか込んでいます。
駅を降りると「幸×実×党」の人が街頭演説をしています。
このあいだはマ×ク赤×氏の演説でしたし、ここっていつも演説してんな。って感じです。
それにしても、この混雑。図らずも「渋谷は少し苦手~♪」などと
古い歌が脳裏に浮かびます。H末さんもイイ年なのに。

そこでウロウロと道玄坂をあがっていると、人が少なくなったなぁ。
と、気がついたら神泉駅まで来てました。

ま、ゴローちゃんも松涛をウロウロしながら、
「しかし この辺 全然 わからない」などと言ってました。

そんな感じで歩いていると、BUNKAMURAを発見。
おおお、11ヶ月前、Kalafinaのクリスマスライブを聞いた場所です。
図らずもきちゃうってのも楽しいです。
なら、こっちいけばNHKだな。
そんな感じで再びでたらめに歩くと。お店を発見。
まだ、開店まで少しだけ早いので、ノルマをこなしにいきましょう。

信号のところを曲がって軽い上り坂をあがると、目的の物件を発見。
ここで一言

「ほう、ヨルダンときましたか、こっちは… 昼だん大使館」

そう、ヨルダン大使館の前でゴローちゃんが駄洒落をカマしたので、巡礼者としては、ここもクリアしなければ。

それにしても、いきなり角曲がって出てきた車が大使館ナンバーだったり、
外国人の方がジョギングしていたり、とまっている車が全部ドイツの車だったり。
ハイソすぎます、この空間。駄洒落なんていってる場合じゃないです。

さらにニュージーランド大使館を見てノルマをこなしたということで、
お店に戻りましょう。

さっきは出ていなかった看板も出ていますし、
五人組のオジサンたちが今まさに入ろうとしています。
これは、便乗しましょう。

「おんや
 鮮魚…  おやおや  中で食べれるのか」
です。

いい店の匂い ぷんぷん
です。

中に入ると左側は魚屋さんです。これもいいなぁ。
そして、右側にあるメニュー札に、ブリ照りがあるのを確認して
「ドスンと ブリ照り勝負だ!!」です。

このキングサーモンも誘ってくるよなぁ
いやいや
もうひとひねりして銀ダラあら煮か

と長考せずに、あくまでもさりげない風を装います。
とはいえ、僕の目にはいってきたなめろう定食に誘われたのですが。

うん、この話が掲載された直後に訪れた人は季節はずれのせいで
たべられませんでした。
だからこの時期までまって訪れたんですよ。

というかこの札って思ったより薄いんですね。
と思いながら、カウンターに腰を下ろして言われる前に札を裏返します。
こちらは、札をひっくり返してその数字がカウンターの中にかかれた
当たりの数字と一致すると、小皿がもらえるのです。



あ、はずれだ。

残念。ゴローちゃんみたいな引きはありませんでした。

と、すぐに登場したのがお茶と蜆汁です。

ああ、これは美味しそうです。

と、目に入ったのが400円のビールっぽい張り紙。
アルコールを頼むタイミングがわからなかったので、とりあえず、「アレも」
といって注文をしたら、ノンアルコールビールでした。
ポスターに桑田圭祐が出てる時点で気がつけばよかったのですが、ま、これも一興です。

しかも、お店の方は、「ご飯、あとにしますか?」などと聞いてくれたりして
有難いですね。この心遣い。
とはいえ、ご飯ともあわせたいので、「一緒にお願いします」といいます。

と、ブリ照り、ご飯、小鉢、大根おろしも登場しました。

おおお、この香り。いいですねー。
しかもこの照り、いいなぁ、輝いていますよ。

ゴローちゃんも言ってました。

おー、これは見た目だけでわかる
まちがくなくウマい!

と。

そして、箸を入れると、フワッとしたいい香りと軽い湯気がたちます。
これは、いいですね。まず一口いただきますと、
この照りに証明されているような濃い味わいです。
うなぎとかあなごのタレにも通じるような濃さです。
うん。これはご飯がほしくなる味ですし、
しかも、ブリの味はあくまでも穏やか。淡白ながらも滋味あふれまています。
そらには身がほこほこでふっくらとやわらかめなのに加えて
油もたっぷりとのっていまして、これはいいブリです。
昨年は氷見のブリを使ったそうですが、今年はどこのブリなのかな。

このブリ自体のウマさにくわえて、うなぎやアナゴもかくやって感じの
濃いタレがなんとも言えずにマッチしているのです。

いやー、もうこの時点でしあわせです。

あぐ う ウマイ
うーん 想像以上だ あう

とのゴローちゃんの発言を思い出します。


しかも、このブリを穏やかにささえてくれるたっぷりの大根おろしです。

「この大根おろしの量も頼もしいじゃないか わかってらっしゃる」です。

かるくしょうゆを添えて、濃くなった口の中をリセットしますし、
これが健康になる味です。

さらには、もう一皿の小鉢には、たっぷりのシラスと大根のツマの上に
タコとマグロときゅうりとわかめです。
このシラスも太ってますし、マグロやタコも美味しい。

そうそう、「ヒジキの取り放題もなかなかお目にかかれないサービスだ」の
せりふでおなじみですし、今までのルポでもひじきが食べ放題になっていましたが、
今回は、大根葉炒めにクラゲとか揚げが入っているやつになっていました。
これも、美味しいですし、宿の朝飯でとり放題のひじきを食べた身としても有難いです。

そして、蜆汁も蜆がたっぷりですし、しみじみと美味しいです。
「ああ しみる このシジミの量」です。

大根おろしにシジミ汁って、すごく健康にいい感じです。

と、いうことで、ごはんをおかわり。

なにせ、「食べはじめたばかりなのに ごはん不足が当選確実」ですから
あたりまえです。

こちらはお残し厳禁のお店なのですが、2杯なら楽勝です。
普段はやらない、蜆汁の実を掘って食べることも、ゴローちゃんにならってしましたし、
全部のおかずが美味しいってのは、本当に幸せです。
ということで無事食べ終わりました。ああ美味しかった。


ああ 楽しいな 楽しいよ この店 ほんと!

ああ この豊かな気持ち

ブリ照りを丹念に箸で ついばみながら ごはんを食べる充実感

久々の感動的満腹

ですよ。

こんな駅から遠くに
こんな名店 があるとは 思いもヨルダン大使館

ですわ。

ということで、大満足のうちに完食いたしました。

その後は、NHKホール、渋谷公会堂、BUNKAMURAオーチャードホール、O-EASTなどから
そこまで遠くないのでまた、再訪する機会もあるかもですね。
と思いながら、

うおぢか~ら~クン♪

などとと場違いな鼻歌交じりで井の頭通りを通って、渋谷へとむかったのでした。

井ノ頭のマンガを見たあとの井の頭通りです。

「い・の・がしっら フー、。通り♪」

と口づさみながら歩くのも忘れません。これが巡礼です。

そして、宿でまったりとする途中や後に、夜の部の巡礼に出かけたのですが、
その巡礼の様子と、翌日については、また今度書きたいと思います。




かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
のパーソナリティーをつとめていた
イトー×aiでした。 (´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1817-83db0107