註)タイトルに深い意味はありません。



東京読売巨人軍、V3であります。

ああああ

カープはまた、福留に打たれたホームランでゲームをひっくり返されて負けてしまい、
23年ぶりの優勝をみずから逃すことになりました。

ああああ

ワタシが甲子園に遠征したときもそうでしたが、
そこまでホームランが多くはない今シーズンの福留選手ですが、
カープ戦になると、決定的なホームランを打っているような気が…

DeNAの敗戦でCSの進出は決まりました。
昨年はあれだけうれしかったCS進出です。
しかも、昨年は勝率五割を割ってのCSでしたが、
今年は堂々の13年ぶりの勝率五割越えですが、
物足りなく感じるのは、贅沢になったせいではありません。
今年の序盤からの戦いぶりを考えると、本当に悔しいです。

序盤こそいろいろとかみ合っていたのですが、それだけに
交流戦と、後半の巨人戦の戦いぶりが、本当に残念です。

交流戦の塗炭の苦しみがあったからこそ、7.8月のがんばりが光ったというのもありますし、
あのQVCマリンスタジアムで、連敗ストップの瞬間に立ち会えたこと。
天谷選手の、エルドレッド選手の、中東選手のホームランに歓喜した
あのゲームはいまだに忘れられませんが、
交流戦、もうちょっとなんとかしてほしかったですし、

後半での巨人戦三連敗。あのどれかひとつでも勝てていたら、
まだまだ粘れたのでは。などと欲を出したことを思います。

選手もチームスタッフも、全力でがんばってますし、理解はしているのですが、

あああ、あと一歩が足りなかった。

先日、カープファンの師匠である畏友GMクンとも話したのですが、
巨人の強さというかシタタカさの一端は、
伝統と資本に裏付けられたプライドにあるのではということです。
勝つことを常に求め続けている歴史の長さと、
勝つために手段を選ばない姿勢。これが裏づけになっているのではないか

だから、この境遇でよくやった、ということで妥協をしたりはしない。
そんな物言わぬプレッシャーが、あのシタタカな試合運びに
現れているのではないかという。

接戦で競り勝つチームと競り負けるチームの差がどこにあるのか
そんなことを改めて考えるレギュラーシーズンでした。

が、野球はプレイヤーは9対9。試合前はスコアは0対0という
平等なところから始まるスポーツですし、何があるかはわからない。

しかも序盤では通算成績ではリードしていたではありませんか。

これからのテーマは下克上です。
なんとか、苦手を克服をしてCSを勝ち上がって、日本シリーズを目指してほしいです。

そして、今年の経験を生かして、来年も今年以上にワクワクする試合を
たくさん見せてほしいです。



あと、球場ラヴァーズの石田敦子先生がこんなツイートをしていました。



石田敦子(描く仕事)@ishida_atsuko
悔しすぎる逆転負け。
巨人3連覇。
立ちあがってこう。csに行こう。

石田敦子(描く仕事)@ishida_atsuko
元気出してcsに!
マツダでやって欲しい!
日本シリーズへ行って欲しい!



本当にそのとおりです。

ま、ファンができるのは応援をするだけ、
CSもチケットが取れたら応援に行く予定です。
その時は、選手の後押しができるようにでっかい声でがんばります。





で、話は変わって、今朝、ショッキングなニュースが二件。
ひとつは、ドカベン香川選手の訃報です。

香川選手はワタシが高校野球にハマった雑誌とかを買いだした頃に
カラーページとかを飾っていましたし、その愛すべきキャラクターに
惹かれていたのですが、
52歳だなんて、若すぎます。

心からご冥福をお祈りします。



あと、ひとつは、ファイターズ、稲葉選手に続いて、
金子誠選手の引退が発表されました。
 
超一流のバイプレイヤーとして、ファイターズにはかかせない選手で、
なんど、脱力した構えからの勝負強いバッティングと
〔どうでもいいところでは、ほんとにアッサリと凡退するところもw〕
ダルビッシュ投手も信頼していた、球際に強い美技に酔ったことか。

また、普段見せる、素直じゃないキャラも
いぶし銀っぽくていい味でした。

地味に自分が北海道に来てから、本州住みの時並みの野球観戦熱が再燃したのは、
北海道に移転してきたファイターズのゲームを生でいっぱい見ることで、
かつての楽しさを思い出したからなのです。

そんな前から活躍していたマック、金子誠選手。本当にお疲れ様でした。

♪狙いは誠~ 絶好球~ 飛ばせ~遥か~スタンドへ~♪


また、Fsユニをリアルで着ていた人が減ってしまいます。
寂しいけれど、そんな時期です。



かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1790-bc1d02c3