現在大阪市内某所で、2泊3日の日程をすべて終えて、後は帰るだけ、
北海道へ帰る準備をしているイトー×aniです。

この日のことはあまり振りかえたくありませんが、
とりあえず昨日のブログの続きを書きましょう。

昨日は、ブログの更新をしたのちに、11時30分頃宿を出ます。
新大阪駅45分発の網干行きに乗り、梅田で、11時57分の尼崎行きに、
尼崎で12時8分発の阪神三宮行きに乗り、甲子園駅到着が12時13分。
球場には20分頃に到着。
前日は30分ほど前の球場入りで、余裕がなかったので、
この日は余裕を持って球場入りをしまして、球場内をぐるっと一周。
相変わらず、ユニフォーム&ニッカボッカーズ、上下ポエムの刺繍入りという
濃く威圧的なファッションで固めたタイガースファンに圧倒されます

そして、昨日も気になっていた甲子園歴史館を見学します。
中は高校野球など甲子園の行事についてと、阪神についての展示でしたが
これが充実していて想像よりも良かったです。
甲子園についての展示は、虎ファッションの人だけでなく、
赤いユニフォームを来た人もたくさんいるイメージ。
甲子園は野球の原点ですからね、当然です。
なつかしの映像やグローブ、ボール、バット、ユニフォーム、帽子などの展示が
いい感じですし、各校の帽子がずらっと並んで展示されているなかに
しれっとタイガースの帽子がある。と思ってみたら、横浜隼人高校でした。
あと、展示のなかに、駒大苫小牧のユニフォームだけでなく、
遠軽高校のユニフォームも展示されていて、興奮します。スゴいなぁ。

タイガースの展示コーナーは、大阪タイガース時代から、今までの歴史を
映像や実物で振り返るもので、
新庄選手が敬遠の球をサヨナラタイムリーにする映像に
人が集まってました。わかるわかる。

一通り楽しんで、600円なら安いですね。

QVCマリンにしても、ナゴヤドームにしても球場近辺にこのような展示があるのは
楽しいですし、それぞれの野球文化を実感するのが楽しいです。

昨日と同じ入り口から中へ入って、中へ。
この日は、席番号は昨日とほぼ同じで、昨日の席よりも10列ほど後ろ。
前にはカープユニのグループもいます。中に、髪の長い女性がいて
×A×U ×3 というユニフォームを着てたので、昔の丸ユニかと思ったら
風が吹いて、HABU 43 と書いてあることが判明。濃いです。

お隣さんは女性客と子供連れ。子供はマートンのユニを着てますが、お父さんは
カープのカンフーバットを持っています。ということで、僕もHIROSE26を着て、
まずは腹ごしらえ。甲子園カレーを食べながら、ピッチャー陣のアップや
バッティング練習を見ます。
それにしても、今日もいい天気。大阪の最高気温は30度でしたが、
炎天下なので、もっと暑いです。暑い中で食べる球場カレーって、
ドラマ版でもシーンが再現された、コミック版孤独のグルメです。

そんなのを味わいながら、駅で買ったデイリーと日刊スポーツを読みます。
デイリーの見出しは
「続投やめて!!ファンも見放した!!鯉応援
和田虎17失点 聖地64年ぶり」
ニッカンの見出しは
「64年ぶり甲子園17失点 自力2位まで消えた」
うん、これは買いますね。

でも、こうなっているということはいわば手負いの虎状態。
しかも、先発メッセンジャー投手も、前回の大敗こそあるものの
最多勝をかけて調整しなおしているところ。
こういうときにさらにシタタカなゲームをして非情に突き放すことができるのか。
カープの今後からポストシーズンにかけて大切な一戦です。

13時30分に先発メンバー発表。
本日の先発はカープは、九里投手、タイガースはメッセンジャー投手です。
九里投手にはふんばってほしいと考えていると、本日主審が友永審判。

そら、友永を〔以下略〕と昨日と同じことをツブやいて、
本日すだちdayということで、すだち大使の始球式を経てプレイボール。

一回表は、先頭堂林選手、空振り三振、続く菊池選手センター前、
丸選手四球、ロサリオ選手ショートフライのあと、本日五番の松山選手。
「まつやま~、おとといの借りかえせよ~」
そう、おとといも一回のチャンスを併殺だったのが松山選手でした。
まっつやまぁ まっつやまぁ。
今日は隣に遠慮をしつつも、声援を送ります。いつものようにファールで粘る
松山選手ですが、結果1ゴロで切られます。
でも、初回で30球近く投げさせたのは良かったのかなとポジッて九里投手に声援。
先頭の上本選手にライト前ヒットこそ打たれ、ゴメス選手に四球を出しますが、
あとの3人を無難にきる。九里投手。今日はいい立ち上がりです。
2回表は、石原選手の四球以外の3人は凡退し、
裏の回は、三者凡退 しかも、坂選手、梅野選手と連続三振です。
3回表、先頭堂林選手三振、続く菊池選手内野安打。丸選手センターフライ
ロサリオ選手フォアボールで、ここも松山選手。
「まっつやまぁぁぁぁぁぁ」声援を送りますが、ここもセカンドゴロ。
あああああ
裏の回タイガースは三者凡退。昨日の大瀬良投手よりも安定している九里投手。
4回表、カープは3者凡退。裏のタイガースは、ゴメス選手の二塁打こそ出たものの
あとは三人で切ります。
昨日も、4回の裏福留選手のツーベースのあと三人で攻撃を切りました。
なら、ここで堂林選手の一発期待ですか。
5回表のカープ、先頭九里選手三振のあとの堂林選手
「堂林~、ここで一発くれー~」のカープファンの叫びに
「昨日2本打ったからええやんけ~」の虎ファンの声がのって
周囲に笑いが起きます。こんなのが聞こえたのか〔そんなわけない〕
堂林選手は三振。三打席連続三振です。
「あ~ん、去年までのど~りんやないか~い」
続く、菊池選手の難しいゴロを鳥谷選手が捌きます。
「鳥谷~今日はえ~やんけ~」「昨日もそれしてや~」と虎ファン。
裏の回は、坂選手、梅野選手と凡退しますが、メッセンジャ選手の当たりそこないが
難しい打球になって、木村選手がエラー。ただ、上本選手をライトフライで切ったので
傷は広がりませんでした。

6回表、先頭丸選手 センターフライの次に、ロサリオ選手四球
 松山選手にかわった代打天谷選手がライト前ヒット。
 ワンナウト1.3塁で、田中選手。
前の打席もその前の打席も外野フライを飛ばしている。
ここは先取点をいただきますか。

♪パーパーパパーパパー オイ!オイ!オイ!
 タナカ!!タナカ!!タナカ!!タナカ!!
 タイムリータイムリーターナーカっ!!
♪ ひーろしまぁっっ!!

チャンテもなりひびきますが、田中選手がサードファールフライ
たぁ~なぁ~かぁぁぁぁぁぁ
続く木村選手が三振ということで、天谷選手の代打成功こそあれ、
またチャンスをつぶしてしまう広島。

裏の回は、先頭大和選手をセンター前で出してしまいますが、続く鳥谷選手を併殺
ゴメス選手を三振に切ります。ここまでピンチらしいピンチのない九里投手。
好投が続きますし、メッセンジャー選手よりも球数が少ない。

とはいえ、7回表打順が回ってきたので、代打キラ選手。
九里からキラです。キラ選手は貫禄の四球。続く堂林選手が犠打でおくりますが、
菊池選手がセカンドゴロ。なかなか本塁が遠いです。

そして、裏の回は中田廉投手。「れん~、今日で10勝決めてくれ~」
とカープファンの声が飛びます。
先頭マートン選手こそ、セカンドゴロにきりますが、続く福留選手の一撃が
ライトスタンドめざして飛んできます。あああああああああ
先制点はタイガースです。
ここで動揺したか、坂選手を四球で出して、梅野選手に犠打を決められて、
メッセンジャー選手の打順で、代打西岡選手。
スタンドのボルテージは最高潮です。西岡選手の打球もライト方面へ。
前目に守っていた堂林選手の頭上を越えて、二点目です。
ピッチャーはここで永川投手に代わりますが、続く上本選手の三塁強襲で三点目。
あああ、これも処理できた打球ですよ、木村ぁぁぁぁぁぁ

継投のあやで負けた前の試合の借りを返すように
代わり端をつかまえる虎打線です。

なら、カープも変わったピッチャーから打ったらええんや。
ただ変わった福原投手をうちあぐれるカープ打線。
丸選手二ゴロ、ロサリオ選手センターフライ、天谷選手四球 田中選手1ゴロ

さらに裏の回で、チャンスをつぶしているマートン選手にまで
レフトスタンドに叩き込まれたくらいにして、
9回表は、オスンファン投手の登場。
石原選手の代打中東選手にセンター前ヒットこそ出たものの、
あとはアッサリ試合終了。

あああああ、負けてしまいました。

肝心要のところで勝ちきれないとか、二勝しても三連勝できないなど、
勝利に対する、エゲつなさがいまひとつないのが、カープ。
ここをなんとかクリア出来ないと、このあともつらいなぁ。

でもきりかえて、次のジャイアンツ戦もがんばってくれ~

と思いながら、今年最後の甲子園球場を後にして、
職場の同僚にすすめられた、梅田地下の豚晴でとんかつ食べながら
反省会をして、ついでに阪神百貨店のタイガースショップで
お土産を勝ったりして宿へと戻ったのでした。

とりあえが、今年のレギュラーシーズンのカープ戦観戦は、7勝6敗と
勝ち越したので良かったのですかね。

次はチケットとってCSにいきたいですし、それまでまた
テレビ&ネット観戦の日々です。

これからも、気合をいれつつ、野球の神様に感謝しつつ
応援を続けていきますよ。


とりあえず、今日はマエケン様が登板しますので、

今日も勝つぞ、カープ。今日も勝つぞ、カープ。
今日も勝つぞ、カープっ!!

ってことで。


かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1782-234f0df7