現在も大阪市内某所に潜伏して、本日のカープ戦にむけて
出陣準備中のイトー×aniです。

いやー、大瀬良も堂林もロサリオも
小窪も田中も梵も菊池もみんな最高やぁぁぁぁ。

イヤッフー!、カープ快勝であります。
本当に勝つってすばらしい。



では、今日も歌わせていただきます。


♪宮島さ~んの神主が~
 おみくじ引いて申すには
 今日もカープが 勝~っち勝~っち
 勝っち勝ち~♪ 


 
♪カープ カープ カープ広島 広島カープ 
 空を泳げと 天もまた胸を開く 今日のこの時を 確かに戦い 
 遙かに高く 遙かに高く  栄光の旗を立てよ 
 カープ カープ カープ広島 広島カープ 

 勝ちに行くのが 選ばれた者のさだめ  一投一打が 勝負の全て  
 闘志をつくし 闘志をつくし 今ここで花と咲けよ 
 カープ カープ カープ広島 広島カープ 

 鍛え抜かれた 精鋭の技と力 その意気愛して 見守る我らの 
 明日へ続く 明日へ続く きりのない夢であれよ 
 カープ カープ カープ広島 広島カープ 

 晴れのあかつき 旨酒を酌み交わそう 栄光手にする その日は近いぞ 
 優勝かけて 優勝かけて たくましく強く踊れ 
 カープ カープ カープ広島 広島カープ ♪


バンザーイ バンザーイ バンザーイ !!!!!


さて、この日を振り返りましょう。

この日の宿を後にして、車に乗り込んで空港着が9時40分
10時40分発の神戸空港行きに乗り込みます。
遠征中は睡眠時間が少ないので、この日も機内で睡眠をとって、
気がつくと日本海の洋上を飛んでいました。
でも機内アナウンスでは、まもなく降下姿勢になるとのこと
なら、若狭湾とか見えるかな?と思ったら、陸が見えました。
あ、あの細くつながっている州は天橋立ではないですか。

翼よあれが天橋立だ。
ワレ上陸ニ成功セリ。トゥラトゥラトゥラ。
と、小声でつぶやきます。

さらに本州を横断して加古川のあたりから瀬戸内海に出まして
さらに南に出ると、淡路島上空でぐうっと旋回。
あ、明石大橋が見えます。
そして、南側から神戸空港にアプローチしたのちに着陸します。
初の神戸空港です。

神戸空港は規模が大きくないので、すぐにブリッジに到着。
これくらいの規模はいいです。
飛行機から降りて、まだ新築の香りがする空港内を歩いて
ポートライナーに乗り込みます。
ポートライナーに乗るのも初めてです。

楽しみに待っていると、待ってるお客さんの中に
鳥谷選手のユニを着ている人を発見。いきなりアウエイの洗礼です。
しかも、その彼女もホームの上で、緒方凌介の黒いユニフォームを着だします。
彼女のほうが濃いチョイスですか。

12時30分三宮行き急行に乗り込むと、景色がいいですね。
遠くに明石大橋が見えますし、近くには神戸港のガントリークレーンが見えます。
途中、神戸大学のキャンパスを見ては、
西村しのぶさんの「サード・ガール」を思い出したり、
途中のポートピアホテルを見ては、
ポートピア殺人事件とか、ゴダイゴの曲を思い出したり

初めて乗った路線ですが、楽しいです。
降りると、いつ乗ったかSOYOGI 6 のユニを着た女性2人組を発見。
カープファンも負けていません。

そんな感じで三宮着。神戸に降り立つのは、就職活動中の昭和63年以来。
その後、当時仲のよかった女子と何度か来ましたが、なんにしても20年以上ぶり。
あのとき見た景色とは別の街なんですね。と震災のことに思いをはせて地下街をあるくと、タイガースのユニフォームは当然として、カープのユニフォームを着た人も少なくない。阪神三宮で12時56分の直通特急梅田行きに乗ります。
車内から前哨戦が始まっている様子。

僕の前にいたのが、女性三人組。ユニは着てませんし、グッズもない。
マスカットスタジアムが、なんて話を岡山弁交じりでしています。
「川相は岡山の星じゃ」なんて言ってますが、どっちのファンなんだろう。
と、会話に聞き耳を立てていると、
「こんなん持ってきたんよ」といいながら、バックをあけると
6本のカンフーバットが。しかもその一組には
金本 片岡 アリアス ムーア 下柳などと書かれていました。
あと、優勝記念の金のカンフーバットもありましたし、
筋金入りのそっちじゃないっスか。

なんてことを観察していると、甲子園に到着。
あああ、昨年のCS以来の甲子園です。

帰ってきました。

工事中のせいか狭くなっている通路を経て外に出て、
アーケードつきの球場へのアプローチがもうすでにいいです。
公式のグッズも、昭和の露天風や立ち飲み風のお店もそれぞれ雰囲気です。

それにしても阪神ファンのファッションは、他ファンを圧倒しています。
特に、多くの人がはいている ニッカボッカ。
さらには、ハッピユニフォームにポエムを刺繍している率の多さ。
ニッカボッカにも刺繍されていて、やはり威圧的です。
これに加えて、帽子の旗をはじめとした過剰なデコレーションが
阪神ファンのアイデンティーティーですか。
だから、あの緑色のユニフォームを着ている人も普通になじんでますし、
何色バリエーションがあるんでしょうか、トラのユニは。

ちっちゃい子供が、「勝っても負けても虎命」と刺繍された
ジュニア用のハッピを着ていたり、
上、選手用ユニ〔ポエム刺繍入り〕 下、ニッカボッカ〔読売粉砕と刺繍いり〕
のファッションできめた親子3人連れなど見ると、
英才教育も行き届いているようです。

18番ゲートから中へ入って、ゲーム開始30分前に、席に到着
レフトスタンドのセンター寄り。前から三列目という好席。
マートンも隼太も近いなぁ、などと感心しつつも、
周囲は全員阪神のユニというアウエイ。しかも目の前にも真横にも
黄色いシャツ着た応援団です。

でも、そう遠くない席には、カープのユニを着た人もいますので、
僕も着ていたアロハを脱いで、HIROSE 26を着てから、
昼食を仕入れに行きます。

「能見さんのジュース飲もう。」なんて声が飛び交う中、
志方牛そば飯と、フローズン生を買って席にもどってからいただきます。
そばめし自体はソースの味わいとややこげた香りが食欲をそそります。
しかも、乗っている肉が柔らかいは、味が濃いわで、これが
泡がシャリシャリで美味しいフローズンビールによく会います。

スタメン発表はすでに終わっていたので。そば飯を食べながら見ると、
9堂林 4菊池 8丸 7ロサリオ 5梵 3小窪 6田中 2石原 1大瀬良
このあいだのナゴドに続いてファースト小窪です。
そして審判、一塁塁審が友永審判とあります。

先日の野村監督が退場した、4/22日のスワローズ戦
二塁封殺プレーがセーフのタイミングのところ審判はアウトと
見るからに誤審の時の審判です。
「それ、友永を×したげれやぁ」と一人ごちながら、どうなることやら。

さて、ゲームに入ると、今日のタイガースの先発は岩貞投手。
カープが大瀬良当社だから、ドラ一対決です。

初回は堂林選手四球 菊池選手レフト前 丸選手四球で、
「おいおい、昨日の藤浪やんけ」「でも藤浪はこっから抑えたかんな」
という前の席のタイガースファンの期待を裏切って、
ロサリオ選手レフト前2点タイムリー。
おおお、これはカンカン&宮島さんパターンですが、周囲は全員虎ファン。
小声で歌う宮島さんです。
続く梵選手がおくって、小窪選手が中前2点タイムリー。
さすが基本はセンター返し!それが小窪哲也!!
ここも小さい声で歌う宮島さんです。
「岩貞、ストライクはいらんなぁ」とは前の阪神ファン。
続く、田中選手が見逃しの三振。みのさんはアカンやろ~
たぁ~なぁ~かぁ~~
石原選手がいい当たりながらもピッチャーライナーで、3アウト。

1回ウラは、先頭の上本選手に四球。最後の球が内角でブツかりそうなたまで、
のけぞってよける上本選手に対して
「大瀬良~、ぶつけんなら、福留にしろ~」「そーだー。福留か日高にしろ~」と前の人。
続く坂にも四球を出して、岩貞投手もコントロール定まりませんでしたが、
大瀬良投手も苦労してます。
続く、鳥谷選手センターフライ〔その間ランナーはそれぞれ進塁〕、
ゴメス選手見逃し三振と2アウトとりますが、
マートン選手のセンター前ヒットで、2点入ります。あああああ。
ただ、続く福留選手がサードファールフライで、この回終了。

序盤から波乱の予感です。

和田監督は初回で岩貞投手をあきらめて、2回から歳内投手を当番させます。
「がんばれ~せーこー学院ー」との声が飛ぶ中、この日当番した
すべてのピッチャーのなかで一番の好投をします。
2回表は、大瀬良選手、堂林選手を三振、菊池選手をセンターフライ
3回表は、丸選手、ロサリオ選手、梵選手と連続三振
4回表は、小窪選手ライトフライ、田中選手三振、石原選手ショートゴロ。と
完全に封じ込まれます。
この日の歳内投手はドロンとしたカーブやフォークが効果的で、
ストレートも面白いように決まっています。

それにしても、初回に点をとったあとの回があっさりすぎるのも
このところのカープのゲーム展開でよく見るところです。また、このパターンかよぉ。

しかも2回のウラタイガースは、隼太選手ライト前ヒット、鶴岡選手レフト前ヒット、
歳内選手送りバントからの、上本選手センターへ犠牲フライです。
あああ、また一点とられました。続く坂選手こそ空振り三振にとりますが、
ズルズルと追撃されています。

ただ、3回ウラのタイガースは、鳥谷選手の難しいあたりを菊池選手が裁いて1アウト。
「ちょっと、菊池うますぎんよ~」とは周囲の声。
続くゴメスセンターの難しいあたりも丸選手が追いついて2アウト、
マートン選手の当たりもやや難しいながらも、田中選手が裁いて3アウト
「さすが12球団1練習量の多いチームはちゃうな」と周囲の声。
この守備の流れを攻撃に生かせないカープに対して、
4回ウラのタイガース。この回先頭の福留選手が左中間にツーベース。
ただし、続く隼太選手がショートフライ。
「おいおい、ここで上げんなや~」「ほんま、こいつ野球頭ないねん、野村さんも怒るで」
と周囲の阪神ファン。さらに鶴岡選手が空振り三振。
ここでピッチャーの打順に代打西岡選手。スタンドは多いに盛り上がりますが、
西岡選手はあっされとショートフライで、追撃ムードが潰えます。

しかも、代打が出たので、好投歳内投手が降板。これはカープにとって吉か凶か
続く金田投手も、クセものなのであなどれません。

先頭大瀬良選手をファーストゴロにとりますが、つづく堂林選手のバット一閃
右中間にあがったたまが、みるみる伸びて、右中間の深いところに飛び込みます。
逆方向にあの伸びのある打球。やっぱりプリンス最高です。

宮島さんの神主が~と小声でうたって、続く菊池選手。
動揺したのか、金田投手がストレートのフォアボールで出て、続く丸選手が
ライトのラインよりに二塁打を打って、ワンアウト23塁。
ここで、2点タイムリーのロサリオ選手です。
虎ファンは「やばいの、まわってきたぞここで」などと言ってますが、
そんなファンのやばい予感が的中し、センター前に2点タイムリーです。

ここも小声で宮島さん。
続く、梵選手がライトフライで2アウト
小窪選手のあたりを坂選手が悪送球。13塁になったところで、
「ヒ!・ロ!・シ!・マ!・ヒロシマGO!GO!GO!!!!♪」のチャンテが鳴り響くなか、
田中選手がきれいな弾道でセカンドの頭を抜こうかとしたところ、
上本選手がジャンプ一番。捕られてしまいました。

でも、この回3点追加です。

5ウラは、さきほど好捕の上本選手がファーストライナー、
続く坂選手が空振り三振。
「なんじゃーさかぁ、さっきの暴投で今度はこれかい」
「アマチュア、やめろ~、プロの球は打てんで」
「でも、かえるやつおらへんww」と自虐的な虎ファン。
鳥谷選手の難しめのショートゴロをまた田中選手が裁いてスリーアウト。
「さっきの菊池前のゴロといい、いまのといい、なんかなや流れやんなぁ。」
「どっちも抜けてもおかしくないあたりやけどなぁ。」
「鳥谷、ヒット打てない病になっとる」

6回の表は、石原選手中飛、大瀬良選手遊ゴを鳥谷選手がファンブル。
ここで、前の打席ホームランを打っている堂林選手。
ワンボールからバット一閃。今度はバックスクリーンに飛び込みました。
おおおおおおおおおお
すげええええええええ

小声で歌う宮島さん。虎ファンは意気消沈。
前の二人組も「もう、ムカつきすぎて、スコアボードに点はいっとらん」
〔3分くらいボードに得点が入りませんでした。〕
「なんも、大阪桐蔭なら、こっから逆転やで」
「せや、ドラフトでは峯本とってな~」
「安楽はいらんで~、あれは一二三以下やで~」などと言ってます。
続く菊池サードフライ、丸センターフライで2点で終了。

6回ウラは、ゴメス選手センターフライ、マートン選手セカンドゴロ、
福留選手ファーストゴロで三凡
「ノックか!」「守備練習やんけ!」と虎ファン

七回表は、阪神は金田投手にかわって筒井投手が当板。
「おい、中西ぃ、またかえんのか~、かえてええことないやんけ
A級戦犯中西じゃ~」と虎ファン

しかもカープ打線、また代わり端を叩く
先頭ロサリオ選手がライトへツーベースです。ここで代走赤松選手。
続く梵選手が犠打を決めて1アウト3塁。
小窪選手がデットボールででますが、田中選手がレフトフライ。
2アウト一三塁から、石原選手がセンター前にタイムリー。
しかも、センターに転がった打球を、隼太選手が後ろにそらす。

そもそも隼太選手、前のゲームでも守備でミスをしていますし、
この日も平凡なセンターフライが飛ぶと、スタンドから
ハヤタ・ハヤタ・ハヤタ・ハヤタ・と声が飛ぶほど。

センターフライ捕ったときも、前のお二人さん
「隼太、前は捕れるねん。でも後ろは捕れんねん」
「慶応やから、前しか見てへんねん」
「前へ前へやもんな」「そら明治や」なんで会話をしてましたし、
このプレイでは「前もとれんて、どないやねん」

これでカープ11点目です。ツーアウトで打席にはいった大瀬良選手は
次のピッチングを考えてから、見逃し三振。

7回裏、感動のジェット風船飛ばしをみて、
〔でも7回表ノーアウトからヒューヒューパンパン五月蝿いっつーの〕
隼太選手 レフトフライ、鶴岡選手に代わった梅野選手が三振、柴田選手がショートゴロ
「柴田、特徴ないなぁ」「こらないで」

8回表、先頭堂林選手、ストレートのフォアボール、菊池選手センターフライのところ
丸選手に代打誠也選手。彼がセンター前にはじき返して、続く赤松選手。
ボールがグリップエンドに当たるという、ドカベンの秘打みたいな内野安打。
これを筒井選手が悪送球して、また一点追加。
しかも、梵選手レフト前、小窪選手レフト前、と3者連続タイムリーに続いて、
田中選手がダメ押しの右中間へのホームラン。
これで、17点めです。
宮島さんをうたうカープの応援団にあわせて、前の阪神ファンもやけくそのように
宮島さんを歌ってますので、僕も便乗します。

宮島さんの神主が~おみくじ引いて申すには~♪。

しかも、前の虎ファンは「コールドじゃコールド」「えーバスは5時10分になってますので時間までに」
などと言ってます。

続く石原1ゴロ、大瀬良三振で攻撃終了。
ここで、ゾロゾロ帰りだす阪神ファン。
前のお二人も
「14安打17点って、神奈川県大会の3回戦やないんやから」
「でも14点差やったら2タッチダウンで動転や、3トライで逆転や」
などと言ってます。

センターを守る赤松選手に対しても
「赤松~、戻って来~い」「頼む、戻ってきてくれ~」
「でも戻ってきても守るとろあらへん」「センタースタメンですわ」「せやな」
なんて会話をしています。

八回ウラは、ゴメス選手にツーランが出ますが、焼け石に水。
前の虎ファンの二人は「どうでもいいよ、別に」と言いながら、
「六甲颪に颯爽と~今日もカープは勝~ち勝~ち勝っち勝ち♪」
などと歌ってますし、

「来週から巨人たおしてもらわなアカンねんから、こんなとこで体力使ってもらってスマんのう」
「せや、杉内とか菅野とかを打ってもらわなあかんねん」などとも言ってます。

今回は、カンカンも宮島さんもほぼ自粛状態だったのですが、
この2人のおかげで楽しい野球観戦がより楽しくなったのでした。

9回表、堂林選手のヒットこそあれ、代打倉選手の併殺で三凡
9回ウラ、大瀬良投手に代わった永川投手
「あとたった12点じゃぁぁぁぁぁぁぁ」と黄色いTシャツの応援団。
ただ、彼が三凡できってとりまして
カープ勝利です。

「すべては4ウラやで、福留のツーベースを生かせんかったんがすべてじゃ」
などと応援団同士で話しているのを聞きながら、
レフとスタンドの赤いところへ移動します。
この日ずっとこらえてきた声を出すためです。

思えば左中間からあの赤い波を見たときの感動。
スクワットの波がうねる美しさ。
点が入ったときの宮島さんのバンザイとか、遠くから見てても
涙が出そうになりましたっけ。

近くに行くと、ちょうど緋鯉会のリーダーそばの席が1列あいてますのでそちらに移動して、
やっぱりカープがナンバーワンな
ハイパーユニオンでフゥ↑フゥ↑したり、
選手のテーマを1番から9番までメドレーで歌ったり、宮島さんを歌ったり。
最高に楽しいひと時を過ごしました。

もうこの時間ではじめての応援歌です。
だから、最初からフルボリュームです。

あああ、最高です。

つづいて緋鯉会リーダー様のありがたい一言。

「えー、みなさん、知ってるかもしれませんが、初めて聞いたってていで喜んでください。
本日でタイガースの自力2位がなくなりました」
ウォォォォォォォォォォォ
「今日、残念ながら読売は勝ったらしいですが」
エエエエエエエ
「でも関係ないんです。相手がどうあろうと、勝つしかないんです。」
ウォォォォォオオオオオオ
「オレのことバカかと思うかもしれませんが、カープは絶対優勝します。」
ウォォォオオオオオオオオオ
「優勝するぞカープ 優勝するぞカープ 優勝するぞカープ」
♪パーパー♪
ひいろっしまぁぁ!!
♪パーパーパーパパーパパー わっしょい!
 パーパーパーパパーパパー わっしょい!
 パーパーパーパパーパパー わっしょい!
 パーパーパーパパーパパー わっしょい!

♪パパパーーパパーパパー オイ!オイ!オイ!
 パパパーーパパーパパー オイ!オイ!オイ!
 パパパーーパパーパパー オイ!オイ!オイ
 !パパパーーパパーパパー オイ!オイ!オイ!

カープっ!!カープっ!!カープっ!!カーブっ!!
優勝するぞカープ ♪パーパー ひぃろっしまぁぁぁ!!

ああああ、最高の空間です。

そして、リーダーの
「野球の神様ぁ、俺たちやったよ」に続いて、天に向かって
ウォォォォォォォォォォオオッ ウォォォォォォォオオオッ ウオォォォォォォォッ!!
と雄たけびを上げます。

そした、三本締めから、
「いーぞ いーぞ応援団。ひーろっしまぁぁぁぁ!!」で締めるまで
楽しい時間をすごしました。

この日は外野席で、阪神ファンのただなかなので、スクワットもカンカンも自粛。
そのおかげで体力を残して、本当に楽しい時間をすごすことができたのに感謝をして、
球場外を歩いていると、
「野球って、こんなに面白いんだ。30代になってはじめて気づいたよ。」などと言ってる人が。
こうやって多くの人がハマってくれるといいな。

大満足のうちに甲子園をあとにして、新大阪駅でカレーを食べた後に
ようやくゆっくりとした時間をすごすことができたというわけでした。


あー、楽しい野球観戦でした。


と、いうことで、

今日は、カープは九里投手。タイガースはメッセンジャー投手。
どういうゲームになるのか、楽しみです。


今日も勝つぞ~カープッ
今日も勝つぞ~カープっ。






かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)
のパーソナリティーをつとめていた
イトー×aniでした。(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1781-f141b1bb