☆「鳥取市役所食堂」(鳥取市尚徳町116 鳥取市役所2F)

行ったいきさつについては、一昨日のブログを見ていただくとして、

孤独のグルメのどの話を見てもそうなのですが、実際の場所に行ってみると、
谷口ジロー先生の描写力のスゴさを感じます。
写真よりもリアルに感じる絵の力です。

県庁所在地の市役所食堂にしては、やや狭いかな、という印象。
食堂の中心にある大きな柱が圧迫感があります。

食券を買う前に、入り口の看板を確認します。

食堂のご案内
■営業時間 午前10.30~午後4.00
*ご利用の方へ
* 食券は、販売機でお買い求め下さい。
* 当食堂は、セルフサービスです。食券と引き換え
 に食事を受け取り 食事終了後、カウンターへ食器
 をお返しください。
* 食器類は、庁舎外に持ち出さないでください。
* 定食は、予約制です。
* メニューは、品切れの場合があります。
 
なるほど、いやー、役所の食堂ですね。
ついでにメニューを吟味します。

鳥取カレー 500円
カツカレー 450円
カレーライス 400円
カツ丼 (月)(木)450円
親子丼 (水)400円
天丼(火) 450円
中華丼(金) 450円
肉丼 450円
ライス150円
みそ汁 50円
たまご 20円
みそラーメン 450円
あんかけラーメン(金) 400円
カレーラーメン 400円
わかめラーメン 280円
スラーメン250円
カレーうどん 400円
天ぷらうどん400円
キツネうどん 300円
わかめうどん 260円
並うどん 240円
天ぷらそば 430円
並そば 280円
冷麺 450円
ざるそば(大) 450円
ざるそば(小) 350円
ざるうどん(大)450円
ざるうどん(小)350円

確かに、値段にツッこみを入れたくなる気持ちもよくわかりますが、
ここは巡礼者としては鳥取カレーをいただきます。
カウンターに食券を出すと、少し時間がかかる旨言われたので、
まずはスラーメンの素朴な味わいに舌鼓をうっていると
「鳥取カレーのかた~」と呼ばれます。

はいはい。

そう、これがあるから、ゴローちゃんが座った奥の席には行かずに
カウンターの近くの席に腰を下ろしたわけでした。
隣では、職員の方でしょうか、女性2人が横の売店で売られている
お弁当でランチをしています。いいですね。

まずはカレーを食べる前にスラーメンをあらかた片付けて
あとは天かすとネギが浮いたスープにしたところでカレーをいただきます。

鳥取カレーは、「梨とらっきょうと蟹のエキスを入れてます」という説明が
孤独のグルメの中にありまして、ゴローちゃんは「…エキス」といってます。

そして実食したあとも

「口の中でらっきょくうの要素が全然見つからん」
「梨はどう役だっているのかいないのか」
「蟹、かすりもしないぞ エキスはエキス 味ではなし、か」
「なんだかちょっぴり さびしんぼ」

などと言っている代物なのです。

呼ばれてとりに行くと、青と黄色の縁取りされた、白く丸いプラのお皿に、
たっぷりのご飯と、お皿の1/2を覆う、濃褐色のカレーです。福神漬けもいいアクセントです。
香りもいい感じではないですか?
まずはいただきましょう。


うん、食べた感じは漫画通り普通のカレーです、

が、ゴローちゃんがさびしんぼになるような代物ではなく、普通に美味しい。
濃い色合いにふさわしい、しっかりとした味の美味しいカレーです。

最初に甘い味わいがきます。たまねぎの甘さもあるのですが一味ちがう。
ここが、なしのエキスの効果ですか。役立っているかもです。梨。

さらには、濃いです、あじわいが。濃くてうまみがぎゅっと凝縮されている感じです。
野菜や果物から出てきたアマミ味わいに加えて、肉などからでてきた、旨みとコクが
骨太な感じでカレーを支えています。

洋食メニューで牛とかからしっかりと旨みをとりだして、スープやソースのベースに
しますが、そんな感じ。牛スジのカレーとかもこんな感じで
濃い味わいがうれしかったですが、こちらも同様。
ひょっとして、鳥取牛とか使っていないかなぁ。
使っているんだったら、そっちをPR要素にしたらいいのに、
と思うくらい、肉の濃い味わいが出てきています。

でも、ここまでの濃さは肉ではでない、ここにかすりもしない蟹のエキスが
役に立っているのかもしれません。

この重層的で複雑な旨みてというしっかりしたベースにささえられて、
穏やかながらも地味に効いてくる刺激。
穏やかなスパイシーさがいいです。うん、カレーはこうでなくては。


だから、社員食堂とか学食のカレーという先入観でいくと
しっかりした味わいなので、いい意味で裏切られて、うれしくなります。

具もとろとろのお肉とかにんじんとかたまねぎとかが
カレーによくなじみながら存在していますし、
濃いカレーを受け止めるご飯も安心の鳥取米。
こちらも美味しいです。

鳥取市は全都道府県庁所在地のなかでも、カレールーの消費量が
一番の市でしたっけ。ならば、お家のカレーと、外のカレーとで
差別化を図らなくてはならないです。

そんなことでの美味しさなのかなぁ。

ただ、これで普通のカレーより100円増しという価格設定が
ゴローちゃんを文句の方向に向けていたような気がします。
ま、カツどんとかカツカレーを含めた全メニューの中で
最高価格がこれってのも考えるところでしょうが

そして、カレーを食べながら、残しておいたスラーメンの汁をいただきます。
ゴローちゃんが東大で、
「汁欲しくなっても俺には味噌汁がある」というが如しです。
うん、濃いカレーとあっさり汁がいい感じです。

とりあえず、スラーメンと鳥取カレーで満腹だし、
味的にも大満足だし、一定のペースで少しずつ食べるという
「てんむす」作戦で食べていったおかげで、
「ううっぷ」とまではいかなかったということで、

大満足でカレーとスラーメンを完食したというわけです。


ちなみに、今回の舞台の鳥取ですが、谷口ジロー先生関係のイベントで
久住さんが鳥取に訪れた際の食べたスラーメンが気にいったせいで
設定されたみたいです。

うん、山陰よかった。千歳からスカイマークで米子便も飛ぶことだし
また行ってみたいです。


そうそう、この巡礼で、マンガ「孤独のグルメ」の実在店の訪問も
残すところあと一軒となりました。



☆「鳥取市役所食堂」(鳥取市尚徳町116 鳥取市役所2F)
◇営業時間◇ 10:30~16:00
◇定休日◇ 土日祝 ◇駐車場◇ 有り
◇電話◇ 0857-20-3395





☆Koi Court (広島市南区南蟹屋2丁目3-1 MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム広島内)

前日のカープ勝利で気をよくして乗り込んだズムスタ。
前日は、基町ねーさんが「いったるー!」と頼んだカープうどん全部乗せを
「ううっぷ」と成りながら完食しましたので、この日はカレーでも食べましょうか。

球場カレーというと、今まで甲子園、神宮、ナゴド、札ド、ハマスタで頂いていたので、
6球場目です。

行く前にカープのHPを見ながらメニューを吟味します。
カレーが食べられそうなのは、

むすび むさし 正面2階  カレーうどん 620円

おやじのおつまみ コンコース正面 バックネット裏
 せがれの青春カレー~しっかりしんさい!!~ 750円
 せがれの青春カレー(チーズ) ~しっかりしんさい!!~ 850円

鉄板TEPPAN コンコース1塁側 
 カレーライス 650円
 豚ロースカツカレー 850円

などがありましたが、さらに気になるメニューを発見。
それが、選手プロデュースの メニューがメインのKoi Courtです。


毎年個性的なメニューを出してくれるのですが、

今年4月のラインナップがこちら。

Koi Court(コイコート)コンコース センター バックスクリーン裏

大瀬良選手プロデュース ドラ1チャンポン麺 1,000円
前田選手プロデュース まえけん肉茶漬け 1,000円
栗原選手プロデュース パワーミックスフライ丼 1,000円
小窪選手プロデュース 「宮崎」鶏南蛮カレー 1,000円
堂林選手プロデュース 旨味噌かつ丼 1,000円
今村選手プロデュース 猛の塩ミルクヘルメットアイス 600円
丸選手プロデュース 丸流!ポテトのモンブラン風ヘルメットアイス 600円
シェーク(いちご・バニラ) 350円
チュロス 350円

うん、大瀬良選手は長崎、堂林選手は愛知なまで、ちゃんぽん・味噌カツは納得。
しかも、それぞれ美味しそうです。でも、なんで小窪選手が宮崎?

PL~青学と坪井智哉選手と同じ道をあるいてカープに入団。
「PLゥ、青学ゥ、東芝ぁ(阪神っ!)、つーぼーいー♪」の曲が
脳裏にこびりついている身としては、この経歴をきくとどうしても
(世代こそ違え)坪井選手と重ねてしまいます。

あと小窪選手、出身は奈良だし、宮崎との接点ってキャンプくらいしか思いつきません。
うーん、なぜなんだろう。

が、カレーとチキン南蛮の組み合わせって新たしいかもしれません。

さらに 神宮球場で、ウィンナーカレーに惹かれた神宮でのゴローちゃんと同じです。
カレーの中の塊の肉ってそれだけでテンションを上げてくれます。
ま、そんなウインナーカレーは数年前のカープ戦で食べたのですが。

ということで、マツダスタジアム、一塁側内野席の場所を確認したのちに
コンコースバックネット真裏のお店に行って、注文をします。

まつことしばしで、黒くて丸い容器に手際よくご飯とルーと唐揚げと野菜が盛られて、
タルタルがかけられれて、透明な蓋がしめられて登場です。

本当なら席に戻っていただきたかったのですが、今にも雨が落ちてきそうな天気なので、
屋根があるところでいいでしょう。

あと、この日は車での移動もないので、たいていはビールとともに行くのですが、
外の気温がデーゲームなのに10度少々ということで、ビールもなしでいただきます。

丸い透明なふたをとると、わっと香る濃厚な香りにまずはヤられます。
濃褐色のいい感じのルーと、狐色の唐揚げの上にたっぷりとかかるタルタル。
野菜も多めに盛られていますが、そちらにもタルタルはかかっていて、いい感じです。
福神漬けも下品にならない程度にたっぷりと入っています。

まずはルーからいただきますと、
香りどおりの濃い味わいのカレーです。
ぶっといウマ味と、コクなども出てきて、さまざまな具材から出てきている
味わいのハーモニーがいいですし、
あとからじわじわと効いてきそうなスパイス遣い。
薄ら寒い野外のスタジアムでは、このスパイス遣いがありがたいです。

〔「味もなにもよくわからない」といった感じで食べる真夏の外カレーは、
それでまた魅力ですがね〕

そして、唐揚げです。
まずは唐揚げの部分だけカジりますとカリっとクリスヒーな衣をかじって
じわっと出てくる肉滴という、美味しい唐揚げです。
これにカレーがのっかって相乗効果で美味しくなるのは今まで経験ありますが、
今日はここに更にタルタルですから、
タルタル。どんなあじになるのだろうと思って、
タルタルとカレーがついている唐揚げにかぶりつくと。

!

タルタルの穏やかな酸味がカレーの深みをいい感じで盛り上げています。
カレーとマヨネーズもアリですから、カレーにタルタルもありですね。

その他の具もほのかにアマいにんじんとか、
こちらはルーがしっかりしみこんだじゃがいもとか、
赤みの少し歯ごたえのある部分と脂のトロっとした部分とのバランスがいい豚肉とか、
これは、ふつうのカレーを食べても美味しいだろうと思いましたし、
このカレーとタルタルで濃くなった口の中にはたっぷりの野菜がありがたい。

改めて球場カレー、あなどれません。
願わくば、もう少しいい天気で、ビールも楽しむ事が出来たら。
と、思いながら、うっすらと額に浮いた汗をぬぐって
「ごちー、そー、さまーでした」

うん。この美味しいカレーには、「青空がおかず」ならぬ「曇り空もおかず」です。
野外球場、雨の心配こそありますが、この開放的なところはやはりいいです。

と、大満足して


♪~ こ! ♪~ く! ♪~ ぼ! ♪~ 小窪こくぼ!
鋭く 引ひっ張ぱって 華麗に流ながし打うち
基本はセンター返がえし それが 小窪哲也~♪

と、小窪選手の応援かを口ずさみながら、自分の席に戻ったというわけでした。




☆KOI Court (広島市南区南蟹屋2丁目3-1 MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム広島内)
◇営業時間◇ プロ野球開催日 など
◇定休日◇ 野球開催時以外? ◇駐車場◇ 有り(有料)
◇電話◇ 082-568-2777(MAZDAZOOM-ZOOMスタジアム広島)





あなたのオススメはどこのカレーですか?

あなたのカレーに対するこだわりはなんですか?

よろしければ、コメント欄などで教えてください。


かつてラジオ内にあったコーナー 「富良野印度化計画」の内容と、
かつて僕が訪れたカレー店については 左の欄のカテゴリー「印度化計画」を
クリックしてくれれば、見ることができます。


かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の 
月曜午後五時からオンエアーしていた 
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー) 
のパーソナリティーをつとめていた 
イトー×aniでした。(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1743-8145f195