まずは梶浦由記さん関連の話題を2つ。

先日、梶浦由記FFCから封筒が届きまして、なんだろうと思って見てみると
中には葉書大の写真付きカードが入ってまして、
梶浦さんとYUUKAさんのメッセージが書かれていました。

内容は、先日、中野サンプラザでのFJY LIVEで、大雪の中わざわざきてくれてありがとうございます。
雪のせいで帰ることが出来なかったり、来ることが出来無かった人はすいません。
といった内容でした。
ライブが完全に中止になったわけでもないのに、
こんなメッセージカードが送られてくるのって初めてです。
この、お客さん一人一人に対する気配りに、なんだか気分がほっこりしましたし、
お二人の文章の末には、FJYでの活動も定期的に続けたいといった内容が
書かれていて、これも嬉しい報告です。

と、ほっこりしているところにさらに朗報が。

先日、北海道でのYK Liveが終わったばかりですが、
今度はKAORIさんが単独でイベントのために来道するとのこと。

なんですと、こいつは春から縁起がいいや。

ちなみにKAORIさんの一部のブログを引用させていただきます。

AIR-G' ANI-ON!プレゼンツ
アリオライブセレクション

日時:4月27日(日) 会場:アリオ札幌 1階 ハーベストコート
http://www.ario-sapporo.jp/web/

出演:織田かおり、吉岡亜衣加

時間: 吉岡亜衣加 ①13:00~ ②15:00~ 
    織田かおり ①14:00~ ②16:00~

※入場・観覧は無料です。
※サインはCDブックレット(歌詞カード)表紙にさせて頂きます。
※当日販売するCDの種類、数量には限りがございます。予めご了承下さい。
※天候、会場、アーティストの都合等予期せぬ事情により主催者判断で
イベントを内容変更または中止となる場合もございます。
イベントが中止になった場合でも交通費・宿泊費等の補償及び
予約商品のキャンセルはお受けできませんので予めご了承ください。
※会場へのお問い合わせはご遠慮ください。
※イベント当日、5/7発売ニューアルバム「Colors」の配送での予約受付も予定しております。
(送料別途必要)詳細が決まりましたらお知らせいたします。


だそうです。
イベントは、HMVとテルミヌス広場のKalafinaイベントに行きまして
至近距離で見たお3方の麗しさにクラクラしたものですが、
今度はkaori様です。しかも、YK Liveの国内千秋楽が終わって次の週とか、
もう、たまりません。

あのYK Liveでの圧倒的なオーラを放った神々しくもカッコいいステージングを
近くで見ることが出来るのです。
これは万難を排しても行かなければなりません。


4月には、yk lIVE国内千秋楽もあるし、
その前にはカープのゲームも見に行くし。

新年度から若干部署がかわるので、なれない仕事が続きそうですが、
それでもこれからも楽しみいっぱいです!!



と、ここからが、しばらくの温泉です。


最近室蘭に良く行くワタクシでありますが、先日室蘭を堪能した時、
自宅を帰る途中に寄った温泉が、北湯沢温泉の「御宿かわせみ」さんです。

国道沿いにひっそりとといった風情がふさわしい感じでたたずむ、
もともとは、遊郭であった時代もある味のある建物が、丁寧に保存されています。
最近玄関周りなどを建て増ししましたが、それも今までの建物の良さを生かした
そんな改築でした。
清潔に清掃されて大切に使われている、老舗の雰囲気が感じられる純和風の佇まい。

川のせせらぎガ聞こえる駐車場には車が一台しかとまっていません。
日曜の午後なのに珍しい。そこで車を置き、建物の中に入り、
入浴料1人500円を払います。
お金は風情のある玄関を入ってすぐ右にある受付の箱の中に
各自で入れていくシステムで、釣り銭も置いてあります。
なんか、ほのぼのします。
こんな性善説的な温泉はうらぎっちゃいけません。

丁寧に清掃されている廊下を歩いていって脱衣場に入ります。
脱衣場へ行くと、先客は一人だけ。
静かにこちらの温泉の風情を楽しむためにはには最高です。

脱衣場から階段を下りると内湯があり、
ここから手作りの木で覆われた渡り廊下を歩くと風情のある露天風呂です。
下がっているちょうちんもいい感じです。

広く、透明でしっとりとするお湯がざんざんとあふれていて
川にせり出した岩風呂ということで、
それじたいが良い風情です。
横に流れる長流川のせせらぎも和みます。

太平洋に面した、民宿500マイルとか、北のランプ亭、懺悔の湯といった
太平洋に面した露天風呂で聞くことができるような太平洋の音もいいですが、
川の音もイイです。
ここまで川の音が楽しめる温泉といえば、養老牛のだいいちかからまつ、
そして、見市温泉とこちらです。
しかも、ちょうど雪解けが始まった時期ですから、これからが水量の増える時期です。

川向も雪が積もってよい風情。といったさまを、まずは川沿いの温泉から、
さらに階段を上って川の上に行くと、
露天風呂から眺めることが出来ます。冬の温泉もいいです。
歌めく噴く川風は、まだ氷点下なのでホテった躰にココチヨイですし、
奧の部分に屋根がついた露天ですが、
屋根を支えている柱が、木の電信柱であることを発見しました。
いつ来ても新たな発見があるなぁ。

川を見渡すことができる上の露天風呂にも、ほんのりとナトリュームっぽい味のする
お湯がたっぷりと満ち満ちていますから、そんな点でもかわせみ大満喫です。
途中で内風呂ではしっかりと道南スタイルを楽しませていただきました、
が、やはり土曜日、再び露天に戻るころには、常連さん風のお客さんが増えてきまして、
出る頃には10人ほどまでお客さんが増えていました。

が、日曜の昼飯時に一瞬ですがこちらを貸切で堪能できたので大満足。
二時間ばかり滞在してこちらをあとにしました。

本当にいろいろな貌を見せてくれる温泉です。ますます気に入りましたし、
改めて、自然の猛威に畏怖の念とともに、敬意を表しながら
こちらをあとにしたというわけです。


ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。よろしければ。

かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。(´・ω・)ノシ

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1734-b8b6ea42