2014.02.07 厳冬期に
いよいよ、明日から Yuki Kajiura LIVE Vol.#11が開幕です。

そして、そのトップを飾るのがFictionJunction YUUKA 2Days Special
FJY2日で全曲やります!というゴージャスな企画で、企画が発表された段階で鼻血を噴きそうでしたが、
いよいよ直前まで迫りました。

ということで、明日、畏友p氏とともに意気揚々と中野に乗り込むとします。
当然、途中、巡礼もアリですが、両方とも超楽しみです。
詳細は当ブログでレポートさせていただきたいと思います。お楽しみに。

というか、週末都心で雪が降るって、大丈夫ですかね。
飛行機は?
JRは?

ま、なるようにしかならないので、運を天に任せるとします。


さて、現在は都心などでの雪が話題ですが、私が現在住んでいる羊蹄山麓は、
ここ数日のこの冬一番の寒波とやらのせいでいよいよ積深雪が2m超え目前に迫っています。
アメダスの観測ポイントでの積雪深全国ランキングでも、
順調に一桁順位をキープしています。

しかも、スゴいのは、他の観測所のことはあまりわからないのですが、
倶知安特別地域気象観測所は、国道五号線から数百メートルの、
駅からまっすぐのビル通り沿い、後志総合振興局の庁舎や倶知安町役場の
はす向かいにあるのです。

最初はこんな町のど真ん中に空き地があって、なにやら鉄柵でおおわれていて、
これはなんだろうと思っていたのですが、そこが気象観測点だったようです。

ちなみに、アメダスの積雪深は、アメダス観測点のうち約300箇所で測定された
毎正時の積雪深で、超音波の反射時間を測っているそうです。
雪に埋もれてそんな機器が見えるような見えないような…


あと、町の心臓部とも言うべきど真ん中で、ここまでの豪雪なのですから
山間部とかにいったらさらにスゴいことになっているのです。
市街地では、軽い吹雪程度だったのが、
建物がなくなるとたんに、地吹雪でホワイトアウトすることもシバシバ。

まだまだこの雪とはオツキアイをしていかなければならないようです。 




さて、もう二月も中旬にさしかかる今日この頃ですが、
昨年末のことでもはっきりと思い出せます。
そうあの3 日間の来場者数は52万人を数え、僕自身も数々の楽しい思い出が
明確に残っている冬の大お祭りの日々。

先日ようやく冬の大お祭りが終了しました。

と、書くと、このブログ初見の方は、何ねぼけたことを言っておるのか、
もう1ヶ月以上のことではないですか。とツッこまれそうですが、
このブログを読まれている方ならばご存知のとおり、
夏の大お祭りの申し込みが、無事終了したのです。

冬のお祭りの申し込みまでが夏祭りならば、夏のお祭りの申し込みまでが冬祭りです。

それにしても、夏の申し込みは冬に比べて時間があるので、
まだ間があると思って油断をしたのがよくなかった。
というか、いつまでもなんとなく、建国記念の日から、バレンタインデー当たりが
締め切りという気分が抜けずに、しかも、週末がライブなのにもかかわらず、
職場でもらったのかカゼをひいてしまい、38度近くまで熱が上がってフラフラしながら、
そろそろ確認でもしよっかなぁ、と何の気なしに見たところ、

「ほげっ、締め切り、明日やんけ」

という状態でした。

よかった、2月3日に気がついて。

ということで、仮眠をとったのちに、高い熱のせいでまだアタマがクラクラするなかで、
ノブナガンやすーぱーそに子の声を聞きながら、
いつもながらの、何度も同じ内容の事を写経のように書きうつす、
振込用紙や申込用紙や短冊や封筒などとの格闘を終わらせた後、
コンビニで申し込み用紙の控えのためのコピーなどをすませて、

封筒の中とかに、入れ忘れはないかなど丹念に確認してから、
地元の郵便局で局員さんら封筒を手渡しした後に、
周囲を少々気にしながらも、郵便局に向かって、
いつものように、2拝2拍手1拝。

お祭り自体が巨大な信仰心で出来上がっている気もしますし、
年に二回、五十万近くの人が集うというのも巡礼めいています。

と、いうことでの神頼み。
夏もそんな大お祭りに参加ができますように。
という祈りをこめて頭下げて郵便局をあとにしたのであります。

畏友GMクンも、畏友p氏も申し込みを終わらせた模様。
結果が出るのは4か月後です。はたしてどうなることやら。


にしても、8月の冬祭り申し込みと、2月の夏祭り申し込みときっちり半年おきに
ルーティンのように同じ作業がまわってくるので季節がめぐっていることを再認識しますし、

夏の大お祭りの申し込みが終わると、寒さも雪もはまだまだ続くけど、
夏への手順を1つ踏んだのだなぁ、などと前向きになったりして。


発表の日までワクワクドキドキが続きます。



かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていた
イトー×aniでした。(´・ω・)ノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1711-2986c188