先日室蘭に行きましたが、昼食前に向かったのが、
新装した虎杖浜のアヨロ温泉です。
建物が新しくなってから三回目の訪問です。

駐車場に車を入れて、おりると磯の香りがお出迎え。
この日は、好天だったので、波は穏やか、
いつもよように怒濤逆巻くような音は 太平洋からはしませんでした。
でもこの穏やかな感じもいいですよ。

中に入って券売機に湯銭を払い、新しいカウンターに、チケットを渡して
脱衣場にむかうと、脱衣かごは6割方埋まっています。
相変わらずの人気です。

浴室も新しくジャグジーなどもできています。

軽くヌルつくとろんとした感じの淡褐色のお湯が
ざんざんと湯槽からあふれているところは、変わりありませんし
寝湯は、今までのただたんに寝るタイプではなく、
噴出される泡が足の裏を刺激するタイプなので、ふつうのお湯を味わったあとに
露天へむかいます。

露天のスペースで立つと、高い竹の塀ごしに太平洋が見えます。
余り覗くと駐車場からまる見えなので、不審者っぽいので避けますが、
お湯の音と波の音の組み合わせになごみます。
ちなみに内風呂にはカランもありますが、古いアヨロ温泉時代の時に
あたりまえのようにあった、お湯をすくう湯だめも、
かつてと同じ風情で残っているのがいいです。

ちなみ露天の後は寝湯でもまったりといたしましたが、
昔のこちらの温泉にあったように、ただ寝転がることができるタイプの
寝湯があれば、いうことなしなのですが

と、いうことで、小一時間ばかり、お湯を堪能してお昼に向かいました。

あと、かつてのアヨロ温泉といえば、
野菜や海産物やお惣菜を売っていたのもウリでしたが
前回いった時は、玄関の横やカウンターとか入り口では農作物が
売られていたのですが、
今回は、天ぷらこそは売っていませんが、おにぎりとかも売られているのを発見
天ぷらまであと少しかな。


翌日、室蘭から自宅を帰る途中に寄った温泉が、
北湯沢温泉の「御宿かわせみ」さんです。

国道沿いにひっそりとといった風情がふさわしい感じでたたずむ、
もともとは、遊郭であった時代もある味のある建物が、丁寧に保存され、
清潔に清掃されて大切に使われている、老舗の雰囲気が感じられる純和風の佇まい。

川のせせらぎガ聞こえる駐車場には車が一台しかとまっていません。
日曜の午後なのに珍しい。そこで車を置き、建物の中に入り、
入浴料1人500円を払います。

お金は風情のある玄関を入ってすぐ右にある受付の箱の中に
各自で入れていくシステムで、釣り銭も置いてあります。
なんか、ほのぼのします。
こんな性善説的な温泉はうらぎっちゃいけませんね。

先日建物をリニューアルするとのアナウンスがありましたが、
昔の風情を壊さない形での リニューアルで良かったです。

丁寧に清掃されている廊下を歩いていって脱衣場に入ります。
脱衣場へ行くと、先客は一人だけ。
静かにこちらの温泉の風情を楽しむためにはには最高です。

脱衣場から階段を下りると内湯があり、
ここから手作りの木で覆われた渡り廊下を歩くと風情のある露天風呂です。
下がっているちょうちんもいい感じです。

広く、透明でしっとりとするお湯がざんざんとあふれていて
川にせり出した岩風呂ということで、
それじたいが良い風情です。
横に流れる長流川のせせらぎも和みます。

太平洋に面した、民宿500マイルとか、北のランプ亭、懺悔の湯といった
太平洋に面した露天風呂で聞くことができるような太平洋の音もいいですが、
川の音もイイです。
ここまで川の音が楽しめる温泉といえば、養老牛のだいいちかからまつ、
そして、見市温泉とこちらです。

川向も雪が積もってよい風情。といったさまを、まずは川沿いの温泉から、
さらに階段を上って川の上に行くと、
露天風呂から眺めることが出来ます。冬の温泉もいいです。
そうそう、こちらの屋根がついた露天ですが、
屋根を支えている柱が、木の電信柱であることを発見しました。
いつ来ても新たな発見があるなぁ。

川を見渡すことができる上の露天風呂にも、ほんのりとナトリュームっぽい味のする
お湯がたっぷりと満ち満ちていますから、そんな点でもかわせみ大満喫です。
途中で内風呂ではしっかりと道南スタイルを楽しませていただきました、
が、やはり土曜日、再び露天に戻るころには、常連さん風のお客さんが増えてきまして、
出る頃には10人ほどまでお客さんが増えていました。

が、日曜の昼飯時に一瞬ですがこちらを貸切で堪能できたので大満足。
二時間ばかり滞在してこちらをあとにしました。

本当にいろいろな貌を見せてくれる温泉です。ますます気に入りましたし、
改めて、自然の猛威に畏怖の念とともに、敬意を表しながら
こちらをあとにしたというわけです。


ちなみに今まで入った温泉については
左側の欄にある温泉三昧をクリックしてもらえれば
見ることが出来ます。よろしければ。

かつて、コミュニティー放送局FM「ラジオふらの」(富良野市)の
月曜午後五時からオンエアーしていた
FURANO History Factory(F.H.F.フラノヒストリーファクトリー)の
パーソナリティーをつとめていたイトー×aniでした。(´・ω・)ノシ

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://radiofhf.blog65.fc2.com/tb.php/1706-43d89521